クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

タイガーマスク 関連記事

  • 子供の頃は孫悟空が好きなことを明かした、ウエンツ瑛士

    タイガーマスクを演じたウエンツ瑛士、「自分はドラゴンボール世代」

    映画

     名作漫画を実写映画化した『タイガーマスク』のスペシャルプレミア試写会が8日、格闘技の聖地・後楽園ホールで行われ、主演のウエンツ瑛士、共演の夏菜、哀川翔らが出席した。@@cutter 有名なヒーロー・伊達直人/タイガーマスクを演じたウエンツは、自身の中にある伊達直人的な部分を聞かれると「伊達直人は思い悩む、ウエンツは優柔不断。言葉は違うけれど、リンクしている」とポジティブに共通点を発見。またこの日、28回目の誕生日を迎えたことから抱負を聞かれると「日本一はしゃぐ大人になりたいので、先日町内会の運動会に出てきました。だから膝は血だらけです」と明かしながら「足がもつれてしまう伊達なので、足腰を鍛えたい」と体力づくりを挙げていた。  梶原一騎原作・辻なおき作画による名作漫画を、新進気鋭の映画監督・落合賢が新たな解釈を織り交ぜて実写映画化。特殊マスクによって“タイガーマスク”に変身する伊達直人(ウエンツ)が、多額のブラックマネーが飛び交う闘技場を舞台に、愛する者や施設の子供たちのために戦う姿を描く。  伊達直人に抜擢された当時をウエンツは「何が起こったのか?という感じだったけれど、監督に会ったら1人で3時間くらい喋られて、この情熱を持った監督ならばできるだろうと思った。プレシャーを感じるよりも、楽しく作っていきたいと思った」と回想。一方、原作ファンというミスターX役の哀川は「あと30歳若かったら、伊達直人をやっていたはず」とウエンツが羨ましそうで「子供のころからタイガーマスクに憧れて、20歳のころにマジ、タイガーマスクになろうと思った」と熱弁していた。  そんな熱狂的ファンの哀川をよそに、憧れのヒーローを聞かれたウエンツは「自分は『ドラゴンボール』世代。孫悟空が大好きで、小学校のときの写真は全部“かめはめ波”のポーズをしています」と別漫画のタイトルを出しながらも「どちらも周りに人が集まってくるヒーロー。それを思い描きました」と最後は伊達直人を立てていた。  映画『タイガーマスク』は11月9日より全国公開。

  • 『タイガーマスク』主題歌に、AAA新曲『MASK』が決定!

    ウエンツ瑛士主演『タイガーマスク』、主題歌はAAA新曲『MASK』に決定

    映画

     ウエンツ瑛士主演で贈るタイガーマスク初の実写映画『タイガーマスク』の主題歌が、AAAの新曲『MASK』に決定した。@@cutter 9月4日にAAA38枚目のシングル『恋音と雨空』のカップリング曲としてリリースされる同楽曲。タイガーマスクの世界観にベストマッチしたハードでエッジの効いた楽曲とのこと。AAAメンバーの日高光啓は「どう生きるのか、何と闘うのか、そして、その先に何があるのか…迷いや葛藤の多いこんな時代だからこそ、日本人のファイターズアンセムになればという想いで主題歌を担当させて頂きました」とコメントを寄せている。  本作の監督を務める落合賢は、ハリウッドで映画を学び、全米監督協会(DGA)審査員特別賞を受賞した新鋭。その落合監督はAAAの楽曲について「映画のテーマと完璧にマッチしていて、物語がまだ続いていくような予感をさせるエンディングが最高です。そして、この曲は映画のプレミアを行った韓国でもカナダでも大好評でした。国境を超えて、世界中の人々のハートに響く素晴らしい曲であることの証明だと思います」と絶賛。日本だけでなく、海外からも好評価を得ていることを明かす。  壮麗な映像美の中で実写映画化される『タイガーマスク』。主人公・伊達直人(ウエンツ)は、特殊マスクにより“タイガーマスク”となり多額のブラックマネーが飛び交う闘技場の試合に出場する。特殊マスクにより"タイガーマスク"となって多額のブラックマネーが飛び交う闘技場の試合に出場する…。  『タイガーマスク』は11月9日より全国ロードショー。

  • 『タイガーマスク』メインビジュアル解禁!

    ウエンツ瑛士主演『タイガーマスク』特報解禁 釈由美子&平野綾も出演決定

    映画

     ウエンツ瑛士主演で話題になっている映画『タイガーマスク』の特報映像とメインビジュアルが解禁された。@@cutter 『タイガーマスク』は、梶原一騎、辻なおきによるマンガを原作に新しいタイガーマスクが描かれる実写作品。主人公・伊達直人は、特殊マスクにより“タイガーマスク”となって、愛する者、守りたい子供らのために、孤独に闘う。  解禁された特報映像では、マスクを付け闘いに挑む前の伊達直人が1人控室でたたずむ姿や、マスクを付けた伊達がリングに上がる姿などが描かれており、今後の展開に想像をかきたてるものとなっている。  また、ヒロイン・若月ルリ子役に夏菜、虎の穴の幹部・ミスターX役に哀川翔のほか、新たに釈由美子、温水洋一、金山一彦、宮地真緒、平野綾など、個性派俳優、女優陣が出演することが決定。さらに、直人の虎の穴の仲間に若手俳優の良知真次、勝信など、幅広い豪華キャストが結集していることも明らかになった。  特殊マスクにより“タイガーマスク”となって、多額のブラックマネーが飛び交う闘技場の試合に出場する、伊達直人。非情な敵によって、信頼する友の命、心の拠りどころだった居場所も奪われ、伊達は激しい憎悪とともに、自らの信念を貫こうと決意する…。  『タイガーマスク』は2013年11月全国公開。

  • 実写映画『タイガーマスク』ビジュアル解禁

    実写映画『タイガーマスク』ビジュアル解禁! ウエンツ瑛士、新境地を切り開く

    映画

     梶原一騎・辻なおき原作の人気漫画、初の実写映画化として話題を集めているウエンツ瑛士主演『タイガーマスク』のビジュアルが解禁となった。@@cutter 本作は、主人公・伊達直人が特殊マスクにより“タイガーマスク”となって、愛する者、守りたい子供らのために、孤独に闘うエンターテインメント作品。ヒーローと“真の強さ”とはなにかを描いているという。本作でメガホンをとったのは、全米監督協会(DGA)審査員特別賞を受賞した新鋭監督・落合賢。  新しいタイガーマスクの壮麗な映像美の中で、伊達直人役に挑むのはウエンツ瑛士。実写映画『ゲゲゲの鬼太郎』ではあの鬼太郎を演じたが、さらに本作で新境地を切り開く。ヒロインには、NHK連続テレビ小説『純と愛』の夏菜、そして多才な活躍をみせる哀川翔など豪華キャストが結集している。  公開されたビジュアルでは、これまでのタイガーマスクの印象とは違い、近未来的なデザインの特殊マスクをつけて、伊達直人が闘うことが予想される。  映画『タイガーマスク』11月全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access