クリストファー・ドイル 関連記事

  • 映画『ばるぼら』製作発表に登壇した稲垣吾郎

    稲垣吾郎、異常性欲に悩む小説家役「愛がむき出しになった僕を楽しんで」

    映 画

     俳優の稲垣吾郎と女優の二階堂ふみが、手塚治虫のアダルト漫画を初映像化した映画『ばるぼら』に出演することが20日、都内で開催された「手塚治虫生誕90周年記念会」式典内にて発表された。式典後の囲み取材会に出席した稲垣は、「夢のようでした」と撮影を感慨深げに振り返った。@@cutter 禁断の愛とミステリー、芸術とエロスなど、さまざまなタブーに挑戦し、独特な世界感から映画化不可能と言われた本作。取材会には、監督を務めた手塚治虫の実子・手塚眞氏も出席した。  稲垣は今作の出演を「手塚先生の作品で育ってきたようなものなので光栄」と打ち明け、異常性欲に悩まされている売れっ子小説家を演じることについて「新しい挑戦。今のこのタイミングではないと演じられないような役で感慨深いです。愛がむき出しになった僕を楽しんでいただけると思う」と手応えを感じている様子。  自堕落な性格のフーテン女バルボラを演じる二階堂は、本作について「謎ができるような感覚。現場では『これは黒い部分の手塚先生だよね』と話してました」と見解を明かした。  今作は、日本、ドイツ、イギリスの製作者が集結し、撮影監督は鬼才クリストファー・ドイルが担当する。稲垣は「監督とドイルさんのコラボレーションによる世界観が本当に美しく、自分の好みにも合っていて。そこで演じていた時間が夢のようで、経験したことのない出来事でした。壊れゆくときにしか出せない色気や尊さを感じてもらえると思う」としみじみ。  二階堂も「刺激的でした。日本語のときもあれば英語のときもあって、言葉でつながるのではなく、アートは感覚で共有するものなんだと感じさせてくれる現場で楽しかったです」と笑顔を見せた。  初共演となる稲垣と二階堂。稲垣は「初めてスクリーンで見たときに衝撃が走って、いつか共演したい女優さんでした。演技で僕を引っ張ってくれたので感謝しています」とニッコリ。「光栄です」とお礼を述べた二階堂は「稲垣さんは文学を感じる方。難しい本を手にとったときのような感覚で、知りたいと思うけど自分の未熟さを感じさせられて。自分の中に眠ってるバルボラをおこされるような方でした」と語り、同じく「光栄です」とかぶされていた。  手塚監督も「2人とも魅力的な俳優で、いつか仕事したいと思っていましたし、今回の役はイメージにピッタリ。それだけでなく、期待以上のことをやっていただいた印象です」と絶賛していた。  映画『ばるぼら』は2019年全国公開。

  • 『宵闇真珠』ポスタービジュアル

    オダギリジョー×クリストファー・ドイル『宵闇真珠』予告&ポスター公開

    映 画

     香港の片隅にある漁村を舞台に、異邦人の男との出会いによって世界を知っていく少女の姿を描いたオダギリジョー出演の映画『宵闇(よいやみ)真珠』から、日本オリジナル予告編とポスターが公開された。予告編では、浜辺の洞くつで海を背景に、神々しいまでに白い肌の少女とミステリアスな雰囲気を漂わせた男の出会いが絶妙のカメラワークで描かれている。@@cutter 本作は、90年代に名匠ウォン・カーウァイとタッグを組み、映画『恋する惑星』『花様年華』など香港映画ブームの火付け役となる数々の傑作を世に出してきた世界的撮影監督クリストファー・ドイルによる監督作品(共同監督ジェーン・シュン)。ヒロインを香港の女優アンジェラ・ユン、彼女と出会う異邦人役をオダギリが演じる。  物語の舞台は香港最後の漁村・珠明村。幼少時から日光にあたると死んでしまう病気だと言い聞かされ、太陽から肌を隠して生活する16歳の少女(アンジェラ)は、村人たちから「幽霊」と呼ばれ、気味悪がられている。そんな彼女にとって、日没後、お気に入りの場所で肌を露出し、音楽を楽しむことが唯一孤独を癒やす手段だった。ある日、どこからともなくやってきた異邦人(オダギリ)と出会った少女は、今まで知ることのなかった自身のルーツに触れていく…。  公開された予告編は「誰もがこの物語の主人公だ。自分の存在に疑問を抱き、誰かに認められたい。そんなあなたの映画」というドイル監督の言葉で始まる。そして、1そうの漁船が海上を静かに進む幻想的なシーンに続き、海辺での少女と男の出会いが描かれる。男が優しく語りかける「僕に似てる」という一言が、少女に変化をもたらす様子を、ドイルならではの映像美で繊細な表情とやりとりを捉え、映し出している。  ポスターは、真珠の首飾りをしたヒロインがアンニュイな表情で横たわり、異邦人の男が漁村を背景に遠くを見据えている姿をデザインしたもの。「私のお城を見つけたのは、見ず知らずの旅人だった」というコピーも相まって、幻想的なおとぎ話のような雰囲気が伝わってくるビジュアルとなっている。  映画『宵闇真珠』は12月より全国順次公開。

  • ハリウッド3大スターが夢の競演! 話題作「パッション・プレイ」が日本上陸

    映 画

      かつては“セックス・シンボル”とさえ謳われていたミッキー・ロークが再びその魅力を取り戻した。2月15日からTSUTAYAだけでレンタルが開始される新作「パッション・プレイ」では、男くさくセクシーで真摯な彼の魅力を存分に味わうことができる。 @@cutter   マフィアのドン・ハッピーの逆鱗に触れ、ネオンが光り輝く都会を追われたミュージシャンのネイトは、命からがらサーカスの一座に潜り込むことに成功。そこには背中に翼の生えた美しい女性リリーがいた。そのあまりの美しさに言葉を失うネイト。翼のせいでサーカスから出ることが出来ず、外の世界を見たことがないリリーと彼は惹かれ合い、逃避行を始める。しかしそんな中、命を追われているはずのハッピーに連絡を取るネイト。果たして彼の思惑とは…?   “おちぶれ俳優”と言われながらも「シン・シティ」(05)や「レスラー」(08)ではそのレッテルを逆手に取った素晴らしい演技を見せているミッキーは、今回も廃れた中年男を大人の魅力たっぷりに演じている。天使の翼を持つ美女リリーには、人間離れしたパーフェクトなプロポーションのミーガン・フォックス。そしてマフィアのドン・ハッピーをビル・マーレイが演じ、作品にスパイスを加えた。撮影監督は巨匠クリストファー・ドイルが務め、圧巻の映像美を披露している。   ハリウッド3大スターが夢の競演を果たした「パッション・プレイ」は2012年2月15日(水)よりTSUTAYAだけでレンタル開始。セルDVD(販売元:東宝株式会社)は4月20日(金)発売。

  • 清水崇の最新作「ラビット・ホラー3D」

    あまり怖くないけどマッチョなウサギが気になる「ラビット・ホラー3D」

    映 画

    なんでウサギがあんなに筋肉質なんだろう……。 いやまあ、それはどうでもいいことなのだが、何の話かというと「ラビット・ホラー3D」である。「呪怨」などで知られる清水崇の最新作で、世界的に有名なカメラマン、クリストファー・ドイルとタッグを組んだ気合い入りまくりの一作だ。@@cutter 主演には若手女優として注目を集めている満島ひかり。その弟役に子役ながらすでに長いキャリアを持つ澁谷武尊。他にも香川照之や大森南朋、緒川たまきといったベテランが脇を固めるなど、俳優はいずれも演技派ぞろいで隙のない布陣と言える。 さて、そうなると後は作品の中身で勝負ということになるのだが、清水監督作品ということで呪怨的な怖さを求めると、ちょっと拍子抜けしてしまうかもしれない。 ストーリーはシンプルだ。ある日、姉弟であるキリコと大悟が3Dホラー映画を鑑賞していると、突然画面からウサギのぬいぐるみが飛び出してくる。そのぬいぐるみを受け取ってしまったことで、その日から大悟に異変が起こる。夜ごと納戸から広がる不思議な遊園地へと誘われる大悟に不審を抱いたキリコが後をつけると、突如大悟を連れ去ろうとするウサギが襲ってくる――。 このウサギこそが本作の恐怖の象徴となる存在なのだが、残念なことにこいつがあまり怖くない。理由は色々あるが、あまりにもあっさり正体がわかってしまうこともその一因だろうか。もうちょい引っ張るのかなと思っていたら突然着ぐるみを脱ぎ始めたので、「え、もう脱ぐのかよ!」と思わず心の中で叫んでしまった。@@separator もっとも実は本作はウサギの正体がわかってからが本番なのだが、いずれにしても謎解きものとしての面白さの方が勝っており、ホラー映画としての面白さとはちょっと違う気がする。あとこれはかなり個人的な感想だが、冒頭で述べたようにウサギの体がマッチョすぎたせいで、ウサギが何かホラー的な行動を取るたびに笑えて仕方なかった。ひょっとしたら筋肉じゃなくてモコモコした毛皮のつもりだったのかもしれないけど、一度そう思ったらもう筋肉にしか見えなくなるので注意されたし。 ……という感じで怖さはあまり感じなかったのだけど、見るべきところもある。特にクリストファー・ドイルのカメラはさすがの臨場感を見せており、この起用は大正解だ。聞くところによると3Dを撮影するのは初めてだそうだが、もともと奥行きのある映像を撮るカメラマンなので3Dとは好相性だったのだろう。また清水監督の3D演出もこなれてきており、特に劇場で、ウサギのぬいぐるみがスクリーンから出てくる場面の迫力はなかなかのものだった。 清水監督は最近こういう感じのふわっとしたホラー映画を撮ることが多いが、個人的にはやっぱり「呪怨」のようなガツンとしたホラーを撮ってほしい。もちろん「呪怨」のイメージから脱却したいという清水監督の気持ちもわかるのだけどね。(文:山田井ユウキ)

あわせて読みたい

ビデオ人気ランキング

コミック人気ランキング

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access