闇金ウシジマくん Part2 関連記事

  • 菅田将暉、「おおさかシネマフェスティバル」で助演男優賞を受賞

    菅田将暉、故郷・大阪で助演男優賞を受賞「過去に甘えず感謝」

    映画

     俳優・菅田将暉が3月1日、故郷・大阪で開催された「おおさかシネマフェスティバル」にて助演男優賞(『海月姫』『そこのみにて光輝く』『闇金ウシジマくん Part2』)を受賞。授賞式後、自身のブログで「本当にありがとうございます」という感謝の言葉と共に、賞状と花束を手に持った写真を公開した。@@cutter 菅田は、「主演以外全ての役者に助演の可能性がある中、まだ22歳と9日しか生きてないぺーぺーの自分。過去に甘えず感謝し、またこれから新しいステージに立てるよう真摯に取り組んで努力していく所存です」と気を引き締めつつ、「いつかは、と思っていたんですがまさかこんなに早く叶うなんて幸せです」と喜びを綴った。  ブログには、「助演男優賞の受賞、おめでとうございます!自分の事のように嬉しいです」「22歳といえど、その表現の努力は実った成果ですから」「これから経験積んだら、もっと凄いあなた様になるって事ですよね!」と、受賞を喜ぶと共に、菅田の今後の活躍を期待する声が届いている。

  • 綾野剛、『闇金ウシジマくんPart2』公開記念舞台挨拶にて

    綾野剛はドS?「人が痛がってるの見ると笑える」 クズエピソードを披露

    映画

     『闇金ウシジマくんPart2』公開記念舞台挨拶が17日、都内にて行われ、主演の山田孝之をはじめ、綾野剛、菅田将暉、門脇麦、高橋メアリージュン、崎本大海、やべきょうすけ、そして山口雅俊監督が登壇した。@@cutter 現代社会の闇を容赦なくえぐり、その先のわずかな光を予感させる問題作エンターテイメントとして人気を集め、累計750万部を突破した真鍋昌平の人気コミック実写映画化第2弾。本作では、高額な違法金利で貸し付け、債務者を徹底的に追い込む闇金ウシジマ(山田孝之)に、債務者たちが遂に反旗を翻す。  「お昼から皆さん、夜向けの映画を選んでくれてありがとうございます。ニュアンス的に“テルマエ”とかあったと思いますが…」と山田が挨拶すると、綾野も「よくぞ選んでくれました」と感謝のコメント。  山口監督も深夜ドラマ時代から支えてくれているファンに感謝を述べるも、山田は「本当の意味で(ドラマ)シーズン1から支えてくれているファンはごく一部だと思いますが…」とブラックジョークを飛ばしながら、「ドラマならではのスピード感と群像劇な感じと、映画ならではの“じとー”と見せる感じがミックスされて凄く面白いと思います」と見どころをアピール。「みんなクソみたいな役を、キャラクターを作りこんで振り切って芝居してるから俳優として凄い。みんなが印象に残ると思います」と共演者を絶賛した。  個性的でクズなキャラクターが目白押しの本作にちなみ、イベントではクズエピソードを披露。菅田は「コンセントにピンセットを差し込んだらショートして、ピンセントがこの世から消えた」と中学生時代の感電エピソードを披露。すると、山田と綾野も経験済みであることを告白。山田は「ある程度電気を食らうとこんな風に仕上がってくる」と感電組を指さし自嘲気味。さらに山田は今日朝4時まで呑んでいたと明かし、「社会の中でちゃんと働いている人たちからするとクズなんだろうなぁ」と吐露。綾野は「人が痛がっているのを見ると笑える」とドSな一面を披露し、会場を沸かせた。

  • ホスト役の衣装に照れ笑い!? 『闇金ウシジマくん Part2』窪田正孝インタビュー

    『花子とアン』で注目の窪田正孝、尊敬する先輩・山田孝之の魅力を語る

    映画

     『ふがいない僕は空を見た』(13)や『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(13)で鮮烈な印象を残し、放送中のNHK連続テレビ小説『花子とアン』ではヒロインの幼なじみ役に抜擢。今、大注目の演技派イケメン俳優が窪田正孝だ。映画『闇金ウシジマくん Part2』では、ホスト役でさらなる新境地を開いた彼。インタビューを敢行し、俳優としての思い、そして25歳の素顔に迫った。@@cutter 「衣装合わせの時、ホストのキラキラした衣装を着て、『似合ってないな』と思ったんです」と照れ笑いをのぞかせた窪田。真っ直ぐで誠実なイメージの彼に、ホスト役は新たなチャレンジだったことは間違いない。  法外な金利で金を貸す闇金、カウカウファイナンスの社長・ウシジマ(山田孝之)と、彼の元を訪れる債務者たちの姿をリアルに描く本作。窪田が演じるのは、新人ホストの麗役だ。「歌舞伎町のホストクラブで撮影をして、エキストラさんにも本当のホストさんが入ってくれて。撮影の合間に色々とお話を聞かせてもらいました」と撮影を述懐。  「印象的だったのが、みなさんが堂々とされていたことと、周りの人をすごく観察していたこと。現場にはお客さん役の女性もたくさんいましたが、気づけば女性の皆さんが常に笑っていたんです。ホストの方々が、楽しませていたんですね。『俺にかなう奴はいない』という度胸を感じることもあって、すごいなと思いました」と、刺激を受ける部分も多かった様子だ。  ホストクラブの空気は大いに吸い込んだが、麗役を作り上げる上では、「ホスト役ということは、あまり意識しないようにした」という。「麗は、新人ということもあって、最初はホストっぽくないホスト。山口雅俊監督からも、『真面目にセリフを発して、真面目に台本に沿っていけば、自然と相手役の彩香が貢ぐようなホストになっていくはず』と言われて。悪意があって、彩香にお金を出させているのではない。麗にそういう純粋さがあるからこそ、見ている方は、より恐ろしく感じると思うんです」。  麗に恋したことで自分の身体をお金にかえ、堕ちて行く彩香役を演じるのは、門脇麦。彼女の熱演には、「体当たりで演じていた」と窪田も舌を巻く。「麦ちゃんは、まだ現場経験が浅いと言っていたんですが、本当に落ち着いていました。芝居もリアルでありながら、すごく面白い表現ができる。役になろうと言うよりも、役としてそこに立っていられるし、芝居を楽しんでやっているという感覚が、こちらにも伝わってくるんです」。  本作には、窪田や門脇の他にも、旬の若手キャスト陣がこぞって出演している。それぞれが有り余るパワーをぶつけ、スピーディーに物語が展開。観客はスクリーンに釘付けになるはずだ。同世代との共演について聞くと、「確かにライバル意識もありますね。でも、それを楽しんでいる自分もいました」と頼もしい一言がこぼれた。「年齢が近い人と一緒にいると、自分のことを振り返る機会にもなります。例えば、(山田)孝之くんが25歳の時ってどうだったんだろうとか、勝手に考えたり」。@@separator 実力派俳優やカメレオン俳優といった称号にふさわしく、圧倒的な存在感でウシジマ役を演じる山田孝之。事務所の先輩でもある山田の存在は、「尊敬する俳優さん」と言うほど、窪田にとって大きなものだ。「孝之くんは、そこにいるだけで絵になってしまうんです。もともと持っている器量なのか、役者としてのそれなのかわからないですが、今回、現場でご一緒してそのことをひしひしと感じました。孝之くんは、撮影の合間には隅っこでピコピコとゲームをやっているんですよ(笑)。それが本番となると、スイッチが入ったようにウシジマになる。そのギャップがまた、孝之くんの魅力なんだなぁと」。  ウシジマを中心に、金に絡んだ人間の業をまざまざと見せつけられる本作。窪田の内面にある“欲”は何だろうか?「10代後半くらいの時は、現場にいても『こうやったら絶対に面白いぞ』とか、そういう気持ちが勝ってしまい、生意気なクソガキだったなと(笑)。周りが見えていなかったんです。 それは、麗のトップに上り詰めたいという欲と似ているのかなとも思います。年齢を重ねるごとに、『作品は監督のもの』という意識が芽生えて。それは若い頃と違って、気づけたこと。気づけたことで、自分も変わることができたと思います」。  「今は、目の前のことを一つ一つやるだけ。それがずっと続いていけば、良いなと思います。何年後になるかわかりませんが、海外の現場にも行ってみたい。海外の役者さんと芝居をしたら、どんな感じになるんだろうって思うんです。まだまだ、下積みを重ねてからですけどね」と、どこまでも真摯に役者道を邁進する窪田。仕事以外での“欲”を聞いてみると、「海外にリフレッシュに行きたいです。オーストラリアのエアーズロックに行って、石のパワーをもらって帰ってきたいですね」と、25歳らしい笑顔をのぞかせてくれた。(取材・文・写真:成田おり枝)  『闇金ウシジマくん Part2』は5月16日より全国公開。

  • ロバート秋山がいい感じに情けない『闇金ウシジマくん』新作ドラマのメインビジュアル

    『闇金ウシジマくん』人気エピソードが新作ドラマとして「dビデオ」にて独占配信決定

    エンタメ

     累計750万部突破の大人気コミックを実写化し、2014年1月期連続ドラマ期待度調査【深夜ドラマ部門】(オリコン調べ)第1位にして、現在放送中の話題作『闇金ウシジマくん』の新作オリジナルドラマが、動画配信サービス「dビデオ powered by BeeTV(以下、dビデオ)」にて3月13日より独占配信することが決まった。@@cutter 今回の新作ドラマでは山田孝之(丑嶋役)や、やべきょうすけ(柄崎役)を始めとし、ドラマや映画でお馴染みのキャスト・スタッフ陣に加え、ゲスト主人公としてロバートの秋山竜次を迎えて、原作で人気の高いエピソード「スーパータクシーくん編」を描く。  ファンからあつい支持を受けるこのエピソードは、原作史上“最も変態でナルシストな債務者”であるタクシー運転手・諸星が欲望の赴くままに借金を重ね、追い詰められた挙句に“最も醜い選択”を迫られる姿を描いており、秋山がどのようにこの役を演じたか非常に見ものである。    他にも千葉雄大、きたろう、神楽坂恵、岩佐真悠子、栁俊太郎ら、個性的な俳優陣を迎え、2時間を超えるボリュームで、借金をめぐる剥き出しの欲望や狂気が複雑に絡み合う“人間の性”を描き、the pillowsによる主題歌「EMERALD CITY」がこのドン底の人間ドラマをより一層盛り上げる。    『闇金ウシジマくん』全シリーズで演出を務める山口雅俊監督も「実写化の期待度も難易度も高いエピソードだからこそ、dビデオという新しいメディアで挑戦しました。」と語り、今作に対しての高い自信を感じさせた。  『闇金ウシジマくん』新作ドラマ「スーパータクシーくん編」は「dビデオ」にて3月13日から毎週木曜更新で独占配信。なお、「dビデオ」では本ドラマに加え、ドラマや映画シリーズ全作品を配信中。5月16日に公開を控える映画『闇金ウシジマくんPart2』に合わせて、これまでのウシジマワールドを復習してみてはいかがだろうか。

  • Superflyが『闇金ウシジマくん』と強力再タッグで映画を盛り上げる

    Superfly、2014年初楽曲が『ウシジマくん』主題歌&イメージソングに決定!

    映画

     5月16日公開の山田孝之主演映画『闇金ウシジマくんPart2』の主題歌、そしてイメージソングを、Superflyが手がけることが発表された。@@cutter 昨年9月にリリースした初のベストアルバムが、オリコン週間アルバムランキングで6作連続1位という快挙を成し遂げたSuperfly。そんなSuperflyの2014年第一弾作品が本作の主題歌&イメージソングに決定。前作に引き続き再タッグをみせることとなった。  「今回も主題歌を担当させていただき、大変嬉しく思っております」と喜ぶSuperfly志帆。  主題歌「Live」(リヴ)は「生きる」をテーマに描いた壮大なバラードで「映画のエンディングで、希望の光が射しこんでくるような楽曲をイメージしました。間違ったり、つまずいたり、後悔したり。時には生きる事に疲れてしまう事もあるけれど、世界でたった一人しかいない自分を大切に生きてほしい。そんな想いを歌に託しました」と曲に込めた思いを語った。  一方、イメージソング「万華鏡と蝶」はSuperfly史上初の“ほぼ英語歌詞”で構成した、アッパーで攻撃的な楽曲。欲望や嫉妬など、ネガティブな感情に呑まれそうになっている主人公達を、万華鏡と蝶という歌詞で表現。さらに、「サイケ」をキーワードに80’sを思わせるギターとシンセを絡ませ、「怪しげで、これから一波乱起きる予感の沸くようなゾクゾクする」イメージで作ったそう。  山口雅俊監督は「観客もエンドロールとともにSuperflyを聴かないとハードなウシジマ・ワールドからうまく脱出できないだろうから、『愛をこめて花束を』以来のSuperflyチームとの長い信頼と友情に甘えてお願いしました」と起用理由を説明。そして、「小さいもの、弱いものに語りかけるような魂に届く曲。期待以上の曲で感謝しています」と、その出来に大満足のようだ。  Superfly、2014年の始動にふさわしい楽曲たちは、是非、映画館で堪能して頂きたい。  『闇金ウシジマくんPart2』は5月16日より全国公開。

  • 映画『闇金ウシジマくん Part2』13人の追加キャスト勢揃いのビジュアル公開!

    映画『闇金ウシジマくん2』菅田将暉、窪田正孝ほか追加キャスト13人決定!

    映画

     映画『闇金ウシジマくん Part2』(5月16日公開)の追加キャストが新たに解禁され、菅田将暉、窪田正孝、柳楽優弥、中尾明慶、本仮屋ユイカほか13人の出演が明らかになった。@@cutter 現在、TVドラマ新シリーズ『闇金ウシジマくん Season2』も好評放送中の本作。Season2からは、ウシジマの幼馴染の情報屋・戌亥(イヌイ)役で綾野剛も参加。綾野は映画にも出演が決定している。  今回、出演が決定した新キャストは、菅田将暉、窪田正孝、柳楽優弥、中尾明慶、木南晴夏、門脇麦、高橋メアリージュン、本仮屋ユイカ、バカリズム、大久保佳代子、キムラ緑子、マキタスポーツ、光石研の13人。  それぞれの役柄は、カウカウファイナンスの金を狙う無職のヤンキー、加賀マサル役に菅田、どん底からNo.1ホストを目指す神咲麗(カンザキレイ)役に窪田、最底辺の労働環境で働く日雇い労務者でストーカーの蝦沼(エビヌマ)を柳楽が演じる。  中尾は、物語の中心的役割になる愛沢浩司役を演じ、うだつの上がらない暴走族・愛沢連合のリーダー愛沢を原作キャラクターそのままに再現するという。  そのほか、愛沢の妻でホスト狂いの愛沢明美役を木南、ホストに入れあげ転落していく藤枝彩香役を門脇が演じる。また、ウシジマ最凶のライバル、女闇金・犀原茜(サイバラアカネ)役を高橋、小悪魔的なヤクザの愛人・由紀美役を本仮屋と、イメージを一新して出演する女優陣も見どころの一つとなる。  人生のサバイバルゲームを生き残るのは、ウシジマか!? それとも…!? 映画『闇金ウシジマくん Part2』は、5月16日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access