アルキメデスの大戦 関連記事

  • 映画『アルキメデスの大戦』完成披露試写会にて

    菅田将暉に舘ひろしら共演者から絶賛の嵐「天才」「声がいい」

    映画

     俳優の菅田将暉が26日、都内で行われた映画『アルキメデスの大戦』完成披露試写会に出席。共演者の舘ひろしらから演技や歌を絶賛され、「今日すごい」とはにかむ様子をみせた。@@cutter 三田紀房の同名漫画を実写映画化した本作。第二次世界大戦を数学者の視点で描いた歴史エンターテインメントだ。イベントには主演の菅田をはじめ、柄本佑、浜辺美波、笑福亭鶴瓶、小林克也、橋爪功、田中混、舘ひろし、山崎貴監督の9名が出席した。  撮影の感想を聞かれた菅田は「山崎監督がずっとニヤニヤしてるんですよ。監督がいろんなことを想像して、楽しそうなことって、俳優として一番のびのびできることですので楽しかったですね」とコメント。  ただ、酷暑のなかでの撮影だったそうで、鶴瓶が「暑すぎて関西弁忘れる」とボヤくと、菅田も「ほんま鶴瓶さん死んだらどうしようって、心配したんですよ」と振り返った。  一方、舘は菅田について「天才ですよ。本当にすばらしい。この顔でスタイルで演技がうまかったら、女にモテないわけがない。初めて男に嫉妬を感じましたね」と絶賛。小林も「菅田くんの(楽曲)『まちがいさがし』が大ヒットしていますが、声がいい」と菅田の楽曲を褒めちぎると、菅田は「今日すごい。舘さんにはスタイル褒められて、克也さんには声がいいと言われ」とはにかんだ。  最後に舘は「最後の大会議のシーンの、菅田さんの芝居は圧巻です。菅田さんは天才です」と重ねて称賛し、菅田は「ごらんの通り、重厚な映画ができました。どなたでも楽しめる映画だと思います。ありがとうございました」とメッセージを贈り、会場を後にした。  映画『アルキメデスの大戦』は7月26日より全国公開。

  • 映画『アルキメデスの大戦』本ポスタービジュアル

    菅田将暉×舘ひろし『アルキメデスの大戦』、予告&ポスター解禁

    映画

     俳優の菅田将暉が主演を務め、『永遠の0』の山崎貴監督と初タッグを組む映画『アルキメデスの大戦』より、迫力の予告映像とポスタービジュアルが解禁された。@@cutter 『ドラゴン桜』などで知られる三田紀房の同名コミックを基にする本作は、日米開戦前夜の日本を舞台に、“世界最大の戦艦”と呼ばれた「大和」の建造計画と、それを阻止すべく山本五十六(舘ひろし)に引き入れられた天才数学者・櫂直(菅田)の活躍を描く歴史エンターテインメント。  第二次世界大戦前の1933(昭和8)年。大日本帝国海軍の上層部は超巨大戦艦“大和”の建造計画に大きな期待を寄せていた。海軍少将・山本五十六はこれからの戦況を考え代替案を提案するが、上層部は、「戦艦大和」の建造を支持。山本は、天才数学者・櫂直を海軍に招き入れ、櫂の数学的能力で「戦艦大和」建設にかかる莫大な費用を試算し、計画を阻止しようとする。櫂は持ち前の度胸と頭脳、数学的能力を活かし、前途多難な試算を行っていくが、帝国海軍内の大きな壁が立ちはだかる…。  公開された予告映像は、最初に、空を舞う戦闘機の姿が映し出される。砲弾が飛び交い、爆撃によって上がる炎や水柱、戦艦から鈍く響く轟音など、山崎監督がリサーチを重ね、最新技術を駆使し、完全再現を目指して描いた大和と、息をのむ戦闘シーンを多数披露。その中に、菅田演じる主人公・櫂直の天才かつ変人ぶりが垣間見られる場面や、浜辺美波、柄本佑、笑福亭鶴瓶ら豪華キャストの出演シーンなどが映し出され、ラストでは、沈没寸前の戦艦大和の姿を捉えている。  併せて公開されたポスタービジュアルは、「これは、数学で戦争を止めようとした男の物語。」というコピーが上段に配置され、メジャーを手に、鋭く、真っ直ぐな眼差しで見つめる菅田将暉と、堂々たる敬礼を見せる舘ひろしの姿、そして海上に浮かぶ戦艦大和の姿が描かれている。  映画『アルキメデスの大戦』は7月26日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access