クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

スタートアップ・ガールズ 関連記事

  • 映画『スタートアップ・ガールズ』完成披露上映会にて

    上白石萌音、スタートアップするなら「バナナジュース屋さん」

    映画

     女優の上白石萌音と山崎紘菜が22日、都内で開催された映画『スタートアップ・ガールズ』完成披露上映会に出席した。上白石は、物語にちなんで自身のスタートアップ案として「バナナジュース屋さん」を挙げ、山崎は「やろうよ。バナナ、用意するよ」と協力に前向きな様子だった。@@cutter 本作は、自由奔放で天才的な大学生起業家の光(上白石)と安定志向の大企業OL・希(山崎)がビジネスパートナーとなり、それぞれの未来を探していく姿を描く。この日は共演の山本耕史、メガホンを取った池田千尋監督、そして主題歌を共作で手掛けたASIAN KUNG‐FU GENERATION(後藤正文、喜多建介)とグラント・ニコラス(FEEDER)も出席した。  役柄にちなみ、光と希のどちらが自分に近いか聞かれた山崎は希だと言い「希ちゃんは自分のことを平凡とか普通って思っているタイプなんですけど、私も自分ってすごく普通だなって思いますし、石橋を叩きまくって、石橋が割れちゃうみたいな、そういうタイプな気がするので(笑)。天才肌ではないというか、コツコツやるタイプだなと思っています」と自己分析。  一方の上白石は、以前は光だと思っていたとしたうえで「よくよく考えたら、私は希でした」とニッコリ。「光っぽい部分も自分の中にあるかもしれないんですけど、どちらかというと、何をするにも不安を感じちゃうし、一歩を踏み出せないことのほうが多いですし。思っていることも言えないし、校則も一回も破ったことがない(笑)」と真面目な性格を明かした。  その後、物語にちなんで、スタートアップとして何を始めたいか聞かれた山崎は「歌を歌う役をやってみたい」と、シンガー役に意欲を示し、上白石は「バナナジュース屋さん」と回答。「(テレビで)タピオカの次はバナナジュースが来るって言っていたので、始めるなら今かなあと思って」と理由を明かしてから「喋ってて恥ずかしくなってきました。辞めます」と照れ笑いを見せた上白石だったが、山崎は「やろうよ。バナナ、用意するよ」と協力に前向きな様子。これにうれしそうな表情を浮かべた上白石は「私、(バナナを)潰すね」と言い、山崎は「二人で叶えたいと思います」と白い歯を見せていた。  映画『スタートアップ・ガールズ』は9月6日より全国公開。

  • 映画『スタートアップ・ガールズ』公開記念~未来をつくる~トークイベント付き特別先行上映イベントにて

    上白石萌音、“同期”山崎紘菜との初共演に喜び 起業の誘いには「…」

    映画

     女優の上白石萌音、山崎紘菜が22日、都内で行われたダブル主演映画『スタートアップ・ガールズ』(9月6日公開)特別先行上映イベントに出席。2人は2011年に第7回東宝「シンデレラ」オーディションの審査員特別賞を受賞して芸能界デビューした言わば“同期”。上白石は山崎との仲を「支え合って傷も舐めあってきた。戦友のような感じ」といい、本作での初共演は「やりやすいことこの上ない」と振り返った。@@cutter 戦友との共演は「夢だった」という上白石は、「お互いの道を頑張る中でお芝居一緒にという夢があって、その夢をこの映画で叶えていただいた」と喜び。山崎との演技は「絶対大丈夫だと思って思いっきりやれた。光(上白石の役名)として自由にやれたのは紘菜ちゃんのおかげ」と感謝した。  山崎は、上白石に「助けられてばかり」と回想し、「出会った時から常にどしんと構えてくれる。引っ張ってもらった。役としては光としてリードしてくれて、プライベートでは私が悩んでいることも聞いてくれたりして。助けられたり、光が萌音ちゃんでよかったと心から思う」と信頼は厚い。そして2人で「ありがとうございます」と顔を見合わせ、笑顔を浮かべていた。  本作は新たな市場の開拓を目指して動くことを指すビジネス用語「スタートアップ」がテーマ。上白石が演じる大学生にしてIT×医療で起業を目指すひらめきの自由人・小松光と、山崎が扮する大企業に勤め起業家への投資をするキャリア志向の女性・南堀希がぶつかり合いながらもビジネスパートナーとしてそれぞれの未来を探していく物語。  この日は、光のモデルとなった女性起業家の平野未来氏、新居日南恵氏も登壇し、起業した理由などをトーク。2人を前にした上白石は「私も何度も挫けそうになる。もういいかなって思ってしまって沈んでしまう夜もある。でも、辛いことよりも楽しさが勝つうちは頑張れる気がするので、今はとにかくこの仕事が好き」と仕事への思いを吐露した。  また山崎は「私は打たれ弱いけど、打たれてから這いつくばる力もある。持ち上がる力はあるほう」と話すと、起業家の2人が「スタートアップに大事なこと」と指摘。その気になった山崎は「(会社を)一緒にやろうね!」と勧誘するも、上白石は「考えておくね…」と塩対応だった。  映画『スタートアップ・ガールズ』は、9月6日公開。

  • 映画『スタートアップ・ガールズ』ポスタービジュアル

    上白石萌音×山崎紘菜W主演『スタートアップ・ガールズ』ポスター&予告公開

    映画

     女優の上白石萌音と山崎紘菜が初共演にしてダブル主演を果たす映画『スタートアップ・ガールズ』より、ポスタービジュアルが公開され、併せて相反する2人の個性がぶつかりあう予告動画も解禁された。@@cutter 日本初の“スタートアップ”をテーマとした本作は、大学生にしてIT×医療で起業を目指すひらめきの自由人・小松光と、大企業に勤め起業家への投資をするキャリア志向の女性・南堀希という、性格も服装も仕事に対する考え方も真逆な2人がぶつかり合いつつ、ビジネスパートナーとしてそれぞれの未来を探していく物語。  大ヒットアニメーション映画『君の名は。』で主人公・宮水三葉の声を担当した上白石が光役を演じ、ファッション誌「JJ」(光文社)でレギュラーモデルとしても活躍する山崎が希に扮する。メガホンを取るのは、映画『先輩と彼女』『東京の日』などを手がけた池田千尋。映画『100回泣くこと』『坂道のアポロン』などの高橋泉が脚本を担当する。  公開されたポスタービジュアルでは、スタートアップ用語が散りばめられたピンク色の背景に、光がニコニコと、希がきょとんと、それぞれの性格を表したような対照的な表情で描かれている。上白石のピンクに染められた髪型が新鮮だ。  併せて解禁された予告映像は、光と希が出会う場面から始まる。前半は正反対の性格の2人が反発しあうシーンが続くが、主題歌となるASIAN KUNG‐FU GENERATION「スリープ」が流れだす後半からは、お互いを徐々に認め合い、ぶつかり合いながら、ビジネスパートナーとして進化していく姿が描かれ、どのような結末を迎えるのか気になる映像となっている。  映画『スタートアップ・ガールズ』は9月6日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access