夜明け告げるルーのうた 関連記事

  • 第31回東京国際映画祭『夜明け告げるルーのうた』舞台挨拶&新作発表イベントに登壇した湯浅政明監督

    湯浅政明監督の新作はサーフィン女子の恋物語『きみと、波にのれたら』

    アニメ・コミック

     アニメーション監督の湯浅政明が28日、開催中の第31回東京国際映画祭・特集上映「アニメーション監督 湯浅政明の世界」内で行われた映画『夜明け告げるルーのうた』舞台挨拶&新作発表イベントに出席した。湯浅監督は新作『きみと、波にのれたら』の内容について明かした。@@cutter イベントでは湯浅監督が、2017年に公開した『夜明け告げるルーのうた』について振り返ったほか、新作のタイトル『きみと、波にのれたら』を発表。長編のラブストーリーで、現在は2019年初夏の公開に向けて鋭意制作中だという。  内容を聞かれた湯浅監督は「大学生になったばかりの、ほぼ高校生のサーフィンが好きな女の子と、消防士の青年のラブストーリー。たぶん、僕の中では最もシンプルなお話となっています。ルーよりも、ちょっと(年齢が)上の方(観客)たちにも見ていただけるような(作品)」と紹介した。  サーフィン好きの女の子の名前は「向水ひな子(むかいみず・ひなこ)」で、消防士の青年は「雛罌粟港(ひなげし・みなと)」という。湯浅監督はボイスキャストは明かさなかったが、「(物語は)すごく意外なところから始まるかもしれないですね。でも、最終的には満足していただける感じに。スペクタクルもあるし、ドラマの盛り上がりもある話に」と説明した。  壇上でビジュアルもお披露目された『きみと、波にのれたら』。湯浅監督は「(ひな子は)サーフィンが得意だけど、なかなか人生の波に乗れないという風な。何でもうまくやっているような彼(港)がいて、(お互いに)好き合うんですけど、いろいろな秘密があったり」と説明。「世の中に対して自信のない女の子が、彼(港)と一緒に波に乗れたら。彼も、彼女を波に乗せてあげられたらという風なところがストーリーになっています」と白い歯を見せていた。  なお、今回のイベントにはMCとして笠井信輔アナウンサー(フジテレビ)も登壇した。  映画『きみと、波にのれたら』は2019年初夏全国公開。

  • 東京国際映画祭、役所広司&『ルーのうた』湯浅政明監督を特集上映

    東京国際映画祭、役所広司&『ルーのうた』湯浅政明監督を特集上映

    映画

     今年で31回目を迎える東京国際映画祭にて、俳優の役所広司と、『夜明けを告げるルーのうた』などで知られる湯浅政明監督の特集上映が行われることが発表された。@@cutter 『バベル』『Shall we ダンス?』『CURE』等、国際的に高く評価される作品に数多く出演し、日本を代表する名優である役所の特集上映を行うのは、近年の日本映画を振り返り、現在の日本を代表する作品の数々を映画祭独自の視点でセレクションするJapan Now部門。これまでに、原田眞人監督、岩井俊二監督を特集。昨年は特別編として女優の安藤サクラ、蒼井優、満島ひかり、宮﨑あおい4名の特集上映を行っている。  役所本人は今回の特集上映に対し、「今回の特集上映、とても光栄です。そして、今まで自分に影響を与えてくれた全ての人に感謝します」とコメント。さらに「役者という仕事は不思議で、どんなに恥をかいても、失敗だらけでも、一つの作品が終ると『ひょっとしたら、次は上手くいくかも知れない…』と思ってしまうのです。それがこの世界の毒なのでしょうかね?」と役者への思いを語っている。  一方、これまでに、「庵野秀明の世界」「機動戦士ガンダム」「映画監督 細田守の世界」、昨年は「原恵一の世界」と上映していた今年のアニメーション特集は、昨年『夜明けを告げるルーのうた』で世界最大級のアニメーション映画祭・アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門クリスタル賞(グランプリ)など数々の賞を獲得した湯浅を特集。 今年、名作「デビルマン」を完全アニメ化した『Devilman Crybaby』をストリーミング配信し、世界を熱狂させている湯浅だが、「世界中から作品が集まる国際映画祭で、まさか自分の名前のついた特集上映が実施される日がくるとは思いもしませんでした。このような機会をいただき、大変光栄ですし、とてもびっくりしています。」と喜びのコメント。「いままで制作に携わってくださったスタッフ・キャストの皆さんの仕事が再び日の目を見る事も嬉しいですし、ぜひこの機会に、未だご覧になった事のない多くの皆様に観ていただく事ができればとても嬉しく思います」と語っている。  「第31回東京国際映画祭」は10月25日から11月3日まで、東京・六本木ヒルズ、EXシアターほかで開催。

  • 映画『夜明け告げるルーのうた』

    湯浅政明監督、完全オリジナル劇場アニメ公開決定! 躍動感溢れるPV解禁

    アニメ・コミック

     星野源が主人公の声優を務めることでも大きな話題となった、『夜は短し歩けよ乙女』の公開が4月7日に控えている中、湯浅政明監督によるもう一つのアニメーション映画『夜明け告げるルーのうた』が、5月19日に公開することが決定。カラフルで躍動感溢れるPVも解禁となった。@@cutter 寂れた漁港の町・日無町に住む中学生の少年・カイと、人魚の少女・ルーが織りなすドラマを描く本作。タイトルにも登場する人魚の少女・ルー役には、ドラマ、映画、舞台と幅広く活躍する谷花音。ルーと出会い、交流を深めることで次第に心を開いていくカイは、『くちびるに歌を』で 注目を集めた下田翔大が演じる。また、ルーのパパ役を柔道家でありバラエティに引っ張りだこの篠原信一、漁師役に人気絶頂のお笑いコンビ・千鳥の大悟とノブなど、多彩な声優陣が揃った。  谷は「私が演じた人魚・ルーは、天真爛漫で、歌とダンスが大好きなキャラクターです」とキャラクターの魅力を紹介。また、「友達と一緒に力をあわせて、海の仲間を助ける友情もありますし、ルーをはじめ、かわいい海の仲間たちがたくさん登場しますので、ぜひ見てください!」と物語の見どころをアピールしている。  キャラクター原案は『午前3時の無法地帯』などで人気の漫画家・ねむようこが担当。脚本を『けいおん!』シリーズや『ガールズ&パンツァー 劇場版』の吉田玲子が務め、音楽は『思い出のマーニー』『メアリと魔女の花』の村松崇継が手掛ける。また、主題歌には斉藤和義の名曲「歌うたいのバラッド」に決まった。  映画『夜明け告げるルーのうた』は5月19日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access