クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

デメキン 関連記事

  • 話題の美女、今田美桜にインタビュー

    月9で話題の美女・今田美桜、快進撃の1年を振り返る「人生で1番変わった」

    エンタメ

     今田美桜、二十歳。現在公開中の映画『デメキン』では不良少女を演じ、最終回を迎えたばかりの月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』ではデリヘル嬢に扮するなど、東京進出2年目にして、今年映画2本以上、TVドラマ3本に出演を果たしたネクストブレイク女優だ。そんな彼女に、躍進の年となった2017年を振り返ってもらい、素顔と魅力に迫った。@@cutter 東京へ出てきたのは昨年の夏。「やっぱり人が多いです!それに行くところが多すぎて逆にどこに遊びに行っていいかわからないくらい。こちらに来てから、浅草には行きました。あとスカイツリーは下から見上げました。東京タワーも上りたいんですけど、それはまだ何となく取っておいてます」とにこやかに語る今田。  そして、「想像できなかったほどたくさんの作品に参加させていただいて、去年の夏からこの1年半の期間は、人生で1番変わった、成長できた時間だと思っています」と続けた。  まさに快進撃だ。先日終了した『民衆の敵』で早くも月9レギュラー出演を果たし、高橋一生演じる藤堂誠お気に入りのデリヘル嬢・莉子を演じて話題を集めた。『僕たちがやりました』から2クール連続のドラマ出演となる。「インスタグラムをやっているのですが、コメントもたくさんもらえるようになりましたし、友達からも見たよって連絡が来たり。そうした反響は力になりますし、嬉しいです」。  『民衆の敵』では高橋の“姿勢”から刺激を受けたという。「もともとストイックな方だというのは聞いていたんですけど、ちょっとしたしぐさでも、この人はこういう人だからと、すごくこだわって監督さんとお話されていました。そうした姿を間近で見ることができて、とても勉強になりました」と撮影時を振り返る。@@separator 『デメキン』では不良少女のアキ役。デリヘル嬢に不良少女と、攻めの役柄選びが印象に残る。「アキを演じるために初めて髪の毛を染めました。ヤンキー役というのも初めてなので新鮮でしたね。個性が強い役が多いと言ってもらえますが、いわゆる清楚な女の子の役というのは、オーディションに行ってもなかなか縁がないんです」とチャレンジングな役はたまたまのようだが、結果、女優としていい方向へと繋がっているようだ。  「いろんな役をやりたいです。作品ごとに、全然違う人に見えると思ってもらえたら嬉しいですね。作品としてはメッセージ性の強いものが好きで、たとえば今年公開された映画だと『愚行録』がすごく印象的でした。ああいった作品に出たいです」。  性格は負けず嫌い。「出演させていただいた作品は、どれに関しても悔しいところが絶対に出てきます。オーディションに落ちてもやっぱり悔しいですし、負けず嫌いなところは負けないです。落ち込むこともありますが、いろいろ考えるのは苦手なので、ば~って泣いて、次から頑張ろう! と立ち直ります。常に内側でメラメラしているタイプですね」。  最後に特技だという博多弁の早口言葉も披露してくれた。「おっとっととっとってっていっとったのに、なんでっとっとってくれないとっていいよっと!(「おっとっと」を取っておいてって言ってたのに、どうして取っておいてくれてないの?って言ってるの)」。屈託のない笑顔が周囲を引きつける。彼女の魅力に少し触れることができた気がした。  「『デメキン』では博多弁での演技をさせていただきました。ナチュラルな博多弁になっているので、ぜひご覧になってください。これからも、もっともっとお芝居を頑張りますので、よろしくお願いします!」。2018年は今田美桜にとってどのような年になるのか? その活躍から益々目が離せない1年になりそうだ。(取材・文・写真:望月ふみ)

  • 健太郎、『デメキン』インタビュー

    健太郎、映画初主演作『デメキン』に全霊を注ぐ 「役を生きたい」気持ち強く

    映画

     「台本をいただいて開いたときに、一番最初に健太郎と載っていて。うれしくて写メを撮っちゃいました」と興奮気味に明かす健太郎。俳優デビューから3年での映画初主演作となった、バッドボーイズの佐田正樹原作の小説、コミックを映画化した『デメキン』で、髪を赤く染め、暴走族の総長になる主人公・正樹を熱演した。@@cutter もともとモデルとして活動していた健太郎は、俳優になるとは思っていなかったという。しかし初仕事となったドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』でいきなり注目を浴びることに。「自分がドラマに出ているという実感があまりなくて。今では自分の出ている作品を客観的に観るのは難しいですが、当時はまだできていました」。  翌年には、『俺物語!!』でスクリーンデビュー。気持ちも変化していった。「映画館の大きなスクリーンで自分を観たときには『おお!』っとなりました。もともと映画好きなのですが、今まで観ていたスクリーンの中に自分がいて動いている。仲間入りできた気がして感動しました」。  ドラマに映画に、経験を糧にしてきた。先輩からの言葉も心に残っている。「『仰げば尊し』というドラマに出たときに、寺尾聰さんから、『どれだけ歳が離れていても、キャリアが違っても、カメラの前に立ったら、よーい、どん! でみんな一緒。同じ土俵でぶつかる。こんな仕事そうそうない』と言われたんです。いい意味で気持ちが楽になりました。ガチガチに緊張しなくなったというか。先輩たちを尊敬するのは当たり前ですが、同じ土俵に立っているんだという意識を持てるようになりました」。  そして今、主演としてスクリーンの真ん中に立つ。当然、プレッシャーもあったが、本読みの初日には「自分についてきてください!」と宣言し、率先して現場を引っ張っていった。「まずはこの作品を自分が一番楽しもうという心持ちで臨みました。作品によってアプローチ法は違うと思いますが、『デメキン』で主演させていただくにあたっては、自分が楽しむことが、みんなの士気を高めることになると思ったんです」。@@separator クランクアップの際には仲間たちから胴上げされた。「同じ日にクライマックスの撮影をして、それからラストシーンを撮ってクランクアップでした。急にみんなが集まってきて、胴上げしてくれたんです。そんなことは初めてでしたし、胴上げのあとに、親友の厚成を演じてくれた山田裕貴さんが来て『サイコーの座長だった、最高だったよ』って、耳元でぼそっと。今それを言うのか、ずるいなって(苦笑)。その瞬間、いろいろな思いが込みあげてきて、泣いちゃいました」。  撮影後は「燃え尽きました。『デメキン』ロスになりましたね」と笑う。しかし休んでいる暇はない。今年は5本の映画(前後篇もの含む)と3本のドラマに出演。「『デメキン』で考え方が変わりましたし、別の作品でも、役を生きたいという気持ちが強くなりました」と前を見据える。  全霊をかけた『デメキン』は熱い青春ドラマに。クレジットのバックで流れる正樹と厚成のタンデムショットが余韻を残す。「最後、本当はセリフもあったんですが、何を言ったらいいか分からない気持ちに襲われて。気づいたら、厚成とふたりで『わ~!』って叫んでいたんです」。そこにはまさしく、自分に、相手にまっすぐな正樹がいた。(取材・文・写真:望月ふみ)  映画『デメキン』は12月2日より全国公開。

  • 映画『デメキン』

    健太郎&山田裕貴出演 バッドボーイズ・佐田の自伝映画『デメキン』公開日決定

    映画

     人気お笑い芸人・バッドボーイズの佐田正樹の半生を綴った実録自伝小説・コミックスの実写映画『デメキン』が12月2日に全国公開されることが決定。それに合わせて新ポスタービジュアルと新場面写真が解禁。場面写真には、いじめられっ子だった主人公の正樹が、暴走族の総長へと登り詰める様子や、仲間たちの姿が切り取られている。@@cutter 本作は、幼少期から“デメキン”と呼ばれいじめられた佐田が、喧嘩無敗といった数々の伝説を作り出し、福岡最大勢力の暴走族の総長へと登り詰める姿を描く物語。2009年に発売された小説、そして2010年よりヤングチャンピオンで連載中のコミックスが原作となっている。主人公の正樹役は、今月23日スタートのNHK土曜時代ドラマ『アシガール』や、10月公開『先生!』などに出演している健太郎。『亜人』や『あゝ、荒野』『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』など話題作への出演が続く山田裕貴も、正樹の小学校からの親友・厚成役で出演する。  解禁された新ポスタービジュアルには、総長の佐田を取り巻くように、厚成ら仲間たちがバイクのライトに照らされた道を闊歩する姿が収められている。一方の場面写真には、迫力に満ちた正樹の喧嘩シーンや、正樹が仲間たちとともに敵対する不良集団と向かい合う一触即発の場面などが捉えられている。  共演は、栁俊太郎、今田美桜、髙橋里恩、田中偉登、福山翔大、三村和敬、藤木修、岩永ジョーイ、神永圭佑、成田瑛基、笠松将、黒石高大、くっきー(野性爆弾)、ケン(水玉れっぷう隊)、坂田聡ら。メガホンを取ったのは、三池崇史の助監督として数多くの現場を支えた山口義高。脚本は『百円の恋』で第39回日本アカデミー賞・最優秀脚本賞を獲得した足立紳が担当し、アクション監督は『TOKYO TRIBE』『HiGH&LOW THE RED RAIN』などの坂口拓が務めている。  映画『デメキン』は12月2日よりシネマート新宿ほか全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access