クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

プロメア 関連記事

  • 『天気の子』が第47回アニー賞にノミネート!

    『天気の子』がアニー賞4部門ノミネート 『若おかみは小学生!』『プロメア』も候補に

    アニメ・コミック

     “アニメのアカデミー賞”と称されるアニー賞のノミネート作品が現地時間2日に発表され、日本からは新海誠監督の『天気の子』、高坂希太郎監督の『若おかみは小学生!』、今石洋之監督の『プロメア』が長編インディペンデント作品賞にノミネートされた。@@cutter 新海監督の『天気の子』は、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を「選択」する物語を描く。長編インディペンデント作品賞の他、長編作品特殊効果賞、長編作品監督賞、長編作品脚本賞の4部門でノミネートされている。  長編インディペンデント作品賞では、細田守監督の『未来のミライ』が前回、受賞の栄に浴しており、日本作品が再び選出されれば2年連続の受賞となる。  アニー賞の目玉である長編作品賞にノミネートされたのは、『アナと雪の女王2』、『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』、『クロース』、『Missing Link(原題)』、『トイ・ストーリー4』の5作品。世界中で大旋風を巻き起こしたディズニーアニメの続編『アナと雪の女王2』と、ビッグフットを主人公にしたスタジオライカの『Missing Link(原題)』は、共に長編作品監督賞や長編作品キャラクター・アニメーション賞などを含む最多8ノミネートを獲得している。  またネットフリックス・オリジナルシリーズの『リラックマとカオルさん』と『ULTRAMAN』が、テレビ/メディア作品監督賞にノミネートされている。  第47回アニー賞授賞式は2020年1月25日(現地時間)、米ロサンゼルスのUCLAロイスホールで開催される予定。

  • 『プロメア』で声優を務める松山ケンイチ

    松山ケンイチ、大人もヒーローを観て「ちゃんと影響されるべき」

    アニメ・コミック

     中島かずきが座付き作家を務める劇団☆新感線の出演キャストである松山ケンイチ、早乙女太一がW主演を務めるオリジナル劇場アニメーション『プロメア』。監督は今石洋之。TVシリーズ『天元突破グレンラガン』『キルラキル』の監督・今石と脚本・中島のコンビが新たに描くのは、全世界の半分が焼失した世界で、新たな脅威に立ち向かう、燃える火消魂を持つ、高機動救命消防隊<バーニングレスキュー>の新人隊員ガロが戦うヒーロー譚だ。ガロの声をあてた松山が、「もっとみんな影響を受けていい」とヒーローものへの思いを語った。@@cutter とにかく叫ぶ場面が多いガロ。「テンションをあげて臨むだけでした」という松山は、「おかげでアフレコの1日目と2日目が終わってから、3日目の休みの日に寝込みました。声を出して寝込むんだってビックリしました。でも主人公に熱がないとダメですから。僕は『グレンラガン』も『キルラキル』も好きなんですが、やっぱり熱が特徴的。だから最初からテンションマックスで行きましたけど、改めて声優さんたちのすごさを感じました」と振り返る。 @@insert1  そして「ガロにはブレない強さがある」と明言し、「ブレないって、よっぽど体力がないと無理だなと思いますけど、でもだからといって無理だと諦めちゃったら、それまで。ガロの生き方を見て、自分も曲げちゃいけない部分があるんじゃないかと感じましたし、観ている人にもぜひ考えてもらいたいと思いました」と語る。 @@insert2  「自分を曲げない生き方」の大切さ。同時にガロはかたくななわけではない。それまで自分が見えていなかったこと、見てこなかったものを知ったときには、きちんと目を向ける。「ガロの真っすぐさは子どものようでもあるんですよね。子どもって、大人が押し付けるものや、ルールうんぬんではなく、無意識のうちに、自分自身でいいことや悪いことを感じ取ることができる。でも本当は大人こそがそういう部分を持っていないといけないと思います」と松山。@@separator さらにヒーローものの観方に関しても、もっと子どものようであっていいと続けた。  「子どもってちゃんとヒーローになって戻ってくるんですよ。たとえ短い時間であったとしても。それって本当に大事なことだと思うんです。こういうまっすぐなヒーローを観て、子どもだけじゃなく大人も、ちゃんと影響されるべきだと思います。『こんなのになれないよ』ではなくて、『なれる』んだと。自分の気持ち次第で。みんな、普段からヒーローみたいなものをもっと演じるべきだと思うんです。そこから身に付いたり、実感できるものがあるんじゃないかと思います」。 @@insert3  確かにみんながもっとヒーローを演じれば、世の中はほんの少しよくなるかもしれない。そして世の中なんて大げさなものではなくても、ヒーローの“熱”は、弱気になった自分を奮い立たせるきっかけには十分なる。松山も、気持ちを引っ張り上げることが大変で、「この役をちゃんと表現できるだろうか」と不安に襲われるときがあった。劇団☆新感線の舞台『蒼の乱』に立ったとき。そのとき、松山を押し上げたのが今石×中島作品だった。  「『蒼の乱』は主演が天海さんで、百戦錬磨の舞台の役者さんたちが勢ぞろいしていました。僕はそのとき2作目の舞台。素人みたいなものですよ。すごく不安でした。そんなとき、ずっと観ていたのが『グレンラガン』だったんです。『グレンラガン』を観て、気持ちを引っ張り上げてもらって、そのまま舞台に上がっていた。それを繰り返して千秋楽まで乗り切ったんです」と明かした松山。そんな松山が寝込んでまでそそいだガロの熱が、今度は誰かの背中を押すに違いない。(取材・文・写真:望月ふみ)  劇場アニメーション『プロメア』は5月24日より全国公開。 @@insert4

  • (左から)映画『プロメア』完成披露舞台挨拶に登場した早乙女太一、松山ケンイチ、堺雅人

    松山ケンイチ、早乙女太一&堺雅人の声に「ムラムラする」と突然の告白

    アニメ・コミック

     俳優の松山ケンイチ、早乙女太一、堺雅人が15日、都内で行われたアニメーション映画『プロメア』の完成披露試写舞台あいさつに、ケンドーコバヤシ、佐倉綾音、今石洋之監督、そして脚本を務めた中島かずきと共に出席。約1年前に行われたアフレコを振り返った。@@cutter 『天元突破グレンラガン』『キルラキル』のテレビシリーズを手がけた今石監督と脚本の中島コンビによる初のオリジナル劇場アニメーション。松山が消防隊<バーニングレスキュー>に所属する新人隊員ガロ、早乙女がガロの宿敵となる<マッドバーニッシュ>のリーダー・リオを演じ、ダブル主演を務めている。  猪突猛進の筋肉バカの主人公を演じた松山は、アフレコ初日から大声を連発。一緒に収録した堺が「テストからずっと(全力で)やってくるので手抜きできないなって」と話すと、松山は「最初からMAXのレベル5でしたね。抑えるところがなかった。それだけ全力疾走だった。最終的には3人で7歳の子どもに返ったような気持ちで必殺技を言っていました」。その影響もあり、「松山くんは収録が終わって数日寝込んだそうです」と堺から明かされた。  松山、早乙女、堺は、3人でアフレコを実施。早乙女は「めちゃめちゃ楽しかった」、堺も「松山くんが全力な感じで現場にいてくれたのですごく助けられました」と笑顔。すると松山が「太一くんは(声に)色気がある。キャラクターにマッチしていて、男性なんですけどちょっとムラムラする。堺さんも二面性があるキャラクターで、そういうところも僕はムラムラする。それを消すかのように叫んでいた」と突然告白すると、横にいた早乙女が「気持ちが悪い…」と小声でツッコみ、会場を笑わせた。  松山は、完成した作品を鑑賞し「驚いたのは色です。最初からその色の鮮やかさ、炎、水、氷の表現がいままで見たことがなかった。引き込まれました」といい、早乙女は「痛快でめちゃめちゃ気持ちがいいので、ぜひ気持ちよくなってください」と呼びかけた。  オリジナル劇場アニメーション『プロメア』は、5月24日より全国公開。

  • 映画『プロメア』メインカット

    松山ケンイチ×早乙女太一『プロメア』、主題歌はSuperfly 本予告解禁

    アニメ・コミック

     俳優の松山ケンイチと早乙女太一が声優キャストとしてダブル主演を務めるアニメ映画『プロメア』の主題歌が、Superflyの「覚醒」に決定。主人公ガロと宿敵リオが、色鮮やかな炎の中で激しく立ち回る戦闘シーン満載の本予告映像も解禁された。@@cutter 本作は、『天元突破グレンラガン』『キルラキル』のテレビシリーズを手がけた今石洋之監督と脚本の中島かずきのコンビによる初の劇場用オリジナルアニメ。松山が消防隊<バーニングレスキュー>に所属する新人隊員ガロ、早乙女がガロの宿敵となる<マッドバーニッシュ>のリーダー・リオの声を務めるほか、堺雅人がガロの上司・クレイを演じる。  突然変異で誕生した炎を操る人種<バーニッシュ>の出現により、全世界の半分が焼失する未曽有の事態が発生。それから30年…攻撃的な一部の面々が<マッドバーニッシュ>を名乗り、再び世界に襲いかかる。対バーニッシュ用の高機動救命消防隊<バーニングレスキュー>の燃える火消し魂を持つ新人隊員・ガロと<マッドバーニッシュ>のリーダー・リオ。二人の熱き魂がぶつかり合う。  主題歌「覚醒」は、劇場アニメ主題歌を初めて手がけるSuperflyが、自ら本作の世界観をイメージして書き下ろした。Superflyは楽曲について「戦闘を煽るだけではなく、映画自体が人間味あふれる作品だと感じたので、人を傷つけるためではない、誰かを守るような戦いをイメージしています。かっこよさはもちろんのこと、メロディをコラージュしたような面白さもある、これまでのSuperflyの作品にはない、新しいものになったのではないかと思います」とコメントしている。  本予告では、ガロとリオが色鮮やかな炎の中で激闘。歌舞伎の見えを切るように参上するガロが身を包む“マトイテッカー”と呼ばれるパワードスーツや、リオが放つ炎の龍が街で暴れ回る迫力あるアクションシーンが展開する。松山演じるガロの言い放つ「今消してやるよ! あんたのくだらねえ野望の炎をな!」というせりふからは、アクションだけでなく熱いドラマ要素も垣間見ることができ、大炎上する世界がどうなっていくのか期待が膨らむ映像となっている。  映画『プロメア』は5月24日より公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access