クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

シャザム! 関連記事

  • DC映画でブラックアダムを演じるドウェイン・ジョンソン

    ドウェイン・ジョンソン主演、ブラックアダム単独DC映画は2021年12月全米公開

    映画

     映画『ジュマンジ』シリーズや『ランペイジ 巨獣大乱闘』などの俳優ドウェイン・ジョンソンがタイトルロールを演じるDC映画『Black Adam(原題)』。ドウェインがSNSを通じて初ポスターを公開し、全米公開予定日が現地時間2021年12月22日に決まったことを明かした。@@cutter 今年公開されたDC映画『シャザム!』の主人公シャザムの宿敵と知られるブラックアダム。魔術や超高速スピード、ヒーリングパワーなど、シャザムと同等の力を持つキャラクターで、この役を演じるのはドウェインの長年の夢だったという。  『シャザム!』のプロデューサーを務めるドウェインが主演を務め、ブラックアダムの単独映画が制作されることは2017年初めに発表されていたが、ようやくドウェイン扮するブラックアダムの初コンセプトアートが公開された。  がれきの中、黒いスーツをまとい、マントをひるがえして宙に浮くブラックアダムは、いかつい表情で目を光らせている。ドウェインは10歳の時にスーパーマンを知って憧れを抱くようになったが、自分は因習や権威に逆らうタイプでスーパーマンにはなれないと悟ったという。しかしそのスーパーヒーローになるという夢は、ブラックアダムという形で現実になったとコメント。  「ブラックアダムは、スーパーマンと同等の威力がある魔術に恵まれているが、違いはブラックアダムが規則や正しい行いにとらわれないことだ。反抗的で唯一無二のスーパーヒーロー。独自のやり方で人々のために正しいことをする」とドウェイン。「こんな役はこれまでのキャリアで演じたことがない。みんなと共に、この旅を歩めることを心から感謝する」と語っている。  監督を務めるのは、映画『トレイン・ミッション』のジャウマ・コレット=セラ。あらすじやほかのキャストなどは明かされていない。

  • 映画『シャザム!』場面写真

    『シャザム!』VFXシーンの裏側初公開 音叉に支えられ身振りだけで演技

    映画

     見た目は大人なのに、心は思春期の子どもというDCコミックスの型破りなヒーロー、シャザムの活躍をユーモアたっぷりに描いた映画『シャザム!』のブルーレイ&DVDが8月21日に発売される。このたびブルーレイ特典映像の中から、VFXシーンの裏側を映し出した映像の一部が解禁された。@@cutter@@insert1  DCユニバースを背景に展開しつつ、独特のユーモアとファミリー向けのトーンをもつヒーロー、シャザムを描く本作。シャザム役を、海外ドラマ『CHUCK/チャック』シリーズのザッカリー・リーヴァイ、シャザムに変身してしまう少年ビリー・バットソン役をアッシャー・エンジェルがそれぞれ演じる。メガホンを取ったのは映画『アナベル 死霊人形の誕生』のデヴィッド・F・サンドバーグ。  本作ブルーレイには、1時間半を超える豪華特典映像が収録。アクションシーンやVFXなどの撮影の舞台裏を描いたメイキングほか、未公開シーン集や、キャストやスタッフ陣のインタビュー映像などが満載の内容となっている。  このたび解禁されたのは、特典映像の一部で最先端VFXシーンの裏側を捉えた映像。七つの大罪の魔物の登場シーンでは、スタントがスーツを着て演技し、デジタルダブル技法で編集が行なわれ、つかむ動作などをデジタルに置き換えていることがわかる。  シャザムが敵の身体を通り抜けた後、相手が反撃に出るシーンでは、音叉(おんさ)に支えられたザッカリーが、身振りだけで演じている姿が映されている。動作はすべてスタントが操っており、動作や顔の表情を捉えてCGで作った魔物と合成させている過程を垣間見ることができる。  映画『シャザム!』ブルーレイ&DVDは8月21日発売、デジタルは先行配信中。

  • 『キングダム』は公開中

    人気マンガ実写化に大ヒットシリーズ完結編も! GWに劇場で観たい映画

    映画

     10連休となる今年のゴールデンウィーク。お盆やお正月以上の大型連休となるが、時間があるGWこそ、映画館の大スクリーンで物語の世界にどっぷり浸かって映画を楽しんでみてはいかがだろうか? 今回はGWにオススメしたい映画をジャンル別にご紹介しよう。@@cutter■ 人気マンガ・アニメ・ゲーム原作が続々! 実写映画  今や邦画にとって、1ジャンルを築いているともいえるマンガ・アニメ・ゲーム原作の映画。GWに観るならば、公開中の山崎賢人主演作『キングダム』は外せない。原泰久のベストセラーコミックを、壮大なスケールで実写化した本作は、山崎のほか、吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈、本郷奏多と旬な俳優がズラリと顔をそろえ、大きな話題を呼んでいる。  GW真っ只中の5月3日からは、大ヒットコミックを原作とし、女優の浜辺美波が主演する同名テレビドラマの劇場版『映画 賭ケグルイ』、人気ゲーム「ポケットモンスター」シリーズをハリウッドで実写化した『名探偵ピカチュウ』も公開される。 ■ コナン、クレヨンしんちゃん…おなじみのシリーズがそろうアニメ映画  GWといえば、欠かせないのが親子で楽しめるアニメ映画。もはや、GWの顔ともいえるコナンとしんちゃんは今年も大盛況。最新作『名探偵コナン紺青の拳(フィスト)』と『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』は文句なしの面白さ。また今年は『河童のクゥと夏休み』(2007)や『百日紅~Miss HOKUSAI~』(2015)で知られる原恵一監督の最新作『バースデー・ワンダーランド』も公開中だ。  さらに29年ぶりに復活した「東映まんがまつり」も開催中。爆笑問題の太田光がゲスト声優として参加した『映画 おしりたんてい カレーなる じけん』、テレビ東京系で放送中のアニメの映画化『映画 爆釣バーハンター 謎のバーコードトライアングル! 爆釣れ!神海魚ポセイドン』、小学生女子から根強い人気のある『うちの3姉妹』の映画化『えいが うちの3姉妹』、ダンボール工作が動く不思議なアニメーション『りさいくるずー』の4本立てになっている。@@separator■ 『アベンジャーズ』最終章&見た目は大人、中身は子どもの異色ヒーローも  アイアンマン、キャプテン・アメリカ、マイティ・ソーなどのマーベル・コミックのヒーローたちが共演し、これまで数々の記録を打ち立ててきたメガヒットシリーズ「アベンジャーズ」最新作にして最終章『アベンジャーズ/エンドゲーム』が、ついに公開された。最強の敵サノスの前に屈した前作『インフィニティ・ウォー 』のその後が描かれ、シリーズ完結編とされている。  一方、DCコミックスからは、見た目は大人だが中身は子どもという異色ヒーロー「シャザム」を映画化した『シャザム!』も公開中だ。 ■ 岸井ゆきの主演作、3つの戦隊が入り乱れる特撮シリーズも!  そのほかにも見逃せない作品が多数ある。息が詰まりそうな潜水艦の中でのドラマをノンストップで描いた『ハンターキラー 潜航せよ』は、現在公開中。ジェラルド・バトラーとゲイリー・オールドマンの熱演が観るものをその世界にどっぷりと引き込む。  また、同じく公開中の『愛がなんだ』は角田光代による同名恋愛小説を、岸井ゆきのと成田凌で映画化した作品。苦しいほどの片思いをどこかおかしく描く。切ない恋、片思いをしている女子必見の映画だ。5月3日公開の『ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー』は新旧のスーパー戦隊が共闘する「VSシリーズ」の25作目となる作品。今回は、3つの戦隊が入り乱れ、戦いの幕が開く。戦隊シリーズ好きにはたまらない一作といえよう。  大スクリーンで鑑賞するからこそ、映画は楽しい。このGWにお気に入りの一本を見つけ、新作映画を楽しんでみてはいかがだろうか。(文:嶋田真己)

  • 菅田将暉、『シャザム!』吹替版完成披露試写会に出席

    菅田将暉、将来の夢は『3年A組』の美術教師ならぬ“数学教師”だった

    映画

     俳優の菅田将暉が16日、都内で行われたDC映画『シャザム!』の日本語吹き替え版完成披露試写会に、共演声優の緒方恵美、阪口大助、平野綾と出席した。@@cutter 「子供の頃になりたかった職業」or「大人になってやりたかったこと」を聞かれた菅田は、共演陣が「ビールを飲む」(平野)、「某アニメの某ロボットのパイロット」(坂口)、「数学教師」(緒方)とそれぞれが答える中で「え!?一緒!僕も数学教師!」と緒方の子供時代の夢に反応。すると緒方から「先生になったじゃないですか、美術だけど」と、日本テレビ系連続ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』で演じた美術教師の話題を振られ、照れていた。  また子供時代に大人になってやってみたかったことについて「おもちゃ屋さんでおもちゃをいっぱい買う。携帯のアプリとか、たくさん課金する」と無邪気な菅田。吹き替えを担当した“見た目は大人、中身は子供”のヒーロー=シャザムぶりについて緒方から「まんま。近い」と太鼓判を押されると「よく言われるけれど…そんなことありますぅ?」と首をかしげていた。  スーパーマンにも負けない怪力を持つヒーロー、シャザム(ザッカリー・リーヴァイ)となった悪ガキのバットソン(アッシャー・エンジェル)が、最凶激ヤバの敵とバトルを繰り広げる。日本語吹き替え版監修と演出を『銀魂』『今日から俺は!!』で知られる福田雄一監督が手掛けた。盟友・福田監督による演出に菅田は「福田さんのワードセンスとギャグが本国版よりもわかりやすくなって笑えるし、感動もできる。そこが吹替版のいい点」と胸を張っていた。  DC映画『シャザム!』は4月19日より全国公開。

  • 映画『シャザム!』日本語吹き替え版キャスト

    『シャザム!』遠藤綾&櫻井孝宏&小野大輔、第3弾吹き替えキャスト発表

    映画

     俳優の菅田将暉が主人公の声優を務めるDC映画最新作『シャザム!』より、吹き替え声優として遠藤綾、櫻井孝宏、小野大輔の3人の参加が発表された。@@cutter 本作は、子どもでありながら、見た目は大人のスーパーヒーローに変身してしまう少年を主人公にしたDC最新作。4月5日に全米4217劇場で公開されると、オープニング3日間で全米興行収入5675万ドル(約63億円)を記録し、全米初登場1位のスタートを切っている。  日本語吹き替え版では、映画監督の福田雄一が日本語吹き替え監修と演出を担当。すでに菅田が主人公シャザムの声を務めること、福田組常連の佐藤も参加することが発表されている。さらに、子安武人、杉田智和、緒方恵美、阪口大助、平野綾といった豪華声優陣が集結する。  このたび、第3弾キャストとして、アニメ『妖怪ウォッチ』のコマさんやコマじろうを演じる遠藤綾、『コードギアス』シリーズの枢木スザクや『物語』シリーズの忍野メメを演じる櫻井孝宏、『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの空条承太郎や『進撃の巨人』のエルヴィン・スミスを演じる小野大輔の参戦が発表された。3人の役どころは、本編のネタバレに繋がるとのことで、明らかにされていない。  映画『シャザム!』は4月19日より全国公開。

  • 『シャザム!』の続編企画が進行中か(※『シャザム!』場面写真)

    『シャザム!』すでに続編企画が進行中か 1作目の脚本家が続投

    映画

     日本では今月19日に公開予定の最新DCヒーロー映画『シャザム!』。本国アメリカでは現地時間5日に公開されて初週末の北米興行収入で1位に輝いたが、すでに続編企画が動いているようだ。1作目の脚本を執筆したヘンリー・ゲイデンが、再起用されたという。@@cutter The Wrapによると、デヴィッド・F・サンドバーグ監督と製作のピーター・サフラン氏も続投することが見込まれるとのことだ。  公開された初週末に北米興行収入約5350万ドル(約59億3850万円)を達成した『シャザム!』。謎の魔術師から“選ばれし者”としてスーパーパワーを授かった14歳の少年ビリーは、「シャザム!」と唱えるとゴールドの稲妻が目印の赤いボディスーツを着たスーパーヒーローに変身するようになる。最初はスーパーパワーと大人の外見を利用して悪ふざけをしていたが、Dr.シヴァナという強力な敵が現れ、スーパーパワーを狙われることに…。  見かけは大人、中身は子供の異色スーパーヒーローの活躍をコメディタッチに描き、映画批評サイトのRotten Tomatoesなどで90%以上の高評価を得ている。  海外ドラマのスパイコメディ『CHUCK/チャック』の俳優ザッカリー・リーヴァイがシャザムを演じ、Dr.シヴァナ役を映画『キングスマン』シリーズの俳優マーク・ストロングが務める。続編が制作される場合、シャザム役のザッカリーが再び赤いボディスーツを身に着けることが期待される。

  • 映画『シャザム!』日本語吹き替え版キャスト

    『シャザム!』子安武人&杉田智和&平野綾ら豪華声優陣発表 吹き替え予告解禁

    映画

     俳優の菅田将暉が主人公の声優を務めるDC映画最新作『シャザム!』より、新たに子安武人、杉田智和、緒方恵美、阪口大助、平野綾の豪華声優陣の参加が発表された。併せて佐藤二朗がナレーションを務める30秒吹き替え版予告と15秒CMも解禁された。@@cutter 主人公ビリー・バッドソン(アッシャー・エンジェル)はある日、謎の魔術師からスーパーパワーをゲットし、見た目は筋肉ムキムキのおじさん、中身は子どものままのシャザム(ザッカリー・リーヴァイ)に変身。悪ガキ仲間のフレディ(ジャック・ディラン・グレイザー)と一緒に、スーパーパワーを無駄遣いしまくる。そんなビリーの前に、謎の科学者Dr.シヴァナが現れ魔法の力が狙われることに。さらに、“7つの大罪”と称するクリーチャーたちが召喚され、相棒のフレディもさらわれてしまう。  本作では、映画監督の福田雄一が日本語吹き替え監修と演出を担当。すでに菅田が主人公シャザムの声を務めること、福田組常連の佐藤も参加することが発表されている。福田監督は映画の鑑賞後に日本語吹き替え版のキャストを考え始め、メインキャストを誰にするか悩みつつも「割と直感で決めた」と明かしている。  シャザムたちに立ちはだかる最強の敵、Dr.シヴァナ役には、アニメ『ジョジョの奇妙な冒険』でDIOの声を担当した子安、少年ビリーにシャザムの力を与える魔術師シャザム役を、アニメ版『銀魂』の坂田銀時役で知られる杉田が務める。  主人公ビリーの声を担当するのは、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の碇シンジの声で知られる緒方。アニメ『機動戦士Vガンダム』のウッソ・エヴィンの声を担当した阪口は、ビリーの相棒フレディ役に。阪口はアニメ版『銀魂』で志村新八役を務めており、同役を福田監督による実写映画で演じた菅田と、今回声で共演する。そして、ビリーとフレディに関わっていくメアリー役を、アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』で涼宮ハルヒを担当した平野が務める。  公開された2種類の映像は、佐藤の個性的な語り口が笑いを誘うものとなっており、菅田演じるシャザムの声も初披露されている。  映画『シャザム!』は4月19日より全国公開。

  • 映画『シャザム!』“爆笑”緊急会見風!? イベントにて

    『シャザム!』菅田将暉が主人公・シャザムの吹き替えに決定

    映画

     俳優の菅田将暉が、DC映画最新作『シャザム!』で主人公・シャザムの吹き替えを担当することが決定。26日に都内で行われたイベントで発表された。@@cutter 本作の日本語吹き替え監修と演出を担当するのは、アメコミファンとして知られる映画監督の福田雄一。イベントには福田監督と、本作で声優を務める俳優の佐藤二朗が登壇した。福田監督が、菅田を起用した理由のほか、佐藤が担当する役について「めっちゃチョイ役なんですけど、絶対に二朗さんにやってほしい役なんですよ」と語ると佐藤が「僕にお願いしたい理由がわかる」と応じるなど、さまざまなトークを繰り広げた。  イベントでは、菅田のビデオメッセージも流された。菅田は「『なんかえらいドでかい仕事来たな!』という事ですごいびっくりしました。自分がヒーローの声を出来るんだ、というのはすごい高揚しました」とオファーを受けた時の心境をコメント。  そして、アフレコを振り返り「本当に贅沢でしたね。楽しかったです。やっぱり、ヒーローは気持ちいいですね。映像の規模感もなんですけど、手からビーム出たりして。内容的にもすごく少年の日常感がある中でのヒーローだから、現実味もあって、ワクワクしながらずっとやっていました。そして福田さんの趣味がバリバリに出てる声優陣が本当に豪華で非常に楽しい収録でした」と充実感をにじませた。  福田監督は、菅田を起用した理由について「菅田くんと付き合ってきた中で、シャザムと菅田くんのイメージがあまりにも近いんですよ。普段の菅田くん、こんな感じっていう」と明かし、「僕の思っていた通り。アフレコを始めてからも『完全に菅田くんだった』というくらい、本当に素に近い感じでやってもらったらガチハマりだった」とその出来映えに太鼓判を押していた。  映画『シャザム!』は4月19日より全国公開。

  • 映画『シャザム!』メイキングカット

    ホラー畑出身の『シャザム!』監督、新たな挑戦は「夢のようだった」

    映画

     アメコミ史上初となる、“ダサかわ”ヒーローの活躍を描くDC映画最新作『シャザム!』。メガホンを取るは、長編デビュー作『ライト/オフ』、2作目『アナベル 死霊人形の誕生』を立て続けにヒットさせたスウェーデン出身のデヴィッド・F・サンドバーグ監督だ。ホラーからスーパーヒーロー映画へ――。キャリアの新たな1ページを築いた監督に、ビッグバジェット作品を手掛けた感想や、製作の背景を聞いた。@@cutter ある日突然スーパーパワーをゲットし、見た目はオトナ、中身はコドモのシャザムに変身できるようになった主人公ビリーの活躍をユーモラスに描く本作。  もともとアメコミやヒーロー映画が好きだというデヴィッド監督は、本作のオファーを受けたときのことを、「ホラー映画しか手掛けていなかった自分のところにこのような企画が来るなんて、夢のようだった」と振り返る。製作はストーリーをイチから作るところから始まり、「スタジオと脚本家と週1ペースでストーリー打ちみたいなのを繰り返していく作業はとても楽しかった。コラボレーションもすごく密だったしね」と新たな挑戦の感想を明かす。 @@insert1  前作の『アナベル 死霊人形の誕生』に比べると、予算も作品の規模も格段にアップしたが、一番の大きな違いを尋ねると「VFX」と即答。「以前の作品であれば、最悪自分でできる範囲のものだったけど、今回はさらに大規模で、学ぶ必要もあったし、自由もあった。自分がいいと思ったVFXショットをほかの人が形にしてくれるわけだからね。それが一番の挑戦だったんだ」と語る。続けて、「観ていて本当に凄い! と思うカットほど、実際の制作状況は淡々としていて、いかに面白みがないものかということを学んだよ」と監督。飛行シーンでは役者を複雑なリングにはめて、何度も飛行の練習を重ね、毎日少しずつ撮影するという作業を行ったそう。「こうした作業のおかげで素晴らしいショットが生まれるんだけどね」と語った。  長編デビュー作『ライト/オフ』では、シンプルな設定とショッカー描写でホラーファンを魅了しつつ、精神を病んだ母親を取り巻く家族のドラマも丁寧に描いた。シリーズものの監督を任された『アナベル 死霊人形の誕生』では、精度の高いクラシックな恐怖描写を連発し、その能力の高さでファンをうならせた。これらの経験と姿勢は、全くテイストの異なる本作へとどうつながったのか。@@separator 「前2作はホラーでありながら、実はユーモアを忍ばせていて、そこで培ったものを本作で大きく使うことができたのはすごく楽しかった。ホラーとコメディはちょっと似ている部分があり、それは『間』とか『タイミング』がばっちりでないと、笑いも恐怖も味あわせることはできないというところ。また、観客が劇場で叫んだり笑ったり、すぐに反応が見られるところも、ジャンルとして気に入っているよ」と話す。本作でも、冒頭や悪役のシーンにホラー描写が登場するが、「血とかゴアとかは扱えないけど、少しだけホラー要素を取り入れることができたんだ」とうれしそうに口にする。さらにデヴィッド監督は、「『シャザム!』では軽妙になりすぎず、ちゃんとドラマも描きたかった」と熱を込める。「だってこれはビリーが母親を探すという物語でもあるし、胸にジーンとくるようなシーンもいくつか入っているからね。だから本作は伝統的なドラマの作り方に近いんだ」。 @@insert2  デヴィッド監督のキャリアは、前2作で製作を手掛けたホラー界のヒットメーカー、ジェームズ・ワンと重なる部分が多い。ジェームズは『ライト/オフ』の短編バージョンを観てデヴィッド監督を見出したが、マレーシア出身の彼自身もホラーの短編作品からヒットシリーズ『ソウ』を生み出した。そして徐々に大作を手掛けていき、今年日本で公開されたDC映画『アクアマン』で世界興収10億ドル越えの大ヒットを記録している。デヴィッド監督は「彼は僕より10年前にキャリアをスタートさせていて、彼の道のりは僕に大きな影響を与えているよ」とし、「彼が僕の『ライト/オフ』をプロデュースしたいと言ってくれた時はすごく光栄だったし、これからも大きなインスピレーションを受けるだろうね」と話す。  最後にこれから撮りたい作品について聞くと、「大好きなホラーはもちろん、アクションなどいろんなジャンルをやってみたいけど、唯一ジェームズと違うのは、車の映画(『ワイルド・スピード SKY MISSION』のこと)は作りたくないんだよね、特に好きじゃないから(笑)」と冗談を飛ばした。確かな実力で大きなキャリアアップに成功したデヴィッド監督が、これからどんなヒット作を生み出すのか。まずは『シャザム!』を観て、その手腕を堪能したい。(取材・文:川辺想子)  映画『シャザム!』は4月19日より全国公開。

  • 映画『シャザム!』場面写真

    『銀魂』福田雄一、『シャザム!』吹き替え監修&演出を担当 90秒の解説映像も公開

    映画

     映画監督の福田雄一が、DC映画最新作『シャザム!』の日本語吹き替え監修と演出を担当することが決定。併せて声優の杉田智和がナレーションを務める90秒の特別映像も公開された。福田監督は「猛烈なアメコミファンで、アメリカンギャグコメディが大好物! なところに! ワーナーさんから、こんなお話頂いたらやらないわけにはいきません!」と喜びのコメントを寄せている。@@cutter アメコミ史上初となる“悪ガキ”ヒーローをユーモラスに描く本作。主人公のビリー・バッドソン(アッシャー・エンジェル)はある日、謎の魔術師からスーパーパワーをゲットし、見た目は筋肉ムキムキのおじさん、中身は子どものままのシャザム(ザッカリー・リーヴァイ)に変身。悪ガキ仲間のフレディ(ジャック・ディラン・グレイザー)と一緒に、スーパーパワーを無駄遣いしまくる。そんなビリーの前に、謎の科学者Dr.シヴァナが現れ魔法の力が狙われることに。さらに、“7つの大罪”と称するクリーチャーたちが召喚され、相棒のフレディもさらわれてしまう。  洋画の日本語吹き替えの監修・演出の両方を日本の映画監督が担当するのは今回が初の試みとなる。実写映画『銀魂』シリーズやテレビドラマ『今日から俺は!!』など、独自のコメディセンスで幅広く活躍する福田監督は「弱い者が強く変身して活躍するという王道がたまらない! しかも今回、子供ですからね! 子供! その変身の振れ幅がガチ大きいわけです!」と今作の魅力を語る。  配給のワーナー・ブラザース映画は、福田監督の起用について「福田監督からは、声優陣のアイデアを頂き、吹替版“アベンジャーズ”?! 的に史上最大級に豪華なキャストを揃えることができました。吹替版をご覧になって『くだらねぇ~』って言って頂くことが最高の褒め言葉かと思っております(笑)」と自信を見せている。  特別映像は、コミカルなシャザムの映像と、「GW必見の悪ノリコメディ、シャザムを90秒でご紹介!」という杉田のナレーションからスタート。身よりがなく新しい家族と暮らし始めたビリーが、シャザムに変身を遂げ、仲間のフレディとスーパーパワーを遊び半分にテストしてみる様子を映した後、杉田の「ヤバい!時間がなくなってきた!」というナレーションに続き、Dr.シヴァナとのバトルシーンほか迫力満載の映像が展開する。  最後には、ザッカリー、アッシャー、ジャックの3人のキャストが登場し、日本に向けてコメント。ジャックが「“見た目はオトナ、中身はコドモ”がこの映画の魅力!」と語ると、アッシャーが「日本には有名なキャラクターがいるって聞いたよ。“見た目がコドモで中身がオトナの…”」と続ける。そして、ザッカリーが「その通り!『シャザム!』は『名探偵コナン』の逆、だから『逆コナン』ってあだ名が付いているんだ」と語り、日本の人気アニメシリーズを引き合いに出して本作を和気あいあいと宣伝している。  映画『シャザム!』は4月19日より全国公開。

  • 映画『シャザム!』場面写真

    『シャザム!』悪役の名手マーク・ストロングと対峙する場面写真初公開

    映画

     DC映画最新作『シャザム!』より、悪役の名手マーク・ストロング演じる謎の科学者Dr.シヴァナが主人公シャザムと対峙する姿などを捉えた場面写真が解禁された。@@cutter DCユニバースを背景に展開しつつ、独特のユーモアとファミリー向けのトーンを持つヒーロー、シャザム(ザッカリー・リーヴァイ)を描く本作。  主人公の少年ビリーはある日、魔術師から世界の救世主に選ばれ、「シャザム!」と叫ぶと、スーパーマンをしのぐほどの絶対的強さを秘めたスーパーヒーロー「シャザム」に変身できるようになる。しかし、身体はスーパーヒーローでも心は少年のまま。最初は楽しんでいたビリーだが、彼にはある使命が課せられていた…。  スーパーパワーを授かったビリーと、悪ガキ仲間でヒーローオタクのフレディの前に登場するのが、いまだ謎に包まれているがシャザムの宿敵にして強力なヴィラン(悪役)、科学者Dr.シヴァナだ。演じるのは映画『キングスマン』シリーズの教官兼メカ担当のマーリン役で知られるマーク・ストロング。マークは2011年の映画『グリーン・ランタン』でヴィランのシネストロ役を演じており、DC映画への出演は本作で2度目となる。また、『キック・アス』(2010年)ではマフィアのボス役を好演し、イギリス人俳優が演じる悪役をテーマにしたジャガーのCMにも出演するなど、ヴィラン役に定評がある俳優でもある。  解禁された場面写真には、スキンヘッドにサングラス、レザーコートと悪そうな雰囲気満載のDr.シヴァナが登場。対するシャザムはトボけた表情でシヴァナを指さし、まだ身の危険を感じていない様子。ほかにも、打って変わって真剣な表情で向かい合うシャザムとDr.シヴァナの姿や、フレディのヒーローグッズだらけの部屋でのワンシーンを捉えた場面写真も公開された。  マークはヒーロー映画におけるヴィランの役割について「スーパーヒーローには同様に強力なヴィランが必要で、そうでないと上手くいかないものだ。(アイザック・)ニュートンの言葉を借りると、どんな行動にも必ずそれと等しい反対の反応があるということだよ」と話し、「クリスチャン・ベールのバットマンにヒース・レジャーのジョーカーを思い浮かべるように、ヒーローに匹敵するヴィランが対峙しなければならないものなんだ」と指摘する。「本作ではヴィランの背景も描かれる」と明かしており、“悪役のプロ”であるマークの名演に期待したい。  映画『シャザム!』は4月19日より全国公開。

  • 『シャザム!』ポスタービジュアル

    『シャザム!』スーパーパワーをムダ使い!? 悪ノリ全開の新予告到着

    映画

     DC映画最新作『シャザム!【仮!】』の正式タイトルが『シャザム!』に決定し、併せて60秒の新予告編が解禁された。予告映像には、見た目は大人で中身は子どものヒーロー、シャザムの活躍がユーモアたっぷりに描かれている。@@cutter DCユニバースを背景に展開しつつ、独特のユーモアとファミリー向けのトーンをもつヒーロー、シャザムを描く本作。シャザム役を、海外ドラマ『CHUCK/チャック』シリーズのザッカリー・リーヴァイ、シャザムに変身してしまう少年ビリー・バットソン役をアッシャー・エンジェルがそれぞれ演じる。監督は映画『アナベル 死霊人形の誕生』のデヴィッド・F・サンドバーグが務める。  主人公の少年ビリーは、ある日、魔術師から世界の救世主に選ばれてしまい、ある言葉を叫ぶと、大人のスーパーヒーローに変身できるようになる。その言葉こそが「シャザム!」。その言葉を唱えれば、あのスーパーマンを凌ぐほどの絶対的強さを秘めたスーパーヒーロー「シャザム」に変身できるのだ。しかし、身体はスーパーヒーローでも、心は少年のまま。最初は楽しんでいたビリーだが、彼にはある使命が課せられていた…。  新予告編は、孤児院で育ったビリーが新しい家族と出会う場面からスタート。ビリーは謎の魔術師に言われるまま「シャザム!」と唱え、見た目は筋肉ムキムキのおじさん、中身は子どものままのシャザムに変身。稲妻パワーをスマートフォンの充電に使ったり、怪力を試したり、強盗を撃退したり、パワーを使ってやりたい放題のシャザム。そのほか「僕、スーパーヒーローです」と街の人にアピールする場面や、ヒーローにもかかわらず空を飛べないダサい姿も映し出されている。さらに、映像内に登場する文字『シャザム!(仮)』の(仮)が、爆発して無くなる演出も加えられている。  予告編と併せて解禁されたポスタービジュアルは、シャザムが口からガムをふくらませながら、スマートフォンを手に寄りかかるように立っている姿を捉えたもの。横に大きく書かれた「見た目はオトナ 中身はコドモ」のヒーローらしく、ギャップのあるルックスが笑いを誘うビジュアルとなっている。  映画『シャザム!』は4月19日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access