あの日のオルガン 関連記事

  • 映画『あの日のオルガン』プレミア上映会イベントにて

    大原櫻子、戸田恵梨香の“愛の叱咤”に感服「かっこいい」

    映画

     映画『あの日のオルガン』(2月22日公開)プレミア上映会イベントが4日、都内の劇場で行われ、ダブル主演を務めた戸田恵梨香、大原櫻子をはじめ、佐久間由衣、三浦透子、堀田真由、メガホンをとった平松恵美子監督が出席した。@@cutter 太平洋戦争末期、子どもたちの命を守るために日本で初めて保育園を疎開させることに挑んだ保母たちの実話を映像化した本作。出演者は実在した保母さんをそれぞれ演じている。  戸田が演じた板倉楓は、責任感が強く保母の中でリーダー的な存在となるが「共演者のみんなと全然年が離れていないと思っていて。撮影に入る前、私がリーダーに見えるのかなって不安だったけどみんなの年齢を聞いたら20代前半でものすごい衝撃。年齢的に全然私がリーダーだった」と苦笑した。  楓は“怒りの乙女”と呼ばれる役柄となるが「普段自分がふつふつと怒りを持って挑んでいることはないので、お芝居での怒りを表現するときは難しい作業だった。ケンカをするとか怒りをぶつけることはあるけど、(怒りが)心の中にある人だったので経験したことがなく苦戦した」と心情の表現が困難だったと振り返った。  戸田と初共演となった大原は、戸田のリーダーらしい一面に触れた時を回想。「恵梨香さんはずっと現場を俯瞰で見られていて。撮影の後半、子どもたちがみんな揃って一列になる時、子どもたちがふざけあって列がぐちゃぐちゃになった。集中してと言ってもまとまらず、その時、恵梨香さんが『うるさいねん!』って一言言ったんです」と明かした。戸田は「初めて怒りましたね…」と愛のある叱咤を笑顔で振り返り、大原も「怒った姿は見たことがなかったので一瞬止まって。楓さんだと思った。かっこよかったんです」と尊敬のまなざしだった。  大原は映画のオファーを受けた際は「年齢的にも顔つき的にも保母さん役で大丈夫かなって」と不安もあった様子。それでも歌手での経験も活かし休憩時間はオルガンを弾き、子どもたちと一緒に時間を過ごした。大原は「大変なことたくさんあったがとても楽しく演じられました」と充実の表情だった。  イベントには共演した子どもたちがサプライズ登場し、“先生たち”に感謝の花束を贈った。大原は「ありがとう。こうしてまた顔が見られてうれしい」と感激していた。  映画『あの日のオルガン』は、2月22日全国公開。

  • 『あの日のオルガン』場面写真

    戸田恵梨香、憂い&笑顔…多彩な表情を収めた『あの日のオルガン』場面写真解禁

    映画

     女優の戸田恵梨香と大原櫻子がダブル主演にして初共演する映画『あの日のオルガン』から、憂いや笑顔など、戸田の多彩な表情を捉えた場面写真が一挙解禁された。@@cutter 本作は、太平洋戦争末期、53人の園児たちの命を守るため、日本初の保育園疎開に奮闘した保育士たちの実話を描いたヒューマンドラマ。戸田は保母たちのリーダーで責任感の強い板倉楓に、大原が天真爛漫な保母の野々宮光枝に扮するほか、1000人を超えるオーディションを経て選ばれた佐久間由衣、三浦透子、堀田真由、福地桃子、白石糸、奥村佳恵がそのほかの保母役を務める。加えて林家正蔵、夏川結衣、田中直樹、橋爪功ら、日本を代表する俳優たちがキャストに名を連ねた。  30歳を迎えた2018年、戸田は実写邦画歴代5位となる興行収入を記録した『劇場版コード・ブルー ‐ドクターヘリ緊急救命‐』でメインキャストを務め、若年性アルツハイマー病の主人公に扮したテレビドラマ『大恋愛 ~僕を忘れる君と』(TBS系)で“大恋愛ロス”現象を巻き起こした。2019年度後期のNHK連続テレビ小説『スカーレット』では、男性ばかりの陶芸界に飛び込み女性陶芸家を目指して奮闘するヒロイン・川原喜美子役を演じることも決定している。  そんなめざましい活躍を見せている戸田が本作で演じたのは、20代の若手保母たちを引っ張る主任保母として、自らの気持ちを押し隠し誰よりも気丈に振る舞う楓。楓は、国の現状に怒り、疎開先の荒れっぷりや先の見えない状況を憂いながら、それでも子どもたちと共に笑い、時に涙を流して奮闘する。  公開された4点の場面写真では、オルガンの音色に笑顔をみせる楓、障子に手をやり憂いの表情を浮かべる姿、ほかの保母の前で怒りを爆発させる様子や、園児を抱きしめて悲しみをのぞかせる姿など、戸田の実力に裏打ちされた多彩な表情を確認することができる。  戸田は楓の役柄を振り返って、「みんなの母となれるように、お姉さんとなれるように、大きな心でどしっと構えていられるように心がけました。子供たちの命を預かっている責任というものが実感としてあります。保母さんたちの葛藤している姿、それから子供たちの目を見てもらいたいです」とコメントしている。  映画『あの日のオルガン』は2月22日より全国公開。

  • 映画『あの日のオルガン』メインビジュアル

    戸田恵梨香&大原櫻子W主演『あの日のオルガン』本予告到着

    映画

     女優の戸田恵梨香と大原櫻子がダブル主演を飾る映画『あの日のオルガン』から予告映像が解禁。それぞれ対照的な性格の保母を演じる戸田と大原が、戦時下で子どもたちと共に暮らしながら、たくましく奮闘する姿を見ることができる。@@cutter 本作は、第二次世界大戦末期、東京都品川区戸越の保育士たちが幼い園児たちと集団で疎開し、東京大空襲の戦火を逃れた「疎開保育園」の実話を描くヒューマンドラマ。映画『ひまわりと子犬の7日間』の平松恵美子が監督と脚本を手掛け、幾多の困難を乗り越え、託された命を守り抜こうとするヒロインたちの奮闘を映し出す。  保母たちのリーダーで責任感の強い板倉楓を戸田恵梨香、天真爛漫な保母・野々宮光枝を大原櫻子が演じる。そのほかの保母役を、1000人を超えるオーディションを経て選ばれた佐久間由衣、三浦透子、堀田真由、福地桃子、白石糸、奥村佳恵が務める。  1944年。戸越保育所の主任保母・板倉楓(戸田)は、園児たちを空襲から守るため、親元から遠く離れた疎開先を模索していた。最初は子どもを手放すことに反発していた親たちも、生き延びて欲しい一心で我が子を保母たちに託すことを決意。ようやく見つけた疎開先は古びた荒れ寺で、生活は問題が山積。それでも保母たちは、戦争が終わる日を夢見ながら子どもたちと向き合う。しかし、疎開先にも徐々に戦争の影が迫っており…。  予告映像は、戸田演じる楓が、「とにかく、やるの!」と力強く宣言するシーンからスタート。次いで子どもたちと共に荒れ寺に疎開し、奮闘する保母たちの姿が描かれる。過酷な状況の中、「私たちいつ寝るんですか…!」とコミカルに訴える光枝(大原)や、たくましく振る舞う一方で「もう疲れたんです…」とうなだれた様子を見せる楓。そのほかさまざまな登場人物たちや、光枝が弾くオルガンに合わせて子どもたちが楽しそうに踊る姿などが映し出される。  予告映像の中盤からは、シンガーソングライターのアン・サリーが歌う本作の主題歌『満月の夕(2018ver.)』が流れる。同曲は、1995年の阪神・淡路大震災を題材に作られた曲『満月の夕』のカバーとなっている。  映画『あの日のオルガン』は2019年2月22日全国公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access