クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

よこがお 関連記事

  • 優しい笑顔から色気あふれる横顔まで、さまざまな表情で魅了する筒井真理子

    筒井真理子、素顔は“おとぼけ” 「自分の年齢のことも忘れちゃう」

    映画

     映画『淵に立つ』で第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞し、世界で注目を集めた女優の筒井真理子と深田晃司監督が再タッグを組む。深田監督と共に筒井が新たに挑んだ『よこがお』は、ある事件をきっかけに「無実の加害者」に問われた女の絶望と希望を描いた作品だ。「大変な役だった」と苦笑いを浮かべた筒井が、本作での役作りについて語った。@@cutter 本作は、「演技者としての天才的なセンスを持つ」と筒井を称える深田監督が筒井を再び主演に迎えて描く、再生の物語。筒井は、周囲の信頼も厚い訪問看護師で婚約者もいる幸せな日々から一転、ある事件によってすべてを失う女性・市子を演じる。 @@insert1  『淵に立つ』では13kgもの増量をして、こん身の演技を見せた筒井だが、当時は「精神的にもすごく追い込んだんです。体重も急激に増やしたので終わったときは『もう食べなくていいんだ』ってホッとしたし、やりきった気持ちがありました」と話す。「でも、時間が経つにつれて、また追い込まれたいなって気持ちがムクムクと出てきて…(笑)」。  その気持ちに呼応するかのように、深田監督と訪れたカンヌ国際映画祭で「まだこれがゴールじゃない」という話が上がった。そして迎えた本作。「監督は優しい方なんですが、台本を読むと大抵、大変な役」と筒井が苦笑いする本作は、重厚なヒューマンサスペンスだ。筒井は本作では「繊細にやつれていく」さまを作り込んだと明かす。 @@insert3  「『淵に立つ』のときは、前半部分と後半部分の撮影の間に3週間ほど空きがあって、その間に体重を増やすことができたんです。でも、今回は演じながらやつれていかなければならなかった。台本の流れ通りに撮影できるわけではないので、どの程度疲弊していればいいのか、分からなくなってしまうんです。なので、台本に市子の状態を表すお花を描き込んで、それがわかるようにしていました。このシーンは2枚目の花びらが落ちてしまった(その絵が描いてある)から、夕飯を抜いて疲弊しておこうとか、その台本を見て市子の状態を調整していました」。@@separator 役作りでは、まずはその人物の土台となる部分を突き詰めて考えるという筒井。市子には百合をイメージして演じたと振り返る。  「市子は、ピーンと伸びた白百合だと思ったんです。劇中ではリサを名乗る人物にもなりますが、リサになったときは、ポツポツと黒い点のある鬼百合のイメージ。市子はいろいろとあってくたびれて、変わっていきますが、それでも本質、根っこは変わらない。それをイメージして演じました」。 @@insert2  また、本作では疲弊した姿を見せながらもその若さと美しさは際立って見える筒井。若さの秘けつを尋ねてみると、「よく人から『おとぼけ』だって言われるんですが、そのボケているのがいいのかも」とキュートな笑顔を見せてくれた。  「自分の年齢のことも忘れちゃうし、なんでも『まあ、いっか』って思ってしまう。そういう楽観的なところがいいのかもしれません」。  苦しみ、過酷な道を歩む市子を体当たりで演じた筒井の熱演は圧巻。重くねっとりとした世界の中に立つ、白百合のような筒井の姿に注目だ。(取材・文:嶋田真己 写真:高野広美)  映画『よこがお』は7月26日より全国公開。

  • 映画『よこがお』完成披露プレミア上映会にて

    筒井真理子&市川実日子、共演者の“よこがお”披露で池松壮亮に集中砲火

    映画

     女優の筒井真理子が2日、都内で開催された映画『よこがお』完成披露プレミア上映会舞台挨拶に、共演の市川実日子、池松壮亮、須藤蓮、小川未祐、深田晃司監督と出席した。タイトルにちなみ、共演者、監督の「もうひとつの“よこがお”は?」という質問の段になると、池松が筒井&市川から集中砲火を浴びた。@@cutter 『よこがお』は『淵に立つ』でカンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞した深田監督の最新作。ある事件がきっかけで、「無実の加害者」に仕立てあげられた市子(筒井)は、仕事も奪われ、恋人との結婚も破談になり、築き上げた幸せを奪われる。自分の人生を取り戻し復讐するため、自由奔放な女“リサ”へと姿を変えた市子は、ある計画を実行する。  初共演となった筒井と池松。「共演できるのを楽しみにしていた」という筒井は、「爽やかに“よろしくお願いします”と挨拶したかったんですけど、初めての(会う)シーンが私が一番追い込まれて、もどして(吐いて)いるところだった。涙目で、真っ赤な顔でお会いしてしまって、げんなりされているだろうなと思ったら大人で優しくて、絡みのシーンもとっても楽しかった」と池松の「よこがお」をあげた。なぜか爆笑の市川を横目に、折り目正しく「ありがとうございました」と池松は一礼。  そんな市川は、「池松さんて、クールで、何でもできそうですが“白眼してください”って言ったら、できなかったんです!」と予想外の一面を告げる。困惑気味の池松が、「市川さんが超うまかった。…普通、共演したからって“白眼をしてくれ”って…何でしなきゃいけないんだろうと思ったら、ぼろくそ言われた」と苦笑。さらに池松は「それって“よこがお”ですか?」と笑いながら首をひねっていた。  反対に、池松は市川の“よこがお”について、「ふたりで部屋でシャチのドキュメンタリーを見ているシーンがあって、撮影だから何度も流してくれるんです。シャチが危機にあるという話のたびに、市川さんは顔を伏せていて、3周しても同じ反応をするんですよ…。心が清らかな人だなって…毎回、すごいなって」と、良い話風に話すも、深田監督が「軽くディスってる…」と鋭く突っ込み。それでも池松は、「そんなことないです。心が優しいんだなと見ていました」とうっすら微笑んでいた。  『よこがお』は7月26日より全国ロードショー。

  • 『よこがお』場面写真

    深田晃司監督×筒井真理子『よこがお』、日常が崩壊していく…予告解禁

    映画

     女優の筒井真理子が主演を務め、映画『淵に立つ』の深田晃司監督と再びタッグを組む最新作『よこがお』より予告編が到着。日常が崩壊し、「無実の加害者」に転落していく主人公の姿を描いた内容となっている。@@cutter 本作は、第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門の審査員賞を受賞した映画『淵に立つ』の主演女優と監督が2年ぶりにタッグを組んだ話題作。ある事件をきっかけに「無実の加害者」へと転落した女が、自分を裏切った人生に復讐していく姿をオリジナル脚本で描く。筒井は市子とリサという異なる横顔をもつ主人公を演じ、市子の運命を握る基子と青年・和道を、市川実日子と池松壮亮がそれぞれ務める。  訪問看護師として働く市子は、仕事先である大石家の長女・基子に献身的に手を差し伸べている。ある日、基子の妹・サキが失踪。無事に保護されるが、逮捕された容疑者は意外な人物だった。ねじ曲げられた真実と予期せぬ裏切りで追い詰められた市子は、次第に壊れ始める。  解禁された予告映像は、美容室での美容師(池松)と女性客(筒井)の何気ない会話からスタート。「どこかでお会いした気が…」と話す美容師に対し、「いえ、初めてです」と返す彼女だが、鏡越しで美容師を見つめる視線は強い。続いて、彼女の過去のフラッシュバックが映し出される。  映像の後半では、訪問看護師として働く市子と、彼女を慕う基子(市川)をはじめ、市子を取り巻く人々が登場。結婚間近だった市子の幸せな日常が事件をきっかけに崩れ、徐々に追い詰められ壊れていく姿が描かれる。最後は「ある女の、ささやかな復讐。」という言葉が映し出され、映像は幕を閉じる。  メガホンを取った深田監督は、「以前『淵に立つ』で取材をうけているときの筒井さんの横顔がすごく美しく、それが本作の企画の思いへ繋がった」と作品誕生のきっかけを語っている。  映画『よこがお』は7月26日より全国公開。

  • 『よこがお』ポスタービジュアル

    「無実の加害者」として生きる女の絶望と希望を描く『よこがお』ポスター解禁

    映画

     映画『淵に立つ』の深田晃司監督と女優の筒井真理子が再びタッグを組む最新作『よこがお』の公開日が7月26日に決定。併せて、筒井演じるヒロインの横顔が印象的なポスタービジュアルが解禁となった。@@cutter 本作は、第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門の審査員賞を受賞した映画『淵に立つ』の主演女優・監督コンビが2年ぶりに再タッグを組んだオリジナル作品。ある事件をきっかけに「無実の加害者」へと転落した女が、善良に生きてきた自分を裏切った人生に復讐を仕掛けていく姿を描く。筒井は市子/リサという異なる横顔をもつヒロインを演じる。市子の運命を握る基子と青年・和道を、市川実日子と池松壮亮がそれぞれ演じる。  訪問看護師として働く市子は、1年前から看護に通っている大石家の長女でニートだった基子に献身的に手を差し伸べている。基子も、唯一気が許せる相手として、市子を密かに慕っていた。ある日、基子の妹・サキが失踪。しばらくして無事に保護されるが、逮捕された容疑者は意外な人物だった。事件をきっかけに、ねじ曲げられた真実と予期せぬ裏切りで追い詰められていく市子は、次第に壊れ始める…。  解禁となったポスタービジュアルは、映画を彩る3人の登場人物の“よこがお”ポートレイトが美しくレイアウトされたもの。その中でも大きく使われているのは、筒井演じるヒロイン、市子・リサという異なる2つの“よこがお”を持つ1人の女性の横顔だ。その横には「ある女のささやかな復讐。」というコピーが添えられ、ところどころに施された絵の具の染みのような跡が、不穏さを感じさせる。  タイトルの“よこがお”とは、その半身は見えていても反対側の姿は見えない状態であること。深田監督の「一度には見ることのできない人間の複雑な多様性を描きたかった」という想いからつけられており、ポスタービジュアルの写真についても監督は「『よこがお』の全てを雄弁に物語っている」と絶賛のコメントを寄せている。  映画『よこがお』は7月26日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access