クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

新聞記者 関連記事

  • 『新聞記者』公開記念舞台挨拶にて

    感想殺到で公式サイトがパンク 松坂桃李&シム・ウンギョンが反響に感謝

    映画

     俳優の松坂桃李と韓国人女優のシム・ウンギョンが29日、都内で行われたダブル主演映画『新聞記者』の公開記念舞台挨拶に登場。松坂が、作品の感想が多く公式サイトがパンクしたことを明かし、シムが驚く一幕があった。@@cutter 本作は、東京新聞記者・望月衣塑子の同名小説を原案にしたサスペンス・エンターテインメント。真実に近づこうともがく若手の女性新聞記者・吉岡エリカ(シム)と、内閣情報調査室に勤める若手のエリート官僚・杉原拓海(松坂)らを中心に、権力とメディアの裏側を描く。  この日の舞台挨拶には松坂とシムのほか、本田翼、岡山天音、高橋和也、北村有起哉、藤井道人監督が出席した。  本作で松坂とタッグを組んだシムは、韓国で国民的人気を誇る若手の演技派女優。流暢な日本語で「初日舞台挨拶で、かなり緊張しています…」と挨拶し、本作に関して「色んな情報があふれている今の時代、どうやって頑張って自分の道を切り開いて生きていくのか。それぞれ伝わるメッセージがあると思う。(鑑賞する方々それぞれの)その真心で感じていただければ嬉しい」と述べた。  松坂は本作について「自分の中でしっくり来る言葉がない。最終的に思ったのが、『見てくださった皆さんの感想がこの映画の全てかな』と自分の中では着地した」とコメント。続けて「この『新聞記者』のホームページが、皆さんの感想が多くてパンクしたらしい。それくらい熱量のある作品なんだなと実感しています」と述べた。それを聞き驚いたシムは、「(本イベントの会場が)満席で、(本作の)サイトまでパンクしたなんて…スゴいですね。ありがとうございます」と白い歯をこぼした。  イベント後半には、キャスト陣が“もし自分が新聞記者なら、こんな記事を書きたい”というお題にトライ。シムは「お祝い! 公開! 新聞記者!!」とフリップに記し、「私は、初めて日本の皆さんとお会いできて嬉しいし、『新聞記者』で素晴らしい俳優の皆さんと出会えて、たくさんの刺激を受けた。(この喜びは)計り知れません!」と語り、会場からは大きな拍手。  シムの模範解答に次いで答えることになった松坂は「こんな素敵なコメントの後には…」とためらいつつ、「テレビが…!?」と書いたフリップを披露。「テレビがつい先日、ウンとスンとも言わなくなっちゃった。(本体の)主電源もつかないし、コンセントを抜き差ししてもつかない。バラエティ番組や見たいドラマを見れないので非常に困っている」と窮状を訴えつつ、シムと自身のコメントと比べて「いや…。これは非常にやめたい!」と照れ笑いを浮かべていた。

  • 『新聞記者』完成披露上映会にて

    松坂桃李「めったに泣かない」発言に、共演のシム・ウンギョン残念がる

    映画

     俳優の松坂桃李と女優のシム・ウンギョンが4日、都内で行われた映画『新聞記者』の完成披露上映会に高橋和也、北村有起哉、田中哲司、そして藤井道人監督と共に登場した。@@cutter 巨大権力と対峙する女性新聞記者の奮闘を描く衝撃作。この日は、劇中で演じた新聞記者ばりにウンギョンがキャスト陣を質問攻めにした。メモ帳を片手に「どのようにセリフを覚えますか?」と切り込んだウンギョンに、松坂は「焼き肉を焼いたり、何かをしながら」と意外な暗記法を口にし、「何かをしながら覚えることで自分に負荷を与えているのかも」と分析した。  また「休日の過ごし方」を聞かれた松坂は「ひたすらテレビを見る。朝はニュース、昼はワイドショーとかアニメとか。夕方のニュースやドラマも見て、ずっとテレビ」とインドアな休日を紹介。北村から「自分を追い込んだりはしないの?」と水を向けられると、「いや~もう解放されたいので。バン!ドーン!デーン!みたいな感じです」と身振り手振りで笑わせた。  さらにウンギョンから「最近泣いたことはありますか?」と質問された松坂は「めったに泣かない。それこそ肘を思い切りぶつけて思わず涙が出たとか。凄く痛くて」と涙を流す機会はほとんどない様子。北村の「映画とかでも泣かないの?」との疑問にも「泣いたことがなくて…。感動はするけれど涙腺が緩むことはない。スイマセン。こういう仕事をしているにも関わらず」とつれない返答。  それに対し北村は「僕はこの『新聞記者』で結構きましたよ!」とアピール抜群のコメントを返し、ハッとした松坂は「それを言われたら何も言えなくなる…」と反省。ウンギョンからも「だから私も質問したのに~」と残念がられていた。  映画『新聞記者』は、6月28日全国公開。

  • 『新聞記者』第二弾出演キャスト

    シム・ウンギョン×松坂桃李『新聞記者』、本田翼&岡山天音ら追加キャスト発表

    映画

     韓国の女優シム・ウンギョンと俳優の松坂桃李がダブル主演を務める映画『新聞記者』の追加キャストが発表。本田翼、岡山天音、高橋和也、西田尚美、北村有起哉、田中哲司が主演2人の脇を固める。@@cutter 本作は、東京新聞記者・望月衣塑子のベストセラー『新聞記者』(角川新書)を原案に、1人の新聞記者の姿を通してメディアは権力にどう対峙すべきかを問うサスペンス・エンターテインメント。政権がひた隠そうとする権力中枢の闇に迫ろうとする女性記者・吉岡エリカ(ウンギョン)と、理想に燃え公務員の道を選んだ内閣特別調査室の若手エリート官僚・杉原拓海(松坂)との対峙と葛藤を描く。メガホンを取るのは、俳優の山田孝之がプロデュースする映画『デイアンドナイト』の藤井道人監督。  杉原の妻・奈津美役を、松坂とは初共演となる本田が演じ、吉岡の同僚の新聞記者・倉持大輔役を岡山が務める。杉原の元上司で内閣府に勤務する神崎俊尚役を高橋が、その妻・伸子役を西田が演じる。さらに、吉岡の上司で社会部デスクの陣野和正役を北村、杉原の上司で内閣参事官の多田智也役を田中が担当。信念にまっすぐな二人の前にそれぞれ立ちふさがる壁として、中間管理職を演じる。  本作の高石明彦プロデューサーは、本田の起用理由について「女優として成長著しい本田さんにこの難役をやっていただくことで想像し得ない時間が生まれるという確信がありました」とコメント。さらに「彼女の持っている母性と才能が発揮された瞬間が切りとれて、『新聞記者』という映画により深みをもたせてくれたと思います」とその演技に太鼓判を押している。  また、岡山の起用理由については「彼の出演する作品を見ていて、一つ一つの芝居において、常に一石を投じようとする俳優としての姿勢を感じ、この映画の持つメッセージ性を豊かにしてくれると思いました」と語っている。  映画『新聞記者』は6月28日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access