ピンクとグレー 関連記事

  • 『ピンクとグレー』夏帆インタビュー

    『ピンクとグレー』夏帆、中島裕翔とのベッドシーンに自信 「お互い躊躇なく」

    映画

     NEWSの加藤シゲアキが書いた処女小説を大胆にアレンジし、幕開けから62分後に衝撃的展開が待ち受ける異色の青春映画『ピンクとグレー』。その中で、マドンナ的存在を演じた夏帆は、幼なじみ役のHey! Say! JUMP・中島裕翔と菅田将暉の間で揺れ動く乙女心に、「映画でしか経験できない三角関係、役得ですね」と笑顔を見せる。今なおまぶしい制服姿も披露し、大胆なラブシーンにも挑み、清楚と奔放女性の二面性も見事に表現した夏帆が、作品への思い、撮影中のエピソードを語った。@@cutter 本作は、NEWS加藤の原作を第53回岸田國士戯曲賞受賞の作家・蓬莱竜太が脚本化し、『GO』『世界の中心で、愛をさけぶ』などの俊英・行定勲監督がメガホンを取ったミステリー仕立ての青春ドラマ。売れない俳優・河田大貴は、幼なじみの人気俳優・白木蓮吾が急逝したことにより、一躍世間の注目の的に。白木の死は自殺か、それとも殺人か…。その死に立ち会った河田は、白木の遺言に従って彼の自伝を書き始める。  前半、後半で内容が大きくシフトチェンジする本作は、「王道の青春映画ではない」と夏帆が言うように、とんでもない変化球で、観客は一瞬、何が起きたのかわからないほど驚き、そして動揺する。「撮影している時から完成が楽しみだった。私たちは内容を知っているので、『おお、来た来た!』っていう感じで観てしまうけど、先入観のないお客さんはどんな反応を見せるのかな」と興味津々の様子。  ネタバレ厳禁、仕掛け満載の本作で、真逆の女性を見事に演じ分けた夏帆だが、清楚な女性から奔放な女性の変貌は、「観ている人が、え?急にどうしたの?って驚くぐらい極端に振り切った」と述懐する。中島との大胆なラブシーンにも挑戦しているが、これについては、「中島くんとはデビュー当時に共演していて、『まさか二人でこんなシーンをやるとは思わなかったね』っていう話はしました。お互い躊躇なくぶつかり合ったので、いいシーンになったと思います」とキッパリ。@@separator 女優としてのプロ意識が発言の節々に感じられる夏帆だが、中島と菅田との微妙な三角関係には、一人の女性として「憧れる」と目を輝かせる。「幼なじみの男の子二人の間で揺れ動くなんて、うらやましいですよね。なんかキラキラしてる感じ。映画でしか経験できないことなので」と照れ笑い。ただ、撮影の合間は、中島と菅田があまりにも仲が良すぎて、入り込めなかったという夏帆は、「二人でキャッキャはしゃいだり、ギターを弾きながら歌ったり、なんかいいなぁって。疎外感があったわけではないけれど、入っていけない男同士の領域がありましたね」と笑顔で振り返った。  2015年は、是枝裕和監督の『海街diary』でカンヌ国際映画祭のレッドカーペットを歩くなど、世界にも視野を広げる飛躍の年となった夏帆。行定監督と組んだ本作でも体当たりの演技を見せ、女優として一皮むけた感もあるが、本人からは浮き足立ったところは全く見られない。「カンヌはとても刺激的でした。これからも真摯に作品と向き合って、夢は大きく自分の可能性を試していきたい」。意外と小さなことでウジウジ悩むと嘆くも、肝の部分は揺るがない得体の知れない強さを感じる。2016年の夏帆から目が離せない。(取材・文・写真:坂田正樹)  映画『ピンクとグレー』は2016年1月9日より全国公開。

  • 岸井ゆきの、『ピンクとグレー』での重要な役どころに注目

    “目を引く透明感”若手女優・岸井ゆきの、『ピンクとグレー』で重要な役どころに

    映画

     映画・CMに出演中の注目女優・岸井ゆきのが、行定勲監督作品『ピンクとグレー』(1月9日公開)に出演。実力人気ともに兼ね備えた中島裕翔(Hey! Say! JUMP)、菅田将暉ら若手俳優たちが名を連ねる本作で岸井は、作品の幕開けから62分後に起こる予測不能な展開に、大きく関わってくる重要な役どころを演じている。@@cutter 自然体な演技とぱっちりした意思の強い目、そして独特の雰囲気を持つ岸井は、目を引く透明感と、抜群の演技力を持つナチュラルビューティーの22歳。ドラマ「小少女セイラ」(09/TBS系)でデビューし、映画、ドラマ、CM、舞台と幅広いフィールドで活躍している。  最近では、日清カップヌードルのCMで、サラリーマンのおじさんに電車の中で壁ドンされる女性役として出演。テレビ東京系のコント番組『SICKS~みんながみんな、何かの病気~』でもコミカルな一面を披露している。また、映画『銀の匙 Silver Spoon』(14)、『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』(14)、『流れ星が消えないうちに』(15)などに出演し、2016年に人気漫画「森山中教習所」の実写化映画などの控えている。  『ピンクとグレー』は芸能界の嘘とリアルを現役アイドル加藤シゲアキ(NEWS)が描いた同名小説の映画化。初主演となるHey! Say! JUMPの中島裕翔を迎え、菅田将暉、夏帆、柳楽優弥といった人気実力派俳優が脇を固める。大人気スター俳優・白木蓮吾(中島)が謎の死を遂げると、第一発見者で幼馴染みの河田大貴(菅田)は6通の遺書を手にする。遺書に導かれ、蓮吾の短い人生を綴った伝記を発表した大貴は、一躍時の人となり、憧れていたスターの地位が転がり込む。しかし、その死によって与えられた偽りの名声に苦しむ大貴は、次第に自分を見失っていく。

  • 菅田将暉、中島裕翔の寂しがりやな一面に「寂しいって言え!」

    中島裕翔、菅田将暉から「寂しいって言え!」カップル疑惑に拍車を掛ける

    エンタメ

     映画『ピンクとグレー』(2016年1月9日公開)に出演するHey!Say!JUMPの中島裕翔と、菅田将暉が13日、日本テレビ系列のトークバラエティ番組『行列のできる法律相談所』に出演。プライベートでも仲が良いという2人は、中島が菅田へ“片思いをしているのでは?”と思ってしまうようなエピソードが明かされた。@@cutter 主演として『ピンクとグレー』に出演することに悩んでいたという中島。菅田と二人で食事をした際に、そのことを伝えると「『主演だからいろいろ考えるのは当たり前だよ」って言われて。キュン!としました」と告白。一方、菅田は先日、自宅に中島を招いてチャーハンを振舞ったとのことだが、その翌日、中島がチャーハンの写真をメールで送ってきたというエピソードを明かす。「寂しがりやなんですよ。彼女みたいなことを言うけど、寂しいんだったら寂しいって言え!って」と、中島に伝える。そのやり取りに、番組MCの後藤輝基も「付き合う前のカップルやん!」とツッコむ。  また、中島や菅田と同じくゲスト出演していた、ものまねメイクで人気のタレント・ざわちんの、桐谷美玲メイクについての話題に、興味を示した菅田。ざわちん曰く、菅田の顔の作りは“桐谷美玲メイク”の適用が可能とのこと。そのことを聞いた中島は菅田に「じゃあ桐谷美玲になってさ、明日どこか行こうよ」と、さっそくデートに誘った。  さらにこの日は、女優の平祐奈も出演。6人兄妹の末っ子であり、同じく女優の平愛梨を姉に持つ平は、長男より20歳まで恋愛禁止を厳しく言われているそうだが、自身もまだそれほど恋愛に興味を持たない様子。だが、自身の好みのタイプについて問われると「中身がおじいちゃんみたいな人。髪の毛を遊ばせているような人はちょっと…」と語ると、若干遊ばせているような髪型をしていた中島と菅田は、バツが悪そうに下を向いた。

  • 『ピンクとグレー』完成披露イベントに登壇した菅田将暉

    中島裕翔、菅田将暉と“デキてる”疑惑!? 夏帆も怪しむ

    映画

     加藤シゲアキ(NEWS)の小説家デビュー作『ピンクとグレー』の完成披露試写会が26日、都内にて行われ、主演の中島裕翔(Hey!Say!JUMP)をはじめキャストらが登壇した。中島は「ただの、アイドルが出てる映画ではないとわかってほしいなと思います。若手俳優たちのエネルギッシュな演技にも注目してほしい」と自信を見せた。@@cutter 会場内に映画タイトルになぞらえたピンクカーペットが用意され、その中をキャストたちが登場。白木蓮吾役の中島は映画初主演にあたり、「行定監督作品で、原作が先輩の加藤シゲアキくんということで責任重大だと思いましたが、同時に若い俳優さんたちに囲まれて自分も頑張らなければと闘争心も生まれ、刺激的な撮影になりました」と振り返った。  その親友・河田大貴役を演じる菅田将暉は、中島の芝居を「すごくハートフル。やるたびにギアが上がってくるので、僕も裕翔が力尽きるまでついて行こうと思いました」と語る。  二人は撮影を通じてかなり仲が深まったようで、「ここで裕翔の可愛いエピソードをひとつ」と菅田。「LINEで、今食べてるものなのか砂肝の写真を送ってきたりするんですけど、別に『今何してる?』『遊ぼう』とか言うわけでもない。なんか探っているところが可愛いなと」と明かした。いきなりのタレコミに「やめろよ」と照れる中島。そんな“イチャイチャ”ぶりに、二人の幼馴染・サリー役を演じた夏帆は「私が現場に入った時、ほんとに仲が良く、『この二人デキてるんじゃないか』と思った」と語り、場内を笑わせた。  行定監督は撮影中「中島をどれくらいいじめられるか」を意識したという。「追い込めば追い込むほど響いて芝居で返してくれる。そこがすごく良かった」と中島を褒める。  物語の前半と後半の狭間、幕開けから62分後にスクリーンで繰り広げられるという“ある仕掛け”にも注目が集まるが、中島は「観てくださる方がびっくりするのは間違いない」と言えば、菅田は「ずるいです、あんなもん」と一言。それしか言えないほどのインパクトのようだ。なお舞台挨拶には柳楽優弥、岸井ゆきのも登壇した。  大人気俳優・白木蓮吾の突然の死。第一発見者となった蓮吾の幼い頃からの親友・河田大貴は、6通の遺書を手にする。遺書に導かれるようにスターの地位を手に入れた大貴が、迷い苦しみながらたどり着いた蓮吾の死の真実とは…。  映画『ピンクとグレー』は2016年1月9日より全国公開。

  • 映画『ピンクとグレー』で主題歌を務めるASIAN KUNG‐FU GENERATION

    アジカン、書き下ろし楽曲が中島裕翔主演『ピンクとグレー』主題歌決定!

    映画

     現役アイドル加藤シゲアキ(NEWS)が芸能界の嘘とリアル描いた問題作を原作に、中島裕翔(Hey!Say!JUMP)が映画初出演・初主演を務める映画『ピンクとグレー』。早くも話題を呼ぶ本作の主題歌が、ASIAN KUNG‐FU GENERATION(通称:アジカン)の書き下ろし楽曲に決定した。@@cutter 2012年に発売された『ピンクとグレー』は、芸能界を舞台に、2人の青年が体験した光と影を描いた青春小説。大人気スター俳優・白木蓮吾の突然の死…第一発見者は幼い頃からの親友・河田大貴だった。動揺する大貴は、6通の遺書を手にし、蓮吾の短い人生を綴った伝記を発表。一躍時の人となり、憧れていたスターの地位を手に入れるが次第に自分を見失っていく。なぜ蓮吾は死を選んだのか?なにが、誰が、彼を追い詰めたのか?大貴がたどり着いた“蓮吾の死の真実”とは…。  大人気スターでありながら突如謎の死を遂げる主人公・白木蓮吾役に中島。蓮吾の親友であり死の真実を追う河田大貴役には菅田将暉。そして、2人の初恋の人であり幼馴染・サリー役には夏帆…と、人気・勢い・実力を兼ね備えた旬の俳優陣が名を連ねている。  さらに今回、本作の主題歌がアジカンに決定。原作を読み、映画の映像を観ながら書き下ろしたというリーダー・後藤正文は「原作の良い意味で裏切る展開に驚きました。映画を観て、それぞれの生活に戻ってゆく観客たちのことを考えながら、曲を書きました。参加できて光栄です」とコメント。『ピンクとグレー』の世界観にぴったりな楽曲に仕上がることが期待される。  『ピンクとグレー』は2016年1月9日より全国ロードショー。

  • 『ピンクとグレー』菅田将暉、夏帆、岸井ゆきの、柳楽優弥ら若き実力派も集結

    NEWS加藤シゲアキの処女小説『ピンクとグレー』映画化、主演は後輩・JUMP中島裕翔

    映画

     NEWSの加藤シゲアキが書いた処女小説『ピンクとグレー』の映画化が決定。加藤と同じジャニーズ事務所に所属するHey!Say!JUMPの中島裕翔が映画初出演にして初主演を飾る。メガホンを取るのは、国内外50もの賞に輝いた『GO』以来のストレートな青春映画を手掛ける行定勲監督。@@cutter 2012年に発売された『ピンクとグレー』は、芸能界を舞台に、2人の青年が体験した光と影を描いた青春小説。売れない俳優・河田大貴は、少年時代からの親友にして今をときめく人気俳優・白木蓮吾が急逝したことにより、一躍世間の注目の的に。白木の死は自殺か、それとも殺人か…その死に立ち会った河田は何を語るのか。  主演に抜擢された中島は、「全く実感が湧かずどこか他人事の様に驚いています」とコメントしながらも、「出演者の方々もお芝居がとてつもなく上手な方ばかりなので、飲み込まれないように自分の力を発揮し、あくまでも楽しんで今まで見せてこなかった顔を出せていければと思います」と意気込みを語る。  一方、原作者の加藤は日本映画を代表する巨匠が映画化することについて「小説を書いた時は、映画化されるなんて夢にも思っていませんでした。行定監督の作品は好きでよく見ていたので心から楽しみです」と喜びの声を上げている。また、後輩である中島に向けて「自分を投影した小説を、後輩が演じてくれることはあまりない機会ですが、中島君ならできると信じています」とエールを送った。  共演者には、菅田将暉、夏帆、岸井ゆきの、柳楽優弥といった若手実力派が集結。さらに、第53回岸田國士戯曲賞を受賞の作家・蓬莱竜太が脚本を担当し、今回の映画化にあたり行定と共に原作を大胆アレンジで再構築。小説では描かれなかったエピソードも盛り込み、2016年の公開に向けて新たな『ピンクとグレー』を創り上げる。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access