クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

at Home アットホーム 関連記事

  • 『at Homeアットホーム』場面写真

    竹野内豊、『at Home』共演の坂口健太郎・黒島結菜を絶賛「将来が楽しみ」

    映画

     本多孝好の短編小説を原作とした映画『at Home アットホーム』が8月22日に公開される。このたび、本作で主演を務める竹野内豊のインタビュー映像が届き、森山家として共演したキャストへの思いや、物語の魅力を主役ならではの視点で語った。@@cutter 本作は、幸せそうでありながら、実は犯罪に塗り固められた偽装家族を描いたヒューマンドラマ。空き巣泥棒の父・和彦を竹野内が、結婚詐欺師の母・皐月を松雪泰子が、その子供たちを坂口健太郎、黒島結菜、池田優斗が演じる。  血のつながらない家族だが、ある日母の結婚詐欺がばれ、相手に拉致され身代金まで要求されてしまうところから、その裏にあるそれぞれの苦しい過去、そして家族の固い絆が見えてくる…というストーリー。  インタビューで竹野内は松雪との共演に「以前よりご一緒したいと思っていました。(松雪がいるのではなく)自然にそこに、“皐月がいる”と思わせる、そんな存在感のある女優さん。勉強させていただいた」と語り、また長男・淳を演じた坂口については「彼の良いところは上っ面じゃないところ。表層的じゃなくて演じていて、そこにちゃんと真実が見えてくるような…。またご一緒したい」と絶賛した。  さらに長女・飛鳥役の黒島については「すごく落ち着きがあって地に足がついてる感じを受けた。しかし、純粋なところもある。今回はお姉さん的な立場を演じ抑えていたけど、ふとした瞬間の目に真実が写っているんですね。将来が楽しみだと思いました」と期待を寄せた。  竹野内は最後に「“家族” の一言ではくくりきれない、生きていくうえで大事なものが詰まっている作品」と魅力を語り「目を背けたくなるような描写もあるんですが、希望がちゃんとあって、何か感じていただける映画。一生懸命作ってきた自信作です」とアピールした。

  • 『at Home アットホーム』公開直前トークイベントに出席した竹野内豊、村本大輔

    竹野内豊、ウーマン村本のストーカー騒動を勘違い「ストーカーをやられていると…」 

    映画

     映画 『at Homeアットホーム』公開直前イベントが20日に行われ、主演の竹野内豊と共演の千原せいじ、村本大輔(ウーマンラッシュアワー)が登場した。千原は、村本に共演者である松雪泰子とのエピソードについて、「現場で松雪さんに言われたわ。『村本さんにナンパされました』って。オレに恥をかかすな」と言及すると、村本は「共演者として誘っただけです。コミュニケーション。芸人は誘うのもアカンのか!」と逆ギレをしていた。@@cutter 村本の“ナンパ”エピソードに竹野内は、「それ、本番前に言ってませんでした?」と聞くと、村本は「マネジャーの目を盗んでね。収録終わって、ビール飲んでるときに『なんであんたと行かなきゃいけないのよ』って言われましたよ」と明かしていた。  村本の演技についての話題に及ぶと、竹野内は「村本さん、不気味でしたね。何を考えているかわからない。この前、ストーカーをやられていると聞いたんで、それが出てたのかな」と語ると、すかさず村本は「違いますよ。やられてたんです」と指摘。竹野内は「やっていたのかと思いました」と照れ笑いを浮かべた。  また、現場での竹野内について村本は「すごい優しいんですよ。スタッフも含めて何十万も払ってケータリングを配ってたんです。わざわざ楽屋まで1人でやってきていただいて、本当はすでに頂いてたんですけど、2杯目もいただきましたよ」と明かし、笑いを誘っていた。千原は「ええなあ、お前、話があって。オレ、竹野内さんとカラんでないからなあ」と残念そうな表情をみせていた。  本作は本多孝好の同名小説が原作。一見、どこにでもいそうな5人家族だが、そのうち3人が犯罪者で、血もつながっていない。だがある夜、母親役(松雪)の結婚詐欺がバレて、相手に拉致され身代金まで要求されてしまう。残された彼らは平和を取り戻すため母の救出に死力を尽くす。  映画 『at Home アットホーム』8月22日より全国ロードショー。

  • 竹野内豊が『at Home アットホーム』プレミア試写会に登壇

    竹野内豊、理想の家族は「森山家のような…」具体的なイメージは沸かず!?

    映画

     映画『at Home アットホーム』プレミア試写会が10日、都内で開催され、主演の竹野内豊、松雪泰子、坂口健太郎、黒島結菜、池田優斗、板尾創路、村本大輔(ウーマンラッシュ・アワー)、そして蝶野博監督が登壇。上映前に作品の魅力を語った。@@cutter 本作は『真夜中の五分前』や『ストレイヤーズ・クロニクル』の作家・本多孝好の短編小説『at Homeアットホーム』が原作。空き巣泥棒の父親や結婚詐欺師の母、偽造職人の長男など、犯罪で生計を立てる、血の繋がりのないワケあり家族の森山家だったが、母の皐月がターゲットの相手に監禁されるという事件が起きる。  一家の大黒柱・和彦を演じる竹野内は「決してエンターテインメント性は高くなく、非常に静かな作品ではあるが、その中に秘められている、生きていくうえで大切なことや希望がある」と、作品に出会った時の感想を述べ、「いい作品にしたい」と切に思ったという。末っ子の次男・隆史役の池田の身長が撮影当時より4センチも伸びたことを本日知り、子供の成長が早いことを実感したようだが、「家族を持つとしたら?」という質問には、「森山家のような家族に恵まれたら、それは嬉しいが…」と、具体的にはイメージが湧いてない様子。  長男・淳役の坂口は世間的にはズレている森山家について、生きるために集まった5人の関係が「逆にリアルに感じた」と言い、淳は「自分に近い感覚」だったと、自然体に近い状態で演じられたという。    一方、本作が映画初出演となる村本は皐月を監禁して身代金を要求するという不動産王の息子ミツルを演じるが、「こいつは何を考えているんだろうというような、どことなくミステリアスでもあり猟奇的でもある役で、自分がストーカーに遭っている最中によくこんな役ができたな…」と自虐ネタ。「役作りに取り入れた」とも。本作の松雪がとても素敵だったため、意を決して食事に誘ったものの「いや、ムリムリ」とスーパードライな反応を食らったと告白した。LINEでも誘い続け、自分が「ストーカーになっていたな」と反省し、会場の笑いを誘った。  映画『at Home アットホーム』は8月22日より全国ロードショー。

  • 松雪泰子の美しい顔が血まみれに…(『at Homeアットホーム』場面写真より)

    松雪泰子の美しい顔から流血…衝撃の血まみれ写真公開

    映画

     竹野内豊主演の最新映画『at Homeアットホーム』で、竹野内の妻役を務めた松雪泰子との衝撃場面写真が公開された。写真では、松雪の美しい顔が血まみれになりながら、うつむいているという衝撃的なシーンが映し出されている。@@cutter 人気小説家・本多孝好の短編小説「at Home」を映画化した本作。見た目はどこにでもあるような平凡で幸せそうな家族だが、犯罪で生計をたてている偽装家族。そんな一家にある夜、一本の電話が…。結婚詐欺がバレ、相手に母が拉致され身代金まで要求されてしまう。なぜ、5人は危ない橋を渡る歪んだ関係を選んだのか。それぞれの苦しい過去が明かされる。  本作で竹野内の妻・皐月役を務めた松雪。一家の母親・皐月は、結婚詐欺で男をだます役どころに不可欠な美貌と、過去と現在を演じ分ける陽と陰の振り幅を持ち合わせている必要があった。プロデューサーはそれらをすべて兼ね備えているのは松雪しかいないとオファー。しかし、血まみれになるほどに殴られるなど痛々しいシーンがあるため、引き受けてくれるかどうか気がかりだったが、松雪は臆することなく暴力的な激しいシーンを受け入れ撮影に臨んだという。  キャストには、泥棒の父に竹野内、結婚詐欺師の母には松雪、偽造職人の長男・淳に坂口健太郎が担当するほか、長女・飛鳥に黒島結菜、まだ幼い次男・隆史に池田優斗。さらに、國村隼や村本大輔、千原せいじ、板尾創路、など個性的な俳優陣が脇を固める。監督はDREAMS COME TRUEの名曲を映画化した「未来予想図~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~」の蝶野博が務める。  映画『at Homeアットホーム』は、8月22日より全国ロードショー。

  • 注目の俳優・坂口健太郎が出演する『at Home』は8月22日公開

    坂口健太郎、“塩顔”イメージに「言い得て妙だな」と心境明かす

    映画

     今、ちまたで大人気の“塩顔”イケメン男子の火付け役として知られる、俳優・坂口健太郎。続々と出演作が公開され、最も注目を集める若手俳優の一人でもある。そんな坂口が出演する映画『at Home アットホーム』が8月22日より公開される。本作の公開に先立って、坂口は映画への思い、そして自身が“塩顔”と言われていることに口を開いた。@@cutter そもそも、“塩顔”とは、“ソース顔”よりもすっきりとした印象の“しょうゆ顔”を経て、さらに薄いあっさりとした和風の印象の顔のことをいう。坂口のほかにも、綾野剛やフィギュアスケートの羽生結弦選手などが代表格として挙げられる。  坂口は、塩顔の代表格とも言われていることに「最初はビックリしましたが、言い得て妙だなと。僕自身も顔が薄い方だと言われていたので(笑)。でも醤油顔とか砂糖顔とも言われます。なんでもいいんだろうなと思いました(笑)」とその胸の内を語る。  坂口は、『予告犯』『海街diary』といった話題作に続々と出演し、今後も9月には『ヒロイン失格』、10月には『俺物語!!』と出演作の公開が続く。8月22日からは、竹野内豊主演の『at Homeアットホーム』も公開。本作で坂口は竹野内演じる和彦の長男・淳を演じる。  『at Home アットホーム』は、原作の映画化が相次ぐ人気小説家本多孝好の短編小説「at Home」の映画化。主人公一家は、どこにでもある平凡な家族に見える家族だが、実は彼らはそれぞれに苦しい過去を持ち、犯罪で生計をたてている偽装家族。ある日、結婚詐欺師の母親が拉致され身代金まで要求されてしまう。血も繋がっていない家族だが、この幸せを守るためなら誰よりも必死になれる。果たして、母親を取り戻すことはできるのか…。  坂口は、「作品の中ではハードなシーンも出てきたり、目をそらしたくなる部分も出てきます。けれど僕はすごくあたたかい作品で、見た人の、大事な存在に気づかせてくれる作品だと思いました」と本作についての思いを語っている。  映画『at Home アットホーム』は8月22日より全国ロードショー。

  • 竹野内豊、主演作『at Home』で初の海外映画祭へ!「感慨もひとしおです」

    竹野内豊、主演作『at Home』で初の海外映画祭へ!「感慨もひとしおです」

    映画

     竹野内豊主演最新作『at Home アットホーム』が、8月27日から9月7日までカナダ・モントリオールにて開催される、第39回モントリオール世界映画祭フォーカス・オン・ワールド・シネマ部門に正式招待されることが決定した。@@cutter モントリオール世界映画祭は、2008年『おくりびと』が最優秀作品賞を受賞、その後10年に『悪人』で深津絵里が最優秀女優賞、11年に『わが母の記』が審査員特別賞グランプリを、そして昨年は『ふしぎな岬の物語』が審査員特別賞グランプリとエキュメニカル審査委員賞の2冠に輝いたことで知られる北米最大規模の国際映画祭。アカデミー賞の前哨戦としても注目されている。  竹野内は、「とても嬉しいです。監督やスタッフ、キャストの方々と作り上げた映画ですので、監督の喜びを考えると、感慨もひとしおです」と、喜びを噛みしめる。また「自分が主演させていただいた映画で海外映画祭に出品されたことは初めてに等しいので、外国の方々に、この“他人同士”という一風変わった設定がどのように受け止められるのかがとても楽しみですし、人と人の、日本的な機微を感じてもらえたらと思っています」とコメントを寄せる。一方、蝶野博監督は「家族の在り方は国によってさまざまなだと思うので海外でどのように受け止めてもらえるのか楽しみです」と期待を込めた。  本作は、原作の映画化が相次ぐ人気小説家・本多孝好の珠玉の短編小説「at Home」の映画化。父・和彦(竹野内)は泥棒、母・皐月(松雪泰子)は結婚詐欺師、長男・淳(坂口健太郎)が偽造職人で、長女・飛鳥(黒島結菜)とまだ幼い次男・隆史(池田優斗)も「犯罪で生計を立てていること」を知っていた。1本の電話により、偽装家族のそれぞれの苦しい過去や事情が明かされることになる。  映画『at Home アットホーム』は8月22日より全国ロードショー。

  • 竹野内豊と松雪泰子、映画『at Home』で共演

    竹野内豊が泥棒、松雪泰子は結婚詐欺師!? ベストセラー『at Home』映画化

    映画

     俳優の竹野内豊が、最新主演映画『at Home』で冴えない泥棒を演じることが明らかになった。原作は、1994年「眠りの海」で小説推理新人賞を受賞し、1999年の単行本デビュー作『MISSING』で累計30万部超えのベストセラーを記録した作家・本多孝好の同名小説だ。@@cutter 一見、どこにでもある父、母、長男、長女、次男の五人家族。ところが、父さん(竹野内)は空き巣泥棒、母さん(松雪泰子)は結婚詐欺師、そして長男は偽造職人と、家族全員が犯罪者で、血もつながっていないという異色の家族。だがある夜、結婚詐欺がバレて、母さんが相手に拉致され身代金まで要求されてしまう。残された彼らは平和を取り戻すため母さん救出に死力を尽くす。  竹野内演じる“父さん”こと和彦は、空き巣を生業とする泥棒。ちょっと間抜けな性格だが、義理人情には人一倍弱いお人好し。オファーを受けた竹野内は、「原作者の本多孝好さんの描く家族のカタチ、登場人物の楽しい会話、そこに映る一人一人の存在感が魅力的でした。血縁と言う繋がりはなくても、家族を想い、共に助け合いながら生きて行く様は心に残ります」とコメント。  さらに竹野内は、「松雪さんをはじめとするキャストの方々と、熱いスタッフとともに、素敵な映画をお届け出来る様に頑張りますので楽しみにしていてください」と熱いメッセージを送った。  なお、2007年にDREAMS COMETRUEの名曲を映画化した『未来予想図~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~』で監督デビューを果たした期待の新鋭・蝶野博がメガホンを取る。  映画『at Home』は2015年公開予定。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access