フロントランナー 関連記事

  • 映画『フロントランナー』スペシャル・ファンスクリーニング舞台挨拶に登場したヒュー・ジャックマン

    ヒュー・ジャックマン、息子との富士山秘話明かす 東京五輪にも来日予告

    映画

     俳優のヒュー・ジャックマンが、22日に都内で開催された映画『フロントランナー』のスペシャル・ファンスクリーニング舞台挨拶に登場。ヒューは映画について語ったほか、自身の舞台を日本で上演すること、2020年に開催される東京オリンピックを観戦する予定であることを明かした。@@cutter 実話を基にする本作は、1988年の米大統領選において、史上最年少の最有力候補となった政治家ゲイリー・ハート(ヒュー)が、たったひとつの報道がきっかけで、失脚するさまを描き出す。ヒューは本作について「アメリカの政治のこと、オーストラリアの政治のことも、一切知らなくても楽しめます」とアピール。  ゲイリー本人の家に泊まるなどして役作りに励んだそうで「彼は偉大なアメリカ大統領になれなかった男と言われているんです。映画でも見られるように、若い人々にインスピレーションを与えました」と解説。そして「非常に複雑なキャラクターでもありました。プライベートなことを守ろうとした人なので、私が演じたどの役よりも、複雑な役で、今までとはだいぶ違う役でした」としたうえで「他のキャストや(ジェイソン・ライトマン)監督のおかげで演じることができました」と撮影を振り返っていた。  イベントでは、SNSで寄せられた質問がヒューへ投げかけられる一幕もあった。これまでの特に印象的な日本での思い出を聞かれたヒューは「富士山を息子と一緒に登ったことは、一生忘れない思い出になりました」としみじみ。「朝日が昇るのを感動しながら見ていたのですが、当時12歳だった息子を見てみると、ぐっすりと眠り込んでいました」と続けて会場を沸かせた。  その後ヒューは「日本の皆さんの前で、私の舞台を、踊ったり歌ったりする舞台を、お見せしたいと思っています。もしかすると、今年中に実現するかもしれませんね」と発言。「そして、ぜひ来年はオリンピックにも来たいと思っています。私は出るわけじゃなくて、ただ見るだけですけどね(笑)」と、再来日する予定を明かしていた。  映画『フロントランナー』は2月1日より全国公開。

  • 映画『フロントランナー』日本記者クラブ記者会見に登壇したヒュー・ジャックマン

    ヒュー・ジャックマン来日、大統領候補役に「チャレンジしたかった」 最新作への思いを明かす

    映画

     俳優のヒュー・ジャックマンが、主演最新作『フロントランナー』のPRのため来日。21日に開催された日本記者クラブ記者会見に登壇し、「いろんな議論が生まれる作品だと思う。ぜひみんなに見てほしい」と笑顔を見せた。@@cutter 本作は、当選確実と言われていた大統領最有力候補が、一つのスキャンダル報道で政界から葬られた1988年の事件の真相に迫るサスペンス・ドラマ。ヒューは46歳の若さで最有力候補“フロントランナー”に躍り出た実在の政治家・ゲイリー・ハートを演じる。  監督はアカデミー監督賞や脚色賞にノミネートされたこともあるジェイソン・ライトマンが務めているが、ヒューは出演を決めた理由を「彼(ライトマン)が手掛けた『JUNO/ジュノ』や『マイレージ、マイライフ』が大好きで、彼と仕事をしたかった」と明かし、「彼の作品は複雑なキャラクターを描いてるし、いろんな考えを呼び起こしてくれるものが多い。非常に素晴らしい監督」と賛辞の言葉を贈った。  また、ヒューは本作のストーリーにも引き込まれたそうで、「大統領最有力候補とされていた人が政界から転落する3週間のストーリー。私が今までやった役とは全く違い、謎めいた頭のきれる人。私と違うのでチャレンジしたかった」と満面の笑み。  今作では、政治家とジャーナリズムの関係が描かれるが、ヒューは大学でジャーナリズムを専攻していたという。「もし俳優になっていなかったら、皆さんの席に私は座っていたかもしれないし、今でもジャーナリズムに興味があります。1987年の出来事は政治家とジャーナリズムの関係を変えてしまった、ターニングポイントになったと思う」と真摯とコメント。  続けて「この作品を見ると、いろんな疑問が生まれると思う。僕は答えを出していないところが気に入りました。今の世界中の政治制度について考えさせられるような作品になっている。どの人の視点から映画を見るかも非常に大事だと思うし、それを自由にさせてくれる作品」とアピールしていた。  会見には、コメンテーターとしても活躍する“パックン”ことパトリック・ハーランも登壇。ゲイリーの当時の人気や人望、この事件がいかに当時衝撃的であったかを解説した。  映画『フロントランナー』は2月1日より全国公開。

  • 『フロントランナー』メインカット

    ヒュー・ジャックマン来日決定! 『フロントランナー』第2弾予告公開

    映画

     俳優ヒュー・ジャックマンが、主演を務める米大統領選最有力候補の転落を描く映画『フロントランナー』のプロモーションのため来年1月中旬に来日することが決まった。併せて本作の第2弾予告も解禁された。@@cutter 本作は、1988年の米大統領選で史上最年少の最有力候補となった実在の政治家ゲイリー・ハートが、たったひとつの報道がきっかけで失脚するさまを描く、実話に基づいた作品。ヒューは今回の役を演じるにあたり、ゲイリーに関する膨大な資料を読み込み、本人とも対面したという。監督は映画『マイレージ、マイライフ』でアカデミー監督賞と脚本賞にノミネートされたジェイソン・ライトマンが務める。  1988年、米大統領選でコロラド州選出のゲイリー・ハート(ヒュー)は、史上最年少で最有力候補に躍り出る。知性とカリスマ性を兼ね備えたゲイリーは、ジョン・F・ケネディの再来として大衆に愛され、当選は確実視されていた。しかし、マイアミ・ヘラルド紙の記者がつかんだ“ある疑惑”が報じられると事態は一変。勝利を目前にしてゲイリーの築き上げた未来は崩れ去る―。  予告編第2弾は、若きカリスマ政治家ゲイリー・ハートが選挙キャンペーン中、一人の若い記者から質問を投げかけられる場面から始まる。「奥様に誠実ですか?」。それまでの空気は一変、ゲイリーは得も言われぬ表情をみせる。次期大統領にするため支え続けてきた選挙参謀ビル・ディクソンの忠告にも耳を貸さず激高するゲイリーの様子など、ヒューこん身の演技が映し出されている。  ライトマン監督は新しい領域に踏み出すヒューの挑戦について、「今まで聡明でカリスマ性のある人物を演じた経験はあるけれど、ゲイリー・ハートのように他人に心を開かず、容易に心の内を明かさずベールに包まれたような男を演じるのは見たことがないと思う」と語る。  ヒューの来日は、興収50億円以上を記録し新たなファンを獲得した『グレイテスト・ショーマン』のプロモーションに続き2年連続。自身初となるワールドツアー「The Man. The Music. The Show」の開催を先日発表したことでも話題を呼んでおり、ファンの歓迎が期待される。    映画『フロントランナー』は2019年2月1日より全国公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access