クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る? 関連記事

  • 篠田麻里子

    ともちん卒業発表で篠田が号泣、AKBメンバーが峯岸お泊り騒動を謝罪

    映画

     AKB48のドキュメンタリー映画「DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」が公開初日を迎え、高橋みなみ、渡辺麻友、篠田麻里子、小嶋陽菜、板野友美、北原里英、島崎遥香、横山由依、菊地あやか、入山杏奈、川栄李奈、加藤玲奈のメンバー12名(大島優子はインフルエンザで欠席)と高橋栄樹監督が舞台挨拶を実施。会場は前日夜の峯岸みなみの坊主頭映像に続く、新たな衝撃に包まれた。@@cutter 不屈のアイドルグループAKB48の2012年を追った本作。日本のエンタテインメントシーンのトップを疾走する彼女たちだが、昨年も絶対的エース前田敦子の脱退を始め、様々な出来事が襲った。そんな姿を時として残酷なまでに密着し、記録し続けてきたのがこの作品だ。  ところが、舞台挨拶に先駆けて上映された本編で、板野友美がAKB48卒業を電撃発表。興奮に包まれた上映後の会場内に板野が登場し、「私、板野友美はAKB48を卒業します。この映画の中のインタビューは、去年や今後のAKB48、敦子の卒業などについてのものでしたが、卒業への思いが強くなり、以前から卒業のことを相談してきた秋元先生にも、分かった、いいよと言われたので、こういう形で発表することになりました。残り少ない時間ですが、メンバーやファンの皆さんと一緒に思い出をたくさん作って頑張りたいと思います」と、自らの想いを報告。会場には、嫌だ!と泣き叫ぶファンの姿も見られた。  板野の報告に続いて登壇したメンバーたちは皆沈痛な表情。その理由は、もちろん、今週発売の週刊文春でお泊り疑惑が報道され、前夜に自ら丸坊主姿になり反省のコメントを発表した峯岸みなみだ。AKB48の総監督であり、峯岸と同じスピンアウトユニット、ノースリーブスのメンバーである高橋が、「今回、峯岸みなみがご心配とご迷惑をかけ、本当に申し訳ありませんでした。峯岸は研究生に降格し、いちから頑張りたいと言っています。YouTubeで動画を配信したのは、本人から直接ファンの皆さんにお詫びのコメントを伝えたいという要望があったからです。これからも皆で頑張っていきたいと思うので、よろしくお願い致します」と謝罪すると、目を真っ赤にしたメンバーたち全員が深々と頭を下げた。  マスコミのフォトセッションを終えた高橋は、「今日からこの映画が公開され、とても嬉しく思います。どんなに涙を流してもその先に笑顔があるとするならば、これからも皆で笑顔で頑張っていきたいと思います。私達の笑顔に少しでも興味のある方々も、AKB48に興味が無い方々も、見ていただけたら嬉しいと思います。今日はありがとうございました!」と、PRした。  「DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」は本日より公開中

  • 卒業決定を報告する板野友美

    板野友美がAKB48卒業発表、AKB映画の初日舞台挨拶で本人が報告

    映画

     2月1日公開の映画「DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」本編内で、板野友美がAKB48卒業を発表。初日の上映後の舞台挨拶前に本人が報告した。@@cutter また、舞台挨拶では、登壇したメンバー12名(大島はインフルエンザで欠席)が、今週発売の週刊文春で発覚した峯岸みなみの男性スキャンダルについて謝罪した。  なお、この日は全国119館で同時上映、板野の報告と舞台挨拶は全国70館に中継された。

  • AKB48柏木由紀にインタビュー

    柏木由紀「エースよりも絶対的存在に…」、アーティストとして作曲活動に意欲

    映画

     アイドル群雄割拠の現代、誰もが知っているという意味で、国民的アイドルグループの称号を得るAKB48がその覇者だ。新譜は軒並みミリオンセラー、念願の東京ドーム公演は3日間で84万人の応募が殺到、“総選挙”と聞けば真っ先に彼女たちの姿を思い浮かべるほどの時代の寵児――その彼女たちに密着した、映画「DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」が完成した。今を生きるアイドルの理想と現実を赤裸々に活写する本作について、柏木由紀がインタビューに登場! AKB48としてだけでなく、ソロ活動も絶好調の柏木は何を想い、どう進化していくか。今の胸中を聞いた。@@cutter 映画の内容は、衝撃的だ。“絶対的エース”前田敦子の卒業を受け、AKB48“第2章”として幕を開けた、新エースをめぐる熾烈なセンター争い、メディアを賑わす恋愛禁止条例、そしてメンバー間の格差という内部の人間しか知り得ない真実まで、密着インタビューを交えながら浮き彫りにしていく。まず、ファンならずとも知る恋愛禁止条例について柏木は、「恋愛禁止というルールは、わたしたちの意思統率のために必要だと思います」という立場を取る。「たかみな(高橋みなみ)が予告編で“わたしたちはロボットじゃない”と言っているけれど、人間なので人を好きになる感情はあります。でも暗黙の了解として恋愛禁止というルールがなければ、まとまりがなくなると思うんです」が、その理由だ。「AKB48は夢に向かって頑張って、個々としても目標を目指すコンセプトです。そこに恋愛が入ってくると、ファンの方の応援したい気持ちが薄まってしまいます。わたしたちは恋愛やプライベートよりもAKBに賭けているという、その姿を見てファンの方は応援してくださっているとも思うので」。恋愛禁止のルールは他者の強制ではなく、自分たちの意思だ。そこにトップアイドルの覚悟がある。  そして映画では、メンバー間の格差という序列についても言及する。柏木自身も格差を感じるものの、それはAKB全体にとってポジティブな要素だと言う。「総選挙で選抜を決めるという明確なラインがあって、正規メンバーと研究生みたいな区別もありますよね。わたしは2回連続で3位になりましたが、それはAKB48に入って3本指に入るほどの大きな出来事でした。正直、総選挙って嫌ですが(笑)、でも、この選挙がなければ今の自分はいなくて、毎回シングルに参加させていただけることもなかったと思います。結局、ファンの方の応援に応えることも難しいと思っているので、感謝しかないです。それに総選挙の選抜って唯一、ファンの方が決めてくださって、しかも明確に結果が出る。これは誰も文句が言えないから、自分の自信につながります。3位になって、自分の気持ちや考え方が変わりましたね」と冷静に分析した上で、プラスに受け止めている。ちなみに3位は「自分にはピッタリの立場(笑)」と謙遜するが、柏木はエースの座には固執していないようだ。 「はい(笑)。実際、なかなか難しいことで、正直、自分には向いていないなって思います。それに、まずはAKB48には柏木がいなきゃ、という絶対的な存在になりたいと思っていますので」。@@separator その柏木は2013年、ソロデビューに初主演ドラマなどAKB48のメンバーであれば誰もが目標とする夢を実現している。看板を背負って活動する以上、エース級のプレッシャーを感じているに違いない。「ソロデビューはずっと将来のことだと思っていました。びっくりしましたが、このチャンスは活かさなくてはいけないですよね。AKB48を背負ってのソロなので緊張しますが、AKB48ではしないようなことを目指したいです」とおとなしそうな印象とは裏腹に、燃えるような決意を抱く。「わたしは音楽が好きなので、アイドルとアーティストを両方実践できるような活動をしていこうと思っています。たとえば作曲活動はAKB48で誰もやっていないので、チャレンジしてみたいです」と将来に目を輝かす。  国民的アイドルとしても、柏木由紀としても絶好調で、2013年は目が離せない状態が続くが、素顔は21歳の女の子。ふとした瞬間に、普通の生活に戻りたいと思うことは? と意地悪なことも聞いてみた。「あ、思います(笑)」と正直な想いも吐露する。「昔はAKB48で精一杯で、それ以外のことを考える余裕がなかったですが、もう6年目なので、いろいろと考えます」。ところが、その想いは現実からの逃避ではなく、極めてポジティブな目標に向いていた。「音楽の勉強がしたいです。実は、この1年間、音楽の勉強をしようと思っていて、スケジュールの合間をみて頑張ろうと思いましたが、無理でした(笑)。時間がないことが残念だなって、思いますね」。アイドルとして、アーティストとして道を極めようとしている。その柏木にとって――余計な詮索だが――AKB48の“卒業”は、まだまだ遠い話だ。「わたしですか? まだまだないです。AKB48にずっといたいです(笑)」。 (取材・文・撮影:鴇田 崇)

  • 「DOCUMENTARY of AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」

    AKB最新映画はまるで戦争映画、タブーにも踏み込んだ「アイドル残酷物語」

    映画

     まるで防空壕のような狭く暗い西武ドームのステージ裏を駆け回り、ある者は過呼吸で倒れ、またある者は泣き崩れる。そして、見えないものに向かって戦い続けるメンバーの姿が、まるで兵士と重なることから“これは戦争映画だ!”とも言われた前作から1年。2012年の彼女たちの活動を追い続けた本作も、十分なくらい戦争映画だった。ただ、デビューからの夢の舞台だった東京ドームのステージ裏はきらびやかな電飾で彩られ、そこを舞うように行き来するメンバーには笑顔すらこぼれる。では、どこが戦争映画なのか? それは己との戦いが、痛いほど克明に描かれていることからである。@@cutter ステージ上において“立ち位置0(ゼロ)”と呼ばれるセンター。“絶対的エース”前田敦子が立ち続けてきたAKB48の聖域が、本作最大のテーマだ。突然の前田の卒業発表から、残されたメンバーたちは、その聖域の存在をより深く考え始める。次期センターと呼ばれる者はより歯を剥き出しにし、自分たちの人気のバロメーターでもある「選抜総選挙」の結果に一喜一憂する。だが、前田が長年もがき苦しんできたように、聖域に立つ者には責任と重圧、そして孤独が襲いかかる運命が待ち受けているのも事実。現に、それに耐えられなくなったNMB48の“ポスト前田”は卒業の道を選ぶ。その一方、選抜メンバーになることもできない初期メンバーは、ご法度である“恋愛”に救いを求めてしまったことで、古巣を去ることになる。  前作に引き続き、インタビュアーも務める高橋栄樹監督(握手会のシーンで、樋口真嗣とともに登場!)は、ある意味、己との戦いに敗北しながら、新たな道を歩み出した彼女たちの“今の姿”も捉える同時に、最前線を走り続ける選抜メンバーにも個々の“恋愛観”もしっかり語らせる。また、前田卒業後、“AKB第二章”の始まりを告げたシングル「UZA」の裏に隠された事実など、そんなタブーにも踏み込んだ攻めの姿勢は、「ゆきゆきて、神軍」にも通じるものもあり、まさに趣はまさに「アイドル残酷物語」。とはいえ、前田卒業という一大イベントを中心にした構成や、女優・伊藤歩によるナレーションや解説テロップなどから、AKBファン以外の観客にも、より届き、突き刺さる作品に仕上がっている。  結成直後から7年間彼女たちを見てきたファンとして、本作のインタビュー撮影に同行したオフィシャルライターとして、この現場に立ち会うのは正直辛いものもあった。だが、そんな彼女たちの戦う姿は強く、たくましく、美しい。そして、「なぜ、ここまで戦わなくてはならないのか?」という疑問の答えが「そこに0(ゼロ)があるから」だけではないことも分かった。そういう意味でも、前作以上にカタルシスを感じることのできる作品になったといえるだろう。(文:くれい響)

  • ぱるるの塩対応ポップコーンが販売 

    AKB48ぱるるの“塩対応”味ポップコーン&ドリンク コンボセット数量限定発売

    映画

     AKB48の2012年を追ったドキュメンタリー映画「DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」が2月1日より公開されるが、これを記念して、全国のTOHOシネマズではAKB48の島崎遥香“塩対応”味オリジナルポップコーン&ドリンクカップが発売される。@@cutter AKB48の握手会などで、そっけない態度のメンバーのことをファンは「塩対応」と呼ぶ。その一人が<ぱるる>こと島崎遥香。29thシングル選抜じゃんけん大会で優勝しセンターを射止めた彼女の「塩対応」をイメージした<塩>を制作。いったいどんな味なのか。  さらに、AKB48の“美術部”部長・片山陽加によるイラスト入りのオリジナルドリンクカップとセットで販売。全国のTOHOシネマズ、フードコーナーにて1,300円(税込)にて販売。数量限定となっているため、ファンの方は急いで劇場まで。  2005年12月8日、AKB48誕生から7年…。念願の東京ドーム公演、そして前田敦子卒業によって、新たなる新時代の幕が明ける。AKB48第1章の軌跡と新時代への第1歩を完全密着したドキュメンタリー。  「DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」は2月1日(金)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国公開

  • 1月31日NHK総合にて「AKB48+1+10」放送決定

    AKB48、あの禁断イベントも公開!もう1つのドキュメンタリー作品、放送決定

    エンタメ

     人気アイドルグループ・AKB48の2012年を追ったドキュメンタリー番組「AKB48+1+10」が、1月31日(木)NHK総合テレビにて放送されることがわかった。@@cutter 「AKB48+1+10」は、AKB48の映画最新作で東京ドーム公演、選抜総選挙、じゃんけん大会などの舞台裏を描いた「DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」(2月1日公開)の公開を記念して制作されたもので、映画版とはまったく別の視点からの編集された、もう1つのドキュメンタリー作品。  番組は、昨年に続き「A」から「Z」までのキーワードでAKB48の姿に迫る他、メンバーなら全員知っている「トーク切り上げ」サインの丸秘ルール、禁断のイベント「AKBお注射会」、前田敦子からメンバーに向けたラストメッセージ等、ここでしか見れないファン必見の59分となっている。  ドキュメンタリー番組「AKB48+1+10」はNHK総合テレビにて、1月31日(木)深夜25時45分より放送。映画「DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」は、2月1日全国公開。

  • 舞台挨拶に登場したAKBメンバー

    大島優子、前田敦子卒業後のAKBセンターは「空中に存在している」

    映画

     AKB48の大島優子が21日、都内で行われたドキュメンタリー映画「DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」完成披露プレミア試写会に出席し、前田敦子卒業後のセンターポジションについて持論を述べた。@@cutter センターはどんな場所?と聞かれた大島は、しばらく考えたのち「センターがその場所に存在するというよりは、センターは動いていて、空中に存在しているように思う」と独特の表現で説明し、「立ったポジションにスポットライトが当てられた場所、それがその人にとってのセンターなのでは?」と持論を展開した。  同作は、国民的アイドルグループ・AKB48の活動を追った新たなドキュメンタリー作品。昨年行われた念願の東京ドーム公演、絶対的エース・前田敦子突然の卒業など、新時代に向けて第1歩を踏み出したグループの姿に密着する。この日のイベントには大島のほか、高橋みなみ、篠田麻里子、小嶋陽菜、板野友美、峯岸みなみ、北原里英、横山由依が登壇した。  前田卒業時の心境について小嶋は「卒業発表は言わないでほしいと思ったけれど、話しているあっちゃんは決意していて、かっこよかった」と振り返り、センターポジションに立つことについては「センターに立つと本当に緊張する。喋れなくなってしまうので、あっちゃんって本当に凄い、偉大」とコメント。昨年はメンバーの卒業や移籍が相次いだが、総監督の高橋は「たくさんの別れのあった1年。嬉しい卒業もあり、悔しいと思うこともあった」と胸の内を明かしながらも「どんなことが起きても、明日は来るので、その子たちの背中を見送って、頑張らなければいけないと思った」と更なる飛躍を力強く語った。  ドキュメンタリー映画「DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」は2月1日よりTOHOシネマ六本木ヒルズほかにて全国公開。

  • 「DOCUMENTARY of AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」

    AKB最新ドキュメンタリー「DOCUMENTARY of AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」場面写真公開

    映画

     「不屈のアイドルグループ」AKB48の2012年を追ったドキュメンタリー映画「DOCUMENTARY of AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」が2013年2月1日(金)より公開される。公開に先駆け、本編より場面写真が解禁となった。@@cutter 人気絶頂のさなか、創立以来、センターに立ち続けてきた前田敦子が突如、グループからの脱退を宣言した。「絶対的エース」の卒業という嵐に大きく揺れるAKB48の船。ある者はただ涙に暮れ、ある者は果てしのない航海の意味を見失う……。エース不在の「総選挙」で1位を奪還した大島優子が語る「本当の気持ち」とは? そして迎えた8月。初の東京ドーム公演、続く前田敦子卒業公演で栄華を極めたかに見えた。AKB48に、身長148センチの小さなキャプテン高橋みなみが提示した、驚くべき新たな船出とは!?  映画は前田卒業後の第2章、すでに幕を開けた新エースをめぐる熾烈なセンター争い、恋愛禁止条例、メンバー間の格差といった隠れた真実までをも浮き彫りにし、現代のリアルなアイドルの姿を赤裸々に映していく。監督は、前作で高い評価を得た高橋栄樹が担当。密着インタビューを交えながら、今を生きる少女たちの姿を冷静な視点で描き出す。  「DOCUMENTARY of AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」は2013年2月1日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー

  • 「DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」

    史上初!7パターンの特報映像を制作「DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」

    映画

     AKB48の2012年を追ったドキュメンタリー映画「DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」。このたび、AKB48活動7周年の節目の年を記念して、史上初となる7パターンの特報映像を制作、11月23日(金・祝)から全国TOHOシネマズにて順次上映されることがわかった。また、総監督・たかみなが涙を見せるキージビュアルも併せて解禁となった。@@cutter 2013年2月1日(金・祝)より公開される「DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」。本作は、2005年12月8日のAKB48誕生から7年目に行われた念願の東京ドーム公演、そして前田敦子卒業と新たなる新時代の幕が明けたAKB48第1章の軌跡と新時代への第1歩を完全密着したドキュメンタリーである。  AKB48プロデューサー、秋元康が「2012年のAKB48は、ドラマティックな一年だった。しかし、その裏側は、もっと、ドラマティックでセンセーショナルなものである」とコメントしているように2012年のAKB48は激動の1年となった。人気絶頂のさなか、創立以来、センターに立ち続けてきた前田敦子が突如、グループからの脱退を宣言。「絶対的エース」の卒業という嵐に大きく揺れるAKB48の船。ある者はただ涙に暮れ、ある者は果てしのない航海の意味を見失う…。  映画は前田卒業後の第2章、すでに幕を開けた新エースをめぐる熾烈なセンター争い、恋愛禁止条例、メンバー間の格差といった隠れた真実までをも浮き彫りにし、現代のリアルなアイドルの姿を赤裸々に映していく。監督は、前作で高い評価を得た高橋栄樹が担当。密着インタビューを交えながら、今を生きる少女たちの姿を冷静な視点で描き出す。  「DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」は2013年2月1日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国公開

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access