いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46 関連記事

  • 『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』初日舞台挨拶にて

    乃木坂46・与田祐希「飛鳥さんのアレを食べている」意味深な表現にメンバー爆笑

    映画

     乃木坂46の秋元真夏、齋藤飛鳥、桜井玲香、堀未央奈、与田祐希が5日、都内で行われた映画『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』初日舞台挨拶に、岩下力監督とともに登場。メンバーの大園桃子と齋藤とのエピソードを意味深に話す与田に、メンバーらは「あやしい感じになってる」と大笑いした。@@cutter 本作は、乃木坂46によるドキュメンタリー映画の第2弾で、前作『悲しみの忘れ方』より4年ぶりの作品。グループのエース・西野七瀬の卒業と、それに戸惑うメンバーたちの心の葛藤や成長の物語が収められている。  堀は「西野七瀬さんが出てくるシーンがあって、当たり前だったのに懐かしく感じてしまう。映像として見たときに、私自身も頑張らなきゃいけないって思いました」と回顧。続けて「真夏さんが泣いていて、くよくよしてるんですよ」と話すと会場には笑いが。秋元は「良い話くると思ったのに!」と声を張り上げ、堀の「良いくよくよだから」との弁明には「褒められてる気がしない」と不満げだった。  また与田は「大園桃子が飛鳥さんのアレを食べているシーンがあって」と意味深な表現。「なんかヤダ!」「あやしい感じになってる」とメンバーが腹を抱えて笑っていると「髪の毛です! うらやましいなと思いました」と慌てた。  同作には、齋藤が地元の同窓会に参加するシーンも収録されているそうで、齋藤は「行ってなにかを得たいわけではなくて、そこに行って体験したっていう事実がほしかったんですよ」とコメント。これに秋元は「なんか、冷酷なこと言ってる?」と笑わせ、齋藤は「カメラが来てくれるんだったら行こうかなって」と説明した。  同窓会については「地元の友達とかもいて、話しかけてくれたりするんですけど覚えてないわけですよ。覚えてないから、ちょっとずつ後ずさりして、カメラの陰にかくれながら『私は参加できてるって』と思ってた」と独自の見解。続けて「先生も、たいしてしゃべったことないんですよ。でも酔っ払ってらっしゃったから『齋藤はこういう生徒で…』ってカメラの前で話していて。『これが同窓会だ…』って思いました。行ってよかったです」と満足げな表情を浮かべていた。

  • (左から)乃木坂46・与田祐希、齋藤飛鳥

    アイドルはなぜ“泣く”のか? 乃木坂46・齋藤飛鳥&与田祐希が語る涙の理由

    映画

     乃木坂46のドキュメンタリー映画第2弾『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』。グループ初のミリオンセールスを記録し、勢いを加速させた2017年から、エース・西野七瀬の卒業を境に転機を迫られた2019年までのおよそ1年強にわたる活動に密着した。その中で印象に残ることの1つに、メンバーたちがたびたび見せる涙を流す姿がある。彼女たちはなぜ“泣く”のだろうか。1期生・齋藤飛鳥と3期生・与田祐希が涙の理由を語った。@@cutter 本作は、2015年公開の『悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46』以来、4年ぶりとなる乃木坂46のドキュメンタリー作品。17thシングル「インフルエンサー」でグループ初のミリオンセールスを達成し、日本レコード大賞を獲得した2017年末から、史上初の明治神宮球場と秩父宮ラグビー場の2会場同時ライブ開催、20thシングル「シンクロニシティ」で日本レコード大賞連覇を達成した2018年。さらに、2月の京セラドーム大阪公演でステージを降りた西野の卒業を経て、なおも走り続ける彼女たちの“今”を切り取った。  数万人単位のファンを歌やダンスで魅了するライブや、活動の大きな軸となっている握手会。個々の活躍も目立つメディア出演時にも、笑顔で周囲を明るくしてくれる彼女たちだが、その舞台裏ではうれしいとき、悔しいとき、さまざまな場面で涙を流す。 @@insert1  齋藤は2018年末の『日本レコード大賞』放送終了後、舞台裏で後輩の3期生・大園桃子を抱きしめて涙していた。  「レコード大賞の本番後は、結果自体も純粋にうれしかったし、メンバーが一体となって喜ぶ姿にグッと来ていました。そんな気持ちをかみ締めていたところへ桃子が寄り添ってきてくれて、乃木坂への思いを吐き出す姿に心打たれてしまい…。ちょうど私たちの隣にいた(振付担当の)Seishiroさんも『分かるよ』と共感してくださって、その場にいたみんなの感情が入り込んでくるようで思わず目頭が熱くなっていました」。 @@insert2  一方の与田も福岡へ帰省する場面で“孫のため”にと、祖母が丁寧に作ったスクラップブックを手に取り大粒の涙を流していた。「気持ちは冷静なはずなのに、涙がずっと止まらなかった」と当時の様子を語る。  「おばあちゃんが『応援してるよ』と言ってくれる気持ちがうれしくて、自然と涙が込み上げていました。おばあちゃんの家には、(乃木坂46に)加入してからの約3年間に掲載された雑誌や記事があますことなく保存されていて、ページをめくっていたらいろいろな感情もよみがえってきて。自分でも理由が分からないまま泣いてしまって、心の中で『止まれ! 止まれ!』と叫べば叫ぶほどに涙があふれていました」。 @@insert3  そんな与田に齋藤は「しょっちゅう泣いてるよね」とほほえむが、自身も「加入して数年はよだっちょ(与田の愛称)みたいに、何があっても泣いていて“涙しか感情表現を知らないほど”でした」と回想する。一方、与田は大園とダブルセンターを務めた18thシングル「逃げ水」のリリース当時について「泣かないようにがんばっていました」と振り返りつつ、「気を張っていたはずなのに、いつの間にか泣き虫になっていました」と笑顔で話す。@@separator 本作でもう一つの核となるのは“卒業”というテーマ。エース・西野をはじめとするメンバーの卒業を受けてそれぞれのドラマが映し出されるが、尊敬する先輩から報告を受けた場面で大粒の涙を流していた与田は「寂しさで胸がいっぱいでした」と明かす。  「七瀬さんから『卒業します』と聞いたときは、先輩たちや同期も一緒にいたのに滝のように涙があふれてきました。でも、卒業されていった先輩方はどなたも前向きだし、自分から見るとキラキラと輝いていて。『いなくなったから乃木坂がダメになった』と言われてはいけないし、ファンの皆さんに安心してもらえるよう活動していかなければという覚悟も日に日に増しています」。 @@insert4  一方、結成時からグループを支え続けてきた一人である齋藤は、変化のさなかで「自分たちの“今”を受け止めてもらえるかが命題」とつぶやく。  「映画では卒業について語っているメンバーもいましたが、普段話さないような本音を聞いて、みんな『先を歩いているな』と思ったんです。1期生として思い出や感情を共有してきたけど、それぞれによって考え方が違うのも分かりました。ファンの皆さんの中にも、生駒(里奈)ちゃんがセンターにいた時代から好きな方もいるだろうし、きっと変化にとまどっている方もいるはずなんですよね。でも、過去から語り継げるものがあるのは美しいことだし、私たちは歴史をムダにしないためにも“今”を大切にしなければと思っています」。 @@insert5  8月21日には結成8周年を迎える乃木坂46。これからも自分たちの“坂”を登り続けるメンバーたちの表情をぜひ、記憶に焼き付けてほしい。(取材・文:カネコシュウヘイ 写真:高野広美)  映画『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』は全国公開中。

  • 『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』完成披露上映会にて

    乃木坂46・与田祐希、西野七瀬の姿を収めた映像に「泣きそうですね」

    映画

     乃木坂46の齋藤飛鳥、秋元真夏、梅澤美波、高山一実、与田祐希、そして岩下力監督が25日、都内で開催された映画『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』完成披露上映会に登壇した。与田は昨年に同グループを卒業した西野七瀬の姿が収められた予告編を見ると「ちょっと涙が出そうになりました。七瀬さんの卒業は、私にとってもすごく大きなこと」と語った。@@cutter 本作は、『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』から4年を経て公開となる乃木坂46のドキュメンタリー第2弾。乃木坂46が歩んできた軌跡を辿る。齋藤は「1(弾)の時は、割と個人のことにフォーカスを当てていて。育った環境だったり、個人個人のことに踏み込んでいた印象」としたうえで「個人のこともだけど、グループの良さみたいな、皆でいることの良さみたいなものがすごく全面に出ているような気がしたので、同じグループのドキュメンタリーなのに違うものになるんだなっていう、不思議な感覚でした」と本作を鑑賞しての感想を明かした。  この4年間でのグループの変化を問われた秋元は「気をすごく使ったりっていうところは減ってきて」と言い「冗談を言い合えるよね」とニッコリ。これに頷いた高山は「何やっても許してもらえるっていう安心感もある」としたうえで「『この子のここ好きだな』とか昔は思っていたかもしれないですけど、『この子がコンプレックスを抱えている部分すら好きだな』みたいな。全部好きみたいな感じになりましたね」と、メンバー同士の絆が深まったことを明かした。  「4年前の映画が公開されたときは、私は乃木坂46のファンだった」と振り返った梅澤は「スクリーンに映っているのは間違いなく自分なんですけど、今見ている自分と本当に同一人物なのかな?と思うくらい、すごく不思議な感じ」としみじみ。  当日は、昨年に卒業した西野七瀬の姿も収められた予告編が解禁に。与田は西野の姿を映像で見ると「この映画を初めて見たときも、スクリーンの中でも泣いていたんですけど、実際に見ているときも、もう涙が止まらなくて。それくらい大きな存在だったので…もう泣きそうですね」と西野への思いを明かし、目を赤くしていた。  映画『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』は7月5日に全国公開。

  • 映画『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』 ポスタービジュアル

    乃木坂46ドキュメンタリー『いつのまにか、ここにいる』ポスター解禁 完成披露上映会も

    映画

     乃木坂46のドキュメンタリー映画第2弾のタイトルが、『いつのまにか、ここにいる DOCUMENTARY of 乃木坂46』に決定。併せてポスタービジュアルと完成披露上映会の概要が発表された。@@cutter 本作は、2015年公開の『悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46』以来、4年ぶりとなる、乃木坂46ドキュメンタリー映画第2弾。初となるシングルミリオンセールスや、日本レコード大賞受賞など飛躍を果たした2017年から、史上初の神宮球場と秩父宮ラグビー場の2会場同時ライブ開催、日本レコード大賞連覇を達成した2018年。そして、エース西野七瀬の卒業公演を経て、“令和”という新時代を迎えた2019年と、多くの貴重映像とメンバーたちの証言でつむいだ、乃木坂46の“いま”を知ることができるドキュメンタリー映画となっている。  監督を務めるのは、CMやドキュメンタリーを数多く手掛ける岩下力。乃木坂46関連では、ライブの舞台裏を追ったドキュメンタリー映像を制作したものの、メンバーについて多くは知らなかった人物だ。先入観や遠慮、忖度は一切なく、乃木坂46のメンバーに寄り添い、彼女たちの姿を映像に収めた。  解禁されたポスタービジュアルは、白石麻衣と2018年12月で乃木坂の活動を終えた西野七瀬の2人が抱き合っているカットを使用。2月に京セラドーム大阪で開催された西野七瀬の卒業コンサートで、2人のユニット曲「心のモノローグ」を披露するステージ裏でのワンシーンだ。上部には「乃木坂46に訪れた季節の変わり目の物語」というコピーが配置されている。結成から7年間、グループを牽引してきた2人がこの時どのような言葉を交わしたのかは、映画本編で明らかになる点も注目だ。  さらに、本作の完成披露上映会が、6月25日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズで開催されることが決定。チケットぴあにて、本日6月18日18時から6月20日23時59分まで、先行プレリザーブ(先行抽選販売)にて受付中。詳細は、チケットぴあ受付ページにて(https://w.pia.jp/t/nogizaka46-cinema/)。  映画『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』は7月5日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access