クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

泣くな赤鬼 関連記事

  • 『泣くな赤鬼』完成披露試写会にて

    “授かり婚”の川栄李奈、堤真一&柳楽優弥からの祝福に笑顔

    映画

     俳優の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼が兼重淳監督と共に21日、都内で開催された映画『泣くな赤鬼』完成披露試写会に出席。俳優・廣瀬智紀との結婚&妊娠発表後、初の公の場に登場した川栄は去り際、報道陣から祝福の声をかけられると、無言ながらうれしそうな微笑みで返していた。@@cutter 『泣くな赤鬼』は、『とんび』の原作・重松清と堤のコンビが贈る、先生と生徒の感動作。「赤鬼先生」の愛称で知られた城南工業野球部監督・小渕隆(堤)は、今では野球への情熱は衰え、定年間際の疲れた中年になっていた。ある日、かつての教え子・斎藤智之/愛称ゴルゴ(柳楽)と偶然、病院で再会するが、ゴルゴは末期がんで余命半年であることを知らされる。  これまで多くの作品に出演してきたベテラン・堤だが「自分が出ている映画で泣いたのは初めてです。監督の丁寧な人間関係の描き方が、役者側としても、客として観ている部分でも優しさというか愛情を感じて。やってよかった、と観終わった後に思いました」と、しみじみ。「号泣してしまった」という柳楽の奥さん役を演じた川栄も、「柳楽さんとお芝居する中で、どんどん痩せていく姿を芝居の中で見ていてつらいなと思ったんですけど、こういう役をいただけてありがたかったです」と、支える妻という役柄に感謝をにじませる。  一方、柳楽はこの日、現在出演中の舞台『CITY』の休演日とあって、終始ホワホワムード。言い間違えをしたり、「頭が働かない(笑)」と発言する柳楽に、堤は「今日、休んでるんだ? 心も頭も。やる気ないんだ?(笑)」と突っ込む。しかしながら、ふたりの仲睦まじいやり取りのたびに、場内は温かい笑いに包まれた。  そんな柳楽が、言い間違えの末、「あ、川栄さん、おめでとうございます!」と、文脈に関係なく突然、川栄を祝うと場内は拍手喝采。これには堤も「(発言を)ごまかすなあ~」と言いながらもニコニコとお祝いムードに加わっていた。  『泣くな赤鬼』は6月14日より全国ロードショー。

  • 『泣くな赤鬼』場面写真

    堤真一『泣くな赤鬼』、全国の球児にエールを送るスペシャル特報解禁

    映画

     俳優の堤真一、柳楽優弥、女優の川栄李奈が共演する映画『泣くな赤鬼』より、スペシャルカット付き特報が解禁された。3月23日に開幕した春の甲子園「第91回選抜高等学校野球大会」にちなみ、冒頭で堤真一演じる“赤鬼先生”こと小渕隆が野球部員たちの前で「俺は絶対に甲子園に行く。いくぞ!」と気合いを入れるシーンなど、全国の球児たちへのエールを込めた映像となっている。@@cutter 本作は、『とんび』『流星ワゴン』など多数の著書が映像化されているベストセラー作家・重松清の短編集『せんせい。』所収の『泣くな赤鬼』が原作。  物語の主人公は、陽に焼けた赤い顔と、鬼のような熱血指導から「赤鬼先生」と呼ばれていた城南工業野球部監督・小渕隆(堤)。甲子園出場の夢がかなわず、野球への情熱も衰え、定年間際の疲れた中年になっていた小渕は、ある日ゴルゴという愛称のかつての教え子・斎藤智之(柳楽)と病院で偶然にも再会する。  野球の素質はあるものの、こらえ性のない性格ゆえに挫折し、高校を中退したゴルゴは、結婚して家庭を築き、立派な大人に成長していたが、末期がんで余命半年だった。命の期限が刻々と迫るゴルゴの願い、それは「俺、また野球やりたいな」。赤鬼先生は彼のために最後に何ができるのか―。  特報映像では、冒頭の赤鬼先生こと小渕隆の「俺は絶対に甲子園に行く!」という力強い宣言に、野球部員たちも全員が「はい!」と声を張り上げており、非常に高い熱量を感じ取れるシーンとなっている。また、バスの車中でのゴルゴの「泣いてるの?」という問いかけに、小渕が涙を見せまいと車窓へ顔をそらしながら「赤鬼は人前では泣かないよ」と答える姿などが映し出されている。  映画『泣くな赤鬼』は6月14日より全国公開。

  • 『泣くな赤鬼』ポスタービジュアル

    堤真一『泣くな赤鬼』特報&ポスター解禁 主題歌は竹原ピストル

    映画

     俳優の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈が共演する映画『泣くな赤鬼』より、新たに特報映像とポスタービジュアルが解禁された。さらに、主題歌を竹原ピストルが担当することも決定した。@@cutter 本作は、『とんび』『流星ワゴン』など多数の著書が映像化されているベストセラー作家・重松清の短編集『せんせい。』に所収の『泣くな赤鬼』が原作。  物語の主人公は、陽に焼けた赤い顔と、鬼のような熱血指導から「赤鬼先生」と呼ばれていた城南工業野球部監督・小渕隆(堤)。甲子園出場の夢が叶わず、野球への情熱も衰え、定年間際の疲れた中年になっていた小渕は、ある日ゴルゴという愛称のかつての教え子・斎藤智之(柳楽)と病院で偶然にも再会する。野球の素質はあるものの、堪え性のない性格ゆえに挫折し、高校を中退したゴルゴは、結婚して家庭を築き、立派な大人に成長していたが、末期がんで余命半年だった…。  解禁された特報映像は、かつて“赤鬼先生”と呼ばれた主人公・小渕が、余命半年の元教え子・ゴルゴと思いがけず再会するところからスタート。高校時代の思い出を振り返り「また野球がやりたい」とこぼすゴルゴと、対峙する小渕の葛藤が描かれている。あわせて公開されたポスタービジュアルは、小渕とゴルゴが穏やかな表情で共に歩く姿が映されており、「俺の生徒になってくれて、ありがとう」というコピーが添えられたもの。不器用な赤鬼先生の複雑な心境が伺えるビジュアルとなっている。  また主題歌は、竹原ピストルが本作のために書き下ろした「おーい!おーい!!」に決定。映画主題歌の完全書き下ろしは今回が初となる竹原は「引きずりこまれるように、すっかり親身になりながら、台本を読みました。映画の中でも存分に描かれるであろう事柄達に野暮な干渉、邪魔をしないように気をつけながら、それでいて、この登場人物のこのときの状況、心境、自分にも身に覚えがあるなぁ。。といううっすらとした接点、共感を見つけて、そこから膨らませて書いた歌です」とコメントを寄せている。  映画『泣くな赤鬼』は6月14日全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access