クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

スピード 関連記事

  • 『スピード2』出演を断り、FOXの映画に10年以上出演できなかったキアヌ・リーヴス

    キアヌ・リーヴス、『スピード2』出演辞退でFOX映画に10年以上出られず

    映画

     1991年作『ハートブルー』で本格的なアクション映画に初めて出演し、1994年の映画『スピード』でアクションスターの仲間入りを果たした俳優のキアヌ・リーヴス。相手役の女優サンドラ・ブロックとの相性も抜群だったが、続編の『スピード2』への出演を断り、同シリーズを手がける大手スタジオのFOXの映画に14年近く出演できなかったという。@@cutter キアヌのアクションスターの座を復活させた人気シリーズ第3弾『ジョン・ウィック:パラベラム』が、本国アメリカで現地時間5月17日に公開される。男性誌「GQ」アメリカ版の表紙を飾り、最新作の話をする中でFOXのブラックリストに載ったという過去の苦い経験について手短に語っている。  バスに爆弾を仕掛けた元警官とSWAT隊員ジャック・トラヴェンの攻防を描く『スピード』。世界興収約3億5000万ドル(約388億5000万円)を上げ、1997年に公開された続編『スピード2』が制作された。しかしキアヌはカナダのマニトバ州ウィニペグでシェークスピア劇『ハムレット』に出演するため、『スピード2』の出演を断った。キアヌいわく、その後「(FOXとは)『地球が静止する日』まで仕事しなかった」とのことだ。  スコット・デリクソン監督、女優のジェニファー・コネリーや俳優のジェイデン・スミス共演の『地球が静止する日』は2008年作だ。つまりキアヌは約14年間、FOX映画に出演しなかったことになる。  ちなみにキアヌが出演していないことが影響したか否かは定かでないが、暴走するバスから暴走するボートに代わった『スピード2』は不発に終わり、世界興収は1作目の半分以下となる約1億6400万ドル(約177億6000万円)に留まった。

  • 映画『スピード』で共演したキアヌ・リーヴスにメロメロだったというサンドラ・ブロック(写真は2006年頃)

    サンドラ・ブロック、『スピード』共演キアヌ・リーヴスに“恋心”

    セレブ&ゴシップ

     俳優キアヌ・リーヴスと共演した1994年のアクション映画『スピード』でブレイクしたオスカー女優サンドラ・ブロックが当時を振り返り、キアヌにほのかな恋心を抱いていたことを明かした。@@cutter エレン・デジェネレスがホストを務めるトーク番組『エレンの部屋』に出演したサンドラ。約25年前の作品となる『スピード』について考えると、何が浮かんでくるか尋ねられ、「キアヌ・リーヴスがものすごくスイートで」と答えた後、当時のキアヌを思い出して、心の声が漏れるかのようにささやきながら「ものすごくハンサムだったこと」と続けた。  「真剣に演技するのが難しかった」とサンドラ。「キアヌに見られていると、私はキャッキャしちゃう。一生懸命、真面目にやろうとしたわ」と、ハンサムなキアヌに見つめられて、まともに演技ができなくなってしまったという当時を振り返った。  アニー役でミニスカート姿だったサンドラは、アクションシーンの撮影中、キアヌにスカートがめくれ上がらないようにお願いしていたという。「彼は本当に優しかった」と言うサンドラだが、ウワサになったようにキアヌと交際したことはないという。「だから私たちはずっと長い間、友人でいられるのね」と、2人の長年の友情を分析している。

  • キアヌ・リーヴスがノリノリで『スピード』のパロディ

    キアヌ・リーヴス、『スピード』のパロディに出演「スピードを落とせ!」

    セレブ&ゴシップ

     話題のアクション映画『ジョン・ウィック』のPRのため9月末に来日した俳優キアヌ・リーヴスが、米人気トーク番組『Jimmy Kimmel Live!』に出演。番組恒例のコメディネタで自身が主演したヒット・アクション『スピード』のパロディに出演し、観客と視聴者を笑わせた。@@cutter アメリカでは10月9日に公開される新作スリラー『Knock Knock(原題)』のPRのため番組に出演したキアヌ。司会のジミー・キンメルと共にリハーサルなしに撮影したというパロディのタイトルは『Reasonable Speed』。『スピード』ならぬ『妥当なスピード』といったところ。『ワイルド・スピード』のパロディも入っているようだ。  製作はカリフォルニア州の白バイ警察カリフォルニア・ハイウェイ・パトロールとのことで、全編を通して全ての交通ルールが守られているのが見どころらしい。約2分半の映像では何やら危ない取引に興じているキアヌとジミー。しかしキアヌから大金を受け取ったジミーが“ブツ”を渡さずに逃走し、2人の間でカーチェイスが始まる。  オープンカーにどうにか飛び乗り、ジミーが「俺を捕まえられると思うか?」とキアヌに聞くと、「思ったりしない。確信してる!」とすごむキアヌ。きちんとウィンカーを点けて車がノロノロと発進し出すが、その後もスピードは一向に出ない。キアヌはスケボーを足蹴りしている太った男性に追い越される始末だ。  キアヌは徐行帯を前に「スピードを落とせ! 時速30キロでも十分だ!」とジミーに叫ぶが行かれてしまい、徐行帯の前で立ち往生し「イカれた野郎め!」と悪態。そこへジミーから電話がかかってくるが、ジミーの車はバスに衝突されてしまう。キアヌは「電話で話しながら運転するなよ」と言い、カメラに向かってウィンクするという結末に。ファンにとってはキアヌのノリノリ感がたまらない一作になった。

  • 『スピード』のジャック・トラヴェンをもう一度演じてもいい!?

    キアヌ・リーヴス、意味深発言 『スピード3』が製作されるなら喜んで出演!?

    映画

     現地時間9月18日から米テキサス州オースティンで開催中のジャンル映画祭「ファンタスティック・フェスト」。その会場でプレミア上映された新作アクション『John Wick(原題)』が大絶賛されている主演のキアヌ・リーヴスが、彼の大ヒット・アクション『スピード』第3弾への出演に興味を示しているという。@@cutter ファンタスティック・フェストに出席したキアヌ。米エンタメサイトNerdistとのインタビューで、新作の話と共に『スピード』シリーズを復活させて出演する意思が少しでもあるか尋ねられると「“スピード3:リデンプション”か。もちろん」と回答した。ちょっとニヤけた感じで100%本気で言っているかは疑問の余地があるが、「(主人公の)ジャック・トラヴェンのほこりを払って引っ張り出すか」と続けた。  昨年のトロント国際映画祭に出席したキアヌは、『スピード』(94)の共演者サンドラ・ブロックが会場入りしているということで、『スピード』第3弾の可能性を同じように尋ねられたが、この時は「ないよ。バスはもう出発した」とジョークを言いつつもキッパリ出演する気がないことを断言したという。  映画『スピード』は、時速50マイル以下に減速すると爆発する爆弾を仕掛けられたバスの乗客を救い、犯人を追うべく、ロサンゼルス市警SWAT隊員ジャック・トラヴェンが奔走するストーリー。キアヌがジャック役、サンドラがバスに乗り合わせ、運転することになるアニー役、デニス・ホッパーが元警官の爆弾魔ハワード・ペイン役を務め、大ヒットした。  その後、第2弾の『スピード2』(97)が製作されたが、キアヌが再出演を断ったことから、主人公がジャックではなく、ジャックと別れたアニーとジャックと同じSWAT隊員アレックス(ジェイソン・パトリック)という組み合わせになり、映画自体は興行収入上、失敗に終わったと言われている。  新作アクション『John Wick(原題)』のために、かなりのトレーニングを積んだというキアヌ。『マトリックス』シリーズ以来の傑作アクションをこなしていると大評判だが、キアヌの心変わり(!?)をきっかけに、第3弾の製作の話が具体的に持ち上がることになるのか、気になるところだ。

  • 『スピード』のVHS、集まるかな?(『スピード』の場面写真)

    情熱か?執着か? 映画『スピード』のVHSテープ収集プロジェクトが展開

    映画

     キアヌ・リーヴス主演のヒット・アクション映画『スピード』(94)。今やDVDもブルーレイも手に入る時代だが、本作のVHS版を全て集めようと、収集プロジェクトを展開しているアメリカ人男性が話題になっている。@@cutter この男性の名前はライアン・ベイツ(Ryan Beitz)。市販された(!?)『スピード』のアメリカ版VHS(ビデオ)を全て集めたいと、VHSを見つけ出しては購入したり譲ってもらったりしているそうだ。現時点で500本以上が集まっているという。  2012年にバス(マイクロバス)を購入したというライアンはクラウドファンディング・サイト「Kickstarter」にて「The World Speed Project」を立ち上げ、6月11日(現地時間)を期限に、バスの改修費2500ドル(約25万円)を募っている。本編に登場したバスのように塗り替えて修理し、VHS収集のほか、アートギャラリーや収集家のコンベンションなどに参加する時の移動手段に使いたいらしい。4月24日時点では募集金額の半分を超える額が集まっていた。  『スピード』のVHS収集は2006年から始めたというライアンだが、きっかけはクリスマスの時期に訪れた質屋で、『スピード』のVHSが6本並んでいるのを見た時だそう。家族へのクリスマスギフトとして全員に同じ物=『スピード』のビデオを贈ったら面白いかも、と思ったからだそうだ。それ以来、収集が趣味になり、現在に至るという。ライアン自身、現実的に全てのVHSを集めるのは無理だと分かっているそうだが、できる限りやるとの意気込み。VHSを購入しなくてはいけない場合、4ドル(約400円)を超えるようであれば買わないらしい。  『スピード』はキアヌとサンドラ・ブロックがスクリーン上で最高の相性を見せ、歴代アクション映画の中でも根強い人気のある作品と言えるが、今回のニュースは二人の耳に入っているだろうか? Entertainment Weeklyによると、本作の脚本を手掛けたグラハム・ヨストのもとにはしっかり届いているという。様々な知り合いがライアンのプロジェクトを紹介した記事のリンクを送ってきたというヨストは、「VHSが2、3本手元にあるかもしれないから、探して見つかったら彼に送るつもりだ」と、ライアンの計画を絶賛している。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access