宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第五章「煉獄篇」 関連記事

  • (左から)羽原信義監督、シリーズ構成の福井晴敏、内山昂輝、山寺宏一、神谷浩史、高垣彩陽、黒沢ともよ、中村繪里子『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第五章「煉獄篇」初日舞台挨拶にて

    山寺宏一&神谷浩史、“おじさん”の線引に小競り合い

    アニメ・コミック

     山寺宏一、神谷浩史、内山昂輝、高垣彩陽、黒沢ともよ、中村繪里子が26日、都内にて行われた『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第五章「煉獄篇」の上映記念舞台挨拶に登壇。黒沢の「おじさま方のカッコ良さにやられました」発言に、隣同士で舞台に立っていた山寺と神谷から“どこからがおじさんなのか”という声が上がり、2人の小競り合いが勃発。キャストだけでなく観客をも巻き込む爆笑を呼んだ。@@cutter 第五章「煉獄篇」は、『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』をリメイクした、完全新作シリーズ『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』の最新作。2012年から2014年にわたり、劇場上映から全国ネットでのTV放送で展開した『宇宙戦艦ヤマト2199』から続く人気シリーズ。    現在大学4年生だという黒沢。大先輩が勢揃いだったというヤマトのアフレコ現場を振り返り「おじさま方のカッコ良さにやられました。本当にみなさまカッコいい…」とコメントし、頬を染めた。この黒沢の“おじさま”発言に食いついたのが山寺と神谷。「具体的におじさんって?」と山寺が問うと、「おじさんラインはここですか?それともこっち?」と、山寺と内山の間に立つ神谷から両隣に線を引くジェスチャーを見せ質問する。観客の大きな笑いと、2人からの思わぬ応酬にアタフタした様子の黒沢は、「先輩方は、お若いので年齢わからないです」と答え明言を避けた。    山寺演じるデスラーの人物像を描き、神谷演じるキーマンが名前の通り“キーマン”となって物語が進む本作。神谷は「ようやく第五章にて、その名にふさわしい活躍をします」と胸を張る。また、重要なシーンの相手が山寺ということもあり「めちゃくちゃ楽しかったです」と笑顔を見せた。一方、山寺も「デスラーを深く描いてくれてすごく嬉しかったです」と喜ぶ。過去が描かれ、様々な年齢のデスラーを演じたことについては「すごくプレッシャーもありましたが、非常にやりがいがありました」と語った。    『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第五章「煉獄篇」は公開中。

  • 『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第五章「煉獄篇」中村繪里子インタビュー

    中村繪里子、『宇宙戦艦ヤマト』で“受け継ぐ”大切さを実感

    アニメ・コミック

     『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』公開時は全国を飛び回り、『宇宙戦艦ヤマト2199』『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』と、シリーズを通し、桐生美影役で出演する中村繪里子。キャスト陣の中では1、2を争うのではないかと思われる“ヤマト愛”を持ち、トークイベントにも多数登壇してきた中村。2202では地球に残ったヤマトクルーとはいえ、その愛は健在。ヤマトへの熱い“愛”を語ってもらった。@@cutter 第五章「煉獄篇」は、『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』をリメイクした、完全新作シリーズ『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』の最新作。2012年から2014年にわたり、劇場上映から全国ネットでのTV放送で展開した『宇宙戦艦ヤマト2199』から続く人気シリーズ。第五章では、“大いなる和”と“縁”を巡る人々の物語は新たな局面を迎える。伝説の惑星テレザートへと到達したヤマトを待っていたのは、女神テレサだけではなく、かつての仇敵デスラーがいた。ヤマトはガミラス旧体制派が集うデスラー艦隊と交戦する中、古代たちの元へと駆けつけたキーマンは驚きの行動を取る…。    「“すごいことになってきたぞ”という思いでいっぱいでした」と、キラキラした目で第五章の感想を語った中村。「第四章のときも同じ気持ちだったのですが、それ以上です」と断言する。また、本作はキーマンが取る驚きの“ある行動”のほか、デスラーとの関係性も浮き彫りになる点について「(シリーズに散りばめられた伏線が)色々繋がってきたなと思いました」と興奮した様子で、目の縁を赤らめた。    加えて、中村曰く、本作は“キーマン自身が、愛とは何なのか…を考える第五章”と分析する。「家族の愛であったり、恋人の愛、仲間の愛だったり、たくさんの愛があって苦しく、それを取り除くという愛かもしれません。愛をさらなる愛でその存在を消そうとしているのがズォーダーだったりもするので、愛は怖いですよね」。@@separator 中村といえば、“ヤマト愛”の深さ故か、同シリーズのトークイベントに数多く登壇している。とあるイベントで中村は「『ヤマト』がターニングポイントになった」と話していた。その理由を改めて尋ねると、“受け継ぐ”ということを実感した作品だから…という答えが返ってきた。  「私は、のちに長く携わることになる作品でデビューしたのですが、『宇宙戦艦ヤマト』に出会ったことで、『ヤマト』という作品の大きさを“外”から言われる側になりました。デビュー作は、私自身もそうでしたが、作品自体がまだ大きな存在になる前でしたので、“知ってもらうこと”を1番に考えていましたが、ヤマトはすでにファンの心に根付いていて、長く愛されている作品です。そのヤマトを自身に取り込み、取り込まれていくという大きな流れに乗ったときに、役者としてだったり、キャラクターへのアプローチの仕方だったりが大きく変わってきたと思ったんです」と告白。さらに、「“受け継ぐ”ということは、こういうことなんだ、ということを実感したんです」と力強く答えた。「受け継ぐべきものがあるという安心感と、その大きさに震える気持ちはヤマトという作品じゃないと味わえなかったのかなと思います」。    何もないところから始まり、大人気コンテンツへと上り詰めた作品と、すでに多くのファンが存在し、長きに渡り大人気の座に君臨し続けるコンテンツのリブート版。双方に携わったことが、中村の役者としてあり方に大きな糧となったことは想像に難くない。『宇宙戦艦ヤマト2199』『宇宙戦艦ヤマト2202』に乗船した中村は、今以上に大きな輝きをみせていくだろう。(取材・文・写真:ほりかごさおり)    『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第五章「煉獄篇」は5月25日より劇場上映。

  • 『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第五章「煉獄篇」場面写真

    『宇宙戦艦ヤマト2202』第五章、予告解禁 新キャストにささきいさお

    アニメ・コミック

     ヤマトシリーズの完全新作『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第五章「煉獄篇」の劇場予告編映像が解禁された。併せて追加キャストとして、ささきいさお、高垣彩陽、黒沢ともよの出演が発表された@@cutter 『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』は、アニメーションの歴史に輝く不朽の名作『宇宙戦艦ヤマト』を全七章にわたってリメイクした完全新作シリーズ。監督は『宇宙戦艦ヤマト 復活篇 ディレクターズカット』にてアニメーションディレクターを担当した羽原信義、シリーズ構成に『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』の福井晴敏。日本全土を熱狂させた劇場用映画『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』をモチーフに、その壮絶なる物語を、新たな解釈と装いで現代に甦らせる。  今回解禁された第五章「煉獄篇」の最新映像を使用した60秒の劇場予告編映像では、山南司令の緊迫する表情や、ズォーダーの「踏みつぶせ!」と第五章の展開が大波乱となる予感を含んだ一言に加え、より一層迫力を増した戦闘シーンが満載となっている。  また、新キャラクターを演じる追加キャストの3人からコメントも到着。アンドロメダ級3番艦『アポロノーム』艦長・安田俊太郎を演じるささきは「羽原信義監督から『声優としてどんな役をやってみたいですか』と聞かれ『年齢的にも艦長かな』とお答えしました。それがきっかけで、アポロノーム艦長の安田役を演ることになりました」と希望通りのキャスティングに喜びのコメント。  謎の戦艦の艦長・藤堂早紀役の高垣は「初登場の際に現場で役について詳しく説明をうけたのですが、その内容に『これは生半可な気持ちでは勤まらない』と、武者震いのような…身の引き締まる想いになりました」と振り返る。さらに、謎の戦艦の航海長・市瀬美奈役の黒沢は「先輩たちに置いていかれてしまわぬようにがむしゃらに頑張ります」と気合十分のコメントを寄せている。  『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第五章「煉獄篇」は、5月25日より全国35館にて期間限定劇場上映。

  • AnimeJapan 2018ステージイベントにて『宇宙戦艦ヤマト2202』愛のトークショー開催

    <AJ2018>小野大輔、鈴村健一&神谷浩史から「森雪のことしか考えてない!」

    アニメ・コミック

     不朽の名作をリメイクした『宇宙戦艦ヤマト 2199』の続編を劇場で上映する『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』の“愛のトークショー2018”が25日、東京ビッグサイトで行われたAnimeJapan 2018のWHITEステージで開催。古代進役の小野大輔、島大介役の鈴村健一、キーマン役の神谷浩史、監督の羽原信義、シリーズ構成の福井晴敏が登壇した。@@cutter 1978年に公開され、日本全土を熱狂させた映画『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』をモチーフに、全7章の壮大な物語として新たな解釈と装いで現代によみがえらせた本シリーズ。この日は声優陣が「ヤマトの次期艦長に立候補する意気込みで自分のキャラクターをアピール」「オーダーが止まらない購入者特典を考えて」とのお題に答えながら、本シリーズのプレゼン大会に挑むことに。    小野は「古代の行動力がなければヤマトは宇宙に旅立っていない。そして(森)雪への愛情。この一途な愛がこの艦を動かす原動力。これこそが艦長に必要な要素」と古代のリーダー性を猛烈アピール。「雪…雪ー!!」とヒロイン・雪への愛を爆発させ、会場の笑いを誘っていた。  一方、鈴村は「島は、航海長で操縦桿を握っている男。彼がいなければヤマトは前に進まない。古代進は雪のことしか考えてない!彼が全体を見守ることは無理」と古代をバッサリ。神谷も「古代は雪のことしか考えていない」と続きつつ、「島はワープのことしか考えていない」と島も切り捨て、キーマンを熱くプッシュ。審査員を務めた羽原監督&福井の支持を得た。  また小野は、購入者特典を考える二つ目のお題でも「雪のブロマイド」と“雪ラブ”を叫んだ。羽原監督&福井は「ささきいさおさんが家で歌ってくれる特典アリ」とのアイディアを繰り出した鈴村に軍配を上げた。終始、雪への愛を炸裂させたものの、鈴村&神谷に完敗してしまった小野は肩を落としながらも、「(古代役に)最初はプレッシャーも感じていたけれど、こうやっておバカなことを言って盛り上がれる、どんな人でも楽しめる作品だと感じている。これからも面白い作品になることを確信しています!」と力強く語っていた。  『宇宙戦艦ヤマト 2202  愛の戦士たち』第5章「煉獄篇」は5月25日より期間限定劇場上映。

  • 「『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第五章 煉獄篇」場面写真

    『宇宙戦艦ヤマト2202』第五章、映像解禁! 先行場面カットも公開

    アニメ・コミック

     「『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』第五章 煉獄篇」の特報映像と先行場面写真が公開された。特報映像では、“大いなる和”と“縁”を巡る人々の新たな局面を迎えた物語が描かれる。@@cutter アニメーションの歴史に輝く不朽の名作『宇宙戦艦ヤマト』をリメイクし、2012年から2014年に渡り、劇場上映から全国ネットでのTV放送まで展開、大きな支持を得た『宇宙戦艦ヤマト 2199』。そして、2017年2月よりヤマトファン待望の完全新作シリーズとして『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』全七章で順次劇場上映中の本作。  監督には『宇宙戦艦ヤマト 復活篇 ディレクターズカット』にてアニメーションディレ クターを担当した羽原信義、シリーズ構成に『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』 の福井晴敏を起用。音楽は引き続き、ヤマトの遺伝子を受け継ぐ宮川彬良が担当する。モチーフとなるのは、日本全土を熱狂させた劇場用映画『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』。その壮絶なる物語を、新たな解釈と装いで現代に甦らせる。この時代に語るべき”愛”の姿とは…。  このたび、『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』第五章、煉獄篇の特報映像及び先行場面写真が公開となった。公開された映像では、“大いなる和”と“縁”を巡る人々の物語は新たな局面を迎え、古代たちの前に、“縁”ある相手、かつての仇敵デスラーが現れる。ヤマトはガミラス旧体制派が集うデスラー艦隊と交戦。そのさなか、古代たちの元へと駆けつけたキーマンが取った驚くべき行動とは。宇宙戦艦ヤマトの新たな旅立ちが描かれる。  「『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』第五章 煉獄篇」は、5月25日より新宿ピカデリー他、全国35館にて期間限定劇場上映。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access