美人が婚活してみたら 関連記事

  • 『美人が婚活してみたら』初日舞台挨拶にて

    中村倫也が自虐「婚期が遅れる要素いっぱいある」 黒川芽以もツッコミ

    映画

     女優の黒川芽以、臼田あさ美、俳優の中村倫也、田中圭が23日、都内で開催された映画『美人が婚活してみたら』の初日舞台挨拶に出席。これから取り組みたい活動を聞かれた中村が「盆栽」と明かすも、黒川から「いよいよ未婚のままじゃない?」といじられる一幕があった。@@cutter 本作は、32歳の独身美女タカコ(黒川)が、親友で主婦のケイコ(臼田)に勧められ、婚活サイトに登録したことを機に巻き起こるドラマを描く。中村はオクテの商社マン・園木、田中はバツイチ歯科医の谷田部を演じた。この日は大九明子監督と、脚本を手掛けたじろう(シソンヌ)も登壇した。  黒川は美人役について「この映画って、婚活とか美人とか、そういうワードが前にグッとまず来ちゃうんですけど、実は一人の女性が、婚活を通して成長していくストーリーなんです。それが分かってからは、美人という設定に気にしすぎないようにできるかなと思って」とコメント。また、臼田演じる友人ケイコとのやり取りについて「普段は、女同士でいると私はツッコミ側なので、あさ美さんのケイコ側になることが多くて。逆にボケ担当をやることがちょっと難しかったですね」と振り返った。  当日は、タカコが婚活に励むことにちなみ、一同が取り組みたい「○○活」を明かす一幕もあった。黒川は「婚活したい」と言い「未婚なので頑張ります」と役柄通りの答え。臼田は「子どもがすくすく元気に育つように、子育てを頑張りたいので、育活頑張ります。育てます!」と宣言した。一方の中村は「僕も育活ですかね。盆栽やりたいんですよ」と告白。すると黒川に「いよいよ未婚のままじゃない?」といじられ、「自分でも最近思う。だから結婚できないんだなみたいな…婚期が遅れる要素、いっぱい持っています。家事もやっちゃうし(笑)」と自虐していた。  田中は「執筆活動ですかね」としたうえで「ゆくゆくは、脚本家になって…」と壮大な野望を語るも、女性陣から「目が笑ってる」とツッコミが。中村にも「こんなに心のこもってない、もうしんどいぞ、みたいな目(笑)」といじられた田中だったが「尊敬しているので。じろうさんもそうですけれども、やっぱりゼロからものごとを生み出せる人ってすごいと思うんですよ」と、作家への憧れの気持ちを明かしていた。

  • 映画『美人が婚活してみたら』場面写真

    中村倫也のバスローブ姿にドキッ!『美人が婚活してみたら』新規カット到着

    映画

     女優の黒川芽以が主演を務める映画『美人が婚活してみたら』より、黒川演じる主人公・タカコと中村倫也演じる“高学歴・非モテ系・婚活男”園木の初デートシーンの収録風景や、2人の現場インタビューを収めた映像が解禁。また、ホテルの部屋で緊張した様子の2人を写し出す場面写真も同時に公開された。@@cutter 本作は、漫画アプリ「Vコミ」で累計1000万PVを突破した、とあるアラ子による同名コミックを実写化。死にものぐるいの婚活にまい進する30代女性の心情を描く。キャストは黒川、中村のほか、タカコの親友ケイコ役を臼田あさ美、タカコが婚活バーで出会う“イケメン・バツイチ・歯科医”の矢田部役を田中圭が務める。監督は映画『勝手にふるえてろ』の大九明子。脚本をお笑いコンビ「シソンヌ」のじろうが担当する。  仕事にも容姿にも恵まれていた32歳のWEBデザイナー・タカコ(黒川)は20代の頃から、選ぶ男がなぜか既婚者ばかり。不倫ばかりの不毛な恋を重ねているうち30代に突入した彼女は、死ぬ気で婚活することを決意。自分を変えるため、そして安泰な人生をゲットするために、親友ケイコ(臼田)の勧めで婚活サイトに登録してみるのだが…。  公開されたメイキング映像では、駅前でのタカコと園木の初デートシーンで、2人の立ち位置などについて黒川も積極的に意見を出しながら大九監督と打ち合わせする様子が映し出されている。  インタビューで中村は、大九監督の演出について「芽以とも現場で話していたんですが、遊び心のある、女性らしい、かわいらしい演出ができる方。アイデアがあって、やっていて楽しい」と話し、自ら演じる園木という役どころも「変わっている奴なんですけど、どこか愛嬌があって、存分に大九さんのそういうところを出せるキャラクターなのかなと思います」としている。  場面写真では、ホテルの部屋でワインを前にベッドに腰掛ける2人や、バスローブ姿でどこか落ち着かない様子の園木の姿を捉えている。  映画『美人が婚活してみたら』は、3月23日より全国公開。

  • 『美人が婚活してみたら』場面写真

    中村倫也VS田中圭、選ぶならどっち?『美人が婚活してみたら』予告解禁

    映画

     女優の黒川芽以が主演を務め、死にものぐるいの婚活にまい進する30代女性の心情を描く映画『美人が婚活してみたら』より、予告編が解禁。予告編は、黒川扮するヒロインが、婚活相手を演じる中村倫也と田中圭の間で揺れ動く姿が描かれている。@@cutter 本作は、漫画アプリ「Vコミ」で累計1000万PVを突破した、とあるアラ子による同名コミックを、映画『勝手にふるえてろ』の大九明子監督で実写化。お笑いコンビ「シソンヌ」のじろうが脚本を担当する。キャストはヒロインを演じる黒川のほか、親友ケイコ役を臼田あさ美、タカコに一目惚れする“高学歴・非モテ系・婚活男”の園木役を中村、タカコが婚活バーで出会う“イケメン・バツイチ・歯科医”の矢田部役を田中が務める。  仕事にも容姿にも恵まれていた32歳のWEBデザイナー・タカコ(黒川)は20代の頃から、選ぶ男がなぜか既婚者ばかり。不倫ばかりの不毛な恋を重ねているうち30代に突入した彼女は、死ぬ気で婚活することを決意。自分を変えるため、そして安泰な人生をゲットするために、親友ケイコ(臼田)の勧めで婚活サイトに登録してみるのだが…。  予告編は、公園でひとりぼっちで過ごすタカコが、「美人が故に、不毛な不倫を繰り返し、気づけば32歳」というナレーションの後「死にたい…」とつぶやく場面からスタート。次いでタカコはケイコに「婚活する!」と宣言して婚活にまい進する中、園木と矢田部に出会う。「タカコさんにお会いできるだけで…うれしいです」と誠実に語る園木と、自信たっぷりにタカコに接してくる矢田部。正反対なタイプの2人の間で、タカコが葛藤する姿が描かれる。  その後、悩むタカコは、ケイコから「死にたい? 結婚したい? はあ? 美人なんだからそれでいいじゃん」と言われ、「美人だからって、幸せになれるとは限らないじゃん!」と言い返す。泣きながら1人で海辺を歩き、「私、くだらなくてごめんなさい」と心でつぶやくタカコ。最後に登場人物が印象的なセリフを語る姿が次々と映し出された後、「どうして、私こんなに独りなんだろう。」と書かれた言葉の下、メガネ姿で寝ているタカコがベッドからずり落ちる姿で映像は幕を閉じる。  映画『美人が婚活してみたら』は、2019年3月23日より全国公開。

  • 映画『美人が婚活してみたら』ポスタービジュアル

    黒川芽以のリアルな本音が刺さる『美人が婚活してみたら』ポスター&新カット公開

    映画

     女優の黒川芽以が主演で、死にものぐるいの婚活にまい進する30代女性の心情を描く映画『美人が婚活してみたら』より、ポスタービジュアルと新規場面写真が公開された。@@cutter 本作は、漫画アプリ「Vコミ」で累計1000万PVを突破した、とあるアラ子による同名コミックを、映画『勝手にふるえてろ』の大九明子監督で実写化。お笑いコンビ「シソンヌ」のじろうが脚本を担当する。キャストはヒロインを演じる黒川のほか、親友ケイコ役を臼田あさ美、タカコに一目惚れする“高学歴・非モテ系・婚活男”の園木役を中村倫也、タカコが婚活バーで出会う“イケメン・バツイチ・歯科医”の矢田部役を田中圭が務める。  仕事にも容姿にも恵まれていた32歳のWEBデザイナー・タカコ(黒川)は20代の頃から、選ぶ男がなぜか既婚者ばかり。不倫ばかりの不毛な恋を重ねているうち30代に突入した彼女は、死ぬ気で婚活することを決意。自分を変えるため、そして安泰な人生をゲットするために、親友ケイコ(臼田)の勧めで婚活サイトに登録してみるのだが…。  ポスターでは黒川をはじめ、臼田、中村、田中とメインキャストの4人が勢ぞろい。「どうして、私こんなに独りなんだろう」「思えばズブズブの不倫ばかりだったな」「私、選ぶ側じゃなくて、選ばれる側だったんだ」などの黒川演じる主人公タカコから発せられる本音と葛藤が入り混じった痛々しい言葉の矢が、タカコ自身に突き刺さっていくデザインとなっている。  新たに解禁された場面写真は4点。タカコが外で誰か待っている様子や、独り寂しげにポップコーンの袋を持って野外に座り込む姿、ケイコがスマホを見せるシーン、タカコと矢田部が並んで話す姿が写し出されている。  映画『美人が婚活してみたら』は2019年3月23日より全国公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access