上京ものがたり 関連記事

  • 『上京ものがたり』完成披露試写会にて(左から森岡利行監督、谷花音、北乃きい、池松壮亮、西原理恵子)

    北乃きい、自らの『上京ものがたり』を振り返り「私も東京が嫌いだった」

    映画

     7日、映画『上京ものがたり』の完成披露試写会舞台挨拶が都内で行われ、主演の北乃きいをはじめ、池松壮亮、谷花音、森岡利行監督、そして原作者である西原理恵子が登壇した。@@cutter 本作は西原理恵子の自伝的漫画で、傑作と称される『上京ものがたり』の映画化。西原自身をモデルとした主人公・菜都美が上京してから作家デビューするまでを描き、夢を追いかける誰もが共感できる成長ストーリーに仕上がっている。  原作者の西原の分身である菜都美を演じた北乃は「私もこの菜都美と同じように東京が嫌いだったのですごく共感出来ました。でも、“来るものは拒まず”という菜都美の性格は私とはまったく逆でした」と役作りへの苦労を吐露したが、「上京して夢を追いかけるという経験が私にもあったので、私にもこんなことがあったなと思い出しながら演じて、すごく楽しかった」と充実の表情をみせた。  菜都美の恋人で、定職にもつかないヒモ男、良介を演じた池松は「僕はきいちゃんの横で猫と一緒にゴロゴロしてただけだったので楽しかったです」とマイペースに撮影を振り返り、菜都美が働くキャバクラの先輩の娘、沙希を演じた谷は「きいちゃんと初めて出会うところで、煙(スモーク)が出るシーンがあったんですけどそれがすごく臭くて、『わあ、どうしよう』って思っちゃいました!」と照れながら話し、会場からは「かわいい~!」との声が飛び交った。  また、原作者の西原は「この映画は2年前に撮ったので、もう終わっちゃったものと思って忘れてました(笑)」と、この日も西原節が炸裂。「私は田舎が嫌で上京してきて、歌舞伎町のミニスカパブで働いてたんですが、あの時は毎日帰りたいなって思いながら無我夢中でした。でも今はやっと歌舞伎町にありがとうって御礼が言えるまでになりました(笑)」と本作で描かれる時代を述懐し、「一つだけ言っておきたいのは、主演を指名してるのは私じゃないですからね!私が自分の役を指名するなら、もたいまさこさんとか藤山直美さんになりますから!今回もきれいな子が私を演じるので、また言われるなあ。主演が決まったときは『チッ』って舌打ちしましたよ(笑)」とノンストップで話し続け、会場を大いに盛り上げた。  最後には、「くじけそうな時に自分を勇気づける言葉を教えてください」というファンからの質問に対して北乃は「あと一日もある」という言葉を贈り、「くじけても、それを挫折と捉えず、3時50分でもまだ3時と言える自分でいたいと思っています。マイナスな言葉で自分を追い込まないで、楽観的に考えるようにしています」とアドバイスするも「それで失敗しちゃうこともあるんですけどね(笑)」と茶目っ気たっぷりに語り、共演者たちを笑わせた。  映画『上京ものがたり』は8月24日(土)シネマライズほかにて全国ロードショー。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access