クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

WALKING MAN 関連記事

  • 映画『WALKING MAN』完成披露にて

    野村周平、生放送出演後の反響に「『なめんな!』って話ですよ」

    映画

     俳優の野村周平、優希美青、伊藤ゆみ(旧ICONIQ)、星田英利(旧ほっしゃん。)、ANARCHY監督が5日、都内で開催された映画『WALKING MAN』完成披露上映会に登壇。野村はニューヨークでの留学生活について語ったほか、予期せぬ形でツイッターのトレンドになってしまったことについて「『なめんな!』って話ですよ」とぶちまけた。@@cutter 本作は、不幸と貧困に苦しみながらも、ラップと出会ったことによって歩き出す勇気をもらう主人公・アトム(野村)の姿を描く。プロモーションのため、アメリカ・ニューヨークでの留学から緊急帰国した野村は、6月から始めた留学生活について「楽しいですね。やっぱり日本と違って、いる人たちも当然、日本人じゃないので。そこでいろいろな文化に触れて、新たに成長しているかなという感じですね」と笑顔で報告。  アトムの妹・ウランを演じた優希は、野村について、「周平くんは普段、すごい元気で。やかましいくらい話す人(笑)」としつつ「今回、内気であまり喋らない役だったので、喋らないことが嫌だったのか分からないですけど、段取りとかで、台本に書いてあるセリフが終わった後に、アドリブを急にぶっこんできたり」と撮影を回想。「それが役としてというよりは、野村周平として、ぶっ飛んだアドリブをぶっこんできたりとかして。現場のスタッフさんとかも、笑ってそれを聞いていて、和んでたなって思います」と笑顔で明かした。  その後、劇中曲にちなんで「なめんな!」と感じた最近のエピソードを聞かれた野村は、数日前に生放送番組へ出演後、自分がツイッターのトレンドになったことに言及し「俺、けっこう良いこととか言ったかなあと思ったら、生放送での態度が悪くてトレンドになってるんですよ! おかしいでしょ! めっちゃ真剣に見てたんですよ!」と主張。真剣な顔が「不機嫌に見えたんでしょう」と分析しつつ「『寝起き感すごい』とか。メイクさんに謝れ!みたいな。『なめんな!』って話ですよ。生放送もしんどいねん!」と思いの丈をぶちまけ、会場を沸かせていた。  映画『WALKING MAN』は10月11日より公開。

  • 映画『WALKING MAN』本ビジュアル

    野村周平の切ない横顔が印象的!『WALKING MAN』本ビジュアル解禁

    映画

     俳優の野村周平が主演を務める映画『WALKING MAN』より、野村演じる主人公アトムの切なくも何かを決意したような横顔が印象的な本ビジュアルが、場面写真と共に解禁された。@@cutter 本作の主人公は、極貧の母子家庭で育ち、幼い頃から吃音症でコミュ障、さらに事故で重症の母親を抱え、思春期の妹を放っておけない、気弱で心優しき不用品回収業のアルバイトで生計を立てる青年。そんなアトムがラップ音楽と出会い、最底辺の生活から抜け出すべく、バカにされながらも奮闘し成長を遂げていく鮮烈な青春物語を描く。日本を代表する人気・実力ともにナンバー1のカリスマラッパーANARCHYが初監督で挑む完全オリジナル作品で、監督自身の実体験なども盛り込まれた半実話ともいえる作品となっている。  主人公の青年・アトムを野村が演じるほか、アトムの妹で今どきの女子高生・ウランを優希美青、職場の先輩で良き理解者の山本を柏原収史、行きつけの中華屋の美人店員キムを伊藤ゆみがそれぞれ演じ、冨樫真、星田英利、渡辺真起子、石橋蓮司といった個性派・実力派が脇を固める。プロデューサーは、『さくらん』『ヘルタースケルター』『くちびるに歌を』の宇田充が務める。  本ビジュアルでは、野村演じる主人公アトムの横顔が大きく写し出され、その下に優希演じる妹のウランの祈るかのような表情や、熱狂する観客の前でフードを目深にかぶりパフォーマンスをするアトムの様子もうかがえる。音楽満載の青春映画ならではのエモーショナルなポスターとなっている。  『WALKING MAN』は10月11日より全国公開。

  • 映画『WALKING MAN』に出演するT‐Pablow(BAD HOP)

    野村周平が決意の「なめんな!」 映画『WALKING MAN』本予告到着

    映画

     俳優の野村周平が主演を務める映画『WALKING MAN』より、本予告映像が到着した。極貧のどん底生活から「なめんな!」という魂の叫びとともに、ラップ一つで這い上がる主人公の生き様が描かれている。@@cutter 本作は、日本を代表する人気実力ともにナンバー1のカリスマラッパーANARCHYが初監督で挑む完全オリジナル作品。不幸と極貧のどん底の中、ラップに出会うことで、“歩き出す”勇気をもらう気弱で心優しき主人公の青年・アトムを野村が演じる。アトムの妹で今どきの女子高生・ウランに優希美青、職場の先輩で良き理解者の山本に柏原収史、行きつけの中華屋の美人店員キムに伊藤ゆみがそれぞれ扮し、冨樫真、星田英利、渡辺真起子、石橋蓮司といった個性派・実力派が脇を固める。  解禁された本予告映像は、アトムが交通量調査のアルバイト中に、カウンターでリズムをとっているシーンからスタート。言葉を発するのが苦手で、母子家庭にもかかわらず母親は入院中、アルバイトをしながら苦しい生活を送るアトムの日常が明らかになる。しかし、ラップと出会ったことでアトムが報われない現状や自己責任論を押し付ける世間に対して「なめんな!」という魂のセリフを発し、アトムの物語が大きく動きだしていく。  映像では、ANARCHY監督自らが作詞を手掛ける劇中歌「Promise」「なめんな」「WALKING MAN」の3曲が物語を盛り上げる。さらに、T‐Pablow(BAD HOP)、WILYWNKA、Leon Fanourakis、サイプレス上野、十影、じょう、LETYら、人気現役ラッパーたちの出演もあわせて情報が解禁された。  『WALKING MAN』は、10月11日全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access