そらのレストラン 関連記事

  • 本上まなみ、映画『そらのレストラン』インタビューフォト

    本上まなみ、子育てで実感「子どもは自分とはまったく別個の存在」

    映画

     女優の本上まなみが、地域と人と食を描いてきた大泉洋主演の「北海道映画」第3弾『そらのレストラン』(深川栄洋監督、1月25日全国公開)に出演している。洞爺湖を舞台とした2012年公開『しあわせのパン』、空知が舞台の2014年公開『ぶどうのなみだ』と続く同シリーズだが、今作の舞台は道南の「せたな町」。海が見える牧場でチーズ工房を営む亘理(大泉)が、家族や仲間と共に1日限りのレストラン開店を目指す。本上は亘理の妻・こと絵を演じる。@@cutter せたなで実際に循環農業に取り組む農民ユニット「やまの会」をモデルに、さまざまな食材を一つに包み込む「チーズ」と、その味わいのごとく濃厚な「仲間」の絆が描かれる。  「こんなこと本当にあるの?というファンタジックなストーリーなので、実在の方々がモデルと聞いたときはびっくりしました。撮影も、実際にその人たちがいる場所をお借りしたので、こと絵のモデルになった牧場の奥様もいらっしゃってお話をうかがうこともできました」。 @@insert1  恵まれた環境下での撮影。役作りはスムーズだったようだ。  「その場所に立ったら、『あっ』と感じるものがあって。周りの雰囲気が教えてくれるんです。牛がいて、牧草の広がる向こうに海が見えていて。面白いと思うのは、モデルとなった人たちを見ていると、それ以上のことはいらないというか、佇まいだけで人となりが分かるんです。脚本のストーリーそのまま、何も嘘もなく来たんだなって」。  もう一つ、主演の大泉の存在も撮影中、大きかったと振り返る。  「亘理さんの、自分が好きなものを突き詰めたいという思いと、でもなかなか理想像に近づけず苦悩している様子を間近で見ていたら、本当に支えてあげたいなって心から思えたんです。それも何かをいろいろ言うのではなく、優しいだけで横にいるのでもなく、よく彼のことを見ていて、いま何を言ってあげたら支えになるのかということを考えている。こと絵はそんな女性だな、と分かったんです」。 @@separator 映画ではスケジュールやロケ場所の都合などによりラストシーンを最初に撮ることなども珍しくないが、今作の場合は割と物語の時系列に沿って進行したそうだ。季節は、次第に寒い冬へと向かって行ったという。道南とはいえやはり北海道。寒い場所でのロケならでは、美容面などで気をつけることはあるのだろうか。  「基本的にはあまりないのですが、メイクのスタッフさんがみんなにすごく気配りをしてくださっていました。顔がこわばらないように暖かく保つようにいろいろなもの、たとえば血行を良くする足のマッサージ器ですとか、スチームの出る美顔器だったりを準備してくださったんです。何も不安なく撮影できました」。 @@insert2  亘理と一人娘の潮莉(庄野凛)と、3人で幸せな家庭を築いていること絵。現実の本上も2児の母親だが、日常生活ではどのような家族図を描いているのだろうか。  「子どもを育てて感じるのは、自分とはまったく別個の存在だなって。いくつかは私に似ている部分、いくつかは夫に似ている部分、いくつかは祖母に似ている部分もあって、いろいろな要素が見え隠れはしますが、だからと言ってその通りには絶対しない。思いもしない行動をしたり、考え方を持っていたりして、何かやりたがっていることも、なんとなくは分かるけれど、こちらが思ったようにはならない。本当にお借りしているものを育てているって感覚に近いですね」。  本上自身は今後、女優業とどのような思いで向き合っていくのだろうか。  「スカウトされて入った世界なので、本当に自分がやりたかったことなのかって言われると、たぶん違うかもしれません。ただ、父親にも言われたのが、やっぱり求められて作品に出る、何かを表現するっていう職業は、他にはあまりないと。求められるのはありがたいことなのだから、その機会を与えてもらえたと思ってがんばりなさいって。ただ、身体を壊すようなことをしてまでやる必要はないからって、その言葉だけをもらって、いまも私はここにいるんです。続けて来られたのは本当に良かったし、自分が表現できることは何なのか、これからも考えていきたいなと思っています」。  思慮深く、一つ一つの言葉を大切に発する。品のある女優だ。(取材・文・写真:志和浩司)  映画『そらのレストラン』は1月25日全国公開。

  • 映画『そらのレストラン』本ポスター

    仲間や家族との絆&色とりどりの食材が登場『そらのレストラン』特報公開

    映画

     俳優の大泉洋主演の映画『そらのレストラン』から、主人公たちが1日限りのレストラン開店に向けて奮闘する姿を活写した特報映像と本ポスタービジュアルが解禁された。@@cutter 2012年の『しあわせのパン』、2014年の『ぶどうのなみだ』に続く、“食”と“人”をテーマに描く北海道映画第3弾となる本作は、北海道道南にある“せたな町”が舞台となり、海が見える牧場で作り出されるチーズとさまざまな食材が仲間と家族の心を繋ぎ、絆を強めていく様を描く。大泉のほか、本上まなみ、岡田将生、マキタスポーツ、小日向文世、眞島秀和らが出演。映画『神様のカルテ』の深川栄洋がメガホンを取る。  公開された特報映像は、チーズ工房を営む亘理(大泉)、こと絵(本上)、娘の潮莉の家族3人が食卓を囲み、気持ちのいい声で「いただきます!」とあいさつするシーンから開始。チーズ職人の大谷(小日向)が突然意識を失って倒れ込むという劇的な場面を確認できる一方で、5人の仲間たちがうまく出来た料理に「いいねぇ~」と喜び合う姿や、大豆農家の石村(マキタ)が「亘理はアホですけど、俺たちが付いてますんで!」と叫ぶ姿を通じて、彼らの間の熱い絆も感じ取ることができる。  また、亘理の「そらのレストラン、開店です!」という宣言とともに、1日限りのレストランの食卓に、北海道で育まれた野菜、肉、魚からなる色とりどりの料理がずらっと並ぶ光景も捉えられ、味わい深さのある人間ドラマが垣間見られる内容となった。  本ポスタービジュアルでは、遠くまで広がる青空を背景に、亘理らが笑顔で緑豊かな牧場に立ち、笑顔をのぞかせる姿をピックアップ。「笑顔も 涙も おいしいも ひとつに とけあい 分かち合う」というキーフレーズにある通り、仲間と助け合い分かち合って生きることの大切さをにじませたものとなっている。  また今回、大泉とともに人気バラエティ番組『水曜どうでしょう』(北海道テレビ)を盛り上げた「ミスター」こと鈴井貴之の友情出演も発表された。  映画『そらのレストラン』は2019年正月第二弾全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access