クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

メン・イン・ブラック:インターナショナル 関連記事

  • 映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』場面写真

    『MIB:インターナショナル』セクシー&ワイルドなクリヘム、爽快アクション炸裂! 本編公開

    映画

     映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』より、エージェント役の俳優クリス・ヘムズワースが、エイリアンと大男を相手に爽快なアクションを繰り広げる姿を映し出した本編映像が解禁となった。@@cutter 本作は、地球上に潜伏するエイリアンの監視・取り締まりを任務とする秘密組織MIBエージェントの活躍を描く『メン・イン・ブラック』シリーズの最新作。今回チームを組むのは、映画『マイティ・ソー』のソー役で人気を博し、“クリヘム”の愛称で親しまれるクリス演じるエージェントHと、女優のテッサ・トンプソン演じる新人エージェントMで、共にMIB組織に潜むスパイの摘発というミッションに挑む。  公開された本編映像では、クリス演じるエージェントHが、MIBエージェントのトレードマークであるブラック・スーツではなくワイルドなジャケットを着用してギャンブル場に潜入する姿が映し出される。最初は和やかに会話を交わしていたエージェントHだが、突然背後から襲われてからは、前髪を垂らしながらエイリアンと大男たちを相手に孤軍奮闘。絶体絶命の状況を1人で軽やかに切り抜け、「俺はMIBだ。クルリアンども」と言い放ち、セクシーかつワイルドな魅力を振りまいている。  公開中の『アベンジャーズ/エンドゲーム』では驚きの風貌で登場して世界を色々な意味で驚かせたが、本作ではクリスのイケメンアクションを存分に堪能することができる。  クリスは自身が演じたエージェントHについて「過剰なほどの自信とユーモアのセンスを持っていて、規則どおりに物事を行うことを避けたがるんだ」とコメント。さらに「アクションもSFもユーモアも、今までよりさらに大きな形で織り合わされているんだけど、そうしたことを『メン・イン・ブラック』ほど見事に、かつ楽しくやり遂げている作品はほとんどないよ。『メン・イン・ブラック:インターナショナル』は、多くの人たちが愛するレガシーを受け継ぎながらも、単体でも成立するSFアクション大作になっているんだ」と作品の出来に自信をのぞかせている。  映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』は公開中。

  • 『メン・イン・ブラック:インターナショナル』初日舞台挨拶に登場した今田美桜

    今田美桜、吹替初挑戦『MIB』最新作にカメオ出演 「なんてことだ!」

    映画

     女優の今田美桜が14日、都内で行われた映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』初日舞台挨拶に出席。初めて吹き替えに挑戦した感想や、本作への熱い想いを語ったほか、本作へカメオ出演していることが明かされた。@@cutter 本作は人気SFアクションシリーズ『メン・イン・ブラック』シリーズの最新作。テッサ・トンプソン演じるエリート新人女性エージェントMの日本語吹き替えを今田が担当した。  本作のイメージに合わせ、全身ブラックに統一したコーディネートで登場した今田は、会場を見渡すと「本当にたくさんの人たちに来ていただいて、ビックリしています」と笑顔。初挑戦した吹き替えについては「声優というお仕事が初めてだったので、最初はなにもわからなくて、戸惑いました。緊張しすぎて頭が真っ白になるんじゃないかってほどで、普段は顔と身体も使って演技をさせていただいているんですけど、それを声に乗せないといけないということで難しかったです」と苦労を明かした。  さらに「第一作目の公開が私の生まれた年と一緒で、勝手にご縁を感じていて。吹き替えを担当させていただいたことが嬉しかったです」と声を弾ませた。  また本作では、公開される国で異なる有名人がカメオ出演しているが、この日、日本語吹き替え版には今田が出演していることが発表された。今田は「“なんてことだ!”と思っています。各国でインフルエンサーさんだったり有名人の方が出演しているなか、日本では私が担当させていただいていて…。こんなことないなと思いながら、撮影させていただきました」とコメント。  最後に「今回はロンドンだったりモロッコだったり、本当に色々なところで撮影されていて、すごくスケールの大きい超大作になっています。エイリアンも新種のものが続々出てきていて、ちょっと気持ち悪いものからすごくかわいいエイリアンまでいるので、ぜひそこも観ていただきたいと思います」とアピールした。

  • 今田美桜、映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』アフレコイベントに出席

    今田美桜、グラサン&黒スーツ姿に照れ笑い 「恥ずかしい」

    映画

     女優の今田美桜が21日、都内で開催された映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』のアフレコイベントに出席。今田は、本編の衣装提供を務めたポール・スミスによるMIB仕様のブラック・スーツにサングラスを合わせた姿で登場し、「恥ずかしいですけど、こんなにスタイリッシュなスーツを着られるのはうれしいです」と照れ笑いを見せた。@@cutter 本作は、黒のサングラスとスーツがトレードマークの秘密組織MIBのエージェントたちが、地球上に潜伏するエイリアンの監視・取り締まりを行う姿を描く人気SFシリーズの最新作。吹き替え初挑戦の今田は、エリートの新人女性エージェントM(テッサ・トンプソン)を担当している。  初挑戦の吹き替えに関して今田は「普段は相手の方が目の前にいて、お芝居させていただいているんですけど、今回は画面ですし、相手の方がいないので、声の距離感だったりとか、声の表情の乗せ方とかもすごく難しくて。勉強中です(笑)」と難しさを感じている様子。長く愛されている『MIB』シリーズへの出演については「人気作で、こんなに大役をいただけるなんて、思ってもみなくて。初日は、頭が真っ白になるくらい緊張していました」と思いを明かした。  杉田智和、高島雅羅、磯部勉らのベテラン声優陣と共演した今田は、吹き替え版の監督に「キャラクターをつかむ感がすごく良くて、プロの声優さんたちが演じるエージェントの中で、自然でフレッシュなMの魅力を聞かせてくれました」と称賛されると「ありがたいです」とニッコリ。「周りの声優さんたちが、すごくベテランの方ばかりで。その中で、この新人エージェントMを演じさせていただくっていうのは、緊張と戸惑いと、あって。びっくりしています」とも話していた。  その後、Mの人柄に話が及ぶと「知的ですごくエリートで、負けず嫌いだなと思うんです」と言い、自身との共通点に関しては「負けず嫌いだけかな(笑)。あとはMなので、頭文字は一緒です」と笑顔で話していた。  映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』は6月14日より全国公開。

  • 『メン・イン・ブラック:インターナショナル』日本語吹き替え版キャスト

    今田美桜、『メン・イン・ブラック:インターナショナル』で吹き替え声優初挑戦

    映画

     女優の今田美桜が、人気SFアクションシリーズの最新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』で、テッサ・トンプソン演じるエリート新人女性エージェントM役で日本語吹き替え版声優を務めることが明らかになった。今田は吹き替え声優初挑戦となる。@@cutter 本作は、地球上に潜伏するエイリアンの監視・取り締まりを任務とする、黒のサングラスとスーツがトレードマークの秘密組織MIBエージェントの活躍を描く『メン・イン・ブラック』シリーズの最新作。『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)以来のクリス・ヘムズワースとテッサの共演も話題だ。  エージェントM役の声優に決まった時のことを、「オファーに驚きすぎて、それがどういう事か全然わかってなかったです! 吹き替え声優をやらせていただくということも初めてですし、声優に挑戦することが凄く未知でした!」と振り返った今田。エージェントMは、MIBに憧れ自らの力でMIBへのスカウトを勝ち取った女性。今田は吹き替え収録に向けて、「優秀な新人エージェント役という、こんなカッコイイ役をやらせていただくので、楽しんで演じられればいいなと思っています」と意気込みを語っている。  配給会社のソニー・ピクチャーズ担当者は「今田さんの演じるエージェントMはガッツがあって有能な新人という役どころ。今、最もフレッシュで、なおかつ演技力も兼ね備えた、人気急上昇中の今田美桜さんがぴったり! ということで、一番に候補に挙がりました」と起用の理由を明かしている。  また、今田のほか、吹き替え版主要キャストとして、エージェントHを杉田智和、エージェントOを高島雅羅、ハイTを磯部勉が演じることが決定している。  映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』は、6月14日より全国公開。

  • 『メン・イン・ブラック:インターナショナル』場面写真

    ストーリーの全貌が明らかに!『メン・イン・ブラック:インターナショナル』最新予告

    映画

     6月14日に公開される『メン・イン・ブラック:インターナショナル』より、ストーリーの全貌が明かされる最新予告が世界一斉解禁。併せて最新海外版ポスターと新場面写真も到着した。@@cutter 本作は、地球上に潜伏するエイリアンの監視・取り締まりを任務とする秘密組織MIBエージェントの活躍を描く『メン・イン・ブラック』シリーズの最新作。  本作でチームを組むのは、映画『マイティ・ソー』のソー役で人気を博したクリス・ヘムズワースが演じるエージェントHと、テッサ・トンプソン演じる新人エージェントMで、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)の2人が再共演。また、MIBのロンドンオフィスの大物エージェント、ハイTをリーアム・ニーソン、エージェントOを『メン・イン・ブラック3』に続いてエマ・トンプソンが演じるほか、『M:I』シリーズの女性スパイ役で見事なアクションを披露した女優レベッカ・ファーガソンが新キャラクターで登場する。監督は映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』のF・ゲイリー・グレイ。  最新予告では、ついに物語の全貌が明かされる。エリート新人女性エージェントMは、20年前にエイリアンと遭遇するもMIBのニューラライザーによる記憶消去を偶然にも逃れ、その日からMIBに憧れ続けていた。ついに自らの力でスカウトを勝ち取り、上司エージェントOに対しても「“メン(男)”・イン・ブラック?」と言い放ち、タジタジにさせる大物ぶりを見せつける。  彼女の初ミッションは、イケメンだけどチャラ男風の先輩エージェントHとコンビを組み、MIBロンドンオフィスの大物エージェントであるハイT、シリーズ屈指の人気キャラでもあるパグ犬らと共にMIB内部に潜入したスパイを探し出すこと。何にでも変身する厄介な進化を遂げたエイリアンや、誰が敵か味方かも分からない何十人ものエージェント、3本目の腕を持つクレオパトラのような美女(レベッカ)などに立ち向かう性格大違いの男女チームが、この重要任務をどんな形で解決していくのか、気になる映像となっている。  さらに、仲間とおぼしき肩乗りサイズのキュートで憎めないエイリアンや、宇宙最強の武器まで登場する多彩なガジェットの数々など、盛りだくさんの予告映像となっている。  最新海外版ポスターでは、ブラック・スーツ&サングラスのクールでスタイリッシュなエージェントのM、Hに加え、ハイT、Oが勢ぞろい。さらにバグ犬や多彩な魅力を放つエイリアンも姿を見せ、下方には凱旋門やエッフェル塔などパリの街並みが写し出されている。  映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』は6月14日より全国公開。

  • 『メン・イン・ブラック:インターナショナル』の日本語吹替版主題歌は吉本坂46が担当

    『メン・イン・ブラック』新作、吉本坂46の日本語吹替版主題歌MVが解禁

    映画

     スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務め、新たにクリス・ヘムズワースが秘密組織MIBエージェントを演じる人気シリーズ最新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』。MIB日本支部エージェントに任命された吉本坂46が、日本語吹替版の主題歌を担当することが分かった。@@cutter 先日、芸能界随一のM(マジで)I(イケてる)B(ビッグ・グループ)としてMIB日本支部エージェントに任命された吉本坂46。公開までさまざまな任務を果たすことが明かされていたが、そのミッション第1弾として、セカンドシングル「今夜はええやん」が日本語吹替版主題歌に決定。作詞はもちろん秋元康が担当し、MVにはWセンターの斎藤司(トレンディエンジェル)、小川暖奈(スパイク)をはじめとして、遠藤章造(ココリコ)、河本準一(次長課長)、ゆりやんレトリィバァ、村上ショージといった豪華な選抜メンバー16人が出演する。  公開された映像は夜の繁華街の路地の奥にある一軒のバーから始まる。エイリアンが人間と同化している世界で、誰が味方かスパイが分からないという今回のMIBの世界観さながらのカオスの中、濃いメンバーたちが繰り広げる異様なパフォーマンスは必見だ。繰り返されるフレーズ「今夜はええやん」が、次第に「今夜はエイリアン」に聞こえてくるかも!?  Wセンターの1人を務める斎藤は「クリス・ヘムズワース演じるエージェントHより、今回僕がMVで演じたオトコの方がイケメンに仕上がっているのではないかと心配です…。ペッペッペー」と自信に満ちたコメントを寄せている。  映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』は6月14日より全国公開。

  • 『メン・イン・ブラック:インターナショナル』場面写真

    『メン・イン・ブラック』6.14日米同時公開決定 新写真&コンセプトアート到着

    映画

     スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務める人気シリーズの最新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』が、6月14日に日米同時公開されることが決定。併せて、本作から新たに登場するエージェントH&エージェントMコンビの躍動や、再登場するエージェントOの貫禄を捉えた場面写真、ますます洗練されたMIBの設備を写し出したコンセプトアートが到着した。@@cutter 本作は、地球上に潜伏するエイリアンの監視・取り締まりを任務とする、黒のサングラスとスーツがトレードマークの秘密組織MIBエージェントの活躍を描く『メン・イン・ブラック』シリーズの最新作。  新たなコンビを結成し、MIB内部のスパイ摘発ミッションに挑むのは、MIBニューヨーク本部のエリート新人女性エージェントM(テッサ・トンプソン)と、イケメンだけどチャラ男風の先輩エージェントH(クリス・ヘムズワース)。さらに『メン・イン・ブラック3』に続き再登場となるエージェントO(エマ・トンプソン)、MIBロンドンオフィスの大物エージェント(リーアム・ニーソン)の動向も気になるところ。『M:I』シリーズの女性スパイ役でアクションを披露した女優レベッカ・ファーガソンも驚きの役で出演するという。監督は映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』のF・ゲイリー・グレイ。  MIBニューヨーク本部の上司エージェントO(エマ)にロンドン行きを命じられた新人エージェントM(テッサ)は、そこで先輩エージェントH(クリス)とチームを組み、MIB内部に潜入したスパイについて捜査を開始する。だが、真相に近づくにつれ、地球の存亡をかけた大事件に発展していく―。  公開された場面写真では、どこか外国と思われる市場の雑踏の中を『ローマの休日』の一場面のようにエージェントMとエージェントHの男女コンビが飛行型バイクで駆け抜けるシーンや、貫禄たっぷりにデスクでモニターを眺めるエージェントOの姿などを捉えている。またコンセプトアートでは、MIBオフィスの近未来的な流線型の乗り物が写し出されている。  映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』は、6月14日より全国公開。

  • 『メン・イン・ブラック:インターナショナル』場面写真

    『メン・イン・ブラック:インターナショナル』小ネタも登場の新予告&場面写真

    映画

     スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務める人気シリーズの最新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』から、新予告編と場面写真が解禁。新予告編は、俳優のクリス・ヘムズワースと女優のテッサ・トンプソン演じるエージェントの2人が、同シリーズでおなじみのガジェットを使ってコミカルに任務をこなす姿を映し出したものとなっている。@@cutter 本作は地球上に潜伏するエイリアンの監視・取り締まりを任務とする、黒のサングラスとスーツがトレードマークの秘密組織MIBエージェントの活躍を描く『メン・イン・ブラック』シリーズの最新作。  今作ではクリスとテッサのほか、俳優リーアム・ニーソンがMIBロンドン支部のエージェント、女優のエマ・トンプソンが『メン・イン・ブラック3』に続いてエージェントOを演じる。また、『M:I』シリーズの女性スパイ役でアクションを披露した女優レベッカ・ファーガソンも驚きの役で登場するという。監督は映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』のF・ゲイリー・グレイ。  ニューヨーク本部のエリート新人女性エージェントM(テッサ)は、上司のエージェントO(エマ)にロンドン行きを命じられる。そこでチームを組むことになったのは、イケメンだけどチャラ男風の先輩エージェントH(クリス)。新チームの2人は、MIB内部に潜入したスパイについて捜査を開始していくが、真相に近づくにつれ、地球の存亡をかけた大事件に発展していく。  新予告編には、エイリアンに遭遇した人間の記憶を消すニューラライザーやスペースガンなど、『MIB』シリーズでおなじみの道具がよりパワーアップして登場。また、クリスが『アベンジャーズ』シリーズをはじめとするマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)で雷神ソー役を演じていることにちなみ、敵に投げつけたナイフが見事キャッチされたHが、「ソーくるか」と漏らす遊び心のある字幕も。  予告編と併せて解禁された2枚の場面写真は、武器を手に勇ましい表情を見せるMとHの姿、砂漠で不時着したバイクの横に佇むMとHの姿を捉えたもの。  また、日本版ポスターは、武器を手に並んで腰掛けるクリスとテッサ、その後ろにリーアムが立っているもの。その下には「何でもアリで地球を守れ!」というキャッチコピーが添えられている。  映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』は今夏全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access