クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

“隠れビッチ”やってました。 関連記事

  • 映画『“隠れビッチ”やってました。』場面写真

    佐久間由衣『“隠れビッチ”やってました。』あざとかわいいモテテク満載!本編映像解禁

    映画

     女優でモデルの佐久間由衣が主演を務める映画『“隠れビッチ”やってました。』より、本編映像が解禁。佐久間演じる“隠れビッチ”な主人公・荒井ひろみが、あざとかわいいモテテクニックを駆使して狙い通りの展開に持っていく姿を収めている。@@cutter 本作は、あらいぴろよの同名コミックエッセイを原作に、『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『旅猫リポート』の三木康一郎監督が実写化。タイトルになっている“隠れビッチ”とは、清楚派に擬態した“ビッチ”の事で、戦略的に「隙」と「タイミング」を演出しながら、男性を次々とハントしていく女性を指す。そんな“隠れビッチ”のモテ戦術を面白おかしく披露しつつも、その裏に潜む現代女性の心の隙間や歪みに寄り添う作品となっている。本作が映画初主演となる佐久間のほか、村上虹郎、大後寿々花、小関裕太、森山未來などが出演する。  26歳の独身女・ひろみ(佐久間)の趣味&特技は異性にモテること。メイクはナチュラル、戦闘服は露出控えめのワンピース。絶妙のタイミングでのスキンシップや会話術で相手を翻弄し、「好きです」と告白させたら即フェイドアウト。恋愛のおいしいところだけを楽しんで、カラダの関係は一切お断り。そんなひろみに、シェアハウス仲間のコジ(村上)と彩(大後)は呆れ顔だ。  そんなある日、気になるお相手・安藤(小関)が現れるが、数年ぶりの負け試合となり、さらに安藤を本気で好きになっていることに気づいたひろみはショックを受ける。やけ酒をあおり酔いつぶれているところを目撃された同じ職場の三沢(森山)に、ひろみは“隠れビッチ”だということを打ち明け、自分の過去と向き合い始める…。  今回解禁された本編映像は、ひろみが、服装・仕草にいたるまで最強のモテテクニックをいかんなく発揮し、狙い通りの展開に持っていく様子を切り取ったもの。勝負服を身にまとい、デートに向かうひろみの姿が映し出された映像に「恋愛で、最も好感度が上がる肌の露出面積は15~20%。その割合を意識しつつ、透け感のあるさらさらした素材を選び、女性の下着を連想させます。ついでに、鎖骨を見せると裸を連想させることができるのでさらに効果的。安っぽいバカ女を卒業し、いい感じの清純派になれるのです」と勝負服について淡々と解説するひろみの声が重なる。  映像の後半では、この日のターゲットとなるノーマル系男子(柳俊太郎)が待ち合わせ場所に現れ、勝負服に見惚れていると、ひろみはわざとらしく「どうしたの?」と一言。その後映画館でのシーンでは、「ノーマル系男子は、過剰に欲情させても危険な行動に出ないのでガンガン行くべし」というナレーションに続き、ひろみは大きな音に驚いたふりをして隣の彼に身を寄せ上目使いで見つめる。すると彼は、エサに食らいつく魚のように手を握り返し、ひろみは狙い通りの展開に「きた…!」と心の中で喜ぶ。ヒロインの計算し尽くされたモテテクニックに「こういう女性いるよね」と思わず共感してしまうような映像となっている。  映画『“隠れビッチ”やってました。』は12月6日より全国公開。

  • 映画『“隠れビッチ”やってました。』場面写真

    小関裕太&戸塚純貴ら『“隠れビッチ”』の餌食になるイケメンたちを一挙公開

    映画

     女優でモデルの佐久間由衣が主演を務める映画『“隠れビッチ”やってました。』より、イケメンたちが佐久間演じる“隠れビッチ”な主人公・荒井ひろみの餌食になる様子を写し出した場面写真が公開された。@@cutter 本作は、あらいぴろよの同名コミックエッセイを原作に、映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『旅猫リポート』の三木康一郎監督が実写化。タイトルになっている“隠れビッチ”とは、清楚派に擬態した“ビッチ”の事で、戦略的に「隙」と「タイミング」を演出しながら、男性を次々とハントしていく女性を指す。そんな“隠れビッチ”のモテ戦術を面白おかしく披露しつつも、その裏に潜む現代女性の心の隙間や歪みに寄り添う作品となっている。本作が映画初主演となる佐久間のほか、村上虹郎、大後寿々花、小関裕太、森山未來などが出演する。  解禁されたのは、チヤホヤされたいだけの“隠れビッチ”な最狂ヒロイン・ひろみ(佐久間)の餌食となる、さまざまなタイプの男たちが写し出された場面写真。ひろみがわざと落としたモノを拾う際に手が重なり、上目使いで見つめられ完全にノックアウトされる自然体系・安藤(小関)をはじめ、適度に露出したワンピースを着たひろみのボディタッチにより撃沈される草食系・船木(戸塚純貴)の姿。  さらに、一途なバツイチ系・川田(前野朋哉)、IT企業勤務の肉食系・永田(片桐仁)、包容力のあるエリート系・小橋(前川㤗之)、グイグイこられて嬉しそうなノーマル系・坂口(栁俊太郎)の姿も収められており、このあと彼らが“隠れビッチ”にどのように料理されるのか、気になるカットとなっている。  映画『“隠れビッチ”やってました。』は12月6日より全国公開。

  • 映画『“隠れビッチ”やってました。』完成披露舞台挨拶に登場した佐久間由衣

    佐久間由衣、初主演映画の完成披露で目をうるませて感激! 「撮影は終始大変でした」

    映画

     女優の佐久間由衣が4日、第32回東京国際映画祭にて行われた映画『“隠れビッチ”やってました。』完成披露舞台挨拶に出席。佐久間にとって本作は映画初主演となるが、「できないことがあるなか、いろいろな人に支えられて撮影した映画です」と語ると感極まり目に涙を浮かべるシーンも見られた。@@cutter 本作は、イラストレーターで漫画家のあらいぴろよの実体験をもとに描いたコミックエッセイを、映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』などの三木康一郎監督が実写映画化。一見すると清楚だが、その実は男心を弄ぶビッチである主人公・ひろみ(佐久間)が、自分に向き合い、自分の弱さや自信のなさを受け入れて一歩を踏み出そうとする姿を描く。舞台挨拶には、村上虹郎、大後寿々花、小関裕太、三木康一郎監督も登壇した。  センセーショナルなタイトルから、オファーを受けたとき「私、お嫁にいけなくなるかも」と思ったという佐久間。しかし台本を読み「承認欲求と向き合うお話だったので、是非挑戦させていただきたいと思いました」と笑顔を見せる。  佐久間演じるひろみは感情の起伏が激しい女性。佐久間は「撮影は終始大変でした」と三木監督をチラ見すると「監督から厳しい指導がありました。テンションを高く持ち、何とか乗り切りました」と語る。三木監督は「そんなに厳しくないです。優しめですよ」ととぼけると「キャラクターについては好きにやってくださいと言いました」と発言。  佐久間は苦笑いを浮かべると「最初はそうでしたが、実際現場に入ると『違う、違う、違う、違う』と……。何回もシーンをやらせていただいたのを覚えています」と撮影を振り返る。すると三木監督は「正解を一つずつ出していったということですね」と演出理由を述べていた。  初主演映画がようやくお披露目されたことに感極まったか、最後の挨拶では佐久間の目に涙が浮かぶ。必死に涙をこらえながら佐久間は「原作者のあらいさんの実体験に基づいて描かれた作品の映画化です。少しでも皆さんの心に響いていただけたら嬉しいです」と客席に作品をアピールしていた。  映画『“隠れビッチ”やってました。』は12月6日より全国公開。

  • 映画『“隠れビッチ”やってました。』ポスタービジュアル

    佐久間由衣が告らせ、振って、傷つける『“隠れビッチ”やってました。』予告解禁

    映画

     女優でモデルの佐久間由衣が主演を務める映画『“隠れビッチ”やってました。』より、予告編とポスタービジュアルが解禁。佐久間が、さまざまなテクニックを駆使して男たちを告らせ、振って、傷つける“隠れビッチ”な主人公・荒井ひろみを熱演する姿を収めている。@@cutter 本作は、あらいぴろよの同名コミックエッセイを原作に、『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『旅猫リポート』の三木康一郎監督が実写化。タイトルになっている“隠れビッチ”とは、清楚派に擬態した“ビッチ”の事で、戦略的に「隙」と「タイミング」を演出しながら、男性を次々とハントしていく女性を指す。そんな“隠れビッチ”のモテ戦術を面白おかしく披露しつつも、その裏に潜む現代女性の心の隙間や歪みに寄り添う作品となっている。本作が映画初主演となる佐久間のほか、村上虹郎、大後寿々花、小関裕太、森山未來などが出演する。  26歳の独身女・ひろみ(佐久間)の趣味&特技は異性にモテること。メイクはナチュラル、戦闘服は露出控えめのワンピース。絶妙のタイミングでのスキンシップや会話術で相手を翻弄し、「好きです」と告白させたら即フェイドアウト。恋愛のおいしいところだけを楽しんで、カラダの関係は一切お断り。そんなひろみに、シェアハウス仲間のコジ(村上)と彩(大後)は呆れ顔だ。  そんなある日、気になるお相手・安藤(小関)が現れるが、数年ぶりの負け試合となり、さらに安藤を本気で好きになっていることに気づいたひろみはショックを受ける。やけ酒をあおり酔いつぶれているところを目撃された同じ職場の三沢(森山)に、ひろみは“隠れビッチ”だということを打ち明け、自分の過去と向き合い始める…。  今回解禁となった予告編は、“隠れビッチ”のひろみが本当の恋と出会い、自分の弱さと向き合い成長していく姿を描いたもの。清純を装い、3年間で600人の男を振ったひろみが、「ボディータッチ」「褒め殺し」「ブリッ子」などのモテテクニックで、男たちを次々とオトしていく様子や「チヤホヤされたいだけなの!」と本音をさく裂させる姿などがコミカルに映し出されていく。  後半は一転し、ひろみが傷つくだけだと避けてきた本気の恋と出会ったことをきっかけに、愛されないことへの不安や自分の弱さに気付き、心が揺れ動く様子が描かれている。モテることに全力を注ぐ“隠れビッチ”の痛快なモテテクニックに笑うと同時に、その裏に隠されたリアルな本音に思わず共感してしまう予告編となっている。  ポスタービジュアルは、頬に「女の顔には裏がある。」と書かれた佐久間があざとかわいい仕草を見せる姿を中心に、“隠れビッチ”に翻弄される男性キャストたち(村上、小関、森山、前野朋哉、片桐仁、前川泰之、栁俊太郎、戸塚純貴)を収めたものとなっている。  映画『“隠れビッチ”やってました。』は12月6日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access