クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

カツベン! 関連記事

  • 映画『カツベン!』周防監督「全国しゃべくり道中」途中経過報告会に登場した成田凌

    埼玉出身の成田凌、「埼玉で愛されてる?」の質問に「怖い」

    映画

     俳優の成田凌と周防正行監督が23日、都内で行われた映画『カツベン!』「全国しゃべくり道中」途中経過報告会に出席。出身地の話や、周防監督の演出について語った。@@cutter 成田が映画初主演を務める本作、舞台は映画(活動写真)がサイレントでモノクロだった約100年前。活動弁士を夢見る青年が、小さな町の映画館に流れ着いたことから始まるエンターテインメント作品となっている。  現在、周防監督が全国を周り『カツベン!』の魅力を語る「周防正行の全国しゃべくり道中」が実施中。周防監督はこれまでに31都道府県を周り、地元の雑誌など、160もの媒体の取材を受けている。成田はキャンペーンについて「本当にありがとうございますとしか思えないというか、すごすぎますよ! 160媒体ってなかなかですよね」と驚きの様子。続けて「そんな監督と取材を一緒に受けていると、楽でしょうがない」と話し、笑いを誘った。  埼玉県出身の成田に周防監督は「埼玉で愛されてる?」と質問。成田が「怖い質問ですね」と返すと会場からは爆笑が起こった。周防監督は同キャンペーンで各地を周り、ご当地の役者が本当に愛されていることを感じたという。周防監督が「東京、神奈川とかはご当地感0だよ」と話すと成田も「そうなんですよ! 埼玉県くらいまではご当地感0です」と同調した。さらに成田は「実家からガチャって出たら若者2人が歩いてて『あ、本物だ』って言われました」と地元でのエピソードを披露した。  周防監督の演出で印象に残ったことを成田は「台詞が何もない、廊下を出入りするシーン」をチョイス。「台詞のないところをこだわってらっしゃったのがすごく印象的でしたね」と回答した。17テイクほど撮ったシーンもあるそうで、周防監督は「撮り方は活動写真を意識して、見えていないところはあるんだけどあえて見せないで、廊下の部屋の出入りだけでドタバタ感を表現したかったので」と撮影に対するこだわりを明かした。  映画『カツベン!』は12月13日より全国公開。

  • 映画『カツベン!』場面写真

    クセ者キャストが大暴れ! 成田凌×周防正行『カツベン!』予告編解禁

    映画

     俳優の成田凌が映画初主演を務め、黒島結菜がヒロインを演じる周防正行監督最新作『カツベン!』より、予告編が解禁された。小さな映画館で働くことになった主人公・俊太郎(成田)の周りでは、活動弁士や映画館主ら、くせ者ぞろいの面々が大暴れ、さらには大金を狙う泥棒が現れたりと、痛快なドタバタ活劇を期待させる映像となっている。@@cutter 本作は、今からおよそ100年前の大正時代を舞台に、サイレント映画の活動弁士を夢見る青年・俊太郎(成田)を主人公にした物語。キャストには成田と黒島のほか、永瀬正敏、高良健吾、井上真央、音尾琢真、竹野内豊、池松壮亮、山本耕史、成河、酒井美紀、さらに周防監督作品ではおなじみの竹中直人、渡辺えり、小日向文世らも名を連ねる。脚本は、長年周防組の助監督を務めてきた片島章三。  一流の活動弁士を夢見る青年・俊太郎は、小さな町の映画館「靑木館」に流れ着く。隣町のライバル映画館に客も人材も取られて閑古鳥の鳴く靑木館に残ったのは、人使いの荒い館主夫婦、ごう慢で自信過剰な弁士、酔っぱらってばかりの弁士、気難しい職人気質な映写技師と、くせ者ぞろい。雑用ばかり任される俊太郎の前に突如現わる大金を狙う泥棒、泥棒とニセ活動弁士を追う警察、そして幼なじみの初恋相手。俊太郎の夢、恋、青春の行方は…。  予告編では、成田演じる俊太郎が町の小さな映画館で働くことになり、映画館館主(竹中)や、その妻(渡辺)、かつて憧れた弁士で酒飲みオヤジ(永瀬)、ヒロインの新人女優(黒島)、ライバル映画館の親子(小日向、井上)など、一癖も二癖もある個性的な面々に囲まれ四苦八苦する姿や、イケメン看板弁士(高良)の声に女性客らが失神する様子などが映し出される。さらに俊太郎が謎の大金をめぐって泥棒(音尾)に追われ、ピストルを突きつけられたり、泥棒を追う熱血刑事(竹野内)も加わったりと、空前絶後のドタバタ大騒ぎが繰り広げられる。  映画『カツベン!』は12月13日より全国公開。

  • 映画『カツベン!』発表されたキャスト(左から)池松壮亮、成河、酒井美紀、山本耕史

    成田凌主演×周防正行監督作『カツベン!』、追加キャストに池松壮亮&山本耕史

    映画

     俳優の成田凌が主演を務め、黒島結菜がヒロインを演じる、周防正行監督の最新映画『カツベン!』より、追加キャストとして池松壮亮、山本耕史、成河、酒井美紀の出演が発表された。@@cutter 本作は、今からおよそ100年前を舞台に、活動弁士を夢見る青年(成田)が、とある小さな町の映画館に流れついたことからすべてが始まるノンストップエンターテインメント。超満員の映画館、隣町のライバル映画館、再会を果たした初恋相手、大金を狙う泥棒、ニセ活動弁士を追う警察までをも巻き込み、やがて事態は誰もが予想もしなかった方向へと展開する。キャストには成田と黒島のほか、永瀬正敏、高良健吾、井上真央、音尾琢真、竹野内豊、さらに周防監督作品ではお馴染みの竹中直人、渡辺えり、小日向文世も名を連ねる。  池松は、映画黎明期を支えた実在の映画監督、二川文太郎を演じ、山本は、日本映画の礎を築いた“映画の父”として知られる牧野省三を演じる。加えて、ミュージカル俳優として活躍している成河が技師の浜本を、酒井はヒロイン梅子の母親をそれぞれ務めることも発表された。  若き活動写真監督を演じる池松は「活動弁士が題材の映画と聞き、とても面白いなと思いました。日本にしか無かった文化だと知り更に興味を覚えました。実在の人物の役ですが、映画を純粋に繋いでくれた先人達には無条件の尊敬があります。周防監督のもと、職人気質なスタッフに囲まれて、ほんの数日間でしたが良い時間を過ごす事が出来ました」と思いを語った。  周防作品は映画『それでもボクはやってない』以来12年ぶりの参加となる山本は「監督の現場は相変わらず穏やかで、ひとりの役者として撮影に参加しているのがとても楽しい現場でした。日本映画の父と呼ばれる牧野省三役を演じさせていただきましたが、当時の映画人が持っていた勢いをみなさんに感じていただければと思います」と意気込んだ。  映画『カツベン!』は12月13日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access