クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

真実 関連記事

  • 映画『真実』メインビジュアル

    是枝裕和監督『真実』、母と娘の愛憎渦巻く特報解禁

    映画

     是枝裕和監督の最新作『真実』(10月11日公開)より、特報が解禁された。カトリーヌ・ドヌーヴ演じる主人公の国民的大女優が著した自伝本の内容をめぐり、娘との言い争いが始まり、やがて母と娘の<嘘>と<真実>があらわになっていく様子が映し出されている。@@cutter 本作は、母と娘の間に隠された、ある「真実」をめぐって物語が展開していく、是枝監督の構想8年にして初の国際共同製作作品。キャストには、『シェルブールの雨傘』(1963)のドヌーヴをはじめ、『ポンヌフの恋人』(1991)のジュリエット・ビノシュ、アカデミー賞助演男優賞にもノミネートされた『6才のボクが、大人になるまで。』(2014)のイーサン・ホークなど、世界のトップ俳優陣を迎えている。8月28日から開催される第76回ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門オープニング作品に日本人監督作品として初めて選ばれている。  特報は、晩秋のパリ、大女優ファビエンヌ(ドヌーヴ)が暮らす、美しい緑が広がる大きな家の庭でのシーンから始まる。大きな荷物を抱えて歩くファビエンヌの娘(ビノシュ)とその夫(ホーク)。そして彼らに挟まれて「おばあちゃんのお家って…お城みたい」と子どもらしくつぶやくのは、本作のために是枝監督がフランスで見いだしたクレマンティーヌ・グルニエちゃん演じる孫娘。一見、どこにでもいる幸せそうな若い家族。彼らはファビエンヌの自伝本『真実』の出版祝いのため集まってきた。ファビエンヌも久々の娘家族との再会を喜ぶ様子を見せる。  だが、『真実』の内容をめぐり物語は一転、母と娘の<嘘>と<真実>が徐々に明らかになっていく。娘に過去の家族との記憶を問い詰められても、その問いをかわすように「あれは事故よ」と語る母に対し、「ママを許さない絶対に」と冷たく言い放つ娘。自伝本につづられなかった<ある秘密>が、母と娘の心の影を次第にあらわにしていく。  最後に映し出されるのは「ママ、あなたの人生 嘘だらけね」という本作のキャッチコピー。国民的大女優としての貫禄もありながら、どこか少女のようなキュートさやユーモアも感じさせ、なおかつ一人の女性として見せる孤独な表情は、まるでドヌーヴの人生そのものを映し出しているかのようにも見える。  映画『真実』は10月11日より全国公開。

  • 映画『真実』ポスタービジュアル

    是枝裕和監督最新作『真実』ポスター解禁 欧米豪華キャスト勢ぞろい

    映画

     是枝裕和監督の最新作『真実』(10月11日公開)より、カトリーヌ・ドヌーヴ、ジュリエット・ビノシュ、イーサン・ホークら、本作で家族を演じる豪華キャスト陣が勢ぞろいしたポスタービジュアルが解禁された。@@cutter 本作は、母と娘の間に隠された、ある「真実」を巡って物語が展開していく、是枝監督構想8年の渾身作にして初の国際共同製作作品。キャストには、『シェルブールの雨傘』(1963)のカトリーヌ・ドヌーヴをはじめ、『ポンヌフの恋人』(1991)のジュリエット・ビノシュ、アカデミー賞助演男優賞にもノミネートされた『6才のボクが、大人になるまで。』(2014)のイーサン・ホークなど、世界のトップ俳優陣を迎えている。8月28日からイタリアで開催される第76回ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門オープニング作品に日本人監督作品として初めて選ばれている。  国民的大女優ファビエンヌ(ドヌーヴ)が自伝本【真実】を出版。お祝いと称して家族が集まった。米国で脚本家として活躍する娘のリュミール(ビノシュ)、テレビ俳優の娘婿ハンク(ホーク)、ふたりの娘のシャルロット、ファビエンヌの現在のパートナーと元夫、そして長年の秘書。家族らの気がかりはただ1つ。「一体彼女はなにをつづったのか?」。そしてこの自伝は、次第に母と娘の間に隠された、愛憎渦巻く「真実」をもあらわにしていき―。  ポスタービジュアルでは、ドヌーヴ演じるファビエンヌの周りに、娘役のビノシュ、その夫役のホーク、そして孫娘役のクレマンティーヌ・グルニエが集まっている。一見、自伝本を出版した母を祝福するように笑顔の娘家族が寄り添う、仲むつまじい家族写真だが、中心には「ママ、あなたの人生、嘘だらけね」という不穏なコピーが添えられ、家族の間に秘められた<嘘>や<秘密>が好奇心をかき立てるビジュアルとなっている。  また、その絶妙な距離感や表情からは、是枝監督ならではのリアルな家族の姿を垣間見ることができ、これまで「父と息子」「四姉妹」「血のつながらない一家」などさまざまな家族の形を描いてきた監督が創り上げる新たな母娘像も期待される。  映画『真実』は10月11日より全国公開。

  • 映画『真実』是枝裕和監督と、カトリーヌ・ドヌーヴらメインキャスト

    是枝裕和『真実』、日本人監督作初のヴェネチア国際映画祭オープニング作品に決定

    映画

     是枝裕和監督の最新作『真実』(10月11日公開)が、8月28日からイタリアのヴェネチアにて開催される第76回ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門オープニング作品に選ばれたことが分かった。日本人監督の作品が選ばれるのは史上初の快挙となる。@@cutter ベルリン国際映画祭、カンヌ国際映画祭と並び世界三大映画祭と呼ばれるヴェネチア国際映画祭の中でも、本年度の顔として最も注目を集めるのがコンペティション部門のオープニング作品。本作はオープニング作品であると同時に、コンペティション部門出品作品となる。  昨年、『万引き家族』で参加したカンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞した是枝監督。ヴェネチア国際映画祭には、1995年に監督デビュー作で金オゼッラ賞を受賞した『幻の光』、2017年にコンペティション部門に出品した福山雅治主演作『三度目の殺人』以来、3度目の参加となる。  本作は、『シェルブールの雨傘』(1963)のカトリーヌ・ドヌーヴをはじめ、『ポンヌフの恋人』(1991)のジュリエット・ビノシュ、アカデミー賞助演男優賞にもノミネートされた『6才のボクが、大人になるまで。』(2014)のイーサン・ホークなど、世界のトップ俳優陣を迎え、母と娘の間に隠された、ある「真実」を巡って物語が展開していく、是枝監督構想8年の渾身作にして初の国際共同製作作品。  是枝監督は「私の新作『真実』が、ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門オープニング作品に選ばれたという嬉しいお知らせを頂きました。大変光栄です。映画祭関係者の皆さんにまず感謝致します。撮影は昨年の秋に10週間パリで行いました。発表された通り、キャストは本当に華やかなのですが、物語の七割は家の中で展開していく、小さな小さな、家族のお話です。その小さな宇宙の中に出来る限りの後悔や嘘や見栄や寂しさや、和解や喜びを詰め込んでみました。どうぞ、お楽しみください」とコメントを発表している。  映画『真実』は10月11日より全国公開。

  • 映画『真実』メイキング写真

    是枝裕和監督最新作『真実』、邦題決定&10月公開 メイキング写真到着

    映画

     是枝裕和監督の最新作『La Verite(原題)』が、邦題を『真実』として10月11日に公開されることが決定。併せてカトリーヌ・ドヌーヴ、ジュリエット・ビノシュらの姿が垣間見れるメイキング写真が公開された。@@cutter 本作は、映画『万引き家族』で第71回カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した是枝裕和監督最新作。長編14作目となる最新作にして、初の国際共同製作映画となる。フランスを代表する女優カトリーヌを主演に迎え、自身のイメージとも重なるような「国民的大女優」を演じる。カトリーヌの娘役をジュリエットが、ジュリエットの夫をイーサン・ホークが演じる。  国民的大女優ファビエンヌが自伝本「真実」を出版。アメリカで脚本家として活躍する娘のリュミール、テレビ俳優の娘婿ハンク、ふたりの娘のシャルロット、ファビエンヌの現在のパートナーと元夫、そして長年の秘書らが、お祝いと称して集まった。だが、家族は自伝で彼女がなにを綴ったのかが気がかりだった。そしてこの自伝は、次第に母と娘の間に隠された愛憎渦巻く「真実」をも露わにしていく…。  解禁となったメイキング写真は、左右にわかれて向かい合うカトリーヌとジュリエットの後方で、是枝監督が力強く演技の指示を出しているもの。その様子を見るだけでも、今作がワールドワイドな作品となっていることが感じられる。  映画『真実』は10月11日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access