嘘八百 関連記事

  • 続編の製作が決定した『嘘八百』

    中井貴一×佐々木蔵之介『嘘八百』続編決定 マドンナ役に広末涼子

    映画

     俳優の中井貴一と佐々木蔵之介のダブル主演による映画『嘘八百』の続編が製作されることが決まった。2人を惑わすマドンナ役で広末涼子も新たに加わる。@@cutter 昨年公開された前作は、茶の湯の聖地、大阪・堺を舞台に、大物狙いで空振りばかりの目利き古物商・小池則夫(中井)と、腕は立つのに落ちぶれくすぶっていた陶芸家・野田佐輔(佐々木)がタッグを組み、家族や大御所鑑定士、文化庁をも巻き込んで幻の利休の茶器で一攫千金を狙うという物語だった。  本作では、再会した則夫と佐輔が、数知れぬお宝が眠る京都と堺を股にかけ、利休の茶の湯を継承し「天下一」と称された武将茶人・古田織部の幻の茶器をめぐり、再びタッグを組む。2人と幻の茶器に深く関わってくる着物美人の志野を広末が演じる。監督は前作と同じく武正晴。脚本も引き続き今井雅子、足立紳によるオリジナル脚本となる。  中井は「続編ができるというのは、監督・スタッフ・キャストにとって大きな喜びです」としつつ。「しかし、二匹目のどじょうはなかなかいないもの。続編という事を意識せずに新作映画を作るつもりで、一丸となって取り組む所存でおります」とコメント。  佐々木は、古田織部が「へうげもの」と呼ばれる歪みや傷を好んだエピソードになぞらえ、「本作には、まさに歪みや傷を持った登場人物しか出て来ません。京都を舞台にウソとホントの騙し合い、楽しんで臨みます」と意気込みを語る。  新たに加わる広末は、共演する中井について「以前夫婦役をさせていただき、貴一さんの繊細なお芝居と紳士的なご本人の佇まいに魅了された大好きな俳優さん」と話し、佐々木については「10代の頃から何度もご一緒させていただき、蔵之介さんの柔軟なお芝居とテンポの良さに毎回心地よく現場を楽しませていただいているので、また共演することができ嬉しく、撮影に入ることを心待ちにしています」とコメントを寄せた。  武監督は本作のテーマが「ゆがみ」だとし、「今の時代は、『ゆがんだものはダメだ』というような考え方があるように思いますが、人間自体ゆがみのあるもので、そのゆがみこそが面白いと感じているので、『ゆがんでいてもいいじゃないか』という古田織部の精神は今の時代に必要なものではないかと感じています」と続編に込める思いを明かしている。  映画『嘘八百』の続編(タイトル未発表)は2020年1月より全国公開。

  • 1月6日~1月7日全国映画動員ランキング1位:『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』

    【映画ランキング】『SW/最後のジェダイ』がV4! 『キングスマン』第2弾は2位発進

    映画

     1月6~7日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が週末土日動員22万8000人、興収3億4300万円をあげ、4週連続1位を達成した。1月8日までの累計動員数は410万人、興収は61億円を突破した。@@cutter 2位は初登場の『キングスマン:ゴールデン・サークル』が、初週土日動員22万4000人、興収3億3000万円をあげランクイン。配給が違うので、一概に比較はできないが、前作『キングスマン』の初週成績が動員8万3562人、興収1億1438万5600円という数字だったことを考えると、非常に好スタートを切ったといえるだろう。  その他の初登場は、京都アニメーション制作の人気テレビアニメの劇場版第2弾『映画 中二病でも恋がしたい! Take On Me』が6位、中井貴一と佐々木蔵之介がダブル主演を務めたコメディ映画『嘘八百』が8位にそれぞれランクインした。  既存組では『DESTINY 鎌倉ものがたり』が、先週からワンランクアップの3位にランクイン。幅広い世代に受け入れられるストーリーで、正月休みに高いアベレージを記録。累計では24億円を突破した。4位の『8年越しの花嫁 奇跡の実話』は累計19億円、5位の『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』は累計17億円、7位の『オリエント急行殺人事件』が累計14億円と、着実に数字を伸ばしている。 1月6日~1月7日全国映画動員ランキングは、以下の通り。 第1位:スター・ウォーズ/最後のジェダイ 第2位:キングスマン:ゴールデン・サークル 第3位:DESTINY 鎌倉ものがたり 第4位:8年越しの花嫁 奇跡の実話 第5位:映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活 第6位:映画 中二病でも恋がしたい! Take On Me 第7位:オリエント急行殺人事件 第8位:嘘八百 第9位:未成年だけどコドモじゃない 第10位:仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー

  • 森川葵&前野朋哉、『嘘八百』インタビュー

    森川葵、前野朋哉の恋バナに「草食系じゃない!」と驚き 『嘘八百』仲良しトーク

    映画

     映画『噓八百』で、中井貴一や佐々木蔵之介をはじめとするベテラン俳優陣がいぶし銀の名演を見せる一方、瑞々しい演技で見る者を魅了するのが、森川葵と前野朋哉だ。劇中で愛すべき癒し系カップルを演じた二人に、中井や佐々木との共演を通じて得たもの、自身の原動力になっている過去の経験などについて語ってもらった。@@cutter イカサマ古物商の則夫(中井)と、落ちぶれた陶芸家の佐輔(佐々木)が、“幻の利休の茶器の贋作”を作り、一発逆転の大勝負を仕掛ける姿を描く本作。森川は則夫の娘・いまりを、前野は佐輔の息子・誠治を演じている。誠司はジオラマ好きの内気な青年で、偶然出会ったいまりに惹かれていく役どころ。その人間的魅力を前野は「この子のことが好きだと決めたら突き進んじゃうというか。そういう不器用だけど、一途なところ」と答える。  誠司の一途さは自身にも通じるそうで「昔は好きになったら、振られても、また一回、もう一回って行くみたいな。何回もチャレンジしていましたね」と苦笑。これに森川は「草食じゃない!」と驚きの表情を見せる。そんな森川はいまりについて「大人ぶりたいところがあるんですけど、子どもが抜けていない。ちょっと面倒くさい子のような気もしますけど、どんどん蓋(ふた)を開けて、いまりという女の子についた壁とか鍵を開けてあげると、すごくかわいい部分が見えてくる」と笑顔を見せる。  そんな二人は、中井や佐々木との共演を通じて“気づき”を得た。自身も監督経験がある前野は「佐々木さんはピリッとした空気があって、中井さんは明るい中で楽しんでいる感じだけど、伝えることは伝える。そのお二人が一緒のお芝居をするときに、面白い化学反応が起こる」と楽しげに分析。一方の森川は「それぞれ人に対してすごく優しくて丁寧。長くこの業界で仕事をしていくには、本当に人柄が良くないとやっていけないんだろうなって。そういう人たちが愛されて、現場に求められて、ずっと続いていくんだろうなって感じました。自分もできる範囲で、そういう人間になっていけたら」と憧れの気持ちを語る。@@separator 劇中では、過去の挫折を原動力に、則夫と佐輔が一発逆転に乗り出すわけだが、前野と森川にとって“原動力”となっている過去の経験を聞いてみた。前野は「高校生のときは勉強ができなかったので、美術でどうにかしたいともがいていて。進学校なのに、なぜ美術で行こうとしているんだ? という周りの目に、絶対いつか黙らせてやりたい! みたいな、変なメラメラがありました。勉強ができなかったから、別の道で頑張らなきゃという思いは、今につながっていると思います」と明かす。  さまざまな作品で活躍を見せる森川も「私の世代って、女優が多いんです。だから、オーディションで最後の3人くらいまで残ることがあっても、なかなか」と本音を吐露。去年の初めにも大切なオーディションに惜しくも落選したというが、「ダメだったことによっていろいろな作品に出られるんだから。今はそのタイミングじゃなかっただけで、それで良かったんだよ」と中井に言われたそう。その言葉、さまざまな作品との出会いが救いになり、考え方にも変化が生じた。「勝ちたいという気持ちもあったんですけど、今はそれよりも、自分の道を作っていった方が早いんじゃないかなと思っていて。見返してやりたいという気持ちよりは、自分は自分として頑張っていこうという方向に行っていますね」。これを聞いた前野は「すごくいい傾向だね。素晴らしい!」と感心していた。(取材・文・写真:岸豊)  映画『嘘八百』は全国公開中。

  • 映画『嘘八百』メイキング写真

    佐々木蔵之介の誕生日をお祝い 『嘘八百』和気あいあいのメイキング写真到着

    映画

     中井貴一と佐々木蔵之介のダブル主演による映画『嘘八百』から、和気あいあいと撮影する現場の様子が収められたメイキング写真が到着した。@@cutter 本作は、千利休を生んだ茶の湯の聖地、大阪・堺を舞台に、イカサマ古物商と落ちぶれた陶芸家が、“幻の利休の茶器”という「真っ赤なウソ」を仕掛ける一発逆転の大勝負を描いたコメディ。メガホンを取るのは『百円の恋』を手掛けた武正晴監督。脚本は足立紳、NHK連続テレビ小説などを手がける今井雅子がタッグを組む。  主人公のうだつの上がらない古物商の則夫を中井が演じ、陶芸家・佐輔に佐々木が扮するほか、佐輔の娘・いまりを森川葵、息子・誠治を前野朋哉、妻・康子を友近が演じる。さらに、堀内敬子、坂田利夫、木下ほうか、塚地武雅ら、個性豊かな俳優陣が共演を果たす。  今回解禁されたメイキング写真は4枚。1枚目は佐々木の誕生日を森川と前野がお祝いしている写真だ。2枚目は中井と佐々木が二人で談笑している場面を収めたもの。佐々木が竹馬に挑戦している様子を写した3枚目、そして中井のクランクアップ時に、佐々木、森川、武監督がそろって撮影した4枚目となっている。わずか数週間で撮影されたとのことだが、和やかな現場の雰囲気であったことがうかがえる。  中井と佐々木が本格的に共演するのは今回が初。中井は「大体どの現場でも、もう自分たちが一番上の世代になってきているけど、今回はそうではないね、なんて軽口をたたいたりしていました」と佐々木と親しく語り合ったことを明かしている。  映画『嘘八百』は2018年1月5日より全国公開。

  • 『嘘八百』完成披露試写会に登壇した(左から)佐々木蔵之介、中井貴一

    中井貴一、佐々木蔵之介ら『嘘八百』舞台挨拶に12人登壇「この舞台挨拶は正解?」

    映画

     俳優の中井貴一と佐々木蔵之介が、17日に都内で実施されたダブル主演映画『嘘八百』の完成披露試写会に、共演の森川葵、前野朋哉、友近、堀内敬子、坂田利夫、木下ほうか、塚地武雅、芦屋小雁、近藤正臣、武正晴監督と出席。ストーリーにちなみ、来年に仕掛けたい勝負について聞かれた中井は、自身のことより「坂田師匠と木下ほうかは、結婚やと思います」と答え、共演者同士の和気あいあいとした雰囲気を披露し、会場を和ませた。@@cutter 本作は、大阪・堺を舞台に、古物商の則夫(中井)と、陶芸家の佐輔(佐々木)が、“幻”の利休の茶器という真っ赤なウソを利用して、一獲千金を狙うべく一発逆転の大勝負を仕掛けるコメディ。  中井は、木下や坂田、塚地らが繰り広げる軽快な掛け合いに楽しそうに参加しつつも、「この舞台挨拶は正解なんでしょうかね? お客さんがどんどんあっけにとられていく感が満載なんですけど」と苦笑い。そして「やっぱり、舞台挨拶は5人までだな」と口にすると、佐々木が「監督、よくこれまとめましたね!」と武監督に投げかけ、監督は「舞台挨拶は楽しかったけど、映画は…と言われるとつらい」と笑いながら回答。12人の大所帯ながら、全員が息のあった連携を見せた。  来年の抱負を問われた佐々木は、「来年、何したいかって言われて、言ってみても、2月頭には忘れてますから。目標を全然、忘れてますからね、そんなん言わないようにしてるんです」と照れ笑い。本作の撮影については「現場では本当に真剣にやっていた」と振り返り、「今日来てくださった皆様は、チーム『嘘八百』でございます。面白くても、面白なくても、嘘ついてでも、みんなに観てくださいと宣伝してください!」とタイトルにかけて観客に呼びかけていた。  映画『嘘八百』は2018年1月5日より全国公開。

  • 中井貴一&佐々木蔵之介がダブル主演する映画『嘘八百』より新場面写真解禁

    中井貴一&佐々木蔵之介、こたつで“鍋パ” 『嘘八百』新場面写真が解禁

    映画

     中井貴一と佐々木蔵之介がダブル主演を務め、映画『百円の恋』の武正晴監督がメガホンを取る映画『嘘八百』より、中井や佐々木、友近らがこたつで鍋パーティをする模様を収めた新場面写真が解禁された。@@cutter 本作は、あの千利休を生んだ茶の湯の聖地である大阪・堺を舞台に、イカサマ古物商と落ちぶれた陶芸家が、一発逆転を果たすために“幻”の利休の茶器という「真っ赤なウソ」で仕掛ける一発逆転の大勝負を描くコメディ作品。キャストには、友近、森川葵、前野朋哉らも名を連ねている。  解禁されたのは、空振りばかりの古物商・則夫(中井)が、腕は立つのに落ちぶれた陶芸家・佐輔(佐々木)、佐輔の妻・康子(友近)、則夫の娘・いまり(森川)、佐輔と康子の息子・誠治(前野)と共に、これからの季節にはもってこいのすきやき鍋を囲む様子を収めた写真。1枚目は、ちゃんちゃんこを着たいかにも“大阪のおばちゃん”な康子が、いやいや顔の則夫をこたつに誘い込んでいる一方で、素知らぬ顔で黙々とすきやきに箸をのばす3人の姿がシュールなカット。  続く2枚目では則夫も食卓に加わっているが、何とも美味しそうに肉にかぶりつくいまりの表情が印象的。そして3枚目では、キャラクターの視線が誠治に集まっており、則夫、佐輔、康子が驚いた様子の中、いまりは1人だけ満面の笑顔を見せている。則夫と佐輔は家族も巻き込んで大金ゲットを狙うが、家族の結びつきも本作では重要なカギを握っており、5人の会話が気になるシーンとなっている。  映画『嘘八百』は2018年1月5日より全国公開。

  • 映画『噓八百』

    中井貴一&佐々木蔵之介W主演『嘘八百』ポスタービジュアル解禁

    映画

     中井貴一と佐々木蔵之介がW主演を務める映画『嘘八百』より、ポスタービジュアルが解禁。ポスターは、中井が演じるイカサマ古物商と、佐々木が扮する落ちぶれた陶芸家が、一発逆転の大勝負を企む表情を捉えている。@@cutter 千利休を生んだ茶の湯の聖地、大阪・堺を舞台に、イカサマ古物商と落ちぶれた陶芸家が“幻”の利休の茶器という「真っ赤なウソ」で仕掛ける一発逆転の大勝負を描く本作。キャストには、友近、森川葵、前野朋哉、堀内敬子、坂田利夫、木下ほうか、塚地武雅、桂雀々、寺田農、芦屋小雁、近藤正臣も名を連ねている。  メガホンを取ったのは、2016年日本アカデミー賞優秀作品賞・最優秀脚本賞を受賞した『百円の恋』で知られる武正晴監督。脚本は、武正監督と『百円の恋』でタッグを組んだ足立紳と、NHK連続テレビ小説『てっぱん』などを手がけてきた今井雅子が担当した。  解禁されたポスタービジュアルは、中井が演じる空振りばかりの古物商・則夫と、佐々木がふんする落ちぶれた陶芸家・佐輔の骨董コンビが仕掛ける「真っ赤なウソ」に掛けた、真っ赤な色彩が目を引くデザインに仕上がった。二人の企み顔、いや決意の表情は、一発逆転の大勝負にかけるロマンと、どんでん返しとなる大波乱のドラマを予感させる。  映画『嘘八百』は2018年1月より全国公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access