覚悟はいいかそこの女子。 関連記事

  • 小池徹平、『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー

    小池徹平、30代を迎え“童顔”イメージを裏切る役を「楽しんでいます」

    映画

     フレッシュな高校生たちの恋模様を描く映画『覚悟はいいかそこの女子。』で、主人公たちの成長を温かく見守る教師を演じる小池徹平。20代の頃の若さを前面に押し出した役柄の印象が強いが、近年では舞台でめざましい活躍を見せ、映像作品でも大人の役柄でじわじわと存在感を増している。「最近、面白い役が増えてきまして」と笑う32歳に話を聞いた。@@cutter 本当の恋を知らずに生きてきた高校生・斗和(中川大志)が学年一の美少女・美苑(みその/唐田えりか)を振り向かせようと奮闘する姿を描く本作。小池は、斗和らが通う高校の教師で、美苑が密かに想いを寄せている、いわば主人公のライバル役・柾木を演じている。  最初に脚本を読んで「大人になったせいなのか(笑)、キラキラしてるなと。キスで盛り上がる描写や壁にドンっと手をつくというト書きにニヤニヤしちゃいました」と明かす。だが、少し前までそんな青臭い恋の“プレイヤー”側だった小池が教師をやるなんて、という感慨を抱いてしまうが…。  「といっても僕も32歳ですからね(笑)。教師としても若手じゃなく中堅でおかしくない年齢ですから! 確かに童顔ですが、最近、そのイメージを裏切る役を頂けるのも楽しいです。見た目通りの役、見た目を裏切る役、この歳になってどちらも楽しんでます」。  劇中、柾木は将来に迷いや不安を抱く生徒に対し、人生の先輩としてアドバイスを送り、背中を押す。タイトルに「覚悟」とあるが、小池自身、人生において覚悟を決めた瞬間は?  「やはり、10年ほどずっとウエンツ(瑛士)と一緒にWaTとして活動してきて、それを解散するというときは2人の中でそれなりの覚悟はありました。それぞれの方向で、それぞれの形、ペースでやっていくと決めたときですね」。  もちろん、15歳でこの世界に足を踏み入れたときも、生半可ではない覚悟を持ってはいた。だが「当時はすごい覚悟でしたけど、今振り返ると小さなものだった」と笑う。むしろ、大事なのは一瞬の覚悟ではなく、小さな実績の積み重ね――。それはここまでこの仕事を続けてきたからこそ抱く実感である。特に舞台での経験がその思いを強くした。  「舞台って自分に厳しくいられる場なんですよね。自分と向き合う時間を持たないといけない仕事であり、板の上に立たせてもらえることのありがたさを感じます。命を削ってるようなすさまじい毎日ですけど…(苦笑)、でもあの場所が好きなんです」。@@separator 年齢を重ね、若い世代と仕事をする機会も増えた。今回の現場でも中川ら若い俳優陣を見て懐かしい思いを抱きつつ「フレッシュさや勢いを感じたのはもちろんですが、それだけじゃなく、こんなにしっかりしてるんだ? と思いましたね。自分の立ち位置の測り方だったり、相手との接し方だったりがすごく上手だなと。僕らのころは、それこそ学園もののときなんか、芝居以前に自分がどう目立つかばかり考えてましたから(笑)」とも。  若い世代ばかりでなく、同世代に対する視線にも年齢と共に変化が生まれたという。  「少し前の舞台(『1789 ‐バスティーユの恋人たち‐』)で福岡に行ったとき、(共演の)神田沙也加と博多の屋台に行ったんです。10代の頃に共演してるんですけど、『そっちは最近どう?』なんて話をしたり、昔のことを懐かしがったりしながら『まさか十数年経って、博多の屋台でこんなふうに並ぶことになるなんてね』って(笑)。ここまで頑張ってきたからこそ、いまも同じ板の上に立っていられるわけで、すごく感慨深いし、同世代に対しては、“戦友”のような気持ちを持ってます」。  「いい意味で、抑えるべきところを抑えて無理をしなくなったし、『明日も今日と同じように、普通に現場にいる』ということの大切さを感じる」と語るが、10代、20代のころの“熱さ”を失ったわけではもちろんない。  「むしろ、20代の頃より動けますから! ほしいもの、やりたいことはまだまだあります。ひとつずつ、積み重ねながらやっていきます」。  映画『覚悟はいいかそこの女子。』は10月12日より全国公開。

  • 映画『覚悟はいいかそこの女子。』完成披露上映会にて

    中川大志がエア壁ドン 男性キャスト陣の“愛の告白”にファン大興奮

    映画

     俳優の中川大志が、12日に都内で開催された映画『覚悟はいいかそこの女子。』完成披露舞台挨拶に出席。中川は「馬鹿な男子たちが一生懸命ガムシャラに恋をする姿を見て、恋したいなと思ってもらえたらうれしい」とアピール。また、ゲームで愛の告白を披露し、会場に集まったファンを大興奮させた。@@cutter 『マーガレット』(集英社)に掲載された椎葉ナナの同名漫画を実写化した本作は、超絶イケメンだが恋愛経験ゼロの“究極ヘタレ男子”、斗和(中川)の初恋を描く痛快青春コメディ。舞台挨拶には、唐田えりか、伊藤健太郎、甲斐翔真、若林時英、小池徹平、井口昇監督も登壇した。  中川や伊藤らイケメンキャストが客席から登場すると、ファンからは割れんばかりの大歓声が。それを受けて、中川は「すごい熱気で迎えていただいてうれしい」と喜び、「今日は初めて見てもらえるので緊張しているけど、楽しんでほしい」とニッコリ。ヒロインの唐田も「今日を迎えられてうれしい」と笑顔を見せた。  キャスト陣はとても仲がよかったそうで、教師役を務めた小池は「大志とか一回りくらい違うけど、一緒にお弁当を食べてくれて。すごく和気あいあいとした現場でした」と回顧。また、中川も「久々にそろったけど、一瞬で撮影していたときの雰囲気に戻れる。そんな仲のいいメンバーで作った映画です」と明かした。  イベントでは、主人公の斗和が愛され男子ということにちなみ、中川、伊藤、甲斐、若林の4人の中で“No.1愛され男子”と“No.1ヘタレ男子”を決めるべく、3本勝負を実施。ストップウォッチジャスト時間当て対決やビリビリペン対決、そして告白対決が行われた。  くじで決められたシチュエーションと相手にあわせて告白することになり、若林はバイト先で部活のマネージャーに、甲斐は家で先輩に、伊藤は遊園地で同級生への告白をそれぞれ披露。そして、最後に中川が後輩相手に放課後というシチュエーションで挑戦し、エア壁ドンをしながら「俺の彼女になってくれない?」と一言。会場からは「かっこいい!」と大歓声が沸き起こったが、伊藤らからは「何をおさえてるの?」と突っ込まれ、中川は照れ笑い。  最後の結果発表では中川はヘタレ男子に選ばれてしまい、「役に選ばれた時から、監督は僕のヘタレな部分を見抜いていたのかも」と苦笑するも、手を掲げながら「胸を張っていきます!」と振り切った様子を見せ、会場の笑いを誘っていた。  映画『覚悟はいいかそこの女子。』は10月12日より全国公開。

  • 映画『覚悟はいいかそこの女子。』新場面写真

    ヘタレ男子が恋に一喜一憂『覚悟はいいかそこの女子。』新カット到着

    映画

     俳優の中川大志が主演を務める映画『覚悟はいいかそこの女子。』の場面写真が解禁。公開された場面写真には、中川演じる主人公がヒロインのために一喜一憂する姿が収められている。@@cutter 本作は、少女漫画雑誌「マーガレット」(集英社)で連載された椎葉ナナによる同名コミックを原作にした青春ラブコメディ。“超絶イケメン”で生まれながらの“愛され男子”にも関わらず、実は恋愛経験ゼロのヘタレ男子・古谷斗和(中川)を主人公に、彼が学年一の美女に恋する姿を描いていく。  6月から7月に放送されたテレビドラマ版では、常に女子に囲まれちやほやされていた斗和。“超絶イケメン”で、自身を生まれながらの“愛され男子”と豪語する斗和だったが、10月公開の映画版では、彼女を作ろうと告白をした学年一の美少女、三輪美苑(唐田えりか)にこっぴどく振られてしまい、自分が実は今まで女性と一度も付き合ったことがない「ヘタレ」であると自覚する。  このたび公開された場面写真には、斗和の親友、新見律(伊藤健太郎)、澤田惟智也(甲斐翔真)、久瀬龍生(若林時英)の3人が、美苑に振られた斗和をなぐさめる姿や、副担任の美術教師・柾木隆次(小池徹平)に対し、美苑が自分には見せないような表情で話をしている姿を斗和が目撃して落ち込む姿などが収められている。  さらに斗和が美苑の家に上がり込み手料理を振る舞うシーンのほか、本気で美苑のことを好きになった斗和が、美苑のために一喜一憂する姿も確認できる。さらに、劇中で斗和の想いに対してクールに振る舞う美苑が、実は想いを寄せている柾木と、斗和が対峙するシーンも披露された。  映画『覚悟はいいかそこの女子。』は10月12日より全国公開。

  • 映画『覚悟はいいかそこの女子。』本ポスタービジュアル

    ヘタレな中川大志に胸キュン『覚悟はいいかそこの女子。』ポスター解禁

    映画

     俳優の中川大志が主演を務める映画『覚悟はいいかそこの女子。』から本ポスタービジュアルと場面写真が解禁。公開されたポスタービジュアルでは、中川演じる主人公のヘタレっぷりや、本編を彩るキャラクターたちの姿が収められている。@@cutter 本作は、少女漫画雑誌「マーガレット」(集英社)で連載された椎葉ナナによる同名コミックを原作にした青春ラブコメディ。“超絶イケメン”で生まれながらの“愛され男子”にも関わらず、実は恋愛経験ゼロのヘタレ男子・古谷斗和(中川)を主人公に、彼が学年一の美女に恋する姿を描いていく。  このたび解禁されたのは、この映画の本ポスタービジュアル。今までイケメンとして自信満々だったが、学年一の美女・美苑(唐田えりか)にこっぴどく振られたことで、「オレって、カッコ悪い…?」と自分がヘタレだと自覚する斗和をはじめ、彼の恋を応援する親友の律(伊藤健太郎)や惟智也(甲斐翔真)、龍生(若林時英)の姿も。さらに美苑や斗和と三角関係を繰り広げる美術教師・柾木隆次(小池徹平)も確認できる。  またポスタービジュアルの解禁と併せて新たな場面写真も解禁。場面写真には、柾木が美苑に“頭ポンポン”する様子や、斗和が美苑の家に来た借金取りに詰め寄られ、思わず及び腰になっている姿などが収められている。  映画『覚悟はいいかそこの女子。』は10月12日より全国公開。

  • 『覚悟はいいかそこの女子。』に主演する中川大志

    ヘタレ男子・中川大志が恋に奮闘『覚悟はいいかそこの女子。』予告解禁

    映画

     俳優の中川大志が主演を務める映画『覚悟はいいかそこの女子。』から予告編が解禁。公開された予告編では、主人公を演じる中川が“愛され男子”なのに恋愛経験ゼロというヘタレ男子っぷりを披露。さらに、中川がヒロインを演じる唐田えりかから逆壁ドンをされるシーンも収められている。@@cutter 本作は、「マーガレット」(集英社)で連載された椎葉ナナによる同名コミックを実写化した青春ラブコメディ。超絶イケメンだが、恋愛経験ゼロの斗和(中川)は、学年一の美女・三輪美苑(唐田)に告白するも秒殺でフラれてしまう。斗和は、美苑を振り向かせるために猛アタックを開始する。  このたび解禁された予告編は、愛され男子として女子たちに囲まれているカッコいい斗和の姿や、美苑に壁ドンして告白しつつも、壁ドンをされ返されてあっさりフラれる情けない姿など、斗和のヘタレ男子っぷりが垣間見られるシーンが満載。また、何度も美苑にアプローチするひたむきな姿や、本気の恋に目覚めて必死になる姿もコミカルに描かれている。  さらに予告編では、ナオト・インティライミが本作のために書き下ろした主題歌『ハイビスカス』も使用されており、斗和の不器用ながらも恋に必死な姿とその奥にある強い想いが伝わる映像に仕上がっている。  映画『覚悟はいいかそこの女子。』は10月12日全国公開。

  • 映画『覚悟はいいかそこの女子。』に出演する小池徹平

    小池徹平が“先生界のプリンス”に 『覚悟はいいかそこの女子。』出演

    映画

     俳優の小池徹平が映画『覚悟はいいかそこの女子。』に出演することが分かった。“先生界のプリンス”と呼ばれる美術教師役で、中川大志扮する主人公の恋敵を演じる。小池は役柄について「ものすごくきちんと生徒と向き合っていて、とても優しくマジメで僕にないものを沢山もっているステキな先生です」とコメントしている。@@cutter 少女漫画雑誌「マーガレット」(集英社)で連載された椎葉ナナによる同名漫画を基にする本作。勢いで学年一の美女・三輪美苑(唐田エリカ)に告白して撃沈するも、その現実が受け入れられず幾度となくアタックを試みる“究極のヘタレ男子”古谷斗和(中川)の奮闘を描く。  小池が演じるのは、抜群のルックスと生徒思いの優しい性格を兼ね備えた美術教師・柾木隆次。柾木はそのルックスゆえに、女子生徒から日々黄色い声援を浴びており、斗和が“男子高校生界のプリンス”と呼ばれる一方で、柾木は“先生界のプリンス”と呼ばれ、学園中の女子が憧れる存在だ。  柾木は美大への進学を目指している美苑に、授業以外でも絵の指導を行っており、難攻不落と言われる美苑が想いを寄せる相手でもある。小池は「先生役は珍しいので、刺激的で演じていてとても楽しいです」とコメント。「唐田さんとの演技では、頭をポンポンしてあげる描写があるのですが、頭ポンポンなんて犬や猫ぐらいにしかしたことがないので、『えっ、どうやってやればいいんだろう…』と、悩んじゃいましたね(笑)」と撮影を振り返る。  共演する中川については、「中川くんが演じる斗和はとても魅力的で、カッコ良い部分とかわいい部分が沢山あるので、初めて本気の恋に目覚めて悶絶・奮闘する斗和をぜひ応援してあげてほしいです!」とメッセージを寄せている。  映画『覚悟はいいかそこの女子。』は10月12日より全国公開。

  • 映画『覚悟はいいかそこの女子。』にヒロイン役で出演する唐田えりか

    唐田えりか『覚悟はいいかそこの女子。』出演 中川大志に逆壁ドンも

    映画

     女優の唐田えりかが、中川大志の主演映画『覚悟はいいかそこの女子。』にヒロイン役で出演することが分かった。劇中でヘタレ男子を演じる中川に“逆壁ドン”をする唐田は、「女の子が男の子に壁ドンする機会ってほとんどないと思うので、新鮮でした」とコメントを寄せている。@@cutter 少女漫画雑誌「マーガレット」(集英社)で連載された椎葉ナナによる同名漫画を基にする本作は、勢いで学年一の美女に告白し撃沈するも、その現実が受け入れられず幾度となくアタックを試みる“究極のヘタレ男子”古谷斗和(中川)の奮闘を描く。映画の公開に先駆けて連続ドラマ(MBS/6月24日より毎週日曜24時50分、TBS/6月26日より毎週火曜25時28分)の放送も決定しており、今回新たに劇場版のヒロインとして、唐田の出演が発表された。  唐田が演じるのは、学年一の美少女で人気も高く、幾人もの男子からの告白をことごとく断ってきた難攻不落のクールビューティー・三輪美苑。斗和から何度告白されても秒殺で振ってしまう気の強さを持っているが、好きな人の前では一転。好きな人に挨拶するだけでドギマギして顔を真っ赤にさせたり、姿が視界に入るだけでうれしくなったりと、かわいい面も持っている。  そんな美苑について、唐田は「すごく難しい。表面的にはサバサバしていて、とてもクールな女の子なんですけど、実は内に秘めている感情が沢山あって、とても純粋な女の子」と分析。また、初共演の中川については、「演技が終わった後に『やりにくくなかった?』とか『もっとこうした方が良い?』とか中川君からお芝居に対する提案を沢山してくれたり、改善点を一緒になって探ってくれるのでとてもありがたかったです」と息の合った様子を見せている。  唐田がクランクインした日は、中川に対して逆壁ドンをするシーンの撮影が行われた。壁ドンをするのもされるのも人生初という唐田は、中川らと綿密な段取りをして挑戦。唐田は「中川君とは身長差があるので、壁ドンをする際の距離感や角度がすごく難しかったです」と言い、「女の子が男の子に壁ドンする機会ってほとんどないと思うので、新鮮でした。上手く壁ドンできると気持ちよかったです」と感想を語った。  映画『覚悟はいいかそこの女子。』は10月12日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access