クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

五億円のじんせい 関連記事

  • 映画『五億円のじんせい』で主演の大役に挑む望月歩

    『3年A組』望月歩、中学生で決めた「役者の道」を歩む覚悟

    映画

     「今までいろいろな役をやってきて、それも一歩だったんですけど、今回は役者として別の一歩ということをすごく感じています」。初主演を飾った映画『五億円のじんせい』での経験をそう振り返るのは、俳優の望月歩だ。映画『ソロモンの偽証』で一躍脚光を浴び、最近ではドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』での演技も反響を呼んだ若手俳優に、本作を通じて実感した俳優としての成長や、芝居に魅了されたきっかけなどについて語ってもらった。@@cutter 善意の募金によって命を救われた17歳の少年・高月望来(望月)が、差出人不明のメッセージを受け取ったことを機に、五億円を稼いでから死のうと奔走する姿を描く本作。望来に共感できた点を聞くと「本当の自分と周りに求められている自分とか、そういう部分に関してはすごく共感できることが多かった」と話す望月。役作りに関しては「望来がどうやって生きてきたかや、今まで経験してきたことをまとめて書いたりしました。あとは、文晟豪監督とたくさんお話させていただきました。作品のこと、監督のことをいろいろと聞いたり。役としても、ちゃんと相手のことを知っている信頼関係的な気持ちの面で、とてもやりやすかったです」と振り返る。  本作は生や死というテーマを通じて、観客に問いかけるものが多い。そういった作品で初主演を務めたことについて望月は「いろいろな引き出しが増えたというか、考えさせられるものが増えたのは、すごく良い経験だったなと思います。お芝居の面だと、今までは同じ役でいろいろな人と一対一でここまで関わることがなかったから、自分が成長していくのがすごく楽しかったです」と進歩を実感している様子。撮影前には「きみ次第で、どうとでもなる」という周囲の声にプレッシャーを抱いたというが「現場に入ったら、そうでもなくて。めちゃくちゃ準備した分、現場ではすごく楽しめてやれたかなと感じています」と満足げに振り返る。 @@insert1  そんな望月が芸能界に入ったのは「嵐」への憧れから。ダンスに取り組む中で芝居に触れ、レッスンを通じてその魅力に目覚めていった。自殺する生徒役で脚光を浴びた『ソロモンの偽証』には思い入れがあると言い「同じ年代の役者さんと、あれほどの人数でお芝居したのは初めてでした。感覚として言うと、同期みたいな感じ。『同期ができた』という区切りができていて、自分にとってはスタートのような感覚がある作品ですね」と頬を緩める。@@separator 最近では、『3年A組』での瀬尾雄大役が反響を呼んだ。放送後の変化を聞くと「声をかけていただくことが、ものすごく増えました」と誇らしげな顔を見せつつ「でも、役名なんですよ。街中で『おい、瀬尾!』とか言われるんです(笑)。うれしいんですけど、やっぱり役者の名前で呼ばれた方がうれしい」と本音も吐露する。  今後も役者一本で活動していくというが、驚くことにその決断は、WOWOWドラマ『埋もれる』(2014年)に出演した中学生の時点で固めていたという。「周りのおかげだと思います。自分を応援してくれる家族や友達、マネージャーさんたち周りの人のおかげですね」と当時を回想する望月。常に求められる必要がある俳優業に対して危機感を抱いているか問うと「感じていないことはないんですけど、『やばい!』と焦っているわけではないです。ちゃんとやるべきことをこなしていこうと思います。不安はありますけど(笑)」と屈託のない笑顔を見せる。 @@insert2  芝居の世界で影響を受けた存在を尋ねると、現場でもレッスン場でも、楽しんで演技している先輩たちに「ワクワク」を感じたことを述懐。「一緒に演じた人に、ワクワクが伝わるような役者になりたいって、すごく思います」と目標を明かしてくれた。  ひょうひょうとしていながら、18歳という年齢に相応な無邪気さも垣間見える望月。その芝居は繊細であると同時に、見る者を引き込むパワーに満ちている。令和の映画界・ドラマ界を牽引していくこと請け合いの若手俳優の名前は、そう遠くない日に、道行く人々が口にするのではないだろうか。(取材・文・写真:岸豊)  映画『五億円のじんせい』は7月20日より全国順次公開。

  • 『五億円のじんせい』完成披露舞台挨拶にて

    望月歩、初主演映画舞台挨拶で監督の無茶ぶりを冷静にスルー

    映画

     俳優の望月歩が9日、都内で行われた映画『五億円のじんせい』完成披露舞台挨拶に出席。初主演映画に臨むにあたっての役作りについて明かした。@@cutter GYAOとアミューズがオーディションによりオリジナル映画を作るプロジェクト「NEW CINEMA PROJECT」にて、約400本の中からグランプリを受賞した本作。  五億円の募金で行われた心臓手術によって命を救われた、望月演じる主人公・高月望来が、とある出来事をきっかけにSNSで自殺を宣言。そこへ届いた「死ぬなら五億円返してから死ね」というメッセージを受け、望来が五億円の借金を返して自由になるための旅に出ることとなる様が描かれる。  舞台挨拶には望月のほか、共演の山田杏奈、兵頭功海、主題歌を担当するZAO、文晟豪(ムン・ソンホ)監督、脚本の蛭田直美が登場した。  本作が初主演となる望月は、役作りについて「考えて、書いて、調べるのをやって、あとは監督と話をしてという感じです」と説明。「どれぐらい書いていた?」という質問に、文監督から「5億ページ」と横からささやかれるも「監督にいただいたノートに半分すぎくらいまでと、それとは別のノートに2、30ページくらいですかね」と落ち着いた様子で答えた。  兵頭は「演技に関して、右も左もわからない中で始まったんです。初めての撮影だったので苦労しました。はっきり言うと、お芝居は下手くそです。でも一生懸命やらせていただいて、作品としては素晴らしい作品ですので、ぜひ観ていただきたいです」とコメント。  また、作中に1人2役で出演する山田は「初めて1人2役をやらせていただいたので、どんなものかなと。2人とも魅力的な子なので、その魅力をどうにかして出さないとと必死で考えて、声のトーンだったり話し方で違いを出せたらいいなと思っていました」と振り返った。  その後、ZAOが主題歌「みらい」を生歌唱。出演者一同が感動にひたる中、兵頭は「純粋にかっこいいです。歌を歌っている人ってやっぱかっこいいので、かっこいいなと思って見ていたんですけど、かっこいいしか出てこないですね。すみません」と大絶賛だった。  映画『五億円のじんせい』は、7月20日より全国順次公開。

  • 映画『五億円のじんせい』メインカット

    望月歩、借金返済のため闇バイトで四苦八苦 『五億円のじんせい』場面写真解禁

    映画

     ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の出演で注目された望月歩が初主演を務める映画『五億円のじんせい』より、主人公が闇バイトで四苦八苦する姿などを捉えた場面写真が解禁。併せて望月と文晟豪(ムン・ソンホ)監督のコメントも到着した。@@cutter 本作は、GYAOとアミューズが今後の次世代を担う新たな才能の発掘を目指し、オリジナル映画の企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら作品を完成させるという挑戦的な取り組み「NEW CINEMA PROJECT」にて、約400本の応募の中から第一回グランプリを受賞した脚本の蛭田直美と文晟豪(ムン・ソンホ)監督のコンビによって制作された作品。  善意の募金五億円により心臓手術に成功し、命を救われた少年・高月望来(望月)。17歳になり五億円にふさわしい自分かどうか悩んでいた望来は、とある出来事をきっかけにSNSで自殺を宣言。そこへ見知らぬアカウントから「死ぬなら五億円返してから死ね」というメッセージが届く。夏休みに望来は家を飛び出し、五億円の“借金”を返して自由になるための旅に出る。そして、様々な人と出会い、事件に巻き込まれながら、思わぬ発見が彼を待っていた―。  初めての主演は「楽しさとプレッシャーの両方がありました」と語る望月。「監督とは自分の考えを話して、質問して、監督の考えを聞いて一緒に役を作っていきました。その中で印象的だった言葉は『ラブリー』です。『こう動いたらラブリーに見えるよね』みたいな。今まで『ラブリー』という言葉を口にしたことがなかったので照れくささもありつつ、『ラブリーとはこういうもの』というイメージもなかったので、監督の求める『ラブリー』を理解できた感じです。監督はいつも楽しそうで、ワクワクが伝わってくるし、一緒に作っているなとすごく感じて、『この人の気持ちに応えたい』という気持ちになりました」と文監督との充実した撮影を振り返った。  周囲の期待に応えようとする「いい子」だった望来は、家出中にホームレスのほか、工事現場や添い寝カフェ、死体清掃などの労働を経験し、今まで知らなかった世界を知ることで強くたくましく成長していく。望月は「本当の自分を出せていない人や、今の自分から変わりたいと思っている人が、望来の変化や成長を見て、勇気を持ってくれたらいいなと思います」とメッセージを寄せている。  一方、文監督は望月について「高校生らしい危うさと瑞々しさを持った人を! 同年代で役にシンパシーを感じてくれる人を! そんな人を探していました。望月歩さんにはそれがありました。とても魅力的な望月さんも、等身大ということを考えると、1年違えば巡り合っていなかったかもしれません。見事に演じきってくれた望月さんに感謝です」と語っている。  映画『五億円のじんせい』は7月20日より全国順次公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access