クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

ダンスウィズミー 関連記事

  • 『ダンスウィズミー』初日舞台挨拶にて

    三吉彩花、矢口史靖監督から手紙のサプライズに感涙

    映画

     女優の三吉彩花が16日、都内で行われた映画『ダンスウィズミー』初日舞台挨拶に登場。矢口史靖監督から三吉へと手紙が贈られるサプライズに、三吉が涙をこぼす一幕があった。@@cutter 同作は「ミュージカルって突然歌い踊り出すなんてヤバくない?」をテーマに贈るコメディ・ミュージカルで、子供の頃からミュージカルが苦手なヒロイン・静香(三吉)が、催眠術によって音楽を聴くと歌って踊らずにはいられない体となってしまうというストーリー。イベントには三吉のほか、ムロツヨシ、やしろ優、chay、三浦貴大、宝田明、矢口監督が出席した。  同作のタイトルにちなみ「キャストの誰かとやりたいこと」を発表しあう場面でムロは「走るwith三吉彩花」とコメント。その真意は三吉の私服にあるとして、「スポーツブラに透明なシャツ着てるんですよ。透明だから全部見えてるわけですよ。だからこの姿で隣を走りたいと」と説明。すると「その際はムロさんもスポーツブラ?」との声があがり、ムロは「僕がなんでスポーツブラなんだよ! そこはいいんだよおちゃらけなくて」とツッコミを入れ、会場の笑いをさらった。  イベント後半には、矢口監督から三吉へ手紙のサプライズが。矢口監督は手紙を広げると「オーディションで『僕だけは三吉さんでイケると思った。みんなは違ったけど。あなたなら絶対にこの役をやれます、保証します。安心して現場に来てください。顔が赤くなりやすいのはCGでごまかせます』と、そんなことを伝えました。でもあれ、あなたを安心させたくて言ったでまかせです。本当はなんの根拠もなくてただの勘でした。CGも嘘です。でも今なら言えます。僕の目に狂いはなかった。よく頑張りました。矢口組に参加してくれて本当にありがとう」と読み上げた。  矢口監督の手紙に目を潤ませた三吉は「すみません、こんなはずじゃなかったんですけど」と弁解しながら、「私が主演で大丈夫なのかと自信をなくしたんですけど、いよいよ公開ですし、今日も朝から劇場に足を運んでくださったり、私のインスタグラムにも『観たよ』ってコメントを寄せていただいているのを観て、少しずつ自信に変わりつつあるので、みなさん応援していただければと思います」と涙ながらに感謝の言葉を述べた。

  • 映画『ダンスウィズミー』場面写真

    三吉彩花&ムロツヨシが変顔デュエット!? 『ダンスウィズミー』歌唱シーン公開

    映画

     モデル・女優の三吉彩花が主演を務める映画『ダンスウィズミー』より、三吉と共演のムロツヨシが変顔ありのデュエットを披露する本編クリップ映像「変顔デュエット編」が解禁された。@@cutter 本作は『ウォーターボーイズ』の矢口史靖監督が「突然歌って踊り出しておかしくない?」をテーマに、自ら原作・脚本・監督を務めるコメディー・ミュージカル。キャスト全員が本格訓練を重ねてミュージカルシーンすべての歌とダンスに吹き替えなしで挑戦している。  三吉演じる“ミュージカル嫌い”のヒロイン・静香は、催眠術により、音楽が聞こえると歌い踊り出す体になってしまった。元の体に戻るため、インチキ催眠術師のマーチン上田(宝田明)を追い、北海道へ。そこで明らかとなった“こズルい調査員”渡辺(ムロ)の秘密に大激怒。怒りをぶつけるも、逆に開き直る渡辺。静香は愛想をつかし、その場を立ち去ろうとするが、駅の時計が15時を指した瞬間、童謡「浜辺の歌」が流れ始める。静香は思わず体が反応し、渡辺の前で歌い出してしまう。  いきなりの大熱唱に渡辺は「ちょっと、ちょっと」と止めようとするが、かまわずに遠くを見つめ気持ちよく歌い続ける静香。音楽が終わるとすぐに「げっ…」という気まずい顔を見せた静香だが、異変に気付いた渡辺は、「もしかして?」と呼びかけ、「浜辺の歌」の一節をアカペラで歌い出す。静香はこれに反応し、またもや熱唱。渡辺が歌うのをやめると、まずい!と逃げ出そうとする静香だが、再び歌い出す渡辺につられて満面の笑顔でまた歌い出してしまうのだった。「ミュージカル体質」になってしまったことがばれた静香は思いっきりしかめっ面を見せ、渡辺は「マジか!」と一声。  映像の最後で静香が見せるしかめっ面は、矢口監督のOKがなかなか出ず、27テイクも撮影を行ったシーン。見かねた監督がムロにしかめっ面のお手本をお願いすると「これが撮りたい!」と1発OKに。三吉は後日、監督に「お手本としてムロさんが変顔を見せてくれたんですけれども、私ムロさんと同じ顔じゃないからわからない!って思ってました」と憤まんをぶつけたという。  ムロは三吉について、「すべてを吸収しようとしていて明るくて素直でいいなと思いました。そんな三吉さんを支えようと思っていたのですが実際に支えられたのは、プライベートで海鮮丼と焼き肉を食べに行ったときですかね。ご飯2回分をごちそうしたのでそこは支えられました」と冗談を織り交ぜつつも、真剣に撮影に臨んだ三吉を絶賛している。  映画『ダンスウィズミー』は8月16日より全国公開。

  • 三吉彩花

    三吉彩花「私なんて…」と悩んだ過去 ポジティブに変わった20歳の転機

    映画

     矢口史靖が監督・脚本を手がけたコメディ・ミュージカル映画『ダンスウィズミー』で、女優の三吉彩花が歌やダンス、アクションにもチャレンジ。ヒロインの“自分探しの物語”を生き生きと体現している。7歳でモデルデビューし、キャリアを重ねてきた彼女だが「私なんて…」とネガティブに悩んだ時期もあるという。転機は、20歳のときに訪れたある出来事。本作で得たかけがえのない経験とともに、マインドが変わったきっかけや、今、女優業に感じている醍醐味(だいごみ)を語った。@@cutter■くじけそうになった過酷な日々 @@insert1  本作の主人公は、ミュージカルが苦手な女性・静香(三吉)。「音楽を聞くといつでもどこでも歌って踊らずにはいられない」という催眠術にかかってしまった静香が、その術を解こうとする道のりにおいて自分とも向き合っていく姿を描く。三吉は日本中のオーディションを経て、ヒロインの座を獲得。合格の報せを受けたときは「驚きと、これから待ち受けている数々の試練への不安が大きかった」と喜び以上に大きなプレッシャーがのしかかったという。  すべてのミュージカルシーンを吹き替えなしで行うため、三吉には厳しい特訓が課せられた。撮影2ヵ月前からレッスンが始まり、想像以上の過酷さに「何度もくじけそうになった」と告白する。  「歌もダンスも幅広いジャンルにまたがっていて。自分が思っていた以上に精神と体力が追いついていかなくて、最初は本当にしんどかったです。『歌もダンスも私以上にうまい人がいたんじゃないか』とも思いましたし、『日本でミュージカルを作ろう』という周囲の期待も大きくて」とまさに極限状態。その不安を払拭してくれたのは、驚くほど気の合った共演者陣の存在で「最初は1人でレッスンしていたんですが、途中からやしろ優ちゃんとchayちゃんが参加して。一緒に歌うシーンもすごく楽しくて、『ひとりじゃない、大丈夫だ』と思えるようになりました。2人からはものすごく力をもらいました」と感謝の思いがあふれ出す。 @@insert2  数あるミュージカルシーンの中でも、「狙いうち」を歌いながら、レストランで大騒動を巻き起こすシーンは三吉の躍動に目を奪われる。テーブルクロス引きや、シャンデリアにぶら下がっての空中ブランコまでやってのけた。  「事前にたくさん練習を重ねたシーンです。シャンデリアにぶら下がると、思っていたより高くて! 本作では今までにないことをたくさん経験させてもらいました」とニッコリ。「ミュージカルということ自体、自分にとっては新境地。こんなに事前に準備が必要だった作品も初めてですし、監督、スタッフさん、キャストの方も一緒になって助け合いながら作り上げた実感があります。これからもこういった出会いの大切さを感じる作品に出られたらいいなと思いました。静香の成長物語に寄り添うことで、自分自身、精神も肉体も成長させてもらったように思います」と充実感をにじませ、「くじけないで頑張って本当によかった」と輝くような笑顔を見せる。@@separator■「ネガティブに考えるタイプだった」転機は20歳を迎えたインド @@insert3  7歳でモデルデビューし、2010年から約7年務めたSeventeenの専属モデルとしても人気を博した彼女だが「20歳になる前くらいは、『私は何をやるべきなんだろう』『周りからはどう見られているんだろう』と深く悩みました。『私なんて…』とネガティブに考えるタイプだった」と語る。マインドが変わったのは、写真集の撮影で訪れたインドへの旅。「20歳をインドで迎えたんですが、インドの方からものすごい生命力を感じた。ガンジス川では生と死が隣り合わせであることも感じて、『周りにどう思われているんだろう?』という当時の私の悩みがすごく小さく思えて。『それよりも自分の人生を豊かにしよう』と思うようになって、考え方もガラッと変わりました」。 @@insert4  20歳という節目の年に視野を広げた彼女。今、女優業に大きなやりがいを見い出している。「ありがたいことにインスタグラムのフォロワーの方もいらして、自分が発信することが多くの方に届いているなと思うんです。映画も自分が会ったこともない、国も言葉も違う人たちのもとにも届いて、『頑張ろう』という力をもらったり、影響を受けたと言ってくれる方もいらっしゃる。そういうこともできるこのお仕事って、やっぱりとても特殊ですよね。ポジティブなメッセージを広げられることが、とてもうれしい。『ダンスウィズミー』はまさにそういう作品になったので、本当にいい出会いをさせていただいたと思っています」。軽やかに、力強くステップを踏み出した三吉彩花に、ますます注目だ。(取材・文:成田おり枝 写真:松林満美)  映画『ダンスウィズミー』は8月16日より全国公開。

  • 『ダンスウィズミー』ジャパンプレミアにて

    三吉彩花、やしろ優&chayとダンス生披露 矢口史靖監督作の主演に「毎日葛藤」

    映画

     映画『ダンスウィズミー』のジャパンプレミアが18日、都内で行われ、主演の三吉彩花をはじめ、やしろ優、chay、三浦貴大、ムロツヨシ、宝田明、そしてメガホンをとった矢口史靖監督が出席した。@@cutter 本作は、映画『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』の矢口監督が原作・脚本・監督を務めるミュージカルコメディーで、構想16年という意欲作。ある日、曲が流れると歌い踊らずにはいられなくなる催眠術をかけられてしまった一流商社勤務の鈴木静香(三吉)を主人公に、彼女が術を解いてもらうため奔走する姿を描く。  オーディションで主演を勝ち取った三吉は、ダンス・歌の練習におよそ250時間を費やしたという。「すべて大変だったような気がします。映画は矢口監督の最新作であることと、日本で初めてのミュージカルコメディー。たくさんの方に期待していただいた。自分が主演でプレシャーを感じたり、撮影2ヵ月前からの練習で全然スキルが追いついていないのではないかと毎日葛藤していた」と苦悩を打ち明けた。  不安を抱いていた三吉だが、同映画はトロント日本映画祭では特別監督賞観客賞を受賞、第22回上海国際映画祭ではガラ部門オープニング作品に選ばれた。「いろんな方に評価をしてもらえているのは自信に変わっていると実感している。頑張ってよかった」と安堵の表情を浮かべた。  ワケありミュージシャンを演じ、女優デビューを果たしたchayは「キャラがだいぶ強烈で初作品で演じられるのかと思ったけど、楽しく演じさせてもらった」と笑顔を見せ、来場したファンに「いままで知っているchayとは真逆な感じです」と予告。三吉とのコンビを演じたやしろは「彩花ちゃんとはすぐに打ち解けた。最初、2人が出会うシーンで仲いい感じが出ちゃっているって言われてしまった」と仲睦まじい様子を明かした。  イベントでは、三吉らキャスト陣が「狙いうち」のメロディーにのせてダンスを披露。ダンサーによるフラッシュモブも行われ、会場を盛り上げた。  映画『ダンスウィズミー』は8月16日公開。

  • 映画『ダンスウィズミー』集合写真

    海外リメイク&公開オファー殺到『ダンスウィズミー』、三吉彩花が世界中で踊る映像解禁

    映画

     モデル・女優の三吉彩花が主演を務める映画『ダンスウィズミー』(8月16日公開)に、世界中からリメークのオファーや海外公開の申し入れが多数寄せられていることが、配給元のワーナー・ブラザーズ映画より明らかにされた。また、音楽が聞こえると踊らずにいられない体になってしまったヒロイン・静香を演じる三吉が、世界を股にかけ歌い踊るスペシャル映像も解禁された。@@cutter 本作は『ウォーターボーイズ』の矢口史靖監督が「突然歌って踊り出しておかしくない?」をテーマに、自ら原作・脚本・監督を務めるコメディー・ミュージカル。キャスト全員が本格訓練を重ねてミュージカルシーンすべての歌とダンスに吹き替えなしで挑戦している。  子どもの頃からミュージカルが大の苦手だった一流商社勤務の静香は、とあるきっかけで、音楽が聞こえるとミュージカルスターのように歌い踊り出す体になってしまう。スマホの音や日常にあふれる音楽に反応し、所かまわず歌い踊り出すせいで、順風満帆だった人生がハチャメチャに。恋も仕事も失った静香は、原因を探すため日本中を奔走する―。  8月16日の日本公開に先んじて、世界の映画祭で上映された本作。「こんなミュージカル観たことない! ラ・ラ・ランドよりエキサイティング! 今まで誰も思いつかなかったミュージカル!」(トロント日本映画祭 プログラミングディレクター)、「まったく新しいアプローチで、笑いに溢れた素晴らしいエンターテイメント!!」(上海国際映画祭プログラミングディレクター)との声が寄せられた。  また、国内の試写会でいち早く見た日本の観客からは「面白すぎ、ただ面白いだけじゃない。何も考えずに歌い踊りたくなる!」「予想外のストーリーでめちゃくちゃ面白い!場内が笑いで溢れていた!」といった声があがっている。  スペシャル映像では、静香の衣装で登場した三吉が、海外のダンサーも引き連れ、青空の下、山本リンダのヒット曲「狙いうち」を踊り始める。背後に映るのは上海の高層ビル群やトロントのビル群、そしてナイアガラの滝だ。有名な観光地なだけあってたくさんの観光客がいる中、おかまいなしに踊る三吉。長い手足をふんだんに生かし、キレッキレのダンスを披露すると、何事かと観光客もついつい気になっている様子だ。  映画『ダンスウィズミー』は8月16日より全国公開。

  • 映画『ダンスウィズミー』場面写真

    三吉彩花が♪ウララ~「狙いうち」で踊りまくる!『ダンスウィズミー』クリップ公開

    映画

     モデル・女優の三吉彩花が主演を務める映画『ダンスウィズミー』より、三吉が山本リンダのヒット曲「狙いうち」を歌いながら、ポールダンスにアクロバット、空中大回転と縦横無尽に踊りまくる本編クリップ映像が解禁された。@@cutter 本作は『ウォーターボーイズ』の矢口史靖監督が「突然歌って踊り出しておかしくない?」をテーマに、自ら原作・脚本・監督を務めるコメディー・ミュージカル。キャスト全員が本格訓練を重ねてミュージカルシーンすべての歌とダンスに吹き替えなしで挑戦している。  子供の頃からミュージカルが大の苦手だった一流商社勤務の静香は、とあるきっかけで、音楽が聞こえるとミュージカルスターのように歌い踊り出す体になってしまう。スマホの音や日常にあふれる音楽に反応し、所かまわず歌い踊り出すせいで、順風満帆だった人生がハチャメチャに。恋も仕事も失った静香は、原因を探すため日本中を奔走する―。  クリップ映像は、静香が三浦貴大演じる憧れのイケメンエリートな先輩・村上にディナーデートに誘われて訪れた高級レストランでのミュージカルシーン。踊りたくない思いとは裏腹に、ドラムの軽快なビートに、静香の足が、体が、リズムを刻まずにはいられない。気がつくと「ウララ~ウララ~」とテーブルとテーブルの間をノリノリで歌い踊り抜け、「この世は私のためにある!」の歌詞と共にジャケットを脱ぎ捨てキメポーズ。レストランスタッフまで巻き込み、テンポアップし加速度を増すダンス。長くきれいな手が顔の周りで滑らかに動く振り付けが、三吉の美しさを引き立てる。  さらに静香の暴走は激化し、テーブルクロス引きを3回連続で成功させたかと思えば、バーカウンターに移動し、カクテルをセクシーな表情であおって飲み干すと、すぐさま「逃がさない~」と歌って走り出し、壁を蹴って1回転。他の客が驚いていると、こちらに向かって指を指し、「狙いうち!」ポーズ。アクロバットのように、あり得ない高さで大きく回転し、飛び乗ったのは先ほどのバーカウンター。スポットライトに照らされ輝くポールをつかむとクルクル回って圧巻のポールダンスを披露する。シャンデリアに飛び移って空中ブランコのようにぶら下がり、止めようとするスタッフや他の客などお構いなしに踊り狂う静香は、曲が終わって飛び降りたところで取り押さえられる。  矢口監督が「狙いうちのシーンが一番大変だった」と語るように、このシーンの撮影には4日間を費やし、三吉はポールダンス、テーブルクロス引き、アクロバットなどのレッスンを相当な時間重ねて臨んだ。ワイヤーアクションが必要となったシャンデリアにぶら下がるシーンも全て本人が演じている。矢口監督から「抜群のセンス、特技と言える」と大絶賛されたのはテーブルクロス引き。三吉は誰もが驚くほどの集中力で、3回連続のテーブルクロス引きを一発で成功させたという。  映画『ダンスウィズミー』は8月16日より全国公開。

  • 映画『ダンスウィズミー』場面写真

    ミュージカル苦手女子が突然歌い踊るカラダに『ダンスウィズミー』本予告解禁

    映画

     モデルで女優の三吉彩花が主演し、映画『ウォーターボーイズ』の矢口史靖監督がメガホンを取る、コメディ・ミュージカル映画『ダンスウィズミー』より、80秒の本予告映像が解禁された。本作は上海国際映画祭、トロント日本映画祭での正式上映も決定している。@@cutter 本作は、映画『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』の矢口監督が、自ら原作・脚本・監督を務めるコメディ・ミュージカル。キャスト全員が、ミュージカルシーンすべての歌とダンスを吹き替えなしで挑戦しているのも話題だ。  子供の頃からミュージカルが大の苦手の一流商社勤務の静香。とあるきっかけで、音楽が聞こえるとミュージカルスターのように歌い踊り出すカラダになってしまう。スマホの音や、日常に溢れる音楽に反応し、所かまわず歌い踊りだすせいで、順風満帆な人生がハチャメチャになり、恋も仕事も失った静香は、原因を探すため日本中を奔走する。裏がありそうなクセ者たちとの出会いや、さらなるトラブルの中、果たして静香は、無事に元のカラダに戻れるのか…。  予告編は、三吉演じる静香が、「ミュージカルっておかしくない!?さっきまで普通にしゃべっていた人が急に歌い出したりして!」と語るシーンから幕を開ける。しかし直後に、静香自身が音楽が聞こえるとミュージカルスターのように歌い踊り出すシーンが登場。急にレストランで歌い出すだけでなく、シャンデリアにぶら下がったりバク転したり、街中に溢れる音楽にカラダが反応してしまう様子が映し出される。  後半では、そんな静香の“ヒミツ”の鍵を握る、個性的なキャストが次々と登場。やしろ優演じる“イケメンに弱いフリーター”、ムロツヨシ演じる“こズルい調査員”、chay 演じる“ワケありミュージシャン”、三浦貴大演じる“嘘くさいエリート社員”、宝田明演じる“インチキ催眠術師”といった、ひとクセもふたクセもありそうな面々がハッピーな名曲に合わせて、テンポ良く紹介される。最後は、ムロの歌声にカラダが反応し、思わず熱唱してしまう静香の姿で締めくくられる、爆笑の予告編となっている。  映画『ダンスウィズミー』は8月16日より全国公開。

  • 『ダンスウィズミー』ポスタービジュアル

    三吉彩花&やしろ優&chayが歌って踊る『ダンスウィズミー』予告解禁

    映画

     モデルで女優の三吉彩花が主演し、映画『ウォーターボーイズ』の矢口史靖監督がメガホンを取るミュージカル映画『ダンスウィズミー』より、キャスト陣が歌い踊る姿を収めた予告編とポスターが解禁。併せて、作品が8月16日より公開されることも発表された。@@cutter 本作は映画『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』の矢口監督が、自ら原作・脚本・監督を務めるミュージカルコメディ。ある日、曲が流れると歌い踊らずにはいられなくなる催眠術をかけられてしまった一流商社勤務の鈴木静香を主人公に、彼女が術を解いてもらうために奔走する姿を、音楽と笑いを織り込んで描いていく。キャスト全員が、ミュージカルシーンすべての歌とダンスを吹き替えなしで挑戦している。  主人公の静香を三吉が演じ、催眠術師のサクラとして舞台上で催眠術に掛かったフリをする斎藤千絵役にお笑い芸人のやしろ優、静香と千絵が新潟で偶然出会う謎のストリートミュージシャン・山本洋子役をシンガーソングライターでモデルのchayが担当する。ほかに、三浦貴大、ムロツヨシ、宝田明らが出演する。  予告映像は、主人公の静香(三吉)が、山本リンダの楽曲『狙いうち』のリズムに乗って歌い踊り、レストランでアクロバティックなダンスを披露するシーンからスタート。次いで、「マジか」とつぶやき呆然とする興信所の捜査員・義雄(ムロ)、オフィスで繰り広げられるダンスシーン、夜の公園で静香とロマンティックに踊る先輩エリート社員・村上(三浦)の姿が映し出される。  さらに、「ハイッ!」と決め台詞を披露する催眠術師・マーチン上田(宝田)、静香と共に楽しく踊る千絵(やしろ)、ウェディングドレスを着て歌う洋子(chay)ら個性豊かな登場人物たちが次々と登場。終始ハイテンションで歌と踊りが展開していく。  ポスターは、「カラダが勝手にミュージカル♪?」のキャッチコピーの下、両手足をひろげ、ブルーのスカートをなびかせながら踊る静香を写したもの。静香の体には、イヤホンのコードが五線譜のように巻き付いており、音楽と一体化しているような楽しいビジュアルとなっている。  映画『ダンスウィズミー』は8月16日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access