この道 関連記事

  • 映画『この道』で“無邪気”な北原白秋を演じた大森南朋

    大森南朋、恩師は「大杉漣さん」 俳優のムダじゃない“ムダな時間”とは

    映 画

     渋い、狂気的な、正義感の強い、謎多き――。これまでありとあらゆる枕詞が付く役を演じてきた大森南朋。その彼が主演映画『この道』で扮する男の枕詞は「無邪気」だ。100年経った今も人々の心を動かす<童謡>を生み出した詩人・北原白秋である。「『こんな46歳のオジサンが無邪気でいいのか』という悲しさと戦っていました」と自虐的に撮影を振り返りながら、どこか楽しそうな笑みを浮かべる大森に、自身の俳優人生について振り返ってもらった。@@cutter 天才詩人の半生が描かれる本作だが、ここでの白秋は隣の奥さんと愛を育んで逮捕されるわ、入水自殺を図るもカニに足を噛まれて断念するわ、詩に音を付けたいと言ってきた音楽家・山田耕筰(AKIRA)とは野菜を投げ合いケンカするわの“ダメ男”。  「本人が見たら『俺はこんなんじゃない!』って怒られてしまいそう」と笑う大森だが、「資料を拝見した限り、あながち間違いではない部分もあったみたいです。白秋は常に子どものような純粋な心を持ち続けた人なんでしょう。だからこそ心を動かすものが書けたのかな」と分析もする。  「映画などの芸能が生まれていなかったこの時代の文学者たちは、すごくアカデミックで奔放さを持っていたと思います。一見ノリで書かれたような言葉を、表現という形にアウトプットする。それができるのは天才たる所以(ゆえん)でしょうし、だからこそ評価されてきた。そういう“すごみ”のようなものは感じました」。 @@insert1  人妻と戯れているときも、水たまりをまたぐときも、山道を歩くときも、詩人仲間と酒を酌み交わすときも…。白秋の中には常に詩がある。詩と演技は、ジャンルは違えども“表現する”という意味では同じ。どんなことも芸につなげる白秋に共感できるか? という問いに、大森は「ムダな時間はムダではないですから」と答えた。  「同業で酔っ払って言いたいことを言うのは、僕もよくしました。むしろ若いときは仕事がないので飲むしかなくて。あの映画はどうだとか、この仕事はどうだったとか。演技論というほどでもなく、ただちょっと“デキるふう”に批評するだけ。今でもたまにやってますが(笑)」。  同年代や後輩だけでなく、先輩俳優とそういった“ムダに見えてムダではない時間”を過ごすことも多い。大森は「いい加減なこともいっぱい言われました」と笑いつつ、「でも全てが財産になっている気もします」と目を細める。  「とにかく『売れなくては』と思っていた20代のころに、『頑張らなくていいんだぜ』『焦るな』と言ってくださる先輩がいて。『アンタは売れてるからでしょ!』なんて心の中ではいつも思っていました(笑)。でもそうやって管を巻いた分だけ頑張れていたんです。いろんな思いや言葉は、結局は全て自分に返ってくる」。  財産となった“ムダな時間”を共にした俳優の具体例を尋ねると、「いろいろな方がいますけど…」と少しだけ口が重くなった大森が挙げた先輩俳優の名は、2018年2月21日に亡くなった大杉漣さん。 @@insert2  「間口が広くて、何でも受け入れてくれた。とてもかわいがってもらいましたし、たくさんのことを教わりました。僕がこの映画を撮影している最中に亡くなられてしまったこともあって、白秋の恩師である鉄幹(松重豊が演じる俳人・与謝野鉄幹)に近い存在と言われると、大杉さんが浮かびます」。  締めの言葉で「なかなかこのようなキャラクターを演じさせていただくことがなかったので、またぜひこういう役で呼んでいただきたい(笑)」と、いたずらっ子っぽく言った顔は、まさしく白秋。全ての“ムダな時間”を芸に生かして歩む生粋の俳優の道のりは、まだまだこの先も続く。(取材・文・写真:松木智慧)  映画『この道』は2019年1月11日より全国公開。

  • 映画『この道』ポスタービジュアル

    AKIRAがバイオリンを奏で、ATSUSHIが唄う『この道』本予告&ポスター公開

    映 画

     大森南朋とAKIRAが主演を務める映画『この道』から、予告編映像とポスタービジュアルが解禁となった。予告編には、二人の芸術家がぶつかり合いながも、時間を超えて歌い継がれる歌を作っていく姿が描かれている。@@cutter 本作は、九州から文学を志して上京した稀代の詩人・北原白秋(大森)と、洋行帰りの気鋭の音楽家・山田耕筰(AKIRA)が、“童謡”を生み出す姿をつづる人間ドラマ。  児童文学誌「赤い鳥」を発刊した鈴木三重吉(柳沢慎吾)に引き合わされた白秋と耕筰は、当初反目し合うが、関東大震災の惨状を目にしたことから手を取り合い、子どもたちを元気づける曲を次々と世に送り出す。しかし戦争が近づく中で、二人は軍歌の作成を命じられ苦悩することに…。  このたび解禁された予告編映像は、大森演じる白秋が童謡『雨ふり』の一節を口ずさむシーンからスタート。続けて白秋が女性に抱きつき、膝枕をされ、挙句の果てに首筋にキスをする姿が映し出され、稀代の天才詩人の知られざる“色男”な一面が描かれる。  また、「君の詩と僕の音楽で、傷付いた人々の心を癒す歌がきっとできるはずだ」と北原白秋に曲制作を持ちかけ、バイオリンを弾く、AKIRA演じる山田耕筰の姿も。震災をきっかけに、衝突していた二人の芸術家が手を取り合う姿が丁寧に切り取られている。  さらに予告編には、白秋と耕筰が作り出した楽曲『この道』をEXILEのヴォーカリスト・ATSUSHIが歌い上げ、予告編に彩りを添えている。  予告編の公開と併せてポスタービジュアルも解禁。ポスターでは朗らかな笑顔を浮かべる自由奔放な白秋と、真面目な表情でバイオリンを弾く耕筰の姿が印象的なデザインに仕上がっている。  映画『この道』は2019年1月11日より全国公開。

  • 映画『この道』クランクアップ報告会見

    大森南朋&AKIRA主演、北原白秋と山田耕筰の秘話を映画化

    映 画

     大森南朋とAKIRAが主演する映画『この道』の公開が決定。そのクランクアップ報告会見が、箱根の老舗・富士屋ホテルで行われた。大森とAKIRAは自身が演じる北原白秋と山田耕筰の人生について、共に「波乱万丈」であることに驚きながら役に挑んだと明かした。@@cutter 本作は、九州から文学を志し上京した稀代の詩人・白秋(大森)と、洋行帰りの気鋭の音楽家・耕筰(AKIRA)らが生み出した日本の童謡の誕生100周年を記念しておくる人間ドラマ。児童雑誌「赤い鳥」を創刊した鈴木三重吉(柳沢慎吾)に引き合わされた二人は当初反目し合うが、関東大震災の惨状を機に手を取り合い、子供たちを元気づける曲を次々と世に送り出す。しかし戦争が近づく中で軍歌の作成を命じられ…。  童謡のふるさと・神奈川県小田原を舞台した本作のクランクアップは2月末、白秋と耕筰が愛した創業140年の富士屋ホテル。そのまま行われた会見には、白秋が師と仰ぐ歌人・与謝野鉄幹役の松重豊、その妻で白秋の姉のような存在の女流詩人・与謝野晶子役の羽田美智子、白秋の最初の妻・松下俊子役の松本若菜、白秋の3番目の妻・菊子役の貫地谷しほりら、メガホンを取った佐々部清監督も登壇した。  大森は「北原白秋という人物について、イメージではすごく真面目で難しい人なのかなと思っていたのですが、こんなに波乱万丈の人生で人間味あふれた素敵な人物だったと初めて知りました」とコメント。クランクイン前には白秋の生まれ故郷・福岡県柳川も探訪したそうで、「(故郷を思う)『この道』の歌の世界に凄く引き込まれました」と語った。  AKIRAは「色々と調べて、ものすごく波乱万丈な人生を送られていたというのは分かっていた」としながら、台本を通して「それを超える北原白秋との熱くも可笑しい素敵な青春」を知ったと述懐。耕筰の36歳、52歳、66歳を演じ、さらに指揮、バイオリン、ピアノを披露した本作について「時代が違う中で同じ役を演じるのはとても大変でしたし、ものすごくやり甲斐のある作品でした」と振り返った。  佐々部清監督は「ある意味で日本の偉人伝なのですが、偉人伝はやりたくないなと思っていました」と話し、「人間臭くてちょっと滑稽で悲しくて可笑しい、そんな有名人の話だったらやれそうな気がしまして、そんなことをやろうと最初に大森君とAKIRA君と話しました」と明かし、「2人のコンビネーションがとても上手くいき、夫婦のようで奇妙な友情物語になっていると思います」とアピールした。  映画『この道』は今秋より全国公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access