映画 きかんしゃトーマス Go!Go!地球まるごとアドベンチャー 関連記事

  • 『映画 きかんしゃトーマス Go!Go! 地球まるごとアドベンチャー』ISSA扮するレーシングカーのエース(右)

    『映画 きかんしゃトーマス』、ISSAのハイクオリティな歌声響く劇中映像公開

    アニメ・コミック

     イギリスで生まれ、いまでは世界中の子どもたちから愛されるキャラクター“きかんしゃトーマス”の活躍を描くシリーズの劇場版最新作『映画 きかんしゃトーマス Go!Go! 地球まるごとアドベンチャー』より、ISSA(DA PUMP)扮するレーシングカー、エースの歌唱シーンを捉えた劇中映像が公開された。@@cutter 『きかんしゃトーマス』シリーズの長編最新作となる本作では、レーシングカーのエースと出会ったトーマスが、世界一周の旅に出たくなり、ソドー島を飛び出し全速力で五大陸を駆け抜ける。冒険の途中で見たことのない景色や文化に触れ、明るいケニアの女の子の機関車ニアと友だちに。しかし、初めての世界には知らないことが多すぎて…。  今回公開となった映像では、ISSA扮するエースが奇しくもトーマスやニアと旅を共にすることになり、自分の気持ちを歌で表現する歌唱シーンが収められている。エースは、世界一周ラリーに参加する直前にトーマスと出会い、旅へといざなう役どころ。「俺はプライド捨て、君に乗ってやったのさ」「気が向いたときにあちこちに行ってみたい それが俺にはお似合いなんだ」という歌詞からは、エースの自分が大好きで自信にあふれている一面や、自分の思い通りに生きたいという“夢想家”な姿が垣間見える。映像の最後は、“自由気ままに”ノリノリで歌いながら広大な砂漠を猛スピードで駆け抜けるエースの姿で締めくくられている。  本作が劇場アニメ初出演となるISSA。劇中では、テンポが速く、キャッチーなフレーズがいくつも盛り込まれた、明るくハイテンションなエースのキャラクターを彷彿とさせる歌唱シーンに挑戦。アフレコ収録を振り返り、「普段の歌い方よりはミュージカルに近く、役が発する言葉がメロディになっていくところの難しさがありました」と苦戦したことを明かしたものの、持ち前の歌唱力を活かし、クオリティの高い歌唱シーンに仕上がっている。  『映画 きかんしゃトーマス Go!Go! 地球まるごとアドベンチャー』は、4月5日より全国公開。

  • 『映画 きかんしゃトーマス Go!Go!地球まるごとアドベンチャー』本ビジュアル

    『きかんしゃトーマス』劇場版最新作は、TV新シリーズの“エピソード0”

    アニメ・コミック

     世界中の子どもたちに大人気のキャラクター“きかんしゃトーマス”の活躍を描くシリーズの劇場版最新作『映画 きかんしゃトーマス Go!Go!地球まるごとアドベンチャー』が、4月5日に全国公開される。この度、本作が、4月7日からNHK Eテレで放送される『きかんしゃトーマス』TV新シリーズの“エピソード0”であることが明らかとなった。@@cutter TV新シリーズは、トーマス達がソドー島から世界に飛び出す物語を展開し、映画と連動したストーリーに仕上がっている。世界を一周する初めての機関車になることを決心したトーマスたちは、ケニア出身の女の子機関車「ニア」をはじめ、同じく女の子機関車の「レベッカ」、中国の機関車「ヨンバオ」といった、見た目も文化も異なる個性豊かなキャラクターと出会っていく。  加えて、今回の新TVシリーズでは、国連との共同の取組みが実現。子どもたちに持続可能な開発目標(SDGs)を伝えるため、SDGs17項目のうち、「ジェンダー平等を実現しよう」「住み続けられるまちづくりを」など、5つの目標を物語に盛り込んだ新機軸のエピソードを展開。新シリーズを通じて、世界中の子どもたちに地球を守るための大切なメッセージを伝えていく。この取組みは劇場版にも反映されている。  新TVシリーズのエピソード0となる劇場版では、いたずら好きな小さなレーシングカー「エース」の声優をDA PUMPのISSAが演じることも大きな話題となっている。  『映画 きかんしゃトーマス Go!Go!地球まるごとアドベンチャー』は、4月5日より全国公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access