ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション 関連記事

  • 『ハンガー・ゲーム』前日譚映画の企画が浮上(※『ハンガー・ゲーム』場面写真)

    『ハンガー・ゲーム』64年前のパネムが舞台の前日譚が映画化か

    映画

     女優のジェニファー・ローレンス主演で映画化された『ハンガー・ゲーム』シリーズ。原作者のスーザン・コリンズが前日譚の小説を2020年に出版するのに伴い、米ライオンズゲートが映画化に向けて動いているという。@@cutter 『ハンガー・ゲーム』シリーズは独裁国家パネムが舞台。反乱抑止のために毎年繰り広げられる若者たちの殺人イベント「ハンガー・ゲーム」に参加した若い女性カットニスが勝者となり、やがて起こる革命のシンボルとして反乱軍を率いて戦うさまを描く。  Deadlineによると、その前日譚小説が2020年5月19日にアメリカで出版されることが発表されたという。タイトルは未定。『ハンガー・ゲーム』オリジナルシリーズから64年さかのぼる時代のパネムが舞台となり、第10回ハンガー・ゲームの参加者を選出する“刈り入れの日”の朝から始まるとのことだ。  ライオンズゲートのジョー・ドレイクCEOは原作者のコリンズさんと「執筆中の時からコミュニケーションを取っている。今後も彼女と映画に関して密接に仕事することを楽しみにしている」とコメントしているという。コリンズさんは映画版の1作目から脚本に携わっており、ライオンズゲートとは良好な関係だ。前日譚映画の実現はかなり期待できると言えるだろう。

  • 『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』舞台挨拶に登壇した前野智昭、水樹奈々、神谷浩史

    水樹奈々、神谷浩史への不安吐露!?『ハンガー・ゲーム』“幻の舞台挨拶”映像公開 

    映画

     人気シリーズ最終章『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』のデジタル配信開始、ブルーレイ&DVDレンタル開始を記念し、日本語吹替声優の水樹奈々、神谷浩史、前野智昭ら3名が登壇した“幻の舞台挨拶”映像の一部が初公開となった。同舞台挨拶の映像は、プレミアム・エディションだけの日本限定特典ディスクに収録される。@@cutter 本作は、全シリーズ全米No.1のメガヒットアクション『ハンガー・ゲーム』の完結編。オスカー女優であるジェニファー・ローレンスが、主人公カットニスを演じ、反乱軍VS独裁国家の全面戦争が最終決戦を繰り広げる中、演技の深みはラストへ向けて最高潮を迎える。  今回、一部映像が解禁されたのは、本作劇場公開時に行われた舞台挨拶の模様。カットニス役の水樹、ピータ役の神谷、フィニック役の前野智昭ら日本語吹替え声優陣が登壇し、それぞれの感想を語った。  水樹は「やっぱり一番イケメンなのはカットニスだなって思いながら最後まで演じさせていただきました」と、自身の演じた主人公を絶賛。さらに、洗脳を受けたことにより精神が不安定なピータとカットニスがベッドで寄り添って寝るシーンについて、「最後もピータから“(僕を愛してる?)それは本当?”って言われて、(まだ洗脳されているのかなと思って)今後の夫婦生活が心配になりました」と二人の関係性に対する不安を吐露。  これを対して神谷は「知りませんよ!そんなことなんて(笑)」と照れる様子を見せたが、「自分に力が無かったり自信が無かったりする中でも、彼女(カットニス)をバックアップしようとする部分は、なかなか無い状況だけど共感できるなって思いました」とピータのことをフォローした。  『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』は、3月25日よりデジタル配信とブルーレイ&DVDレンタル開始。4月13日にブルーレイ&DVD発売。ブルーレイプレミアム・エディションには、本特典映像のほか、吹替声優スペシャルインタビュー、プレス・カンファレンスの様子など豪華特典映像が収録されている。

  • シリーズ通して声優を日本語版吹替声優を務めた神谷浩史

    神谷浩史「素敵な最後だった」 良い意味で“予想”が裏切られた『ハンガー・ゲーム』

    映画

     全世界で空前のメガヒットを記録し、映画史にその名を刻む『ハンガー・ゲーム』シリーズ。このたび、いよいよ完結編『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』が全世界同時公開された。シリーズを通して、ジョシュ・ハッチャーソン演じるピータの日本語吹き替えを担当した神谷浩史。その神谷が「とても素敵な最後だったと思います」と語る本シリーズについて話を聞いた。@@cutter 神谷が本作で演じるのは、主人公・カットニスと共に第74回ハンガー・ゲームに出場し、彼女と恋人同士に見せかけることで異例の勝者2人として生き残り、翌年の第75回ハンガー・ゲーム記念大会に続いて出場するも、ゲームの途中崩壊により政府の人質となってしまったピータだ。ピータはその後、拷問により精神を崩壊してしまい、反乱軍によって救出されるも、洗脳により激しくカットニスを憎むようになってしまう。  神谷は、「もっとすごくグチャグチャになってしまうと予想してましたが、その辺は割と日本人の感性にも合うんじゃないか」と、シリーズ最後となる本作の印象を語る。「『世界が全て平和になりました』っていうのは、やっぱりどこか嘘だと思うんです。だから、あくまでカットニスが自分の身をどこに落ち着けるのかという視点で見ると、まあハッピーエンドだったのではないかと。必然的に戦わなきゃいけない人になってしまったカットニスが迎えるラスト・シーンとしては、とても素敵な最後だったと思います」と、自身の感想を口にした。    また、カットニス、ピータ、ゲイルの三角関係については「ストーリーの軸にはなっていますけど、そこまで重要じゃないと僕は思っています(笑)」とのこと。だが「彼の声を任せていただいた以上、三角関係の結末は気になる所ではありましたし、ひとまずは落ち着いて良かったなというところです」と、意味深なコメントを寄せた。  最後に神谷は、「今回は一番最初のハンガー・ゲームのようなハラハラドキドキするアクションなど、原点に立ち戻る内容になっているので、そういった点ではアクションも大きな見どころ」と作品をアピールした。  映画『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』は絶賛公開中。

  • 『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』カットニスの成長を振り返る新映像が解禁

    『ハンガー・ゲーム 』完結編、ド迫力映像解禁! “完璧なラスト”へ向かう見所満載

    映画

     空前のメガヒットを記録する人気シリーズの完結編『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』の新映像が解禁された。“ハリウッドで最も稼ぐ女優”ジェニファー・ローレンスが演じる主人公カットニスを中心に、シリーズ1作目から今作までの迫力あるアクションシーンを余すことなく描き出している。@@cutter 『ハンガー・ゲーム』は、独裁国家がその支配を強めるため国民に強いる究極のサバイバルゲームを生き延びたカットニスが、圧政に苦しむ民衆の希望として国家との戦いに身を投じ、“宿命のヒロイン”として成長していく姿を描くSFアクション大作。  完結編となる本作についてフランシス・ローレンス監督は「これ以上ない、完璧なラストシーンを撮ることができた」と自信をみせる。さらに「完結編ということで、撮影時の現場の雰囲気は高まっていた。登場人物たちが全4作で行ってきたすべてがこのラストを作り上げたという意識があったんだ。カットニスに起こった全てのことと、ストーリーのテーマすべてが、本作の最後の一瞬に集約されている。観る人たちにもそれを感じてほしいと思っているよ」と見どころをアピールした。  公開を直前に控え、世界最大規模の批評サイト“Rotten Tomatoes”では本作の完結を惜しむ声が多数上がっているが、そのほとんどが本編の出来栄えを絶賛するコメント。先日ベルリンで行われたワールドプレミアでも、6000人のファンを動員するなど、完結編への期待は全世界でも非常に高まっていることが伺える。遂に始まる“国家VS革命軍”の全面戦争…衝撃のラストに注目が集まる。  『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』は11月20日全世界同時公開。

  • 『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』 6月5日公開

    『ハンガー・ゲーム』完結編PART2、全世界公開決定! 心揺さぶる特別映像解禁

    映画

     SFアクションシリーズ完結編のPART1『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』の公開を待たず、PART2『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』が11月20日に全世界同時公開となることが決定した。さらに、物語のフィナーレに向けて、心が揺さぶられる特別映像が解禁となった。@@cutter 『ハンガー・ゲーム』は、アメリカの人気同名小説を原作に制作されたSFアクションシリーズ。2012年に第1作目、2013年に第2作目が公開され、遂に2015年に物語の完結編となる『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』が公開となる。  最終章では、過去2度にわたって死のゲームに引きずり込まれた主人公カットニスが、打倒・独裁国家パネムのシンボルとして立ち上がる姿を2部構成で描き出く。解禁となった映像では、民衆の希望の星“マネシカケス”になることへのプレッシャー、固い絆で結ばれた戦友ピータを蝕むマインド・コントロールの恐怖といったカットニスの内なる葛藤も映し出され、来る最終決戦に向けての緊迫感が伝わってくる。  主演のジェニファー・ローレンスは、撮影について「最終章が前後編になるから、今回の撮影はおよそ10ヵ月かかったの。私は、クランクイン当日から泣いていたわ。なぜってあと僅かでこのシリーズとお別れしなきゃいけないからよ」と振り返り、「監督からは、“すぐに慣れるさ”と言われたけど、とんでもなかった。私ったらことあるごとに泣いちゃっていたのよ」と、シリーズへの愛情をみせた。  完結編PART1『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』は6月5日、PART2『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』は11月20日公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access