バイス 関連記事

  • 映画『バイス』メインビジュアル

    クリスチャン・ベイルが不敵にほほ笑む…『バイス』特報&メインビジュアル到着

    映画

     俳優のクリスチャン・ベイルが、元アメリカ副大統領を演じて第76回ゴールデン・グローブ賞主演男優賞を受賞した映画『バイス』より、特報とメインビジュアルが解禁。特報には、クリスチャンが体重を約20キロ増やし、髪を剃り、眉毛を脱色して“アメリカ史上最強で最凶”と称される副大統領に見事に変貌した姿が映し出されている。@@cutter 本作は、ジョージ・H・W・ブッシュ大統領政権下で国防長官、その息子であるジョージ・W・ブッシュ政権下で2001年から2009年まで副大統領を務め、“事実上の大統領”としてアメリカ史上最も権力を持ったディック・チェイニーの裏側の姿を描いた社会派エンターテインメント。1月28日(日本時間)時点で20の映画賞を受賞、115のノミネートを記録し、今年度のアカデミー賞大本命とみなされている。  監督は映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』で、第88回アカデミー賞脚色賞を受賞し、5部門にノミネートされたアダム・マッケイ。製作はプランBエンターテインメントが手掛け、代表であるブラッド・ピット本人がプロデュースを務めている。  今回解禁された特報は、チェイニーが会食中のブッシュ大統領から「俺の副大統領になれ」と言われる場面からスタート。「その職に興味はないが…」と言いつつ「君となら上手くやれそうだ。雑用は任せろ。内政も軍事もエネルギーも外交も」と、アメリカを自在に支配すべく、しらっと約束をとりつけるチェイニー。ブッシュ大統領から「頼むよ」とあっさり言われ、チェイニーは不適な笑みを浮かべる。最後は、「すべて操れるなんて思ってないか?」と問われて「思いのままさ」と軽く答えるチェイニーの姿で映像は幕を閉じる。  特報と併せて解禁されたメインビジュアルは、クリスチャン演じるチェイニーが、好物である食べかけのドーナツを手に、不適な笑みを浮かべている姿を捉えたもの。その背後に映画の原題となる『VICE』のロゴが配置され、ロゴの中では、チェイニーの妻、リン・チェイニー(エイミー・アダムス)、ラムズフェルド国防長官(スティーヴ・カレル)、ブッシュ大統領(サム・ロックウェル)、パウエル国務長官(タイラー・ペリー)ら当時のチェイニーを取り巻く人物たちが顔を並べている。  映画『バイス』は4月5日より全国公開。

  • 『バイス』メインカット

    クリスチャン・ベイル、20~70代までを熱演『バイス』場面写真一挙公開

    映画

     俳優のクリスチャン・ベイルが主演を務める映画『バイス』より、場面写真が一挙公開。本作でクリスチャンは、体重を約20キロ増量、髪を剃り、眉毛を脱色するなどして、主人公の20代から70代までを完璧に演じ切り、第76回ゴールデン・グローブ賞主演男優賞を受賞している。@@cutter 本作は、ジョージ・H・W・ブッシュ大統領政権下で国防長官、その息子であるジョージ・W・ブッシュ政権下で2001年から2009年まで副大統領を務め、“事実上の大統領”としてアメリカ史上最も権力を持ったディック・チェイニーの裏側の姿を描いた社会派エンターテインメント。1月16日(日本時間)時点で20の映画賞を受賞、105のノミネートを記録し、今年度のアカデミー賞大本命とみなされている。  監督は映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』で、第88回アカデミー賞脚色賞を受賞し、5部門にノミネートされたアダム・マッケイ。製作はプランBエンターテインメントが手掛け、代表であるブラッド・ピット本人がプロデュースを務めている。  公開された11点の場面写真では、眼鏡の向こうから鋭い視線を投げかける中年のチェイニーをはじめ、サム・ロックウェル扮するブッシュ大統領とホワイトハウスのミーティングルームで語り合ったり、たばこをくわえて野心的な表情を浮かべる姿など、さまざまな年代のチェイニーの姿をピックアップ。若者から老年まで七変化を遂げたベイルを通じ、『バイス』の世界観をうかがい知ることができる。  映画『バイス』は4月5日より全国公開。

  • クリスチャン・ベールが演じるディック・チェイニー

    史上最強・最凶の米副大統領を描く『バイス』日本語字幕付き予告編が解禁

    映画

     俳優のクリスチャン・ベイルが、体重を約20kg増やして元アメリカ副大統領を演じた映画『バイス』が、4月5日より公開されることが決定。併せて日本語字幕付き海外版予告編も解禁となった。@@cutter 第76回ゴールデン・グローブ賞で最多6部門にノミネートされている本作は、ジョージ・H・W・ブッシュ政権下で国防長官として、その息子であるジョージ・W・ブッシュ政権では2001~2009年まで副大統領を務めた実在の人物、ディック・チェイニーに焦点を当てる社会派エンターテインメント。ワイオミングの田舎の電気工から“事実上の大統領”にまで上り詰め、アメリカを自在に操り、アメリカ史上最も権力を持ったチェイニー副大統領の裏側の姿を描く。映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』で第88回アカデミー賞主要5部門にノミネートされ、脚色賞を受賞したアダム・マッケイ監督がメガホンを取り、ブラッド・ピットが製作を手掛ける。  マッケイ監督は「クリスチャン・ベイル以外にこの役をできる人を思いつかなかったし、もし断られていたら、多分この映画を作ることはなかった」と振り返り、さらに「(チェイニーは)トランプ大統領よりも悪だ」とコメントしている。監督からのラブコールを受けたクリスチャンは、本作の役作りのため、体重を約20kg増やし、髪を剃り、眉毛を脱色するなどして、チェイニーの20代から70代までを完璧に演じている。  クリスチャンのほか、チェイニーの妻・リン役には『アメリカン・ハッスル』『メッセージ』のエイミー・アダムス、ラムズフェルド国防長官役は『フォックスキャッチャー』『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』のスティーヴ・カレル、ブッシュ大統領役は『アイアンマン2』『スリー・ビルボード』のサム・ロックウェルと、オスカー候補常連の豪華キャストが脇を固める。  解禁になった日本語字幕付き海外予告編は、豪華な邸宅の庭で、チェイニーが、ジョージ・W・ブッシュから副大統領のポジションを依頼される場面からスタート。The Killersの楽曲『The Man』の軽快なロック音楽が流れる中、チェイニーが「副大統領なんてお飾りの仕事だ。しかし私と君が組んだ場合は…違う。分かるか?」「(俺は)できる仕事しか引き受けない。官僚対策や軍事問題、エネルギー問題、それに外交政策だけだ」と答える姿と、「そいつを頼みたい」と語るブッシュの姿が映し出される。  後半では、年老いて絶大な権力を手にしたチェイニーが廊下を貫禄たっぷりに歩く姿に、「アメリカの恥ずべき歴史が暴かれる」という文字が重なる。映像の最後には、再び冒頭のシーンに戻り、ブッシュが「それで、(副大統領を)やる気になったか?」と問いかけると「これは、うまくいきそうだ」と答えるチェイニー。「やった!」と喜ぶブッシュに対し、不適な笑みを浮かべるチェイニーのアップで映像は幕を閉じる。  映画『バイス』は2019年4月5日より全国公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access