I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE 関連記事

  • 鈴木福&芦田愛菜『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』インタビュー

    鈴木福&芦田愛菜が描く初恋イメージに男女の差?「野いちご」「わからない」

    アニメ・コミック

     くるくる変わる豊かな表情ともふもふの毛。世界中で愛されているキャラクター、スヌーピーが活躍する映画『I LOVEスヌーピー THE PEANUTS MOVIE』が12月4日より劇場公開された。本作で吹替を担当するのは、「スヌーピーが大好きだから嬉しかった」と声をそろえて話す鈴木福と芦田愛菜。作品の魅力、そして本作のテーマともなっている「初恋」について二人が語った。@@cutter 本作は、2015年に65周年を迎える名作コミック「ピーナッツ」で、初めての3D/CG映画。世界で最も愛されているビーグル犬のスヌーピーと、その飼主であるチャーリー・ブラウンの友情と、一目惚れという“ささやかな冒険”を描く。今回、福くんはチャーリー・ブラウンを、愛菜ちゃんはチャーリー・ブラウンが一目で恋に落ちてしまう赤毛の女の子を演じる。  スヌーピーの可愛さ、そして大冒険を存分に楽しめる本作だが、その一方でチャーリー・ブラウンの初恋も見どころの一つ。家のチャイムを押して話しかけたいのに勇気がなくて押せない。いいところを見せようと頑張るのに本番でうまくいかない。そんな共感しながらも心がほっこりするエピソードが満載なのだ。  初恋はまだという二人だが、初恋のイメージを聞くと愛菜ちゃんからは「野いちごみたいな、甘酸っぱいイメージ」と、まさに本作のイメージぴったりの言葉が返ってきた。そして、「自分の口で(好きな人に何かを)言うのは恥ずかしいなって思ったら、お手紙を書くかな。例えば、チャーリー・ブラウンは、赤毛の女の子のエンピツを拾っているので、それを届ける内容を1枚目に書いて、2枚目には気持ちを伝える文章を書く」と愛菜ちゃんなりの初恋アプローチ法も教えてくれた。一方の福くんからは、初恋は「わからない」と困惑気味。アプローチ法にも困り顔で「普通にお話しする」と苦笑いだった。@@separator 本作の主人公の一人、チャーリー・ブラウンといえば、ドジで失敗ばかりなのに憎めないキャラとして親しまれている。そこで、二人にプライベートでやってしまったドジな失敗談についても質問。  「ドッチボールで顔面キャッチは何回もやってます(笑)。あとは、サッカーでボールを蹴ろうとした瞬間に、横からきた友達にヒョイッととられちゃって、そのまま後ろに滑って転んだこともあったかな(笑)」。愛菜ちゃんは、そう話すと恥ずかしそうに笑う。  チャーリー・ブラウンに似ていると思っているという福くんは、サッカーでの空振り話のほかに、「お琴の発表会で、最後のキメのところで嵌めている爪がポーンと飛んじゃった」というまるでコントのような話も教えてくれた。  スヌーピーをはじめとしたキャラたちの魅力に溢れた本作。福くんは「クライマックスシーンはすごい好きなシーンで、仲間たちの友情が感じられるし、今回、3Dはスヌーピーで初めてで、迫力あるシーンを見るとさらに面白いと思います」とアピール。愛菜ちゃんも「スヌーピーのいろんな表情が見られる作品。もふもふのスヌーピーを見て欲しいなって思います」と見どころを語る。3Dならではの世界観でスヌーピーがどう活躍するのか。見逃せない。  映画『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』は絶賛公開中。

  • 『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』スヌーピーが飛行アクションも披露

    スヌーピー、華麗なるパイロットに 『I LOVE スヌーピー』飛行アクションシーン解禁

    アニメ・コミック

     “スヌーピー”初のCG/3D映画として話題を呼ぶ『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』の“アクションシーン”映像が初公開された。この映像では、あのスヌーピーが、迫力満点の飛行アクションを繰り広げている。@@cutter 本作は、65周年を迎える名作コミック『ピーナッツ』の劇場版。全世界で愛されるキャラクターのスヌーピーや、飼い主のチャーリー・ブラウンを始めとしたなどお馴染みのキャラも登場し、原作ならではのぬくもりやシュールさを受け継いだ作品となっている。  スヌーピーといえば、愛くるしいその容姿が印象深いが、実は空想好きなキャラクターであり、本作ではそんな空想が炸裂。パイロットの“フライング・エース”になりきって、宿敵“レッド・バロン”との対決のため、犬小屋に乗ってパリの空を飛び回るのだ。「かわいい」だけでなく、臨場感溢れるアクションをこなすスヌーピーの姿が思う存分映し出されており、スヌーピーの新たな魅力を発見することだろう。  映画本編では、今回の映像だけでなく、ほかにもダイナミックなアクションシーンや、スヌーピーが一目惚れするパリジェンヌのプードル・フィフィとの出会いなど、大冒険が目白押し。一方で、スヌーピーの飼い主にして親友のチャーリー・ブラウンの初恋、スヌーピーとチャーリー・ブラウンの熱い友情もあますところなく描かれている。  映画『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』は12月4日よりTOHOシネマズ スカラ座ほかで全国ロードショー。

  • 『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』ジャパン・スペシャルイベントに登場した前田敦子

    前田敦子、“スヌーピー”愛を告白 「毎日共に生活している」

    アニメ・コミック

     前田敦子が17日、“スヌーピー”初のCG/3D映画『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』ジャパン・スペシャルイベントに登場。“スヌーピー”スペシャル・アンバサダーに任命された前田は、スヌーピーへの愛を語り会場を盛り上げた。@@cutter 前田は、「毎日スヌーピーと共に生活をしているくらい、家にはスヌーピーのグッズがいっぱいある」と、スヌーピーの熱いファンであることをアピール。さらに「1年くらい前から映画館の告知映像で知っていたので、すごく楽しみだった」と本作への期待を言葉にする。  イベントでは、日本版エンディング曲「A Song For You」を担当した絢香も登場。生歌を披露し、圧倒的な歌声に多くの観客は聞きほれた。歌唱後、綾香は「初披露だったのですごく緊張しましたが、すごく思い入れの強い曲だったので、歌えてよかったです」と満足気な様子。  また楽曲について絢香は「この映画にある“みんななにかの大事”というテーマに共感して書いた曲なんですけれど、その大事な存在が心細いときとか落ち込んだときとかに寄り添えるような曲になればいいなと、そんな思いを乗せて書きました」と明かした。  本作は世界的な人気キャラクター“スヌーピー”の3DCGアニメ化作品。空想好きのビーグル犬・スヌーピーの大冒険や、飼い主で親友でもある少年チャーリー・ブラウンの恋模様を描く壮大なストーリーとなっている。また、通常よりもあえて動きを荒くするため、1秒間12フレームにし、デザインのシンプルさを演出している。  前田、綾香のほか、スティーブ・マーティノ監督、製作・脚本のクレイグ・シュルツ、日本語吹替声優を務める鈴木福、芦田愛菜、小林星蘭、谷花音が登壇した。映画『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』は、12月4日より全国ロードショー。

  • 「スヌーピー・バースデー・イベント」に登場した鈴木福

    鈴木福『I LOVE スヌーピー』吹替えキャストに決定! 恋のお相手は芦田愛菜に

    アニメ・コミック

     映画『I Love スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』の公開に先駆けて「スヌーピー・バースデー・イベント」が、10日都内で開催。この日初めて発表された本作の吹替えキャストの鈴木福、芦田愛菜、小林星蘭、谷花音の4人が会場へ駆けつけた。@@cutter 同作は65周年を迎える名作コミック『ピーナッツ』の劇場版。全世界で愛されるキャラクターのスヌーピーや、飼い主のチャーリー・ブラウンなどお馴染みのキャラも登場。原作ならではのぬくもりやシュールさを受け継ぎ、感動に包まれたファンタジー作品となっている。  この日、発表された同作の吹替えキャストは、チャーリー・ブラウン役に鈴木、“赤毛の女の子”役に芦田、サリー役を小林、ルーシー役を谷が務めることが明らかとなった。  鈴木は、本作への出演発表に併せて、スヌーピーの誕生日イベントに立ち会えたことに「緊張したけどお祝いできて嬉しかった」と喜ぶ。「大好きだしお祝いできて幸せだった」と話す芦田は、「文房具もお弁当箱も水筒も全部スヌーピーです」と、プライベートでも“スヌーピー好き”であることをアピールする。  鈴木演じるチャーリー・ブラウンが、芦田演じる“赤毛の女の子”へ恋をするという設定にちなみ、イベントではそれぞれ“好みのタイプ”を告白。芦田が「スポーツが出来て、一緒に料理作ったりできる人」と語る一方、鈴木は「優しい人…だけど、まだ恋ってよくわからない」とコメント。  また夏休みの話題になり「宿題は残っているけど、野菜の水分について自由研究しました」と答えた谷。芦田も「日本の歴史を年表にしているけど、まだ“大化の改新”までしか進んでいません」と話し、小学生らしく夏休みの宿題もしっかりこなしているようだ。  映画『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』は、12月4日より公開。

  • 7月4日公開の『映画 ひつじのショーン~バック・トゥ・ザ・ホーム~』

    ヒットは確実!? 2015年は国民的人気キャラの映画が続々公開

    映画

     今年は『劇場版 ムーミン 南の海で楽しいバカンス』、『スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!』(公開済み)、7月4日公開の『映画ひつじのショーン~バック・トゥ・ザ・ホーム~』、11月に『リトルプリンス 星の王子さまと私』、12月に『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』といった具合に、幅広い世代から長きに渡って愛される国民的キャラクターを題材とした映画が、多く公開される。なぜなのだろうか。その背景を探った。@@cutter 上記以外にも、毎年定番の『ドラえもん』、『名探偵コナン』、『クレヨンしんちゃん』、『ポケット・モンスター』、『プリキュア』、『仮面ライダー』、スーパー戦隊シリーズ等に、『しまじろう』、『プリパラ』、『ドラゴンボールZ』、『きかんしゃトーマス』、『ミニオンズ』、『妖怪ウォッチ』など、シリーズ化が期待される作品が加わり、2015年はキャラクター映画大盛り上がりの様相を呈している。  映画関係者は、「全年代がターゲットとなりうる作品で、ムーブメントを起こす作品の多くは、あらゆる年代が楽しめるという強みを持っている」と、キャラクター映画について話す。また、キャラクター映画の中心は子どもであっても、子どもだけで映画館へ行かすわけにもいかず、親も同行となれば、キャラクター映画は、自然とファミリー映画になる。実写等に比べると、簡単に興収を増やすことができるため、必然的にキャラクター映画の配給が多くなるわけだ。さらに、昨年は『アナと雪の女王』が254.8億円を記録し、ブームになることの強さを見せつけた。  「キャラクターものは、安心してメディアも取り上げることができるので、上昇気流に乗ればムーブメントになる可能性が高いでしょう。例えば、『テッド』はブームとなり、最終的な興収が43億円となりましたが、同じくブームになっている『妖怪ウォッチ』は興収70億円と、大きな差があります。また、『アナ雪』の大ヒットをみても、子どもが一緒に観に行けるというのは、シネコン攻勢の時代にマッチしており、ヒットの法則と言えるのかもしれません」@@separator そして、もう1つのポイントが、日本人のキャラクター好きが挙げられるだろう。それは映画だけに限らず、ホテルオークラ神戸が『それいけアンパンマン!』の世界を表現した“アンパンマンスイートルーム”を1月からスタートさせ、大井川鉄道では、昨夏、全国各地から予約が殺到した『きかんしゃトーマス』に改装した蒸気機関車“トーマス号”を6月から期間限定で再運行、ハローキティやマイメロディなどで知られるサンリオは、ルミネと組んで男性向け新ブランド“HELLO KITTY MEN”の商品を発売する。  さらに、キャラクターの宝庫、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、『エヴァンゲリオン』や『進撃の巨人』など、日本の人気4作品を題材にしたイベント“ユニバーサル・クールジャパン”を展開させるなど、男女問わず幅広い世代に向けて、キャラクタービジネスが展開されているのだ。それは、やはり、そこに需要があるからにほかならない。  こういったキャラクタービジネス市場は、10年前の約2.5兆円と比べると、2014年は約2.3兆円と縮小しているものの、回復傾向を示しつつあるため、2015年は期待できる1年と言えよう。そこに来て、ムーミン、星の王子様、スヌーピーなど、大人の女性に人気のキャラクターが偶然にも揃う。テレビ放映していないというハンディはあるが、キャラクター好きの背景を生かし、どこまでヒットを伸ばせるかに注目したい。

  • 『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』 12月4日より2D/3Dで全国ロードショー

    スヌーピーの恋の相手はパリジェンヌ!映画『I LOVE スヌーピー』新ビジュアル解禁

    アニメ・コミック

     『ピーナッツ』連載開始から65周年を迎える今年に公開されるCG/3D映画『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』にて、世界的人気者であるスヌーピーが一目惚れしてしまうプードル・フィフィのビジュアルが解禁となった。@@cutter 全世界をはじめ、日本でも圧倒的な認知と人気を誇る スヌーピー。そんな彼が、今回の映画で一目惚れしてしまうのは、どこか上品な雰囲気が漂うパリジェンヌのフィフィ。見た目の美しさとは裏腹な性格で、活発で運動能力に優れ、冒険が大好き、そのうえ頭が良くて優しいという魅力的なキャラクターだ。  今回解禁されたビジュアルでは、2人がフランスのシンボル・エッフェル塔をバックに、犬小屋で優雅に空を飛ぶ様子がお目見え。また、スヌーピーの毛のモフモフ感はもちろんのこと、フィフィのセットされたピンクの毛も驚くほどリアルに描かれており、この一枚からも本編のクオリティの高さが伺える。  同作は、映画『アイス・エイジ』シリーズで知られているブルー・スカイ・スタジオが製作、音楽を『アナと雪の女王』のクリストフ・ベックが手掛けるなど、豪華スタッフが総力を集結したアニメーション作品。12月4日、2D/3Dで全国ロードショー。

  • 『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』12月4日公開

    映画『I LOVE スヌーピー』公開日決定!陽気でドタバタな新予告解禁

    アニメ・コミック

     世界中で愛され続け、今年で65周年を迎えたキャラクター、スヌーピーの3Dアニメーション映画『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』が、12月4日に2D/3Dで公開されることが決定。もふもふなスヌーピーのやんちゃぶりが伺える最新予告編が到着した。@@cutter 制作は映画『アイス・エイジ』シリーズで知られているブルー・スカイ・スタジオ、音楽は日本中を席巻した『アナと雪の女王』を手掛けたクリストフ・ベックと豪華スタッフ陣が集結し、総力を結集した映画『I LOVE スヌーピー』。  CG・3D映像化されることにより、毛の一本一本までリアルに表現されながらも、ポップな色使いと違和感のない立体表現を実現し、『ピーナッツ』の世界観を今まで見たことのない新しい作品として楽しむことができる。  また、今まであまり知られていなかったスヌーピーや親友チャーリー・ブラウンをはじめ、愛すべき仲間たちの性格や、感動的なストーリーも登場。空想好きのスヌーピーが織りなす壮大な空想物語と大冒険に期待が高まる。

  • スヌーピーのもふもふ感がたまらない『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』は12月公開

    “もふもふ”スヌーピーに釘付け『I LOVE スヌーピー』キャラクタービジュアル解禁

    アニメ・コミック

     コミック連載開始から65周年を迎える、世界的人気キャラクター“スヌーピー”がCG/3D映画『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』として2015年12月に登場する。公開に先立ち、スヌーピーとその仲間たちのキュートな姿が映し出されたキャラクターバナービジュアルが解禁になった。@@cutter 今作は、スヌーピーが空想上のキャラクター、フライング・エースとなって大空へ飛び立ち、宿敵レッド・バロンを追跡するミッションを遂行するというストーリー。スヌーピーとチャーリーのユーモラスな友情や「ピーナッツ」の愛すべき仲間たちが繰り広げる温かい物語が、どんなちっぽけな存在でも一生懸命生きることへの勇気を与えてくれる作品となっている。  解禁になったビジュアルは、そんな本作で大活躍するスヌーピーと親友のチャーリー・ブラウンのほか、「ピーナッツ」ではおなじみのルーシーとライナスが描かれている。なんといっても注目は、スヌーピーの“もふもふ”感。CG/3Dならではのリアルな再現で、触りたくなるような毛の質感が表現されている。  また、それぞれのビジュアルにはキャラクターを象徴するコピーが掲げられており、これまでの「ピーナッツ」を知らない人でも彼らの性格が一目瞭然となっている。例えば、何をやってもうまくいかない愛すべき少年チャーリー・ブラウンは、「失敗だらけ」「ツイてない」「あきらめない」というコピーで、実は強い新年をもった少年であることがわかるのだ。  彼らの友情やぬくもりある世界観が余すところなく表現されたこのビジュアル。映画への期待がさらに高まるはず。映画『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』は2015年12月に2D/3D全国ロードショー。

  • 『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』2015年12月公開!

    スヌーピーのやんちゃぶり炸裂!『I LOVE スヌーピー』予告編公開

    アニメ・コミック

     2015年で65周年を迎える世界的人気キャラクター“スヌーピー”が3Dアニメーションとなった映画『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』の予告編が完成。『アイス・エイジ』シリーズで知られるブルー・スカイ・スタジオが手掛けた、コミックの世界観そのままの温かい印象のアニメーションに仕上がっている。@@cutter 1950年にアメリカの新聞に連載されるやいなや、瞬く間にその愛らしいルックスと予想外の言動や破天荒ぶりが話題を呼んだスヌーピー。そんな彼の“犬離れ”したすばらしい才能は、犬小屋の屋根の上で空想にふけることだ。  予告編では、小鳥のウッドストックたちによってクリスマスらしく飾られた犬小屋から大空へと飛び立ち、彼の空想上のお気に入りキャラクター、フライング・エースに変身。宿敵レッド・バロンを追跡するために大空に飛び立つが、ハプニングの連続!愛くるしいやんちゃぶりに、思わずくすりと笑ってしまう。  また一方で、現実世界の彼の親友チャーリー・ブラウンも本作で大冒険をすることに。スヌーピーとチャーリーとのユーモラスな友情も見どころ。また、日本中を席巻している『アナと雪の女王』を手掛けたクリストフ・ベックによる劇中音楽にも注目したい。  アニメーション映画『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』は2015年12月、2D・3Dで全国ロードショー。

  • 『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』2015年12月公開!

    スヌーピーが“もふもふ”の3Dに! 初の3DCG映画、音楽は『アナ雪』スタッフが担当

    アニメ・コミック

     全世界で高い知名度と人気を誇るキャラクター“スヌーピー”がついに3DCG映画『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』としてスクリーンに登場することが決定。スヌーピーの誕生日8月10日を目前に控え、特報映像が解禁となった。本作は有名3Dアニメスタジオや『アナと雪の女王』音楽スタッフといった豪華面々により製作され、2015年12月に公開される。@@cutter もとは1950年にアメリカの新聞にて連載開始された漫画『ピーナッツ』のキャラクターであるスヌーピー。見た目の可愛さとは裏腹にシュールな言動も話題を呼び、その人気は瞬く間に世界へ広がっていった。  そして哲学的でコミカルな漫画『ピーナッツ』の評価も高く、世界中の新聞に訳され、アニメ化作品はエミー賞を5度も受賞し、老若男女問わず長く愛され続けている作品だ。  今回解禁となった特報では、“あの名作”を彷彿とさせる遊び心いっぱいな導入から始まり、初3DCG化となるスヌーピーと飼い主チャーリー・ブラウンの姿がお披露目に。漫画やアニメとは異なり、CGによって毛の1本1本までリアルに描かれたスヌーピーは、思わずぎゅーっと抱きしめたくなる“もふもふ”した質感がたまらない仕上がりになっている。  また、本作の製作を行うのは、3DCG映画『アイス・エイジ』シリーズのブルー・スカイ・スタジオ。そして、音楽担当は大ヒット映画『アナと雪の女王』を手掛けたクリストフ・ベックと、豪華スタッフの面々にも注目したい。  古くから愛されてきた人気キャラ・スヌーピーたちが、最新技術によってどのように長編3DCGアニメ化されるか…公開が楽しみだ。  『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』は2015年12月公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access