関連記事

  • 映画『メアリーの総て』場面写真

    エル・ファニング『メアリーの総て』、美しいベッドシーン本編が解禁

    映 画

     女優のエル・ファニングが主演を務める映画『メアリーの総て』から、エルが初めて挑んだ美しいベッドシーンの本編映像が解禁された。@@cutter 本作は、ティム・バートン、ギレルモ・デル・トロ、デヴィッド・リンチら巨匠監督に大きな影響を与えたゴシック小説の金字塔『フランケンシュタイン』の作者、メアリーの知られざる生涯を初めて描いたヒューマンドラマ。映画『少女は自転車にのって』で鮮烈なデビューを果たしたサウジアラビアの女性監督、ハイファ・アル=マンスールが、メアリーの波乱万丈の人生を描き出す。  舞台は19世紀イギリス。小説家を夢見るメアリーは“異端の天才”と噂される、妻子ある詩人パーシー・シェリー(ダグラス・ブース)と出会う。互いの才能に強く惹かれ合った2人は駆け落ちするも、メアリーには我が子の死、破産、愛する人の裏切りなど数々の悲劇が襲いかかる。深い哀しみと喪失に打ちひしがれるメアリーはある日、詩人・バイロン卿の別荘で「皆で一つずつ怪奇談を書いて披露しよう」と持ちかけられたことをきっかけに、若干18歳にして“怪物”を生み出していく。  今回解禁された映像は、メアリーが父の反対を押し切り、パーシーと駆け落ちしてきた直後のシーン。「いいのか? 無理にとは」というパーシーに、メアリーが口づけると、2人は固く抱き合い、美しく情熱的なベッドシーンが展開する。  子役から女優として活躍するエルだが、本格的なベッドシーンに挑むのは本作が初となる。少女から大人の女性、そしてクリエイターへと変身していく主人公・メアリーを演じるエルは「これは成長して自分の内なる声に気付き、家族の影から外に踏み出していく女の子の物語よ。彼女は自由な精神を持っているの」と語っている。  メアリー役の候補として、エルを真っ先に思い描いたというマンスール監督は「エルは、私たちがメアリーを演じる女優に求めていた資質をすべて備えている」とコメント。続けて「あどけなさをしっかりと出せる、若くてフレッシュな女優が必要だった。でも、メアリーの熱く燃える魂や驚くほどの強さ、反骨心、知性という最大の特徴も表現できる女優でなければならない。エルは見事に演じきってくれたわ」と本作でのエルの演技を絶賛している。  映画『メアリーの総て』は12月15日より全国順次公開。

  • 映画『メアリーの総て』場面写真

    『メアリーの総て』メアリーが“死の克服”の虜に…カエル実験シーン本編

    映 画

     女優のエル・ファニングが主演を務める映画『メアリーの総て』から、主人公の女流作家メアリー・シェリーが自身の物語『フランケンシュタイン』の着想を得た瞬間を捉えた本編映像が解禁された。@@cutter 本作は、ゴシック小説の金字塔『フランケンシュタイン』でイギリス文学史に名を残す19世紀の作家、メアリーの知られざる生涯を初めて描いたヒューマンドラマ。  公開された本編映像では、メアリー(エル)、夫で詩人のパーシー(ダグラス・ブース)、義妹のクレア(ベル・パウリー)の3人が、「科学の進歩により、人類は“死”を克服しつつある」という言葉とともに幕を開けた科学実験ショーに出席した場面をピックアップ。パーシーら他の観客が、カエルの死体が電気を与えられ、両足を跳ね上げる様子に沸く中、メアリーは拍手も忘れて舞台をただ呆然と見つめる。  ショーの終了後も、メアリーは「本当に死者を蘇らせることができるの?」とパーシーに尋ねるなど、実験内容のとりこになっていることがうかがえる。  一方で、ショー終了の直後、義理の妹・クレアが向かった先にはバイロン卿(トム・スターリッジ)の姿が。バイロン卿は、メアリーに『フランケンシュタイン』を書かせるきっかけを与えた人物であり、後に、伝説の一夜となる「ディオダティ荘の怪奇談義」を持ちかける重要なキャラクターだ。  『フランケンシュタイン』誕生には欠かせない電気実験に加え、後に、産まれたばかりの娘を亡くし、生活すらままならない状態でバイロン卿の邸宅に身を寄せることになるメアリーとパーシー、そして、バイロン卿が一同に介するという、運命の一夜が切り取られた映像となっている。  映画『メアリーの総て』は12月15日より全国公開。

  • 映画『メアリーの総て』場面写真

    『メアリーの総て』ベッドシーンにも挑んだエル・ファニングの決意

    映 画

     女優のエル・ファニングが主演を務める映画『メアリーの総て』から、エルが自身の演じた女流作家メアリー・シェリーの物語に共感をあらわにしたコメントが到着した。@@cutter 本作は、ティム・バートン、ギレルモ・デル・トロ、デヴィッド・リンチら巨匠監督に大きな影響を与えたゴシック小説の金字塔『フランケンシュタイン』の作者、メアリーの知られざる生涯を初めて描いたヒューマンドラマ。  舞台は19世紀イギリス。小説家を夢見るメアリーは“異端の天才”と噂される、妻子ある詩人パーシー・シェリーと出会う。互いの才能に強く惹かれ合った2人は駆け落ちするも、メアリーには我が子の死、破産、愛する人の裏切りなど数々の悲劇が襲いかかる。深い哀しみと喪失に打ちひしがれるメアリーはある日、詩人・バイロン卿の別荘で「皆で一つずつ怪奇談を書いて披露しよう」と持ちかけられたことをきっかけに、若干18歳にして“怪物”を生み出していく。  逆境をはねのけて『フランケンシュタイン』という傑作小説を生みだしたメアリーだが、女性として“時代”と戦った先駆者でもある。「若い女性だから」という理由だけで、あらゆる出版社から書籍化を拒否され、ようやく完成した初版には自身の名前は刻まれなかった。しかし、メアリーはそんな困難に立ち向かい、最終的には自らの名義で同作を出版。イギリス文学史に名を残す女流作家として現在に至っている。  そんなメアリーを演じたエルは、『フランケンシュタイン』執筆時のメアリーと自分の年齢が偶然にも近いこと、斬新な考え方が似ていることから、理想的な役柄だと感じたという。エルは「いろんな意味で、時代のずっと先を行っていた女性を描いている脚本に、とても心を惹かれたわ」と、作品への共感を吐露する。  一方でエルは、「それまで誰も彼女の人生を演じていなかったから、かなり緊張して恐ろしさも感じたの。それでも、とびきり特別な物語だから、人々に知ってもらわなければならないと決意した」と、メアリーを演じる上でのプレッシャーも告白。その決意を表明するかのように、劇中、初めてとなる本格的なベッドシーンにも挑戦している。  映画『メアリーの総て』は12月15日より全国公開。

  • 映画『メアリーの総て』メインビジュアル

    哀しみと涙が孤独な“怪物”を産み落とすまで『メアリーの総て』予告

    映 画

     女優のエル・ファニングが主演を務める映画『メアリーの総て』から予告編が解禁。公開された映像には、18歳で小説『フランケンシュタイン』を書き上げたヒロイン、メアリー・シェリーの衝撃の人生が描かれている。@@cutter 本作は、ゴシック小説の金字塔として、ティム・バートンやデヴィッド・リンチら巨匠監督に大きな影響を与えた『フランケンシュタイン』の作者、メアリー・シェリーの生涯を描いたヒューマンドラマ。19世紀のイギリスを舞台に、若干18歳で“怪物”を生み出したメアリーが経験する、道ならぬ恋や愛と放蕩の日々、大切な人の死など、ベールに包まれていた波乱の人生をつづっていく。  エルがメアリーをエモーショナルに表現し、無神論者で自由主義、奔放に生きてメアリーを創作へと“追い込む”詩人のパーシー・シェリーに『ノア 約束の舟』のダグラス・ブース、異母妹のクレアに『ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出』のベル・パウリーを配役。『少女は自転車にのって』で第86回アカデミー賞外国語映画賞サウジアラビア代表に選出されたハイファ・アル=マンスールが監督を務める。  このたび公開された予告編は、作家を夢みる少女として、愛する人と出会い希望に満ちた人生を信じるメアリーの姿からスタート。しかし、幸せな時間が流れたのも束の間、我が子の死、破産、愛する人の裏切りという「絶望」がメアリーを襲い、次第に執筆活動に取り憑かれていく様子が映し出される。  さらに「若い女が書いた怪物モノを誰が読む?」と言われたメアリーが、「報われることのない愛を乞うこの哀れな<怪物>は私自身よ!」と叫ぶ姿が捉えられ、孤独なメアリーが葛藤の中で傑作を生み出していく様子が、エルの鬼気迫る演技からも伝わる映像となっている。  また予告編と併せて公開された場面写真には、英国調のドレスを身にまとう美しいエルの姿や、 後に名作『吸血鬼』を生んだ、文学史を変えた伝説の一夜「ディオダティ荘の怪奇談義」につながる一幕が収められている。  映画『メアリーの総て』は12月より全国順次公開。

  • 映画『メアリーの総て』×宇野亞喜良 コラボイラスト

    映画『メアリーの総て』×宇野亞喜良がコラボ オリジナルイラスト公開

    映 画

     女優のエル・ファニングが主演を務める映画『メアリーの総て』から、イラストレーターの宇野亞喜良とコラボしたオリジナルイラストが到着。宇野によるイラストは10月13日発売のスペシャル劇場鑑賞券と限定特典のノートブックに掲載される。@@cutter 本作は、ゴシック小説の金字塔として、ティム・バートンやデヴィッド・リンチら巨匠監督に大きな影響を与えた『フランケンシュタイン』の作者、メアリー・シェリーの生涯を描いたヒューマンドラマ。恐ろしくも悲しい“怪物”を若干18歳で作り出したメアリー。19世紀のイギリスを舞台に、彼女が経験する道ならぬ恋や、愛と放蕩の日々、大切な人の死など、ベールに包まれていた波乱の人生をつづっていく。  神秘的な美しさを秘めた人物画で、これまでたくさんの挿絵やグラフィックデザインを発表してきた宇野。椎名林檎や布袋寅泰といったアーティストのアルバムジャケットをデザインしたり、近年では資生堂の化粧品ブランド「マジョリカ マジョルカ」とコラボした似顔絵ジェネレーター「マジョリ画」が話題となった。  宇野が本作のために描き上げたのは、手に“フランケンシュタイン”を持った少女をモチーフにしたイラスト。このオリジナルイラストは、スペシャル劇場鑑賞券と、全国限定800冊で用意される特典のオリジナルノートブックで見ることができる。  本作を観た感想を、宇野は「百年以上前の話だから、いろんな部分が面白い」と話し、「この時代にはまだ女性の作家の存在が認められていなかったようで、出版された本の表紙に作家名はなく、作家名が入るのは2刷り以降のことらしい。現代人には全ての事象が新鮮である」とコメント。本作を「リアリズムで描くロマネスクの世界」と評している。  また、イラストについては「映画からインスピレーションを受けて、僕の中のイマジネーションの世界でメアリーを描き上げた」と語った。  映画『メアリーの総て』は、12月より全国順次公開。宇野亞喜良によるオリジナルイラストレーションが描かれたスペシャル劇場鑑賞券は、10月13日より全国の上映劇場で発売。特典のオリジナルノートブックは全国限定800個まで(なくなり次第終了)。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access