メン・イン・ブラック:インターナショナル 関連記事

  • 『メン・イン・ブラック:インターナショナル』の日本語吹替版主題歌は吉本坂46が担当

    『メン・イン・ブラック』新作、吉本坂46の日本語吹替版主題歌MVが解禁

    映画

     スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務め、新たにクリス・ヘムズワースが秘密組織MIBエージェントを演じる人気シリーズ最新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』。MIB日本支部エージェントに任命された吉本坂46が、日本語吹替版の主題歌を担当することが分かった。@@cutter 先日、芸能界随一のM(マジで)I(イケてる)B(ビッグ・グループ)としてMIB日本支部エージェントに任命された吉本坂46。公開までさまざまな任務を果たすことが明かされていたが、そのミッション第1弾として、セカンドシングル「今夜はええやん」が日本語吹替版主題歌に決定。作詞はもちろん秋元康が担当し、MVにはWセンターの斎藤司(トレンディエンジェル)、小川暖奈(スパイク)をはじめとして、遠藤章造(ココリコ)、河本準一(次長課長)、ゆりやんレトリィバァ、村上ショージといった豪華な選抜メンバー16人が出演する。  公開された映像は夜の繁華街の路地の奥にある一軒のバーから始まる。エイリアンが人間と同化している世界で、誰が味方かスパイが分からないという今回のMIBの世界観さながらのカオスの中、濃いメンバーたちが繰り広げる異様なパフォーマンスは必見だ。繰り返されるフレーズ「今夜はええやん」が、次第に「今夜はエイリアン」に聞こえてくるかも!?  Wセンターの1人を務める斎藤は「クリス・ヘムズワース演じるエージェントHより、今回僕がMVで演じたオトコの方がイケメンに仕上がっているのではないかと心配です…。ペッペッペー」と自信に満ちたコメントを寄せている。  映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』は6月14日より全国公開。

  • 『メン・イン・ブラック:インターナショナル』場面写真

    『メン・イン・ブラック』6.14日米同時公開決定 新写真&コンセプトアート到着

    映画

     スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務める人気シリーズの最新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』が、6月14日に日米同時公開されることが決定。併せて、本作から新たに登場するエージェントH&エージェントMコンビの躍動や、再登場するエージェントOの貫禄を捉えた場面写真、ますます洗練されたMIBの設備を写し出したコンセプトアートが到着した。@@cutter 本作は、地球上に潜伏するエイリアンの監視・取り締まりを任務とする、黒のサングラスとスーツがトレードマークの秘密組織MIBエージェントの活躍を描く『メン・イン・ブラック』シリーズの最新作。  新たなコンビを結成し、MIB内部のスパイ摘発ミッションに挑むのは、MIBニューヨーク本部のエリート新人女性エージェントM(テッサ・トンプソン)と、イケメンだけどチャラ男風の先輩エージェントH(クリス・ヘムズワース)。さらに『メン・イン・ブラック3』に続き再登場となるエージェントO(エマ・トンプソン)、MIBロンドンオフィスの大物エージェント(リーアム・ニーソン)の動向も気になるところ。『M:I』シリーズの女性スパイ役でアクションを披露した女優レベッカ・ファーガソンも驚きの役で出演するという。監督は映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』のF・ゲイリー・グレイ。  MIBニューヨーク本部の上司エージェントO(エマ)にロンドン行きを命じられた新人エージェントM(テッサ)は、そこで先輩エージェントH(クリス)とチームを組み、MIB内部に潜入したスパイについて捜査を開始する。だが、真相に近づくにつれ、地球の存亡をかけた大事件に発展していく―。  公開された場面写真では、どこか外国と思われる市場の雑踏の中を『ローマの休日』の一場面のようにエージェントMとエージェントHの男女コンビが飛行型バイクで駆け抜けるシーンや、貫禄たっぷりにデスクでモニターを眺めるエージェントOの姿などを捉えている。またコンセプトアートでは、MIBオフィスの近未来的な流線型の乗り物が写し出されている。  映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』は、6月14日より全国公開。

  • 『メン・イン・ブラック:インターナショナル』場面写真

    『メン・イン・ブラック:インターナショナル』小ネタも登場の新予告&場面写真

    映画

     スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務める人気シリーズの最新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』から、新予告編と場面写真が解禁。新予告編は、俳優のクリス・ヘムズワースと女優のテッサ・トンプソン演じるエージェントの2人が、同シリーズでおなじみのガジェットを使ってコミカルに任務をこなす姿を映し出したものとなっている。@@cutter 本作は地球上に潜伏するエイリアンの監視・取り締まりを任務とする、黒のサングラスとスーツがトレードマークの秘密組織MIBエージェントの活躍を描く『メン・イン・ブラック』シリーズの最新作。  今作ではクリスとテッサのほか、俳優リーアム・ニーソンがMIBロンドン支部のエージェント、女優のエマ・トンプソンが『メン・イン・ブラック3』に続いてエージェントOを演じる。また、『M:I』シリーズの女性スパイ役でアクションを披露した女優レベッカ・ファーガソンも驚きの役で登場するという。監督は映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』のF・ゲイリー・グレイ。  ニューヨーク本部のエリート新人女性エージェントM(テッサ)は、上司のエージェントO(エマ)にロンドン行きを命じられる。そこでチームを組むことになったのは、イケメンだけどチャラ男風の先輩エージェントH(クリス)。新チームの2人は、MIB内部に潜入したスパイについて捜査を開始していくが、真相に近づくにつれ、地球の存亡をかけた大事件に発展していく。  新予告編には、エイリアンに遭遇した人間の記憶を消すニューラライザーやスペースガンなど、『MIB』シリーズでおなじみの道具がよりパワーアップして登場。また、クリスが『アベンジャーズ』シリーズをはじめとするマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)で雷神ソー役を演じていることにちなみ、敵に投げつけたナイフが見事キャッチされたHが、「ソーくるか」と漏らす遊び心のある字幕も。  予告編と併せて解禁された2枚の場面写真は、武器を手に勇ましい表情を見せるMとHの姿、砂漠で不時着したバイクの横に佇むMとHの姿を捉えたもの。  また、日本版ポスターは、武器を手に並んで腰掛けるクリスとテッサ、その後ろにリーアムが立っているもの。その下には「何でもアリで地球を守れ!」というキャッチコピーが添えられている。  映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』は今夏全国公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access