クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

あのコの、トリコ。 関連記事

  • 映画『あのコの、トリコ。』初日舞台挨拶にて

    新木優子、吉沢亮がキラキラオーラを隠す姿に「キュンとしました」

    映画

     俳優の吉沢亮と新木優子、杉野遥亮が5日、都内で行われた映画『あのコの、トリコ。』の初日舞台挨拶に登壇。映画内で地味で冴えないメガネ男子を演じた吉沢の様子に「キュンとしました」と新木が明かし、会場内を沸かせた。@@cutter 映画は白石ユキの大ヒットコミックを原作に、冴えない主人公・頼(吉沢)が女優志望の幼なじみ・雫(新木)のためにカッコよく変わっていく様と、やはり2人の幼なじみである人気イケメン俳優・昴(杉野)との三角関係を描いていく。この日の舞台挨拶にはほかに、宮脇亮監督も登壇した。  当日は、SNSなどで募集した指示をボックスから引き、3人がそれぞれ挑戦することに。「ゆんぴょ(新木)のいいところを3つ挙げてください」という指示に、吉沢は「完全に見た目がクールビューティーなんですよね。でもその見た目とは中身が真逆というか、本当に愛される方で。彼女が現場を盛り上げてくれる瞬間がたくさんあって、救われてました」と新木をべた褒め。  一方杉野は悩みつつ「すごく強いところとかどうですか? 今日も『元気?』って聞いたら『何!?』って返されて」と答え、新木が「誤解を招くから!」と焦ることに。どうやら撮影が終わった後によそよそしくなっていた杉野が、最近あった取材をきっかけにまた打ち解けた様子に驚いたからこそのリアクションだったとのこと。  「トリコダンス」を踊ったり、「投げキッスをしてください」などさまざまな指示に応えていくだけでなく、お題により吉沢が司会を担当する一幕も。「お互いの印象を教えてください」というお題には、杉野が「吉沢君も優子ちゃんもクールビューティーで、2人の名前を聞いた瞬間、うわあってなっちゃった」と答えると、「いやいや杉野さんだってかっこいいじゃないですか!」と吉沢が司会として茶化す。  新木は吉沢の印象に関して「映画の中で吉沢さんはオタクっぽい真面目な役柄で、本当に何もしないとこの通りキラキラが溢れてしまうんですけど、それを隠して隠して…というところが見ていてキュンとしました」と明かした。

  • 映画『あのコの、トリコ。』原作の人気イラストを元にした新ポスタービジュアル

    吉沢亮が“ギュッ”と…『あのコの、トリコ。』オマージュポスター完成

    映画

     俳優の吉沢亮が主演する映画『あのコの、トリコ。』の新ポスタービジュアルと、ムビチケカードの詳細が明らかになった。ポスターは、原作で人気を集めたイラストに、“美の暴力”と称される吉沢らが見事にオマージュを捧げたビジュアルになっている。@@cutter 本作は、白石ユキによる同名コミックを原作にした青春恋愛劇。幼なじみと「将来スーパースターになる!」と誓い合った主人公・鈴木頼(吉沢)は、それを忘れて成長し、地味で平凡な“メガネ男子”高校生になっていた。幼なじみの立花雫(新木優子)と東篠昴(杉野遥亮)がそれぞれ人気モデルと人気俳優になっていることを知った頼は、雫のいる芸能コースのある高校への転入。雫の付き人として、雫と昴が共演するランジェリー広告の撮影に同行する。  「恋をすると、オトコは変わる――」というキャッチコピーが印象的なポスターでは、地味で冴えない頼が、恋する“あのコ”のためにメガネをはずし、超絶かっこいい“オトコ”に変貌。小さいころから大好きだった“あのコ”こと雫を大胆に“ギュッ”と抱きよせ、セクシーな視線を送っている。  原作でも人気の画をオマージュし、2次元と3次元の絶妙なバランスを表現した吉沢のセクシーな抱き寄せショットの下には、輝く笑顔をふりまく雫と、超人気イケメン俳優で頼の最強ライバルとなる昴という幼なじみ2人の姿が。もどかしくすれ違いながらも“恋と夢が絡み合う”ストーリーを連想させるビジュアルとなった。  また、A4クリアファイル付きのムビチケカードが、8月1日より全国の上映劇場で販売されることも決定。ムビチケカードは、頼&雫&昴が目指す芸能界を思わせるような、ドレスアップした3ショット。数量限定で配布されるクリアファイルはポスタービジュアルの絵柄を使用している。  映画『あのコの、トリコ。』は、10月5日より全国公開。

  • 映画『あのコの、トリコ。』より

    吉沢亮主演『あのコの、トリコ。』“Nissy”西島隆弘の主題歌&予告解禁

    映画

     吉沢亮主演の映画『あのコの、トリコ。』から予告映像が解禁。さらにAAAの西島隆弘がソロアーティスト“Nissy”として、書き下ろしの新曲『トリコ』を主題歌として本作に提供することが明らかになった。西島は「映画を観てその後に流れるこの曲でも、HAPPYになっていただけたらなと思います」と語っている。@@cutter 本作は、白石ユキの同名コミックを原作にした青春ラブストーリー。小さな頃に幼なじみと“将来スーパースターになる!”と誓い合った主人公・頼(吉沢)は、高校生となり地味で平凡なメガネ男子になっていた。そんなある日、幼なじみの雫(新木優子)と昴(杉野遥亮)がそれぞれ、モデルと俳優になっていることを知った頼は、雫のいる高校への転入を決意する。  このたび公開されたのは、吉沢がナレーションを務める予告編だ。主人公・頼が、雫がモデルを務める看板を見上げるシーンから映像はスタート。地味で冴えない頼が、雫のためにメガネを外すシーンや、原作の中でも圧倒的な人気を誇る頼と雫のランジェリー広告撮影のシーンなど、コミックの再現力や俳優陣の美しさが堪能できる仕上がりになっている。  さらに予告映像では、Nissyが作詞作曲を手掛けた『トリコ』も解禁。初めて映画主題歌を担当するNissyは「男の子2人よりも雫ちゃんの気持ちが描かれていることも多かったので、2人の感情をいい意味でも振り回したり、ドキドキさせたり、といったストーリーにそった歌詞を作ってみるのも面白いと思いました」とコメント。  また「どのように歌にのせたら、ちょっと恥ずかしくなってしまいそうな部分も表現できるかなと考え、例えば、じっとしているより動いたほうが恥ずかしさが紛れるのかなと考え振り付けに取り入れたりして、『ドキドキするハッピーソングを!』と思って作らせていただきました」とも語っている。  映画『あのコの、トリコ。』は10月5日より全国公開。

  • 『あのコの、トリコ。』追加キャスト

    吉沢亮主演『あのコの、トリコ。』内田理央、岸谷五朗、古坂大魔王ら出演

    映画

     吉沢亮が主演を務める映画『あのコの、トリコ。』より追加キャストが発表され、岸谷五朗、内田理央、高島礼子、古坂大魔王らの出演が明らかになった。@@cutter 本作は、白石ユキによる同名コミックを原作にした青春恋愛劇。小さな頃に幼なじみと「将来スーパースターになる!」と誓い合った主人公・鈴木頼(吉沢)は、高校生となり地味で平凡な“メガネ男子”になっていた。そんなある日、約束を誓い合った立花雫(新木優子)と東篠昴(杉野遥亮)がそれぞれ、人気モデルと人気俳優になっていることを知った頼は、雫のいる高校への転入を決意する。  岸谷が演じるのは、頼の秘めた魅力を見出し、ランジェリーの広告モデルや映画の主演に抜てきし、俳優としての彼を導き応援する監督・近藤啓。そんな近藤が監督を務めるアート系恋愛映画に出演し、相手役の頼に好意を抱く共演者キラーの女優・山田華を内田理央が演じる。内田はドラマ『おっさんずラブ』で演じたサバサバ女子から一転して、本作では個性的で色気をまとうミステリアスな女優に扮し、頼と雫の恋の障害となる。  高島は昴が所属する大手芸能事務所の社長で、昴に目をかける時田可奈江に扮する。雫が所属するプロダクションの社長・奥井を古坂大魔王が演じ、頼が注目されるきっかけとなるランジェリー広告の制作プロデューサー・酒井に水上剣星、雫の高校の友人・咲を大幡しえりが務める。  映画『あのコの、トリコ。』は10月5日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access