クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK 関連記事

  • 『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』のトム・クルーズ

    トム・クルーズは“年を取り過ぎ”、『ジャック・リーチャー』原作者が辛口コメント

    映画

     2012年作『アウトロー』と2016年作『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』で、英作家リー・チャイルドの推理小説に登場するジャック・リーチャーを演じる俳優のトム・クルーズ。トム主演での『ジャック・リーチャー』作品はもう作られないと伝えられているが、チャイルドはトムに関して、アクション映画をやるには年を取り過ぎていると考えているようだ。@@cutter 原作者として映画のオプション契約での権利を行使し、『ジャック・リーチャー』映画シリーズを2作で終わらせるというチャイルド。The Timesとのインタビューで、トムは続けたがっていたことを示唆しつつ、「すごく偉そうに聞こえるが、彼にとってもいいことだと思う。彼はこの手の作品をやるには年を取り過ぎてる」とストレートに発言したという。  しかし、チャイルドは「彼は57歳だ。次に進んで、性格俳優になったほうがいい。それであと20年はやっていけるだろう。彼には才能がある。素晴らしい人だ。とても思いやりがあって、一緒にいて楽しい人だ」ともコメントし、トムを称えている。  チャイルドはトムの身長にも言及したという。ジャック・リーチャーは原作では身長が2メートル近くある設定で、トムの出演が決まった時に原作ファンの間から身長差を指摘されていた。  チャイルドはトムが「裸足でいるのを見たことがない。彼はそこそこの靴底があるティンバーランドのブーツを履いている。(だが)彼は確実に平均身長だ。172センチくらいかな。俳優はみんな、背が低い」と持論を展開。背が低くて頭が大きい人はカメラ写りがいいことを語ったという。

  • 『ジャック・リーチャー』シリーズのテレビドラマ企画が浮上(※『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』場面写真)

    トム・クルーズ『ジャック・リーチャー』、トム以外でテレビドラマ化か

    海外ドラマ

     米陸軍の憲兵隊で捜査官を務めていた元エリート軍人の活躍を描くトム・クルーズ主演『ジャック・リーチャー』シリーズ。原作者リー・チャイルドが、テレビドラマ企画があることを明かしたという。@@cutter これまでにトム主演で2012年に『アウトロー』、2016年に『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』が製作・公開されたが、小説シリーズは23作が出版されている。Deadlineによると、チャイルドはトム主演の映画版はもう製作されないと語り、トムがテレビドラマ版に関わることもないという。  チャイルドいわく、映画版を製作したスカイダンス・テレビジョンと、配給のパラマウント・ピクチャーズ傘下のパラマウント・テレビジョンが、テレビドラマ版を共同製作することになるとのことだ。企画は初期段階で、キャストや放送局なども決定していないという。  チャイルドはBBC Radioとのインタビューでジャック・リーチャーを演じたトムを称えつつ、「彼はリーチャーの体つきではなかった」と語り、「とどのつまり、読者は正しかった。リーチャーの大きさは非常に重要で、彼という人間を表す上で切り離せない」と語った。  その上で、「だから私は決断した。トム・クルーズ主演の映画はもうない。代わりにNetflixかどこかで作品化する。全く新しい俳優を起用し、長期的なストリーミング配信のドラマか何かにするつもりだ」と、計画を明かしたという。  「リブートして始めからやり直す。(リーチャーを演じる)完璧な俳優を賢明になって見つけるよ」とのことだ。  Den of Geekによると、原作ではジャック・リーチャーは身長6フィート5インチ(約195cm)で、胸囲50インチ(約1.27m)、体重は210~250ポンド(約95~114kg)。アイスブルーの瞳とダーティ・ブロンドヘアと描写されているという。  果たして誰が新ジャック・リーチャーを演じるのか。続報を楽しみにしたい。

  • 11月26~27日全国映画動員ランキング1位:『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』

    『ファンタビ』初登場1位! 『君の名は。』は『もののけ姫』超えで邦画歴代3位に

    映画

     11月26日~27日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『ハリーポッター』の新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が初週土日動員54万6000人、興収8億2300万円という数字を叩き出し初登場1位を記録した。また、公開初日の11月23日から5日間の観客動員は119万人、興収17億2400万円という圧倒的な数字を残した。@@cutter 公開14週目を迎えた『君の名は。』は2位にランクダウンしたものの、週末土日動員15万7000人、興収2億1100万円と、まだまだ高い水準で推移。27日までの累計興収が194億円を超え、『もののけ姫』を抜き、邦画の歴代興収で『千と千尋の神隠し』、『ハウルの動く城』に次いで3位、洋画を含める歴代興収でも6位にランクインした。  また、4位には東野圭吾の原作を阿部寛主演で映画化した『疾風ロンド』が、5位には人気趣味レーションゲームを原作にしたテレビアニメを映画化した『劇場版 艦これ』がそれぞれ初登場でランクイン。  6位はアニメ『この世界の片隅に』が先週の10位からランクアップ。全国63館で公開された本作は、公開3週目にして、82館まで上映劇場を増やし、週末土日動員4万4000人、興収6490万円を記録。これで累計動員22万人、興収も3億590万円まで数字を伸ばした。12月3日からは上映館数をさらに5館増やし、さらなる上積みが期待できそうだ。  11月26~27日全国映画動員ランキングは、以下の通り。 第1位:ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 第2位:君の名は。 第3位:ミュージアム 第4位:疾風ロンド 第5位:劇場版 艦これ 第6位:この世界の片隅に 第7位:デスノート Light up the NEW world 第8位:ジャック・リーチャー NEVER GO BACK 第9位:聖の青春 第10位:溺れるナイフ

  • 11月19~20日全国映画動員ランキング1位:『君の名は。』

    『君の名は。』興収189億円突破!『もののけ姫』『ハウルの動く城』を射程圏内に

    映画

     11月19日~20日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『君の名は。』が首位をキープ。一度は『デスノート Light up the NEW world』に1位を奪われたものの、返り咲いてからV3を達成した。@@cutter 『君の名は。』の週末土日動員は19万1000人、興収は2億5400万円。先週とほぼ同様な数字を残しており、相変わらず衰え知らずだ。これで累計興収189億8000万円となり、歴代興収6位の『もののけ姫』(193億円)、歴代5位の『ハウルの動く城』(196億円)を完全に射程圏内に収めた。  1位から4位までが先週と同じ順位と、新作映画はやや寂しい結果となったが、その中でも初登場5位にランクインしたのが、松山ケンイチが20キロ近い増量で臨んだ映画『聖の青春』。また同じく初登場で9位にランクインしたのが『機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜』。全国15館という非常に少ない公開規模ながら、過去シリーズも含め常に高いスクリーンアベレージを誇る優良コンテンツだ。  先週初登場10位にランクインしたアニメ映画『この世界の片隅に』は今週も10位をキープ。口コミでの評判も良く、上映館数も増えており、まだまだ数字を伸ばせるだけの力がありそうだ。  11月19~20日全国映画動員ランキングは、以下の通り。 第1位:君の名は。 第2位:ミュージアム 第3位:ジャック・リーチャー NEVER GO BACK 第4位:デスノート Light up the NEW world 第5位:聖の青春 第6位:インフェルノ 第7位:溺れるナイフ 第8位:映画 魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン! 第9位:機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜 第10位:この世界の片隅に

  • 11月12~13日全国映画動員ランキング1位:『君の名は。』

    『君の名は。』公開12週で11度目の首位! “のん”主演アニメがランクイン

    映画

     11月12日~13日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、公開12週目を迎えた『君の名は。』が強力な新作映画を抑え、11度目のトップに輝いた。@@cutter 先週末も週末土日動員19万人、興収2億5900万人を記録し首位をキープ。累計興収を184億9000万円まで伸ばした。1週間で5億円以上数字を伸ばしており、200億円という数字も現実味を帯びてきた。  新作では、巴亮介原作のサイコスリラー漫画を大友啓史監督、小栗旬主演で実写映画化した『ミュージアム』が、初週土日動員18万人、興収2億4400万円を記録し2位にランクイン。大友監督&人気漫画実写化という共通点がある『秘密 THE TOP SECRET』が初週土日動員9万6000人、興収1億3100万円だったことを考えると、好スタートを切ったと言えるだろう。  同じく初登場で3位にランクインしたトム・クルーズ主演の『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』は、初週土日動員14万人、興収1億9000万円。前作『アウトロー』が初週土日動員で18万7000人、興収2億2700万円であることから、やや寂しい数字といえるか。その他、杏が映画初主演を果たした『オケ老人!』が9位に初登場。  また全国63スクリーンながら10位にランクインしたのが、能年玲奈改め“のん”が主人公の声を務めたアニメ映画『この世界の片隅に』。初週土日動員3万2000人、興収4700万円と高いスクリーンアベレージを記録。今後、新たに50館以上での公開も決まり、ジワジワと数字を伸ばしていきそうだ。  11月12~13日全国映画動員ランキングは、以下の通り。 第1位:君の名は。 第2位:ミュージアム 第3位:ジャック・リーチャー NEVER GO BACK 第4位:デスノート Light up the NEW world 第5位:インフェルノ 第6位:溺れるナイフ 第7位:映画 魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン! 第8位:ボクの妻と結婚してください。 第9位:オケ老人! 第10位:この世界の片隅に

  • 川島海荷、トム・クルーズとのツーショットに「いいなー」と羨む声続出!

    川島海荷、トム・クルーズとツーショット「とても素敵な方でした」

    エンタメ

     女優の川島海荷が11日、自身のインスタグラムアカウントにて、映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』のプロモーションで来日した俳優のトム・クルーズとのツーショットを公開。「ヤバい!凄いですね」「いいなー」と羨望の声が寄せられている。@@cutter 日本テレビの朝の情報番組『ZIP!』の総合司会を務める川島は、プロモーション来日したクルーズに対して取材を実施。この写真はその時のもの。笑顔のツーショットを見せる二人の写真とともに、川島は「とても素敵な方でした。。来週の火曜ZIP!をお楽しみに」とクルーズとの対面の所感を綴りながら、放送を告知している。  この写真には「すげー、生トム・クルーズなんて感動ですな」「いいなー!本物だ!」「すご!2ショットしてる!一生の思い出だね!」「やっばいい!憧れのハリウッド俳優とうみちゃん!」「役得ですねー羨ましい~」「貴重な体験をできたんだね。よかったね」との声が集まっている。

  • 『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』来日会見に出席した、池松壮亮、トム・クルーズ

    トム・クルーズ、『ラストサムライ』池松壮亮の活躍に納得「素晴らしい演技していた」

    映画

     トム・クルーズが8日、映画 『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』の来日会見に出席。一緒に来日したエドワード・ズウィック監督とともに、『ラストサムライ』(03)で共演した池松壮亮との再会の喜びを分かち合った。池松の現在の役者としての活躍に「驚くことはないです。あの頃から素晴らしい演技をしてましたから」と納得げな様子を見せた。@@cutter 本作は、人気映画『アウトロー』の続編。元米軍エリート秘密捜査官にして己の正義のためにルールを問わない“アウトロー”な一匹狼ジャック・リーチャーが軍内部の不穏な動きに気づき、部下を殺害した犯人を暴くために動き出す。また、トムとエドワード監督の“『ラストサムライ』コンビ”が再びタッグを組んでいることでも話題となっている。  会見場にトムは、青いシャツに黒いパンツを合わせたカジュアルな出で立ちで登場。自身が演じるジャックのキャラクター性は「大好き」と答え、日本における『用心棒』(61)や、アメリカにおける『シェーン』(53)や『ダーティーハリー』(72)のように主人公が「強い道徳性を持っているのが特徴。彼は人間的な男で、物事の接し方が非常に直進的で、ダイレクトに行動する人物」と説明。「感情的なドラマもあり、ユーモアも感じられる。アクションもきっと驚くと思いますよ」と本作をアピールした。    イベント後半には、特別ゲストとして『ラストサムライ』で共演した池松が登場。二人に「トム」という名の日本酒をプレゼントした。同作で、トムと心を通わせる少年・飛源を演じた池松の成長を目の当たりにしたトムとエドワード監督は、顔をほころばせてみるみる笑顔に。数々の映画に出演する池松の活躍に「驚くことはないです。あの頃から素晴らしい演技をしてましたから」と納得げ。そして『ラストサムライ』で日没の瞬間のシーンをワンカットで撮影した際の池松の演技の素晴らしさを熱烈に語るも、池松が「覚えてないです」と言うと爆笑した。  撮影当時12歳だった池松は「あの頃は俳優になるとは思っていませんでした。二人に出会えてなかったら、たぶん東京にも出てきてない。俳優をやるなんて考えてなかった。やっぱりどこか、二人に出会えたことで僕の人生が変わりました。ずっと指標であり、お二人のおかげでまだまだやれそうだなと思いました」と役者としての決意をにじませていた。  三人で写真撮影をする段になると、トムとエドワード監督は池松を中央に据え、がっしりと肩を組むなどして仲の良い様子を見せていた。  映画 『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』は、11月11日より全国ロードショー。

  •  トム・クルーズは“歩く映画辞典”!?『ジャック・リーチャー 』共演者が明かす

    トム・クルーズは“歩く映画辞典” 「彼はアクション映画の生き字引」共演者が明かす

    映画

     トム・クルーズが、元米軍エリート秘密捜査官にして今は街から街へと放浪を続ける一匹狼、ジャック・リーチャーを演じる映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』。日本でも大ヒットを記録した前作『アウトロー』に続き、本作でもトムのアクションは健在。そんなトムについて、相棒役のターナー少佐を演じたコビー・スマルダーズは「トムは“歩く映画辞典”のようなもの」とコメントを寄せる。俳優として常に第一線を走り続けながら、プロデューサー業でも確かな実績を残すトムについて、現場からの数々の証言が届いた。@@cutter 本作は、前作で監督を務めた『ユージュアル・サスペクツ』の名脚本家クリストファー・マッカリーに代わり、『ラストサムライ』で監督を務めたエドワード・ズウィックとトムが再タッグを組んだ話題作。トムのほか、『アベンジャーズ』コビー・スマルダーズ、海外ドラマ『プリズン・ブレイク』で、死刑囚ティーバッグ役を演じブレイクしたロバート・ネッパーなどの実力派キャストたちが顔をそろえる。  コビーは、トムについて「トムは映画を作ることにかけては何でも知っていて、“歩く映画辞典”のようなものなのよ。観客が観たいと思っているものを、とにかくよくわかっているわ」とコメント。また、本作では最大の敵となるザ・ハンターを演じたパトリック・ヒューシンガーも「到着するや否や、トムは私に筋力・栄養・武器・ドライビングに至るあらゆるトレーニングをはじめとして、必要なものが揃っているかを確認してきた。彼はアクション映画の生き字引だよ」と、現場での様子を振り返った。   共演者に“歩く映画辞典”や“映画の生き字引”とまで言われるトム自身はというと「私にとって、映画作りはコラボレーションの賜物なんだ」と語る。「全員が非のつけどころのない映画を作りたい、というゴールに向かっているとするなら、それだけで価値のあることだ」と言い、「仕事を共にした同僚が良い経験を得られたなら、私もおそらく彼らとまた仕事をすることもできる」とも。さらに、観客にも同じことが言えると持論を展開し「観客の心をつかむ素晴らしい映画を作れれば、また次の作品を作れる。この映画を作るのは本当に楽しかったから、観客もこの映画を好きになって欲しいと思っているよ」。トムの映画への熱い思いは尽きることがない。 『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』は11月11日より全国公開。

  • 映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』ビジュアル

    トム・クルーズ、 通算22回目の来日決定!『アウトロー』続編ひっさげ監督とPR

    映画

     『ミッション:インポッシブル』シリーズなどでおなじみの俳優トム・クルーズが、11月公開の主演映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』をひっさげ、監督を務めるエドワード・ズウィックとともに来日することが決定した。クルーズの来日は、通算22回目となる。@@cutter 世界興収2億1800万ドルのヒットを記録、日本でも大ヒットした前作『アウトロー』。本作はリー・チャイルドの小説「ジャック・リーチャー シリーズ」18作目の「Never Go Back」を原作に作られた、『アウトロー』の続編映画。不実の罪で捕まったリーチャーが、スパイ容疑で捕まった元同僚の女性少佐を救い出すとともに、軍内部の不審な動きに迫っていく様を描く。  今作では、『ラスト サムライ』で監督を務めたズウィックとクルーズが再タッグ。また『アベンジャーズ』でマリア・ヒル役を演じ、一躍有名となったコビー・スマルダース、『HEROES』でマリナ役を務めたダニカ・ヤロシュ、『プリズン・ブレイク』で死刑囚ティーバッグ役を演じたロバート・ネッパーなどの実力派キャストたちが脇を固めている。  映画のプロモーションでクルーズが来日するのは、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』以来22回目、1年3ヵ月ぶりで、エドワード・ズウィック監督は『ブラッド・ダイヤモンド』以来9年ぶり。11月上旬にプレミアイベント並や記者会見が行われる予定となっている。  これまで『ナイト&デイ』の際は、『VS嵐』『しゃべくり007』などへの出演、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』の際はスカイツリーへ訪問。『オブリビオン』の際は『笑っていいとも』『徹子の部屋』へ出演、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の際は一日で大阪、福岡、東京の三大都市を弾丸ツアー、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』の際は歌舞伎町セントラルロードをプレミア会場とするなど、来日の度にビッグイベントを行っているクルーズ。今回はどんな姿を見せてくれるか期待が膨らむ。  『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』は11月11日公開

  • 映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』ティザービジュアル

    トム・クルーズ主演『ジャック・リーチャー』、特別版予告&ビジュアル解禁

    映画

     小説家リー・チャイルドのベストセラー小説「ジャック・リーチャー シリーズ」18作目の「Never Go Back」を原作とした、トム・クルーズ主演の映画『アウトロー』の続編『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』が、11月11日に全国公開することが決定。その特別版予告映像とティザービジュアルが公開された。@@cutter 「ジャック・リーチャー シリーズ」は、元米軍エリート秘密捜査官にして今は街から街へと放浪を続ける一匹狼、ジャック・リーチャー(トム・クルーズ)の活躍を描いたサスペンスアクション。前作『アウトロー』は世界興収2億1800万ドルのヒットを記録した。本作では前作で監督を務めた、『ユージュアル・サスペクツ』の名脚本家クリストファー・マッカリーから代わり、今作では、『ラストサムライ』で監督を務めたエドワード・ズウィックとトム・クルーズが再びタッグを組む。  また併せて『アベンジャーズ』でマリア・ヒル役を演じ、一躍有名となったコビー・スマルダース、海外の大人気TVドラマシリーズ『HEROES』でのマリナ役が記憶に新しい、ダニカ・ヤロシュ、海外の大人気TVドラマシリーズ『プリズン・ブレイク』で、死刑囚ティーバッグ役を演じブレイクしたロバート・ネッパーなどの実力派キャストたちが揃う。  映像内では、「法が裁かなくても、この俺が裁く」という言葉の通り、自らの信念を貫き、拳ひとつで次々と敵をのしていくリーチャーの姿が現されており、現在54歳ながら未だに衰えることを知らないトム・クルーズが、どのようなアクションを炸裂させてくれるのか?トム・クルーズにもはや敵なしと言わざる得ない圧巻の映像に仕上がっている。  また、公開されたビジュアルは、アウトローな雰囲気を漂わせる、伏し目がちなリーチャーの姿とは打って変わり、下部には激しい攻防が繰り広げられる様子が映し出されたデザインとなっている。

  • 映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』場面写真

    トム・クルーズ主演『アウトロー』続編、日本公開決定!アクション炸裂な予告解禁

    映画

     世界興収2億1800万ドルのヒットを記録したトム・クルーズ主演映画『アウトロー』の続編となる『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』が11月より全国公開となることがわかった。今回この発表に合わせて、前作で観る者を翻弄したサスペンス、スリリングなアクションの健在がうかがえる第一弾予告映像が解禁となった。@@cutter 同シリーズは、リー・チャイルドのベストセラー小説「ジャック・リーチャー シリーズ」を原作に、元米軍エリート秘密捜査官にして今は街から街へと放浪を続ける一匹狼、ジャック・リーチャーの活躍を描いたサスペンスアクション。新作では小説18作目の「Never Go Back」が原作となっている。  予告映像では、何かの陰謀でスパイ容疑をかけられたと思われるターナー少佐を助けるため動き始めるリーチャー。追手が迫るも軍で培った能力で次々に敵をなぎ倒してゆく姿に、その圧倒的な強さが健在であることがうかがえる。果たしてリーチャーは真相にたどり着くことができるのか…。  前作で監督を務めた『ユージュアル・サスペクツ』の名脚本家クリストファー・マッカリーに代わり、今作では、『ラスト サムライ』のエドワード・ズウィックがメガホンをとる。また、キャストには『アベンジャーズ』でマリア・ヒル役を演じ一躍有名となったコビー・スマルダースや、大人気海外ドラマ『HEROES』でのマリナ役が記憶に新しいダニカ・ヤロシュ、『プリズン・ブレイク』死刑囚ティーバッグ役を演じブレイクしたロバート・ネッパーなどが脇を固める。  映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』は、11月11日全国ロードショー。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access