クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

流れ星が消えないうちに 関連記事

  • 波瑠、朝ドラ・大阪から主演映画初日に駆けつける!

    波瑠、朝ドラ・大阪から駆けつける! 「はるちゃーん!」の声援にニッコリ

    映画

     女優の波瑠が21日、都内で行われた主演映画『流れ星が消えないうちに』の初日舞台挨拶に出席した。NHK連続テレビ小説『あさが来た』の現場から駆け付けたという波瑠は、「はるちゃーん!」という男性ファンの声援に笑顔で応えながら、「今日は朝から大阪からやって来ました。皆さんにお会いできてとって嬉しい。楽しい時間を一緒に過ごせたら」と映画のヒロインを彷佛させるしっとりとした口調で語った。@@cutter 本作は、人気シリーズ『半分の月がのぼる空』などで知られる作家・橋本紡の同名小説を映画化したラブストーリー。不慮の事故で恋人を失い、心に深い傷を負ったヒロイン・菜緒子(波瑠)が、苦しみを乗り越えながら再生していく姿が描かれる。この日は、共演者の入江甚儀、葉山奨之、黒島結菜、小市慢太郎、メガホンを取った柴山健次監督、主題歌を担当した塩ノ谷早耶香、 挿入歌を担当した桐嶋ノドカも出席した。  悲しみのヒロイン・菜緒子を演じた波瑠は、「脚本を読んで彼女の心情に目を向けると悲しかったですね。わたしは体験したことのないことだったので、想像するしかなかったのですが、胸が苦しかった」と吐露。それでも現場は和気あいあいとしていたらしく、「ドヨーンとはしてなかったですよ(笑)。温かく、幸せな空間でした」とニッコリ。また、菜緒子と自身を照らし合わせた波瑠は、「わたしはボンヤリしているうちに嫌なことは忘れちゃうタイプ」と逆のタイプであることも明かした。  なお、プラネタリウムが本作を美しく彩るキービジュアルとなっているが、入江が「そういえば、撮影中、(葉山と)二人のシーンのときに、実際に流れ星を観た」と語り出すと葉山も追随。「ちょうどふたご座流星群の時期だったらしくて。(ロケ地の)吉祥寺で観られるとは思わなかったですね」と興奮気味に語っていた。    映画『流れ星が消えないうちに』は絶賛上映中。

  • 『流れ星が消えないうちに』入江甚儀&葉山奨之にインタビュー

    入江甚儀&葉山奨之、朝ドラヒロイン・波瑠の意外な素顔を告白

    映画

     NHK連続テレビ小説『あさが来た』が好評の波瑠が主演を務める切ないヒューマンラブストーリー『流れ星が消えないうちに』。不慮の事故で恋人・加地を失い心に傷を抱えたヒロイン・菜緒子が再生していく物語で、加地の親友で奈緒子の現在の恋人・巧に扮した入江甚儀と、加地を演じた葉山奨之を直撃した。取材中も親友のような仲の良さを見せたふたりが、「男気がある」という波瑠の意外な素顔に盛り上がった。@@cutter 『キカイダー REBOOT』の主演により話題を集めた入江と、朝ドラ『まれ』で一気に知名度を上げた葉山。上り調子のふたりが初共演した本作は、『半分の月がのぼる空』の橋本紡の小説を実写化した作品。ふたりとも小説のことはかなり意識して臨んだ。  入江が振り返る。「漫画や小説の実写化はよくありますが、映画は映画で別物だとされる作品もありますよね。でも『流れ星が消えないうちに』は原作と切り離せない作品だと思うんです。柴山(健次)監督が本当に原作に惚れていて、橋本先生にたくさん手紙を書いてやっと実現させた、原作への愛が詰まった映画なので」。葉山は小説を5回読んだと明かす。「加地は亡くなった後も奈緒子や巧を動かしていく存在だし、原作ファンの思い入れも強いキャラクターだと思うので、原作も脚本もかなり読み込んで加地をつかんでいきました」。  そのうえで奈緒子と巧の配役に言及。「本を読んでいる段階で、巧は甚儀で奈緒子は波瑠ちゃんだ!って浮かんだんです。すごいでしょ! キャスティングを聞く前ですよ。それくらいふたりは原作のキャラクターに合ってる。でも、ちょっと周囲より先に行っていて、人の心に刺さるような大人なセリフをいう加地がなぜ僕なのか、わからなかったんですよ。むしろ僕は加地と真逆じゃないかと(笑)」。  隣で聞いていた入江は、確かに巧と自分には通じる部分があり、演じるうえでは「とにかく奈緒子を支えたい気持ちを大事にした」としながら、葉山と加地の共通点を分析した。「奨之は人がまっすぐ歩いているところを、いきなりカーブで入ってくるようなタイプ。人と違う発想をしたり、周りとは違うリズムで歩いている。質は違うかもしれないけれど、加地と根本は一緒なんじゃないかと思います」。@@separator 現場に入ってすぐに打ち解けたというふたり。続けて巧と奨之が好きになる奈緒子役の波瑠についても振り返った。落ち着いたイメージのある波瑠だが、それは現場でも変わらなかったといい、「頼りになりました」と入江。「男気がある感じだよね」と奨之。  しかしあるとき、入江は波瑠から意外な告白を聞く。「いつも落ち着いていて大人っぽいから『どんなときもこういう感じなの?』って聞いたら、『いや、意外と甘えん坊だよ』って。それ聞いたときはキュンとしちゃいましたね。マジか!?って(笑)」。  これには奨之も大興奮。「うそ!それはドキっとするね。あの波瑠ちゃんに甘えられたら、男はイチコロだよね!」。現場では本当の同級生のように仲が良かったという3人。劇中に登場するフォークダンスシーンも、踊ったことがなかった3人は一緒に動画を見て練習したとか。そんな彼らが展開する切ないヒューマンラブストーリーに、入江、葉山は「冬だからこそ人のぬくもりを感じられる映画」と胸を張った。(取材・文・写真:望月ふみ)  『流れ星が消えないうちに』は11月21日より全国ロードショー。

  • 映画『流れ星が消えないうちに』11月公開

    波瑠主演『流れ星が消えないうちに』公開決定! 恋人役に入江甚儀・葉山奨之

    映画

     橋本紡の同名小説をもとにした映画『流れ星が消えないうちに』より、主演・波瑠の脇を固める出演者が発表された。波瑠演じる主人公・奈緒子の現恋人を入江甚儀、亡くなった元恋人を葉山奨之が演じるほか、黒島結菜、小市慢太郎らが顔を揃える。@@cutter 『流れ星が消えないうちに』は、大切な人を失い、いつまでも忘れられずにいる主人公が、同じ傷をもつ現在の恋人や家族との関わりにより、やがて少しずつ“今”を取り戻していく人間ドラマだ。  突然の事故死により亡くなった奈緒子の恋人で、自分自身の親友との想い出に引きずられつつも、奈緒子に寄り添い温かく見守る青年・巧を、『神さまの言うとおり』『ストロボ・エッジ』など出演作が続く入江が、原作ファンの間でも魅力的な存在である、亡くなった元恋人・加地を、ドラマ『まれ』で主人公の弟役を好演する葉山がフレッシュに演じる。  また奈緒子の妹には、映画、ドラマ、CMと幅広く活躍する黒島結菜、奈緒子の父には個性派俳優の小市慢太郎がキャスティングされたほか、石田えり、古舘寛治、西原亜希、岸井ゆきの、八木将康らが脇を固めている。  映画『流れ星が消えないうちに』は11月全国ロードショー。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access