クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

X-MEN:ダーク・フェニックス 関連記事

  • 映画『X‐MEN:ダーク・フェニックス』場面写真

    『X‐MEN:ダーク・フェニックス』若き司令塔ミスティーク キャラポス独占解禁

    映画

     世界を危機に陥れる強大な敵とミュータントたちの時空を超える壮絶な戦いを描き、全世界累計興収が28億ドル超える人気シリーズの最新作『X‐MEN:ダーク・フェニックス』より、ジェニファー・ローレンスが演じるX-MENの若き司令塔、ミスティークのキャラクターポスターが解禁となった。@@cutter シリーズ7作目となる本作は、サイコキネシスとテレパシーの特殊能力を持つX‐MENのメンバーで、多重人格者でもあるジーン・グレイ(ソフィー・ターナー)が主人公。ジーンが巨大な脅威・アポカリプスへの壊滅的な打撃を与え、人類を救った戦いから10年。宇宙ミッションでの事故によってジーンのダークサイドが増殖し、内に封じ込められていたもう一つの人格、ダーク・フェニックスを解き放ってしまう。全宇宙の破滅を止めるため、X‐MENがジーンの“悪”に立ち向かう。  ジェニファー・ローレンスが演じるミスティークはX‐MENの立ち上げメンバーであり、あらゆる人物に姿を変えることができる変身能力を持つミュータント。面倒見が良く正義感の強い性格で、ミッションでは常に陣頭指揮をとる頼りになる女性だ。能力に自信のないジーンのことも常に気にかけており、宇宙ミッションで謎の光線を浴びた彼女を誰よりも心配している。  解禁されたポスターでは、彼女の真の姿であるブルーの肌をあらわにし、伏し目がちにうつむくミスティークの悩める姿が鮮烈にとらえられている。「すべてが、終わる」と添えられたコピーが、ミスティークに待ち受けている壮大な運命を予感させる。  2011年公開の『X‐MEN:ファースト・ジェネレーション』からミスティークを演じるのは、現在28歳の若きスター、ジェニファー・ローレンス。映画『ウィンターズ・ボーン』(2010)でアカデミー主演女優賞にノミネートされたことで一気にトップ女優の座に上りつめ、さらにデヴィッド・O・ラッセル監督と組んだ『世界にひとつのプレイブック』(2012)でアカデミー主演女優賞を受賞。同監督との『アメリカン・ハッスル』(2013)では同助演女優賞、『ジョイ』(2015/日本劇場未公開)では同主演女優賞にノミネートされるなど、目覚ましい活躍を続けている。  映画『X‐MEN:ダーク・フェニックス』は6月21日より全国公開。

  • 『X‐MEN:ダーク・フェニックス』場面写真

    ジェームズ・マカヴォイ&ジェシカ・チャステイン、『X‐MEN』で3度目共演も不満!?

    映画

     世界を危機に陥れる強大な敵とミュータントたちの時空を超える壮絶な戦いを描く人気シリーズ『X‐MEN』の最新作『X‐MEN:ダーク・フェニックス』より、俳優のジェームズ・マカヴォイが女優のジェシカ・チャステインとの3度目の共演について語った。@@cutter シリーズ7作目となる本作は、サイコキネシスとテレパシーの特殊能力を持つX‐MENのメンバーで、多重人格者でもあるジーン・グレイ(ソフィー・ターナー)が主人公。宇宙ミッションでの事故によってジーンのダークサイドが増殖し、内に封じ込められていたもう一つの人格“ダーク・フェニックス”が解放されてしまう。X‐MENは全宇宙の破滅を止めるべく、ジーンの“悪”に立ち向かう。  ジェシカは本作初出演にして、ヴィラン役の謎の女に扮する。突如手にした制御不能のパワーに戸惑うジーンに対し、自分たちと手を組むようにささやく、ミステリアスな役どころだ。  アメコミ映画初登場となる彼女は、自身のインスタグラムで出演決定を告知したのみならず、X‐MENを率いるプロフェッサーX役のジェームズの頬を笑顔でつねるツーショット写真を2017年8月に投稿。相性抜群の2人だが、映画『ラブストーリーズ コナーの涙』(2013)、『ラブストーリーズ エリナーの愛情』(2013)で夫婦役を演じたほか、本作に続けて、2019年9月6日(現地時間)より全米公開予定のホラー映画『IT:Chapter 2(原題)』で4度目の共演を果たす。ジェシカは「ジェームズとは3本の映画で共演しているから、良い友達よ」と、お互いの関係についてコメントしている。  ジェームズは数年ぶりの共演について、「残念ながら、一緒のシーンは一つだけだったと思う。実際、彼女のキャラクターと2、3のシーンで一緒だったが、彼女はいつもそこにいたわけではなかった。時には特殊効果が使われた。彼女は出演を引き受けた理由の一つとして、僕とまた一緒にぶらぶらしたり、共演することを楽しみにしているからだと言っていたが、ほとんど出会うことはなかったんだ! 2人とも、全てのことについてちょっと腹を立てたことを覚えている」と、共演シーンの少なさに不満を吐露。  しかし続けて、ジェームズは「彼女はすばらしい役者であり、とてもまじめな役者としての評判があるのと同じように――彼女は確かにすばらしい演技を見せるが――撮影のセットではとても面白いんだ。彼女はみごとに演じながらも楽しんでいるから、僕はとても喜んでいる」と、短い時間の中でも共演を楽しんだことを明かしている。  固い絆で結ばれたX‐MENのメンバーたちの中に飛び込んだジェシカは、マカヴォイの証言によると「この映画は出演者の多いビッグ・ファミリーで、僕たちは付き合いも長いし、とても仲が良い。そういうグループの仲間にすんなり入るとはいかないかもしれないが、彼女はクルーの一員になった」という。知的な演技派女優として知られるジェシカが、初めてのヴィランをどう演じるのか、期待が高まる。  映画『X‐MEN:ダーク・フェニックス』は6月21日より全国公開。

  • 『X‐MEN:ダーク・フェニックス』ビジュアル

    ジーンのダークサイドが覚醒『X‐MEN:ダーク・フェニックス』迫力の最新予告公開

    映画

     世界を危機に陥れる強大な敵とミュータントたちの時空を超える壮絶な戦いを描き、全世界累計興収が28億ドル超える人気シリーズの最新作『X‐MEN:ダーク・フェニックス』から、迫力満点の本予告<最後のX‐MEN編>が公開された。@@cutter シリーズ7作目となる本作は、サイコキネシスとテレパシーの特殊能力を持つX‐MENのメンバーで、多重人格者でもあるジーン・グレイ(ソフィー・ターナー)が主人公。最新予告<最後のX‐MEN編>では、ジーンが宇宙ミッションの事故により受けた謎の光線により、内に封じ込められていたもう一つの人格=ダーク・フェニックスが覚醒し、マーベル史上最強最悪のダークヒーローとなり暴走を始める迫力の映像が展開する。  予告映像は、X‐MENのチームがNASAの宇宙船乗組員を救助する任務に向かう場面からスタート。急上昇した熱放射が襲いかかるなか、乗組員は無事救助され、ミスティーク(ジェニファー・ローレンス)が退避を指示するが、ジーンだけが宇宙空間に取り残されてしまう。その瞬間、大爆発が起こり、ジーンは謎の光線を浴びてしまう。  無事に地球に帰還したかに見えた彼女だが、謎の光線によりダークサイドが増幅し、内に秘められていた悪=ダーク・フェニックスが覚醒。制御不能の強大なパワーに戸惑うジーンに、謎の女(ジェシカ・チャスティン)が「あなたのパワーはすべてを破壊する。X‐MENは恐れるあまり、あなたを破壊する」と吹き込み、仲間たちのことを信じられなくなったジーンはダーク・フェニックスとなって暴走を加速させていく。  さらに映像には、圧倒的なパワーで仲間たちを傷つけていくジーンに、マグニートー(マイケル・ファスベンダー)が「彼女を倒す」と言い放つ一方、「まだ助けられる」と彼女を気遣うサイクロップス(タイ・シェリダン)、「すでに別人だ」と見限るビースト(ニコラス・ホルト)など、さまざまな思いが交錯し、X‐MENのチームワークに大きな亀裂が走る様子が収められている。  本国公式ツイッターや米映画サイトでは、ジーンが宇宙空間で取り込んだ驚異的なパワーが、先日撮影に成功したブラックホールのようだと話題になった。  映画『X‐MEN:ダーク・フェニックス』は6月21日より全国公開。

  • 映画『X‐MEN:ダーク・フェニックス』場面写真

    『X‐MEN:ダーク・フェニックス』仲間が最悪の敵に…驚異的パワー初披露の新予告

    映画

     超人的パワーを持つミュータントたちの活躍を描くマーベル・コミック原作の『X‐MEN』シリーズ最新作『X‐MEN:ダーク・フェニックス』の日本公開日が6月21日に決定。併せて、マーベル史上最大の脅威“ダーク・フェニックス”の驚異的な力を垣間見ることのできるシーンが初めて盛り込まれた新予告編が解禁された。@@cutter シリーズ7作目となる本作は、サイコキネシスとテレパシーの特殊能力を持つX‐MENのメンバーで、多重人格者でもあるジーン・グレイが主人公。アポカリプスとの戦いから10年。ジーンは、宇宙ミッションでの事故が原因でダークサイドが増殖し、内に封じ込められていたもうひとつの人格“ダーク・フェニックス”を解き放ってしまう。それにより世界が危機に陥り、X‐MENがジーンの“悪”に立ち向かうことになる。  ジーン役のソフィー・ターナーのほか、マグニート役のマイケル・ファスベンダー、プロフェッサーX役のジェームズ・マカヴォイ、ミスティーク役のジェニファー・ローレンスといった豪華キャストが集結する。  今回解禁された予告編では、マーベル史上最強最悪のダークヒーロー、“ダーク・フェニックス”の驚異的なパワーがベールを脱ぐ。自らの力をコントロールできず、裏人格のダーク・フェニックスを解き放ったジーン・グレイ。その変貌と圧倒的な力を目にしたX‐MENのメンバーたちは、仲間であるジーンを救うべきか戦うべきか苦悩する。  しかし、ジーンのダークサイドを助長する謎の女性が出現し、「あなたなら世界を支配できる」と告げる。ダーク・フェニックスの暴走はさらに加速、X‐MENはいやおうなしに彼女と対峙することに。世界を救うために仲間であるジーン=ダーク・フェニックスとの戦いに身を投じてゆくX‐MENの葛藤や心の機微が、実力派キャストらのアンサンブルで描き出されている。  映画『X‐MEN:ダーク・フェニックス』は6月21日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access