えいがのおそ松さん 関連記事

  • 劇場版『えいがのおそ松さん』初日舞台挨拶にて

    Dream Ami『おそ松さん』では「カラ松が好き」 その理由は…

    アニメ・コミック

     声優の櫻井孝宏、Dream Ami(主題歌担当)、松原秀(脚本)、藤田陽一監督、6つ子着ぐるみ(18歳)、鷲崎健(MC)が、15日に都内で開催された劇場版『えいがのおそ松さん』初日舞台挨拶に出席した。櫻井は「やっぱり絵の力はすごい」と本作におけるアニメーションを称賛し、Amiは誰松推しなのか聞かれると「カラ松が好きです」と笑顔を見せた。@@cutter おそ松(櫻井)たちが、ある真実を確かめるため、18歳の自分たちに会いに行く姿を描く本作。主題歌「Good Goodbye」を書き下ろしたAmiは「映画を見てくださった方が、曲を聞きながら、これってあのシーンのことかな?とか、回想しながら聞いてもらえるような楽曲にしたいなっていうのは、私の中では一番強かったので、そういうところを意識して歌詞も書きました」とコメント。6つ子で誰松推しなのかと聞かれると「私はカラ松が好きです」と笑顔を見せ、理由を問われると「なんかかわいそうじゃないですか」と明かして会場を沸かせた。  一方の櫻井は収録を、「やり始めたらなかなかのボリュームだし、テクニカル的なことを含めると、何回か繰り返さなきゃいけないシーンなんかもあったりして。一日では無理だ。二日くらい、三日くらい要るかなっていう収録になった」と述懐。「その日の収録の終わりくらいになると、皆疲れてきちゃって。スタジオの外に出て『始めるよ』って言っても、戻って来ない。ぐずり始めて。もう無理だよみたいな(笑)」とも明かし「キャラクターたちと当人たちがリンクするようなところがあって、僕は面白かった」と白い歯を見せた。  櫻井は、本作におけるアニメーションの力強さにも言及。「完成されたときに、あれ? こんなシーンだっけ?とか思う瞬間があって。そういうのは、やっぱり絵の力はすごいなとか。(台本の)理解が間違っていたわけじゃなくて」と話していた。当日は、6つ子が敷いたレッドカーペットに、サプライズゲストとして叶美香が登場する一幕もあった。

  • 『えいがのおそ松さん』神谷浩史インタビュー

    神谷浩史、『おそ松さん』6つ子メンバーへの感謝とプレッシャー

    映画

     赤塚不二夫の名作ギャグ漫画を原作に、ニート生活を送る6つ子たちの生活を描いて話題となったTVアニメ『おそ松さん』が、完全新作劇場版『えいがのおそ松さん』となってスクリーンに登場する。予想のはるか斜め上を行く展開に加え、クズだけどどこか憎めない6つ子たちを、人気・実力を兼ね備えた豪華声優陣が演じて、観る者の心を鷲づかみにした本シリーズ。チョロ松役の神谷浩史は「映画にするの!?」と率直な思いを吐露しつつ、「このメンバーに入れてもらえて、本当によかった」と6つ子役の共演者陣への信頼感を口にする。神谷が本シリーズから受ける刺激。そして、声優業の醍醐味(だいごみ)までを語ってもらった。@@cutter 『えいがのおそ松さん』では、6つ子たちが高校の同窓会に参加。社会人として活躍する同級生たちと再会した彼らは、対照的な自分たちの現実に打ちのめされ、やけ酒をあおり眠ってしまう。しかし翌朝、彼らが目にしたのは“過去の世界”。真実を知るため、6つ子たちは18歳の自分たちに会いに行くことにする…。 @@insert1  「映画にするの!? と。台本を渡されるまでは、本当かどうか怪しいもんだと思っていました」と笑う神谷だが、実際に台本を読むと「おそ松たちは、スターだった」と気づかされる内容だったという。「こぼれ話のような短編をいくつか見せていくのか、1本の長編映画として作るのか、どういうアプローチになるんだろうと思っていました。いただいた台本の内容は後者。“その人たちが出ていれば、映画としてのストーリーが作れる”となるためには、そのキャラクターにいろいろなものが集約されていないとできないこと。おそ松たちって、本当にスターだったんだなと実感しました」。  6つ子が過去の世界に迷い込み高校生の自分たちと出会うというストーリーに感じたのは、「第1期、2期があったからこそ、できた映画。“過去の世界で高校時代の自分たちに会う”という展開は、よくあるといえば、ある話で。変化球を投げ尽くして、結果、王道に戻ったような気がしました」という“王道感”。とはいえ、そこは『おそ松さん』。「『おそ松さん』じゃなくてもよく語られている話の切り口を、『おそ松さん』でやったらどうなるのか。『おそ松さん』ならではのストーリー展開になっています」というから、期待が高まる。アフレコでは18歳のチョロ松も演じたが、「現場ではウケていたので、よかったなと思いました。劇場でもウケるといいな」と笑顔を見せる。 @@insert2  神谷と共に6つ子を演じているのは、櫻井孝宏、中村悠一、福山潤、小野大輔、入野自由といった豪華声優陣だ。「ギャグだけに、集中力が必要」と本シリーズの現場について語る神谷は「このメンバーに入れてもらえて、本当によかったです。ずっとそう思っていますし、これからも思い続ける」と、改めてこのメンバーで6つ子役を演じられたことへの感慨を話す。「このメンバーの中にい続けるためには、努力し続けなければいけないというプレッシャーにもなる。誰もが“この6人だからこそやらなければいけないこと”に対して、猛烈に真摯にアプローチしている気がします。“面白いものを見せてくれよ”ということに対して、みんな嬉々としてアプローチしている。“これは面白いな、こんなアプローチは思いもしなかった”ということを、やり続けている人たちです」とたっぷりと刺激を受けている。@@separator 過去の世界へ迷い込むという内容にちなみ、「このときがあるからこそ、今の自分がある」という経験について聞いてみると、「声優をやらせてもらっていて、唯一いいことだなと思うのは、どんな経験も無駄にはならないということ」と告白。「僕は、成長するためには経験からしか学べないと感じていて。二度、三度とミスをしても学べないことだってありますよね。でも、そういったミスや、バカなこと、怒られた経験だって、きっと生きていく上ではそうだと思いますが、声優という仕事は特に、どんな時間も無駄にはならない気がしています。例えば、僕はとてもネガティブな人間なので、『さよなら絶望先生』の糸色望は、きっと僕が一番上手にできるだろうと思えた唯一の役です。あとひねくれたポジティブさを持っている『しろくまカフェ』のペンギンさんもかな?(笑)声優というのは、あらゆる経験を糧にできる仕事です」。  ストイックな彼の姿勢を感じるとともに、全力で“見たことのない世界”を表現してくれる本シリーズの劇場版が、ますます楽しみになった。(取材・文:成田おり枝 写真:祭貴義道)  映画『えいがのおそ松さん』は全国公開中。

  • 劇場版『えいがのおそ松さん』メインビジュアルが解禁

    劇場版『えいがのおそ松さん』本予告編&メインビジュアルが解禁

    アニメ・コミック

     3月15日に全国公開される劇場版『えいがのおそ松さん』の本予告映像とメインヴィジュアルが解禁された。さらに、新境地を予感させる本作のストーリーと前売り券であるムビチケカード第3弾の情報も公開された。@@cutter ある日、高校の同窓会に訪れた、6つ子たち。ちゃんとした大人に成長し、社会人として活躍する同級生たちとの再会で、対照的な冴えない自分たちの現実に打ちのめされ、やけ酒をあおり、眠ってしまう。翌朝、目が覚めたおそ松たちは、部屋の異変に気付き、街に出る。目に映るのは、いつもと違うがどこか見覚えのある風景。ここは「過去の世界」ではないかと疑い始めた矢先、デカパンから「6人の中に、この時代に大きな後悔を残している人物がいる」と告げられる。真実を確かめるため、彼らが会いに行ったのは、18歳の自分たちだったが…。  今回解禁となった本予告では、しっとりした卒業式の場面で幕を開けるが、そこから更に一転、迷い込んだ不思議な世界で6つ子たちが18歳の自分たちに出会う様子が描かれる。おそ松の「なんで俺たちって、6人もいるんだろうな」といったTVアニメ版では中々聞くことのなかった情感たっぷりな台詞をはじめ、”笑い”はもちろん”青春”や”感動”も詰め込まれた「おそ松さん」の新境地が目白押し。  先日解禁となったDream Amiが歌う主題歌「Good Goodbye」にのせ、『おそ松くん』と『おそ松さん』をつなぐストーリーが明らかになっている。メインビジュアルでは、18歳の6つ子と現代の6つ子、12人がそろい踏み。学校の屋上から見下ろす12人と意味深な背景が特徴的な一枚だ。  また、本作の前売り券となるムビチケカード第3弾が1月11日より全国の上映予定劇場にて発売開始。今回初公開となる18歳の6つ子ひとりひとりのイラストを使用した一般券(全6種)に加え、11月に公開された教室で黄昏る6つ子イラストを使用した小人券(全1種)も発売となる。  劇場版『えいがのおそ松さん』は3月15日全国公開。

  • 劇場版『えいがのおそ松さん』ティザービジュアル

    劇場版『えいがのおそ松さん』ティザービジュアル&予告編解禁

    アニメ・コミック

     『おそ松さん』待望の劇場版作品『えいがのおそ松さん』が、2019年3月15日に公開決定。予告編とティザービジュアルも公開され、ちゃんとした大人になった同級生たちと再会し、やさぐれるいつも通りの6つ子に加え、後半には学生服を着たカットも登場した。@@cutter 本作は、2015年10月からTVアニメ第1期、2017年10月からは第2期が放送された、TVアニメ『おそ松さん』の完全新作となる劇場版作品。赤塚不二夫の名作ギャグ漫画『おそ松くん』を原作とし、大人になってもクズでニートだけど、どこか憎めない6つ子の姿が描かれる。  新たに公開された予告編では、高校の同窓会に出かけ、ちゃんとした大人に成長した同級生たちと再会し、冴えない自分たちとのギャップに落ち込みやさぐれる、いつも通りの6つ子が描かれる。また一方で、後半には学生服を着た6つ子のカットも登場。古川登志夫による静かで抑えたナレーションと壮大な音楽も相まって、今までとは違うストーリー展開を予感させる仕上がりとなっている。  さらにキャラクターデザイン・浅野直之描き下ろしのティザービジュアルが2枚公開。6つ子が教室でたそがれる姿と、学生服を着て河原を歩く様子が描かれ、「俺たちいつから大人なの?」という青春感あふれるキャッチコピーとともに、より哀愁漂うイラストになっている。  また「特典付前売券(ムビチケカード)第2弾」が11月25日より、全国の上映予定劇場にて販売開始。特典は浅野による、描き下ろしの缶バッジ(全6種)で、1枚につき1種類がランダムでプレゼントされる。価格は1500円(税込)。  劇場版『えいがのおそ松さん』は、2019年3月15日公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access