トラさん~僕が猫になったワケ~ 関連記事

  • 『トラさん~僕が猫になったワケ~』初日舞台挨拶に登壇した北山宏光

    キスマイ北山宏光、映画主演作はJUMP薮と一緒に鑑賞?「誘われた」

    映画

     Kis‐My‐Ft2の北山宏光、女優の多部未華子が15日、都内で行われた映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』初日舞台挨拶に子役の平澤宏々路、猫の金時(キントキ)、メガホンをとった筧昌也監督と共に出席した。@@cutter 売れないマンガ家・寿々男が、家族を残して亡くなってしまうも猫の姿となって戻ってくるというストーリー。北山が寿々男、多部が妻の奈津子を演じており、同作で北山は映画初出演にして初主演を務めた。北山は記念作の封切りに「待ちに待った初日。撮影してから1年くらい準備期間があって、やっとみなさまに観せられると思うとうれしい」としみじみ。  司会者から「公開を前に周囲から反応があったか?」と聞かれると、北山は「ヒロミさんが観てくださるって。口だけかもしれませんが、絶対観てくださいと念を押しておきました」といい、さらに「Hey!Say!JUMPの薮(宏太)が一緒に観に行こうって、俺誘われました」と明かした。2人で行くのか?との問いには「そう…じゃないですかね?」とほほ笑んだ。  北山の妻を演じた多部は、北山の印象について「現場で1番盛り上げてくれて、雰囲気を和やかにしてくれて、ピリピリすることなく楽しい空気にできるのは人柄なんだろうと思う瞬間があった。あと、やたらポジティブ」と答えると、子役の平澤も同意。多部は「イジってもめげないっていうか、本気でいろいろ言っても『またまたぁ』となるのがすごいなって…。本気で言っているのに」と感心していた。北山が「ポジティブというか、そういう冗談なのかと思って…」と釈明すると、すかさず多部が「そういうところ!」と指摘していた。  また、初日だからこそ言える共演者とのエピソードを明かす場面では、平澤が「北山さんと1ヵ月、毎日撮影が一緒だったけど、毎朝同じジュース片手に『おはようごさいます』って現場に入っていた。何を飲んでいるのか気になった」と疑問を投げかけた。北山は「あれはタピオカミルクティー」と打ち明け、「ネットで頼めるじゃないですか。頼んでストックを冷蔵庫に置いていく。置いて固まったタピオカを飲むのが好きで」と語った。

  • 映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』場面写真

    北山宏光、映画初主演の経験は「財産」 役者業の根底にあるキスマイへの思い

    映画

     Kis‐My‐Ft2の北山宏光が『トラさん~僕が猫になったワケ~』で、映画初出演にして初主演を飾った。記念すべき作品で演じるのは、家族への愛は強いが、いい加減で能天気な“ダメ夫”の寿々男。寿々男は交通事故で死んでしまい、猫の姿で家族のもとに戻ってくる。北山は今回、猫と人間の“2役”に扮しているのだ。そんな役柄をチャーミングに演じた北山は「寿々男は“かっこいい”と言われる男じゃない。“かっこいい”をそぎ落として、人間臭さが必要になる役」と分析し、「ものすごく挑戦させてもらえた作品。自分にとっての財産になる」とダメ夫役での初主演に喜びをにじませる。新たなチャレンジを通して感じた“父親願望”、そしてKis‐My‐Ft2への思いまでを語ってもらった。@@cutter 板羽皆による人気コミック『トラさん』を実写映画化した本作。売れない漫画家・寿々男は、妻がパートで稼いできたお金をギャンブルに使ってしまうなど、お気楽な生活を送っていたが、交通事故であっけなく死んでしまう。あの世が下した判決は、猫の姿で現世に戻り、愚かな人生を挽回せよというものだった…。  猫スーツを着用し、猫役に挑んだ北山。オファー時を振り返り「“猫を演じることになります”と言われて、びっくりしました! どういうこと? って(笑)」と笑いつつ、「原作を読ませていただいて、なるほどと。めちゃくちゃやりがいあるじゃん! と思いました」と大きな笑顔を見せる。 @@insert1  いつもはキラキラと輝くようなステージに立っている北山だが、ダメ夫にして猫役へのトライは、「自分にとっての財産になる」と充実感たっぷり。「寿々男は“かっこいい男”ではない。“かっこいい”をそぎ落として、人間臭さが必要になる役。作品の中で寿々男になり切って立っていないと、感動する話にならない。そういった環境をもらえたことに、ものすごく感謝しました」と話し、さらに「寿々男の心境の変化をしっかりと見せないといけない。そういった意味でも大きな挑戦でした」と力強く語る。  「猫スーツを着ている場面写真や予告編を見ると、みなさん“コメディ映画でしょ?”って言うんです。それはちょっと“しめしめ”と思っていて。コメディだと思って家族で映画館に足を運ぶと、お父さんがものすごい泣きながら出てくる。そうなるといいなって」と話すように、コミカルな語り口ながら、寿々男の成長を通して家族への思いがあふれ出す“愛の物語”となった本作。北山自身も父性愛も芽生えた様子だ。@@separator 「寿々男と娘の実優が一緒になって、妻の奈津子の絵を描き合うシーンがあって。あのシーン、すごく好きなんです。僕はもともと“子どもがほしいな”という気持ちはあったんですが、今回演じてみたことで、ちょっと思い描いていたものがリアルになったというか」と父親願望を明かし、「子どもからあだ名で呼ばれるような関係になりたいな。あだ名は奥さんに決めてほしい!」と夢を膨らませる。 @@insert2  役者業での活躍も目覚ましい北山だが、「お芝居とアイドルは表裏一体かなと。表現力という意味では一緒で、芝居を続けていけば、グループに戻ってきたときにパフォーマンスとして返ってくると思う」と常にKis‐My‐Ft2の存在を胸に刻んでいる。「どんなことでも、グループに還元するためにやっているという意識でいます。グループを大きくするためには、どうしたらいいんだろうって。キスマイありきです」とキッパリ。「いろいろな先輩や同世代のグループも見てきている。僕らはデビュー前に時間がかかったので、“グループとしてこうあるべきだ”ということをたくさん考えてきたんです。グループに還元することが、自分を高めることにもなるし、次の仕事へつながっていく。メンバーみんなそう思っていると思います」と吐露。「だからこそもっと、“北山にこんな役をやらせたい”と思ってもらえる俳優になりたい!」と熱っぽく未来を見つめていた。(取材・文:成田おり枝)  映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』は2月15日より公開。

  • (左から)『トラさん~僕が猫になったワケ~』大ヒット祈願イベントに登場した北山宏光、多部未華子

    キスマイ・北山宏光、現場でイジられキャラに「みんな“多部化”…」

    映画

     Kis‐My‐Ft2の北山宏光、女優の多部未華子が7日、東京・浅草の今戸神社で行われた映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』大ヒット祈願イベントに出席した。@@cutter 板羽皆によるコミック『トラさん』(集英社マーガレットコミックス刊)を原作に、ある日突然死んだ男が猫の姿で家族の元に戻ってくるというファンタジーを描く。北山は主人公の売れないマンガ家・寿々男を、明るくて大らかな寿々男の妻・奈津子を多部が演じる。  この日は和装姿でヒット祈願。北山は「アイドル誌でたまに着物を着させてもらうけど神社で着て新鮮な気持ち」といい、「神聖な場所でお祓いができてよかった。売れろ、売れろ~と思いながら。たくさんの人に観てほしいですね。色んなスタッフさんが集まってみんなで作ったので、その気持を背負ってお祈りしました」と気を引き締めた。また今戸神社は招き猫の発祥の地とされているため、映画にちなんだトラ柄招き猫の奉納も行った。  北山は同作で映画初出演にして初主演を飾る。さらに寿々男と猫の2役を演じており「振り返ったら忘れられない作品になった」と充実の表情。映画を一言で表すと「家族愛」で、「家族みんなで観に行って、お父さんが1番号泣して帰るっていうのがいいですね」とアピールした。  現場でのエピーソードを披露するトークでは、多部が「北山さんは現場でみんなからイジられまくっていた」と暴露。すると、北山は「いやいや、イジっていたのはあなた!」と指摘。多部のイジりをきっかけに現場ではすっかりイジられキャラとなり、北山は「みんなが僕をイジっていくのを“多部化”と呼んでいました。みんな多部化していく…」と苦笑いで振り返っていた。  また、多部の母親が「北山さんが1番好きなアイドル」と“北山最推し”であることが明かされる一幕も。多部が「この前、母に会ったら『やっぱりかっこいいわ』って。『素敵な人だわ』って言っていましたね」と褒めると、北山はうれしそうに笑っていた。  映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』は2月15日より公開。

  • 『トラさん~僕が猫になったワケ~』場面写真

    要潤が瓦割りで絶叫『トラさん~僕が猫になったワケ~』個性派キャラの新カット

    映画

     Kis‐My‐Ft2の北山宏光が映画初主演を務める『トラさん~僕が猫になったワケ~』より、要潤演じる人気漫画家・浦上栄剛が瓦割りを披露する場面など、主人公・寿々男=トラさん(北山)を取り巻く個性豊かなキャラクターたちの姿を捉えた場面写真4点が公開された。@@cutter 本作は、「ココハナ」(集英社)で連載中の漫画家・板羽皆による『トラさん』を実写化。北山は主人公の売れない漫画家・高畑寿々男と、猫になったトラさんの2役を担当する。  漫画家の寿々男(北山)は、妻・奈津子(多部未華子)がパートで稼いだお金をギャンブルに使い、お気楽な生活を送っていた。そんなある日、寿々男は交通事故であっけなく死んでしまう。“あの世の関所”で裁判官(バカリズム)が下した判決は「過去の愚かな人生を挽回せよ。ただし“猫”の姿で」。猫となって家族の元に戻った寿々男は「トラさん」と名付けられ、高畑家で飼われることに…。  公開された場面写真では、要の演じる売れっ子漫画家の浦上がテレビのワイドショー番組で「浦上栄剛先生は空手も5段!」と紹介され、「きあああああああああ」とかけ声を発しながら瓦割りに挑む姿が写し出されている。「脚本を読んだ際に今度はオレ何をやらされるのだろうと思った」という要。このシーンでは一発OKで収録を終えたものの、実は割った瓦の破片が足元に落ちてしまい、スタッフらが拍手している中、痛みで少し涙が出たという。  場面写真ではこのほか、トラさん=寿々男のよき理解者であるお嬢様猫・ホワイテスト(飯豊まりえ)のどこか憂いを帯びた表情や、“あの世の関所”で裁判官(バカリズム)が調書を読みながら被告席の寿々男の方を見下ろす場面、そして寿々男の葬儀で参列する浦上や編集者・桜木亜子(富山えり子)らの姿が写し出されている。  映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』は2月15日より全国公開。

  • 白猫・ホワイテストを演じる飯豊まりえ

    飯豊まりえ、白猫セクシー全身カット公開『トラさん~僕が猫になったワケ~』

    映画

     Kis‐My‐Ft2の北山宏光が映画初主演を務める『トラさん~僕が猫になったワケ~』より、女優の飯豊まりえが演じるお嬢様猫・ホワイテストのキュートな全身姿を収めた新カットが解禁された。@@cutter 本作は、2014年より「月刊YOU」(集英社)で連載されている漫画家・板羽皆の『トラさん』を実写化。北山は主人公の売れない漫画家・高畑寿々男と、猫になったトラさんの2役を担当する。  漫画家の寿々男(北山)は、妻・奈津子(多部未華子)がパートで稼いだお金をギャンブルに使い、お気楽な生活を送っていた。そんなある日、寿々男は交通事故であっけなく死んでしまう。“あの世の関所”で裁判長(バカリズム)が下した判決は「過去の愚かな人生を挽回せよ。ただし“猫”の姿で」。猫となって家族の元に戻った寿々男は「トラさん」と名付けられ、高畑家で飼われることに…。  飯豊が演じるのは、ふわふわな毛が特徴的な白猫・ホワイテスト。家族のために何もできないもどかしさを抱えたトラさん=寿々男に、猫の先輩としてアドバイスする重要キャラクターだ。  自身が16年間飼っていた白猫が死んだ後、このホワイテスト役の話が来て「とても運命と縁を感じた」という飯豊。本作を鑑賞した感想を「こんなに号泣した映画は久々、と驚くくらい、涙なしではみられませんでした」と話す。  公開された新カットには、猫になった飯豊の全身姿が写し出され、そのスラリとした手足を生かし、ホワイテストをキュートかつセクシーに体現。首輪に髪飾り、胸元には宝石といったお嬢様猫ならではのこだわりが散りばめられている。  さらに今回、筧昌也監督によるホワイテストのデザイン画も公開された。漫画家として活躍した経験を生かして丁寧に書き下ろされたデザイン画には、ベレー帽をかぶり、凛としたたたずまいのホワイテストが描かれ、猫スーツの材質の指定や猫の種類のイメージなどのコメントなどが書き込まれている。  実際の飯豊がふんするホワイテストの姿は、この原案とは若干異なるものの、より統一感が出て洗練された姿は、まるでデザイン画から飛び出してきたような印象を抱かせる。  映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』は2月15日より全国公開。

  • 『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』“トラ猫”役を全身で体現する北山宏光

    北山宏光『トラさん~僕が猫になったワケ~』、猫姿新カット&デザイン画公開

    映画

     Kis‐My‐Ft2の北山宏光が映画初主演を務める『トラさん~僕が猫になったワケ~』より、北山扮する“トラ猫姿”の新カット、そして筧昌也監督による「猫スーツ」のデザイン画が公開された。@@cutter 本作は、板羽皆の人気漫画『トラさん』を実写化。北山は、主人公で売れない漫画家の高畑寿々男と、死後に猫の姿となり家族の元に戻ってきた“トラさん”の2役を演じる。寿々男の妻・奈津子役を務めるのは女優の多部未華子。  解禁されたのは、“トラ猫姿”の寿々男が、娘・実優のインスタ用写真撮影に付き合わされ、段ボールの通り抜けに成功して笑顔を見せるお茶目なカット。実際は「人間にはこう見えている」という、本物の猫の金時が扮する“トラさん”の同シーンもあわせて公開された。北山は本作で猫を演じるにあたり、自身が昔飼っていた猫の仕草を思い出したり、猫の動画を見て動きを研究。原作の通り、猫が2足歩行で歩けたらどうなるかというイメージを膨らませるなどして役作りを行っていったという。  さらに、筧昌也監督による「猫スーツ」のデザイン画も到着。北山が着用した「猫スーツ」は、特殊造形物としてフェイクファーとウレタン素材を使用。出来るだけ本物のトラ猫・金時と同じように着色されるなど、細部にこだわりが込められている。筧監督の手書きメモには「(人間の)寿々男の服を少し思わせるが、あくまで猫は『罰』なので猫らしくあるべき」という記載が確認でき、一見猫の姿ではあるものの、背中からだらしなくシャツが見えていたり、寿々男が着ていた服とリンクするようなデザインがあしらわれている。  これまでに映画『美女缶』やドラマ『素敵な選TAXI』など、ファンタジー要素の強い作品を手掛けてきた筧監督だが、「猫を人で表現する。リアリティが重要な実写映画ではなかなかの冒険」と語り、本作は監督にとっても大きな挑戦となったようだ。  映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』は2月15日より全国公開。

  • 『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』ポスタービジュアル

    北山宏光の猫姿お披露目 『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』本予告&新ビジュアル

    映画

     Kis‐My‐Ft2の北山宏光が映画初主演を飾る『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』より、猫になりきった北山の熱演をたっぷり収録した本予告映像と新ビジュアルが解禁された。@@cutter 本作は、2014年より「月刊YOU」(集英社)で連載されている漫画家・板羽皆の『トラさん』を実写化。北山は主人公の売れない漫画家・高畑寿々男と、猫の姿になったトラさんの2役を担当。寿々男の妻・奈津子を女優の多部未華子が演じる。  本予告の映像では、北山がまるで猫が乗り移ったかのような愛くるしいしぐさや表情などを披露。夫を亡くした妻・奈津子(多部)が母親として奮闘する様子や、“あの世の関所”の裁判長を演じるバカリズム、カリスマ漫画家・浦上役の要潤らのコミカルな演技も映し出されている。  飯豊まりえ演じるお嬢様猫・ホワイテストも登場し、家族に思いを伝えられず落ち込むトラさんに、「私たちに猫にしか見えないものがある。トラさんも絶対に諦めちゃだめ」と励ます。バックに流れるKis-My-Ft2の歌う主題歌『君を大好きだ』は、藤井フミヤの作詞による、寿々男=トラさんの伝えきれなかった思いをつづっているかのような切なく温かい歌詞で、『トラさん』の世界観を彩る。  同時に解禁された新ポスタービジュアルは、トラさん(北山)の猫らしくかわいらしいカットとともに、人間だった頃の寿々男と奈津子、娘の実優の高畑家3人が笑顔でこたつを囲む姿が家族の温もりを感じさせる絵柄となっている。  映画『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』は2月15日より全国公開。

  • 映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』メインビジュアル

    北山宏光『トラさん』かわいい小物やインテリア “高畑家”こだわり満載の部屋を公開

    映画

     Kis‐My‐Ft2の北山宏光が映画初出演・主演を務める『トラさん~僕が猫になったワケ~』より、北山が演じる主人公の家族“高畑家”の、こだわり満載の部屋の写真が公開された。@@cutter 本作は、板羽皆の人気漫画『トラさん』を実写化。ある日突然、交通事故で死んだ男が猫の姿で家族の元に戻ってくるというファンタジーな世界観を、温かいストーリーとともに描く。主人公の漫画家・高畑寿々男と猫のトラさんを北山が演じるほか、妻・奈津子役に多部未華子、娘・実優役に平澤宏々路、さらに飯豊まりえ、富山えり子、要潤、バカリズムと、個性豊かなキャスト陣が集結する。  今回公開されたのは、主人公・寿々男が暮らす“高畑家”の部屋を収めた写真3点。まず、寿々男の仕事部屋の整理された本棚には、『ハイキュー!!』や『銀魂』など名作漫画がずらり。唯一の代表作『ネコマン』の連載中止以降、ろくに仕事もしないダメ男の寿々男だが、家族愛と漫画愛だけは人一倍なのだ。そんな中、作業台には未完である『ネコマン』の続きではなく、新たな漫画の原稿がかけられている。傍らに競馬新聞が置かれているのが、なんとも寿々男らしい光景だ。  続いてリビングはシンプルながら妻・奈津子のセンスであろうかわいい暖色の小物が置かれ、家族3人にちょうど良い大きさのコタツが。なお、公開されている予告編では、コタツに入ったまま眠ってしまった娘の美優に毛布を優しくかける寿々男の父親らしい姿も映し出されている。最後は、温かな差し込む寝室。3人分の布団がきれいに並ぶ様子からはどこか優しい雰囲気が漂い、高畑家の絆の深さを感じさせる。  猫になって初めて気付く家族の本当の気持ちと、何気なく過ごしてきた毎日に、たくさんの幸せがつまっていたこと。こだわり抜かれた心温まる部屋で繰り広げられる、高畑家の優しい日常に想いを巡らせてみてはいかがだろう。  映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』は2月15日より全国公開。

  • 映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』ビジュアル

    北山宏光が「愛してるニャ~」 初主演映画『トラさん』予告公開

    映画

     Kis‐My‐Ft2の北山宏光が映画初出演・主演を飾る『トラさん~僕が猫になったワケ~』のビジュアルと予告編映像が解禁された。予告編では、妻の稼ぎで遊び暮らす主人公のお気楽な生活ぶりや、猫に生まれ変わって途方に暮れる様子が描かれている。@@cutter 本作は、板羽皆の人気漫画『トラさん』を筧昌也監督で実写化。ある日突然死んだ男が猫の姿で家族の元に戻ってくるというファンタジーな世界観を、温かいストーリーとともに描く。主人公の漫画家・高畑寿々男と猫のトラさんを北山が演じるほか、妻・奈津子役に多部未華子、娘・実優役に平澤宏々路、さらに飯豊まりえ、富山えり子、要潤、バカリズムと、個性豊かなキャスト陣が集結する。  かつては売れっ子だったがスランプに陥った漫画家の寿々男(北山)は、妻・奈津子(多部)がパートで稼いだお金をギャンブルに使い、お気楽な生活を送っていた。そんなある日、寿々男は交通事故であっけなく死んでしまう。“あの世の関所”で裁判長(バカリズム)が下した判決は「過去の愚かな人生を挽回せよ。ただし“猫”の姿で」というもの。猫となって家族の元に戻った寿々男は「トラさん」と名付けられ、高畑家で飼われることに。しかし言葉さえ通じない寿々男は家族に何ができるのか。どうやって人生を挽回するのか…。  このたび解禁となった予告編は、生前のダメ夫・寿々男が家族に呆れられながらも、「愛してるニャ~」と明るく楽しく暮らす様子からスタート。しかし幸せな生活から一変、高畑家に突然訪れた悲劇が映し出される。そして、あの世の関所から猫の姿で現世に戻された寿々男=トラさんの姿が。予告編の最後には、猫の姿で途方にくれる北山の様子も収められている。  同時に解禁となったビジュアルでは、北山扮する寿々男と、寿々男とは気がつかずトラさんを優しく見つめる妻・奈津子と娘・実優の姿が描かれている。  映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』は2019年2月15日より全国公開。

  • 映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』追加キャスト (左上から)飯豊まりえ、富山えり子 (左下から)要潤、バカリズム

    北山宏光が映画初主演『トラさん』 追加キャストに飯豊まりえ&要潤ら

    映画

     Kis‐My‐Ft2の北山宏光が映画初主演を飾る『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』の追加キャストとして、女優の飯豊まりえ、俳優の要潤らの出演が発表された。飯豊は、北山演じるトラさんとはまた違ったキュートな猫姿を披露する。@@cutter 本作は、2014年より「月刊YOU」(集英社)で連載されている漫画家・板羽皆の『トラさん』を実写化。北山は主人公の売れない漫画家・高畑寿々男と、猫の姿になったトラさんの2役を担当する。寿々男の妻・奈津子に扮するのは、女優の多部未華子。  飯豊が演じるのは、猫のトラさんとなった寿々男の良き理解者となるお嬢様猫のホワイテスト。北山演じるトラさんとは、また違ったキュートな猫姿を披露する。要は、寿々男の同期でいまや超売れっ子のカリスマ漫画家・浦上栄剛を演じ、劇中で瓦割りやチェンバロ演奏に挑戦する。  さらに、突然の交通事故で死んでしまった寿々男が向かうあの世の関所の裁判長役に、俳優、ナレーターとしても活躍するお笑い芸人のバカリズム、寿々男の担当編集者・桜木亜子を女優の富山えり子が演じることも発表された。  映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』は2019年2月15日より全国公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access