クロニクル 関連記事

  • 『キル・ユア・ダーリン』

    『ハリー・ポッター』ダニエル・ラドクリフ×『アメイジング・スパーダーマン2』デイン・デハーン、美しく危うい愛憎劇で夢の競演:『キル・ユア・ダーリン』特集

    映画

    <link href="http://hc-cr.com/special/2014/darling/css/style.css" rel="stylesheet" /> <div id="darling_contents"> <div id="darling_contents_in"> <img alt="『ハリー・ポッター』ダニエル・ラドクリフ×『「アメイジング・スパーダーマン2』デイン・デハーン 美しく危うい愛憎劇で夢の競演 『キル・ユア・ダーリン』特集" src="http://hc-cr.com/special/2014/darling/images/main_img.jpg" width="630" /> <p>  若き日のビートニク詩人たちが繰り広げる衝撃の学園サスペンス『キル・ユア・ダーリン』が、ついにそのベールを脱ぐ。1944年、コロンビア大学で実際に起きた殺人事件をめぐり、注目の2大若手スターが火花を散らす、美しくも危うい愛憎劇とは?(文:坂田正樹)</p> <div class="trailer_area"> <iframe allowfullscreen="" frameborder="0" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/KeckfKCUiB8" width="560"></iframe></div> <!-- / .trailer_area --> <div id="m1"> <img src="http://hc-cr.com/special/2014/darling/images/m1_img.jpg" width="630" /> <div class="darling_line"> <p> INTRODUCTION</p> <img src="http://hc-cr.com/special/2014/darling/images/line.jpg" /></div> <p>  米文学界でひときわ異彩を放ったグループ“ビート・シェネレーション(俗称:ビートニク)”。彼らが青春時代を謳歌するなか、なぜ悲劇的殺人事件は起きたのか? 本作では、血気盛んな知的異端児たちが、禁断の世界にのめり込んでいく姿をサスペンス仕立てでえぐり出していく。『ハリー・ポッター』シリーズのダニエル・ラドクリフと『アメイジング・スパイダーマン2』のデイン・デハーンの、男の友情を越えた“愛の絡み”は必見!</p> <div class="darling_line"> <p> STORY</p> <img src="http://hc-cr.com/special/2014/darling/images/line.jpg" /></div> <p>  1944年、名門コロンビア大学に合格したアレン・ギンズバーグ。だが、喜びも束の間、大学の正当過ぎる姿勢に不満を感じたアレンは、常識や道徳に囚われない友人ルシアン・カー、ウィリアム・S・バロウズ、ジャック・ケルアックらに引き寄せられていく。中でもルシアンに友情以上の愛を感じ始めたアレンは、その思いを詩作に投影していくが、彼にしつこく付きまとう同性愛者デヴィッド・カマラーの存在が、嫉妬渦巻く愛憎劇を生み、やがて取り返しのつかない殺人事件へと発展していく。</p> </div> <!-- / #m1 --> <div id="m2"> <img src="http://hc-cr.com/special/2014/darling/images/m2_img.jpg" width="630" /> <p>  ビートニク誕生のきっかけとなった過激な大学時代に焦点を当てた本作。のちに中心人物としてグループを牽引するゲイの詩人アレンと、彼の創作活動の原動力となったルシアンとの“禁断の愛”はゾクゾクするほど刺激的だ。『ハリー・ポッター』のイメージ脱却を図るためアレン役に挑んだダニエルと、反骨と悲哀が混在するミステリアスなルシアン役でさらに演技に磨きをかけたデイン。一線を越えるか、越えないか、とりわけ愛の駆け引きを象徴する“濃厚なキスシーン”は、そんな二人の役者魂が爆発する最高のクライマックスと言えるだろう。</p> </div> <!-- / #m2 --> <div id="m3"> <img src="http://hc-cr.com/special/2014/darling/images/m3_img.jpg" width="630" /> <div class="special_left"> <div class="darling_line"> <p> デイン・デハーン<span>(ルシアン・カー役)</span></p> <img src="http://hc-cr.com/special/2014/darling/images/line.jpg" /></div> <p class="special_txt"> 1987年、米ペンシルヴェニア州生まれ。2012年、映画『クロニクル』の主演で一躍注目を浴びた次世代スター。その謎に満ちた美しい顔立ちと確かな演技力は、若き日のレオナルド・ディカプリオを彷彿させる。本作では、ダニエル扮する友人アレン・ギンズバーグを翻弄し続ける破滅型の青年ルシアン・カーを好演。持ち前のミステリアスな魅力をいかんなく発揮している。</p> </div> <!--/.special_left --> <div class="special_right"> <div class="darling_line"> <p> ダニエル・ラドクリフ<span>(アレン・ギンズバーグ役)</span></p> <img src="http://hc-cr.com/special/2014/darling/images/line.jpg" /></div> <p class="special_txt"> 1989年、英ロンドン生まれ。2001年、『ハリー・ポッターと賢者の石』のオーディションで数多くの応募者の中から見事主役を射止め、世界的な人気スターに。本作では、ビートニクを代表する詩人アレン・ギンズバーグ役に抜てきされ、大人の俳優として新たなキャリアをスタート。男性同士の愛の駆け引きを繊細に演じると共に、濃厚なラブシーンにも体当たりで挑んでいる。</p> </div> <!--/.special_right --><img src="http://hc-cr.com/special/2014/darling/images/m4_img.jpg" width="630" /></div> <!-- / #m3 --></div> <!-- / #m4 --> <div id="dvd_area"> <img border="0" src="http://hc-cr.com/special/2014/darling/images/dvd.jpg" usemap="#Map" width="630" /><map id="Map" name="Map"><area coords="38,297,217,340" href="http://shop.tsutaya.co.jp/%E3%82%AD%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%A6%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3-%E3%83%80%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%89%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%95/product-dvd-4571390736047/" shape="rect" target="_blank" title="TSUTAYA ONLINE" /> <area coords="226,298,406,342" href="https://www.facebook.com/TSUTAYAyougaouji" shape="rect" target="_blank" title="TSUTAYA洋画王子 Facebook" /> <area coords="413,298,591,341" href="https://twitter.com/TSUTAYA_youga" shape="rect" target="_blank" title="TSUTAYA洋画王子 twitter" /></map></div> <!-- / #dvd_area --><!-- / #darling_contents_in --></div> <p class="copyright"> (C)2013 KYD FILM LLC ALL RIGHTS RESERVED.</p> <!-- / #darling_contents -->

  • 『クロニクル』続編で脚本家が決定(※『クロニクル』場面写真より)

    『クロニクル』続編が始動、脚本家が決定

    映画

     アメリカのボックスオフィスを予想外に賑わし、大ヒット作となった低予算SF映画『クロニクル』。その続編の製作が始動し、米FOXが新進気鋭の脚本家ジャック・スタンリー(Jack Stanley)を起用したことが明らかになった。@@cutter Deadlineによると、ジャックはかなり期待の新人脚本家らしい。ハリウッド業界人が選ぶ未製作の優秀脚本ランキング「ザ・ブラックリスト」に、彼の執筆した『Sweetheart(原題)』が選ばれ、現在、製作が進んでいるという。  『クロニクル』は高校生3人組が主人公。ある日突然、超能力を手にしてしまった3人が暴走していく様を描くと共に、3人の戸惑いや葛藤、心の変化をうまく捉え、若者の観客の支持を得た作品だ。監督はジョシュ・トランク。脚本はマックス・ランディス。主演を務めたデイン・デハーン、アレックス・ラッセル、マイケル・B・ジョーダンは、本作をきっかけに今やハリウッドに注目される人気俳優となった。  続編の監督やキャストは未定だが、前作の立役者トランク監督と脚本のランディスは続編には一切関わらないと見られている。ランディスに至っては、脚本を担当しないことが既に明らかだが、そもそも続編の製作には乗り気ではなかったそう。トランク監督もランディスも製作側には、第1弾の延長線上ではなく、そこから進化した形での続編の構想をそれぞれ提案したらしいが、共に却下されたという話だ。トランク監督は『ファンタスティック・フォー』のリブート版がこれからクランクイン。先に発表された同作の続編製作で再びメガホンを取るとウワサされている。

  • 『アメイジング・スパイダーマン2』デイン・デハーンにインタビュー 

    実写版『AKIRA』出演は本当?『クロニクル』でブレイク、デイン・デハーンに直撃

    映画

     特殊能力を手に入れ、次第にその能力に翻弄されていく高校生たちを描いた映画『クロニクル』で、一躍脚光を浴びた俳優デイン・デハーン。全世界待望の続編『アメイジング・スパイダーマン2』(4月25日公開)では、主人公ピーター・パーカー(=スパイダーマン)の旧友ハリー・オズボーン(=グリーン・ゴブリン)として出演する。本作について、そして『クロニクル』出演以降の変化について語ってもらった。@@cutter 本作への出演について、「とても興奮したし、夢がすべて叶ったと感じたね」と話すデイン。出世作となった『クロニクル』以降、『欲望のバージニア』『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』『リンカーン』と人気作への出演が続くが、本作のように全世界のファンが公開を待ち望み、かつスケールも大きい作品に出演するのは初めてといえる。「この映画に参加できたことを感謝しているし、映画も無事に完成したからもう怖くないよ」と手応えも感じているようだ。  デインが演じるハリー・オズボーンとは、主人公ピーター・パーカーの旧友であり、オズコープ社の後継者候補。また、ハリー自身も悪役の1人“グリーン・ゴブリン”としてスパイダーマンと対峙する。デインは、ハリーを演じるにあたりピーター・パーカーとハリーの関係性を分析したと明かす。「子供の頃のハリーにとってピーターは信用のできる友人であり、恐らくハリーのことを好きだと言ってくれる唯一の人だったんじゃないかな。久しく会っていなかった間柄だけど、ピーターとの関係はハリーにとって唯一心を許せる関係だったと思うんだ。だから劇中でふたりが久しぶりの再会を果たした時というのは、とても怖くて、そして何よりも嬉しくもある瞬間だったはずだ」。  また、スパイダーマンと対峙するグリーン・ゴブリンのフルメイクをした感想を尋ねると、「僕が演じているのはハリー・オズボーンだよ(笑)」との答えが。デインが演じるのはあくまで“ハリー・オズボーン”であるとのこと。「この映画には観客が驚くような見どころがたくさんあると思うんだ。だから、みんなが観てくれるのを楽しみにしているよ」と含みを持たせ、自信を見せた。  デインは『クロニクル』以降、本作を含め話題作に次々と出演し、また、若き日のレオナルド・ディカプリオを彷彿とさせるような甘いマスクであることから、日本でも人気がうなぎのぼり。そのことを伝えると、「嬉しい驚きだし、世界中にファンがいてくれるなんて最高の気分だよ。日本は僕にとってとても興味深い国だから、日本のファンからツイートを貰うのもとても嬉しいよ」とファンにとってはたまらないコメントも。@@separator さらに好きな日本の作品では、「『AKIRA』を楽しく観ていたことがあるよ」と明かしたデイン。『AKIRA』は、日本が誇る人気クリエイター大友克洋が手掛けたアニメーションであり、ハリウッド実写版の製作が再始動したというニュースが報道されたばかり。デインは、実写版『AKIRA』の鉄雄役候補に名前が挙がっていた。この噂は本当なのか、質問すると「えーと、えーーーっと、えええーーーっと………ノーだね(笑)」と何かに動揺しながら否定をした。果たして真相やいかに。  実写版『AKIRA』への候補が噂されるように、現在、その動向に注目が集まるデインは以前に比べて、「普段、人に気づかれる機会が多くなった」と語る。「僕のところにやって来て好意を持ってくれていると言われるのはとても気分がいいね。嬉しくて仕方がないよ」とニンマリ。「今の僕は外に出て、自分が求められていることをして、時折、人々から『好きだ』と言ってもらえて嬉しくてワククワする気持ちになっているところだね」。  『クロニクル』のアンドリュー・デトマー、本作のハリー・オズボーンとダークな一面を持つ人物を演じている印象が強いデイン。自身も、「複雑なキャラクターは、挑戦し甲斐のある役柄が好きなんだ」というように、そのようなキャラクターをあえて選んでいる様子。「僕はそうした(複雑な)キャラクターたちをヒーローや悪役としては捉えていなくて、ひとりの人間として見ているんだ。だから役者として僕は常にそういう点を上手く出していきたいと考えている。これからも演じるキャラクターがヒーローだろうが悪役だろうが関係なく、こうした機会があればどんどんチャレンジしていきたいね」と今後の展望を教えてくれた。(文:鈴木沙織)

  • 『クロニクル』誰でも1000円鑑賞キャンペーンを実施!

    配給会社は赤字覚悟!?『クロニクル』誰でも1000円鑑賞キャンペーンがやってクル

    映画

     特殊な能力を手に入れた平凡な高校生3人が、次第に増大していく<チカラ>に翻弄されていく姿を描いた映画『クロニクル』。全米初登場1位を記録、上映されるやいなや社会現象を巻き起こした話題作が、誰でも1000円で鑑賞できる前代未聞のキャンペーンを敢行する。@@cutter 本作はSFでありながら、男同士の友情やくだらない遊び、女性への興味など高校生ならではのリアルな心情や、男なら誰もが経験ある甘酸っぱい思い出が随所に散りばめられ、「自分もこんな経験したなぁ」と誰もが共感するポイントが多いが特徴だ。  そこで、高校生真っ最中の人だけでなく、かつて高校生だった人も、男も女もみ~んな1000円で鑑賞できるという「“オトク”ロニクル!!キャンペーン」が実施されることに。友達、悪友、腐れ縁…みんな一緒に『クロニクル』を見て学生時代の思い出に浸ってみてはいかがだろうか。  高校生のアンドリュー(デイン・デハーン)、マット(アレックス・ラッセル)、スティーブ(マイケル・B・ジョーダン)は、ある日特殊な能力<チカラ>を手に入れる。手を触れずに女子のスカートをめくったり、雲の上でアメフトをしたり、やりたい放題。3人の退屈な日常は刺激的な日々へと変わっていく。しかし、アンドリューが煽ってきた車を事故らせたことから事態は一転する。  配給会社は赤字を覚悟しているらしい(!?)誰でも1000円で鑑賞できる『クロニクル』は、9月27日より2週間・首都圏限定ロードショー。

  • 『クロニクル』メインビジュアル、予告編公開!

    『クロニクル』予告編解禁! 高校生たちの退屈な日常を破滅させる特殊能力が炸裂

    映画

     若き日のレオナルド・ディカプリオを彷彿とさせる注目俳優デイン・デハーンが主演の映画『クロニクル』の予告編が解禁された。@@cutter 本作は、全米初登場1位を記録し、上映されるやいなや社会現象を巻き起こした話題作。平凡な日常生活を送るアンドリュー(デイン・デハーン)、マット(アレックス・ラッセル)、スティーヴ(マイケル・B・ジョーダン)の男子高校生3人がある日特殊な能力を手に入れ、次第に増大していく<チカラ>に翻弄されていく姿を描く。  予告編では、アンドリューが残した“クロニクル”<記録>を通し、アンドリュー、マットそしてスティーヴの身に何が起こったのか、そして次第に増大していく<チカラ>によって彼らがどのように翻弄されてしまうかが映し出される。また、さらなる予期せぬ事態、展開へと進んでいく迫力の映像となっている。  高校生のアンドリュー、マット、スティーヴは、ある日特殊な能力<チカラ>を手に入れる。手を触れずに女子のスカートをめくったり、雲の上でアメフトをしたり。3人の退屈な日常は刺激的な日々へと変わっていく。しかし、アンドリューがあおってきた車を事故らせたことから、チカラに翻弄され始め…。  監督・原案は、『ファンタスティック・フォー』のリブート版に抜擢された新鋭ジョシュ・トランク。  『クロニクル』は9月27日より2週間・首都圏限定公開。

  • 映画『クロニクル』日本公開決定!

    全米で社会現象を巻き起こした『クロニクル』公開決定!主演俳優は若き日のレオ様彷彿

    映画

     全米初登場1位を記録し、上映されるやいなや社会現象を巻き起こした映画『クロニクル』の公開が9月27日に決定した。@@cutter 本作は、平凡な日常生活を送るアンドリュー(デイン・デハーン)、マット(アレックス・ラッセル)、スティーヴ(マイケル・B・ジョーダン)の男子高校生3人がある日特殊な能力を手に入れ、次第に増大していく<チカラ>に翻弄されていく姿を描く。  SFでありながらも、本作で描かれているのは高校生のリアルな心理描写であり、大友克洋の漫画『AKIRA』を想起させる特殊能力によるアクションシーンも必見の作品。  主演は、若き日のレオナルド・ディカプリオを彷彿とさせる注目俳優のデイン・デハーン。彼は、『リンカーン』や『アメイジング・スパイダーマン2』でハリー・オズボーン役に抜擢されるなど、今後の活躍が期待される若手俳優の1人。本作では10代独特の繊細な感情を見事に演じきっている。  監督は、新人ながら本作の全米大ヒットを受け、『ファンタスティック・フォー』のリブート版に起用が決定したジョシュ・トランク。  『クロニクル』は9月27日より2週間・首都圏限定ロードショー

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access