クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

海獣の子供 関連記事

  • 映画『海獣の子供』初日舞台挨拶にて

    芦田愛菜、映画『海獣の子供』での声の演技「一つ一つこだわって演じた」

    アニメ・コミック

     女優の芦田愛菜が7日、都内で行われたアニメーション映画『海獣の子供』初日舞台挨拶に登壇。「一つ一つ立ち止まって向き合って、こだわって演じました」と作品に込めた思いを語った。@@cutter 本作は、五十嵐大介の同名漫画を『鉄コン筋クリート』のSTUDIO4℃がアニメーション製作。自分の気持ちを表現することが苦手な中学生・琉花(芦田)が、父の働く水族館で不思議な少年・海と兄の空に出会ったことから起こるさまざまな出来事を描く。舞台挨拶には、芦田のほか石橋陽彩(海役)、浦上晟周(空役)、稲垣吾郎(安海正明役)、渡辺歩監督も出席した。  等身大の14歳を演じた芦田。自らが「感じたまま」をしっかり丁寧に表現したというと「海くんと琉花が出会うシーンが好き。これからなにかが始まるかもしれないという期待感や高揚感があります」とお気に入りのシーンを紹介。さらに「家族だから、なんでも分かってもらえるだろうと甘えてしまう部分があるのですが、しっかり感謝や気持ちを言葉で伝えたいと思います」と作品を通じて感じたことを語った。  2006年公開の『ONE PIECE THE MOVIE カラクリ城のメカ巨兵』以来13年ぶりの長編アニメーション映画出演となる稲垣は、琉花の父親役での出演。「愛菜ちゃんは久しぶりですね。大きくなって……」と再会を喜ぶと「アフレコでは会えなかったので、3人に会えてうれしいですね」と笑顔。続けて「家族ってそれぞれの形があるので、正解はないと思う」とメッセージ。    また劇中、稲垣の妻役を演じたのが、先日、南海キャンディーズの山里亮太と結婚を発表した蒼井優。稲垣は「びっくりしました」と目を丸くすると「映画のなかでは夫婦の役を演じ、疑似夫婦に酔いしれていたら……。でも山ちゃんにはお世話になっているし、末永くお幸せになってほしいです」とメッセージを送っていた。  芦田は「この映画は明確な答えがでる作品ではなく、それぞれ感じることが違うと思います。体全体で感じた、それを大切にしてほしいです」と客席にアピールしていた。

  • 芦田愛菜

    芦田愛菜、“芦田愛菜”ではなく、役として感じさせたい

    アニメ・コミック

     NHK連続テレビ小説『まんぷく』での優しさあふれる語りも記憶に新しい芦田愛菜。女優としての活躍は言うに及ばず、声のみでの映画、ドラマへの出演はすでに十数本を数え、それぞれの作品で、いい意味で“芦田愛菜”を感じさせず、表現力の幅広さを見せている。そんな彼女の最新作が五十嵐大介の人気漫画をアニメ化した映画『海獣の子供』。思春期のヒロインのみずみずしさ、もどかしさを表現し、キャラクターに命を吹き込んでいる。@@cutter 『鉄コン筋クリート』のアニメ化で知られるSTUDIO 4℃制作による本作。中学生の琉花が、ジュゴンに育てられたという不思議な少年“海”と“空”と出会い、交流を深めていくさまを緻密で美しいアニメーションで描き出す。 @@insert1  物語自体は決して複雑ではないが、海という生命の源が壮大なスケールで描かれ、自然と人間の関わりなどが哲学的に語られている。「明確な答え、これが正解というものがあるわけじゃなく、それぞれに観た人が感じることがあると思う」と言う芦田だが、自身は“生と死”について考えさせられたという。  「命あるものには必ずいつか死が来る。空くんと海くんは、自分たちの命が短いことをどこかで知っていて“死”の方から『生きるってどんなことだろう?』と見ているけど、琉花は逆に自分が生きていることを実感しながら『死ぬってどういうことか?』を見ている。生と死は正反対じゃなく、隣り合わせにあるものなのかなと感じました」。 @@insert2  琉花という少女について「心の中で思っていることがたくさんあって、いろんなことを感じているのに、それをうまく言葉に言い表せなかったり、誰かに自分の思いを分かってほしいのに、それを言えずにもどかしさを感じたりしている女の子」と語り、自身と重なる部分があるとも。  「プラスのことに関しては『こうした方がいいんじゃない?』とか『こうしたいな』と割と言えるんですけど、悔しいことだったり、ネガティブなことに関しては、素直になれない自分がいたりします(苦笑)」。  映画の中のある人物のセリフで「人は言葉にしないと、思っていることの半分も伝えられないけど、クジラたちはもしかしたら歌で感じたことをそのまま伝え合っているかもしれない」という意味の言葉が語られる。言葉以外の部分で感じられることが確かにあると感じつつも、改めて「“空気を読む”のではなく、言葉にして言わなきゃどう思っているのか伝わらないこともある。自分の気持ちを素直に言葉にすることも大切だなと思いました」とも語る。@@separator 昨年の『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』に朝ドラの語り、そして本作と、まさに“声”だけで伝えなくてはいけない仕事が続いた。  「今回もそうですが、アニメのお仕事は、声で全ての気持ちを表現しなければならない。この子はどんな声でどんな気持ちでしゃべっているんだろう? どんな子なんだろう? と想像しながらキャラクターを作り上げていくのは、難しくもあり楽しいところでもあります。『まんぷく』のような語りは、俳優の皆さんのお芝居があるので、その雰囲気を壊さず、でも第三者として見守れるような存在でいられるようにと心がけていました」。 @@insert3  今回、予備知識なしで観る多くの観客は、琉花の声を芦田が演じているとは気づかないのではないだろうか? それくらい、芦田愛菜の存在を感じさせずに琉花という役を体現しているが、それは芦田自身、声の仕事のみならず実写での演技でも目指すところだという。  「見ている人に“演じている”ってことを忘れさせるくらい、役にハマれる役者になりたいです。違和感なく(役柄として)アドリブが出るような…芦田愛菜ではなく、役としてそこにいると感じさせられる役者でいたいと思います」。(取材・文:黒豆直樹 写真:松林満美)  映画『海獣の子供』は6月7日より全国公開。

  • 映画『海獣の子供』の主題歌を担当する米津玄師

    『海獣の子供』主題歌・米津玄師「海の幽霊」全編アニメーションMV公開

    アニメ・コミック

     歌手の米津玄師による、アニメ映画『海獣の子供』の主題歌「海の幽霊」のミュージックビデオが公開された。同曲は、米津自身の作品としては初の映画主題歌で、ジャケットビジュアルは、映画の原作者・五十嵐大介による書き下ろしとなっている。@@cutter 本作は、第38回日本漫画家協会賞優秀賞、第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した同名漫画の映画化作品。  学校でも家でも自らの居場所を失うことなった主人公の中学生・琉花(芦田愛菜)が、父の働く水族館で、魚たちと一緒に泳ぐ不思議な少年“海”とその兄の“空”と出会い、彼らに導かれるように不思議な世界に触れていく。この出会いをきっかけに、地球上ではさまざまな現象が起こり始める。  解禁されたミュージックビデオは、全編に『海獣の子供』本編映像が使用されたもの。夏の港や海、雲が広がる青空が美しいアニメーション映像で描き出され、水族館の水槽の中のクジラや魚たち、海を泳ぐイルカの群れなどが次々と登場する。歌詞と連動して現われる夜空の星たちも印象的だ。  アニメーション制作を担当するSTUDIO4℃による繊細でダイナミックな自然や生き物、人物の描写が、全編を通して余すことなく描かれたミュージックビデオとなっている。  27日に、ミュージックビデオの先行視聴会「海の上映会」が東京都内に浮かぶ「船」にて実施され、抽選で選ばれた100名が一足先に映画の世界を体験した。  会場となる船内を深海に見立て、薄暗く水泡の音が響く中、貴重なクラゲやヒトデなどの海洋生物を展示。その奥中央には、原作者の五十嵐が書き下ろした「海の幽霊」のジャケットが、1.5m四方サイズの水槽の中に浮かび、水中の光の揺らぎを生で感じられるような見せ方で展示された。  浜辺に見立てられた別フロアーでは、波の音を聞きながら、映画『海獣の子供』のビジュアル展が展開され、映画の場面シーンのライトアップパネルや、クジラの泳ぐムービーを展示。  そして、船上デッキの屋上は“海の空”と題され、そびえ立つ巨大マストにミュージックビデオを投影。圧倒的なスケール感を全身で体感することで、映像の一部になったような不思議な体験ができ、会場は歓喜の声で溢れ返った。  映画『海獣の子供』は6月7日より全国公開。

  • 映画『海獣の子供』完成報告会見にて

    芦田愛菜、米津玄師の主題歌は「歌詞が素敵で魅力を感じます」

    アニメ・コミック

     女優の芦田愛菜が、9日都内にて開催された、映画『海獣の子供』完成報告会見に登壇。本作の主題歌には米津玄師の新曲「海の幽霊」が使用されているが、芦田は「米津さんの曲はすごく好きでよく聴いていて、歌詞が素敵で魅力を感じています。主題歌を歌ってくださると聞いたときはびっくりして、どんな曲かと楽しみにしていました」と感激を表した。@@cutter 本作は、第38回日本漫画家協会賞優秀賞、第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した五十嵐大介の海洋冒険漫画が原作。14歳の少女とジュゴンに育てられた二人の兄弟とのひと夏の出逢いを描くミステリアスな物語だ。この日の会見に石橋陽彩、浦上晟周や渡辺歩監督と共に登壇した芦田は、主人公・琉花の声を担当。琉花と共に物語の鍵を握る二人の少年、海を石橋が、空を浦上が演じる。アニメーション制作を映画『鉄コン筋クリート』のSTUDIO4℃が手掛け、音楽は久石譲が担当する。  本作について、芦田は「映像がとても綺麗で、水の表現がダイナミックで躍動感があり、水が生きているみたいだなと。その映像に音楽が加わることで、さらにお互いが引き立て合って作品に命を感じました」と感想を語った。そして「ラストの20、30分は私自身いろんなことを考えましたけど、明確な答えは出せていなくて…」と思いを明かした。また石橋は「この作品は頭で考えるより、心で感じる作品だなと思いました」とコメントした。  この日の会見では、本作の予告篇第2弾を初披露。この新予告篇には、米津玄師の「海の幽霊」が使用されており、楽曲の一部が初公開された。映像にリンクした、スケール感に満ちた楽曲となっている。芦田は「私、この作品の中のジムの『人間は言葉にしないと思っていることの半分も伝えられない』というセリフが好きなのですが、米津さんの楽曲の歌詞にもそのような歌詞があって心に響きました」と語った。  先日のNHKの改元特番同様、この日の会見でも大人っぽくしっかりしたコメントをする芦田だったが、今度の日曜日の母の日について話が及ぶと、「(例年は)父と一緒にお花を買ってプレゼントしたり。今年は“お母さん家事お休みデー”にしようかなと。お手伝いできたらいいなと思います」と14歳らしい笑顔を見せた。なお会見には森崎ウィン(アングラード役)、田中泯(ジム役)も出席した。  映画『海獣の子供』は6月7日公開。

  •  米津玄師の新アーティスト写真

    米津玄師、映画『海獣の子供』に新曲「海の幽霊」書き下ろし

    アニメ・コミック

     歌手の米津玄師が、女優の芦田愛菜が声優を務めるアニメ映画『海獣の子供』に、書き下ろしの新曲「海の幽霊」を主題歌として提供することが決定。併せて、新たなアーティスト写真も公開された。同曲は米津自身の作品としては初の映画主題歌となる。@@cutter 本作は、第38回日本漫画家協会賞優秀賞、第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した五十嵐大介の海洋冒険漫画が原作。主人公・琉花の声を芦田が演じるほか、琉花と共に物語の鍵を握る二人の少年、海を石橋陽彩が、空を浦上晟周が担当。アニメーション制作を映画『鉄コン筋クリート』のSTUDIO4℃が手掛ける。音楽は久石譲が担当。  米津と原作者の五十嵐は、米津が公式イメージソングを担当していたルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」より親交が続いたことにより、今回の書き下ろしにつながった。また、今回発表された米津の「海の幽霊」アーティスト写真は、ヒット曲「Lemon」MVも手掛けた山田智和が撮影したもので、新たな髪色となった姿を披露している。  主題歌発表に伴い、米津と原作者・五十嵐のコメントもそれぞれ到着した。 【米津玄師コメント全文】 原作を初めて読んだのは10代の頃だと思うのですが、そのすごさに圧倒されたことを憶えています。今読み返してもあの時の衝撃は全く古びず、更に新しい発見をもたらしてくれます。 もし映像化されるのであれば歌を作らせてほしいなあなんていうふうに思ってたことが、今日になって実現するというのはなんとも感慨深いです。 原作が持ってるものに負けないよう、それでいてうまく寄り添えるようなものが、果たして自分に作れるのかと、ここ数ヶ月は問答の日々でした。今は映画館で流れる日を楽しみにしています。 【五十嵐大介コメント全文】 米津玄師さんと初めてお会いしたのは何年前になるでしょうか。 それからの様々な人のつながりを経て、映画「海獣の子供」の主題歌を米津さんに…という話を伺った時、 来るべきものが来たような、不思議な昂揚を感じました。 心を高く深く拡げてくれつつ、同時に着地点を示してくれるような美しい歌に出会えて、今はただ感無量です。  映画『海獣の子供』は6月7日より全国公開。

  • (左から)『海獣の子供』追加キャストの田中泯、浦上晟周、森崎ウィン

    『海獣の子供』追加キャストに浦上晟周&森崎ウィン&田中泯

    アニメ・コミック

     五十嵐大介の原作漫画をSTUDIO4℃が映像化し、女優の芦田愛菜が声優を務めるアニメーション映画『海獣の子供』より、追加キャストとして浦上晟周、森崎ウィン、田中泯が発表された。@@cutter 本作は、自然世界への畏敬を独自の漫画表現で読者を魅了し続ける五十嵐大介の同名漫画を、映画『鉄コン筋クリート』で第31回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞し、そのハイエッジな映像表現で世界から注目を浴びるSTUDIO4℃が映像化。主人公・琉花の声を芦田が務め、音楽を久石譲が手がける。  琉花と共に、物語の鍵を握るジュゴンに育てられた2人の少年、海と空。浦上は、石橋陽彩演じる海の兄である空を演じる。森崎は、2人の少年の謎を追う天才海洋学者・アングラード役、アングラードのかつての相棒で海と空を保護している海洋生物学者・ジム役を田中が務める。  NHK大河ドラマ『真田丸』に出演し、今年秋には宮崎駿のオリジナル作品で国内初の舞台化となった『最貧前線』への出演が決定している浦上は、本作がアニメーション映画の声優初挑戦。「最初は不安が大きかったですが、声を吹き込ませて頂く過程はすごく楽しかったです」と話し、続けて「渡辺監督と色々お話をさせて頂きながら、大人びている喋り方と、時折見せる少年らしさのバランスを意識しました」と丁寧にキャラクターを作り上げたことを明かした。  映画『レディ・プレイヤー1』の森崎も、アニメーション映画の声優は今回が初。「絵の中にいるキャラクターと一緒に呼吸をしなくてはいけないと感じました。今回でいうとアングラードと僕、二人で一人という感覚で、その息がピタっ!とはまった瞬間はすごく気持ちがよかったです」と初声優の感想を語った。  ダンサーの田中は、アニメーション映画『鉄コン筋クリート』のネズミ役以来、13年ぶりにSTUDIO4℃の作品で声優を務める。「大きなヘッドホンからの自分の声に包まれて言葉を出す、まさしく声もカラダなのだ、と思い、演じることの面白さと際どさを同時に感じるお仕事でした」と振り返っている。  なお、当初、空役としてキャスティングが決まっていた窪塚愛流は、変声期を迎え安定した声を出すことが困難なため、出演を辞退する事が発表された。  映画『海獣の子供』は6月7日より全国公開。

  • 『海獣の子供』劇場ポスタービジュアル

    芦田愛菜『海獣の子供』、映像美と久石譲の音楽に魅了される予告編解禁

    アニメ・コミック

     女優の芦田愛菜が声優を務めるアニメ映画『海獣の子供』の予告編が解禁された。海の静けさと荒々しさを紡ぎ出す久石譲の音楽に乗せ、突然巨体を現すクジラや海中の映像美に、これから始まる海洋冒険ミステリーへの期待が高まる映像となっている。@@cutter 本作は、第38回日本漫画家協会賞優秀賞、第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した漫画を映画化。主人公・琉花の声を芦田が演じる。監督は渡辺歩、アニメーション制作を映画『鉄コン筋クリート』のSTUDIO4℃が手掛ける。音楽は久石譲が担当。  自分の気持ちを言葉にするのが苦手な中学生の琉花は、夏休み初日に部活でチームメイトと問題を起こしてしまう。母親と距離を置いていた彼女は、長い夏の間、学校でも家でも自らの居場所を失うことに。そんな琉花が、父の働く水族館へと足を運び、両親との思い出の詰まった大水槽にたたずんでいた時、目の前で魚たちと一緒に泳ぐ不思議な少年“海”とその兄“空”と出会う。  明るく純真無垢な“海”と何もかも見透かしたような怖さを秘めた“空”。琉花は彼らに導かれるように、それまで見たことのなかった不思議な世界に触れていく。三人の出会いをきっかけに、地球上ではさまざまな現象が起こり始める-。  予告編では、冒頭の迫力あるザトウクジラの姿や「海で起きるほとんどの事は、誰にも気づかれない」というテロップにも目が止まり、海について人間が知ることができる事象はどのくらいあるのか、物語の展開に期待が高まる導入になっている。そこから主人公・琉花の夏休みの始まりへ。琉花とジュゴンに育てられた少年「海」と「空」との出会いや、彼女が幼い頃に体験した不思議な思い出のシーンも描かれる。前半は浜辺の静けさを、後半は海の荒々しさを表現したかのような久石の音楽に乗せ、3人の出会いをきっかけに始まる海洋冒険ミステリーの一端を垣間見ることができる。  音楽を担当した久石は「全編を通してミニマル・ミュージックのスタイルを貫いたので、映画音楽としてはかなりチャレンジをしたと思います。宇宙の記憶の息遣い、生命の躍動感など観る人のイマジネーションを駆り立てる作品です。音楽と映像によって観る人の感覚が開放されて楽しめることを期待します」と話している。  映画『海獣の子供』は6月7日より全国公開。

  • 『海獣の子供』キャスト&キャラクタービジュアル

    稲垣吾郎&蒼井優、アニメ映画『海獣の子供』で夫婦役

    アニメ・コミック

     漫画家・五十嵐大介の原作漫画をSTUDIO4℃が映像化する映画『海獣の子供』より、新たに稲垣吾郎と蒼井優が出演することが発表された。二人は、主人公・琉花(芦田愛菜)の両親として夫婦役を務める。@@cutter 本作は、自然世界への畏敬を独自の漫画表現で描く漫画家・五十嵐大介の同名漫画を、映画『鉄コン筋クリート』で第31回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞するなど、独自の映像表現で確固たるブランドを築いてきたSTUDIO4℃が映像化。芦田愛菜、石橋陽彩、窪塚愛流ら期待の若手キャストの出演でも話題となっている。  今回発表となった追加キャストは、主人公・琉花の父親で水族館に勤務する安海正明役に稲垣、娘とも夫とも関係がうまくいかない琉花の母親・安海加奈子役に蒼井、琉花が所属するハンドボール部の先生役に渡辺徹、世界中を航海しながらジュゴンに育てられた兄弟「海」と「空」を見守る不思議な人物・デデ役を富司純子がそれぞれ演じる。  2006年公開の『ONE PIECE THE MOVIE カラクリ城のメカ巨兵』以来13年ぶりの長編アニメーション映画出演となる稲垣は、「この映画は、誰にとってもわかりやすい、単純明快なエンターテインメント作品というわけではありません。大人が観ても考えさせられるような深遠さがあり、子どもが観たら理屈を超えたところで、感じるものがちゃんとある作品になっています」と父親役ならではの想いをコメント。  原作『海獣の子供』の大ファンだったという蒼井は「収録にあたり本編映像を少し観たのですが、原作を読んでいた時に自分の頭の中で思っていた以上の“色”に溢れていて、想像をはるかに超えて凄いことになっていました」といちファンとしてアニメ化への高まる期待値をコメント。さらに2006年公開の『鉄コン筋クリート』以来となる STUDIO4℃作品参加にあたって、「『鉄コン筋クリート』の『シロ』という少年役から出発して、13年後の『海獣の子供』ではお母さん役。STUDIO4℃作品に戻って来られて素直に嬉しいです」と喜びを語った。  さらに、ポスタービジュアルもあわせて解禁された。「一番大切な約束は、言葉では交わさない」というキャッチコピーのもと、神秘的な大水槽の前で佇む琉花の姿が印象的で、海から宇宙へと無限に広がる空間がこれから始まる生命の壮大な物語を予感させるビジュアルになっている。  映画『海獣の子供』は6月7日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access