クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

T-34 レジェンド・オブ・ウォー 関連記事

  • 映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』場面写真

    見よ、この機動力! 戦車が「白鳥の湖」でバレエを舞う『T‐34』本編解禁

    映画

     ロシアの戦車アクション映画『T‐34 レジェンド・オブ・ウォー』より、「白鳥の湖」の旋律にのせて戦車が華麗に舞う、前代未聞の“戦車バレエシーン”が解禁された。@@cutter 本作は、第67回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した『太陽に灼かれて』の監督ニキータ・ミハルコフが製作を務める、2019年のロシアNo.1ヒットのアクション ・エンターテインメント。戦車が繰り広げる片輪走行にドリフトなど、迫力の映像を実現するため、インド映画『バーフバリ 王の凱旋』のVFXを手がけたFilm Direction FXを筆頭に、ロシア最先端の映像技術が結集。登場するソ連軍の戦車“T‐34”はすべて実機を役者自らが操縦しており、本物の戦車内の様子を臨場感たっぷりに映し出す。  第2次大戦下、大敗によりナチス・ドイツ軍の捕虜となったソ連軍の新米士官イヴシュキン。彼が戦車を操縦する戦車士官であることを知るナチスの将校イェーガーは、ナチスの戦車戦演習のため、ソ連の最強戦車T‐34の操縦を命令する。イヴシュキンは捕虜の仲間3人と隊を組みT‐34の整備と演習を準備するが、弾を装備することは許されず、ナチスの戦車軍からひたすら逃げ惑うことしかできない。しかし、イヴシュキンはあまりにも無謀な脱出計画を実行に移す。  今回解禁されたのは、決死の訓練がスタートする前、イヴシュキンらが久しぶりに戦車を操縦するシーン。イェーガーらドイツ軍が見張る中、エンジンを噴かせたヴァシリョノクは「こりゃいい。最高の“猛獣殺し”だ」と興奮を抑え切れない様子で口走る。はやくも気分が最高潮の乗組員たちは、「華麗なバレエを見せてやれ」とのイヴシュキンの一言をきっかけに、チャイコフスキーの「白鳥の湖 第2幕 情景」の旋律にのせて超絶テクニックを披露する。  片方の車輪を乗り上げたり、その場で旋回したりと、器用な操縦技術の数々にお手並み拝見と軽く構えていたドイツ軍も引きつり顔に。戦車内でも「名人級の技だ!すごい旋回!」と自画自賛の嵐。「俺たちは負けないぞ!」と士気を高めながら、最後には空の主砲をイェーガーに向けて「どうだ!チビっただろ!」と言い放つ。彼らの活躍ぶりに、通訳役で囚われていたアーニャも笑みを浮かべる。  しかし、脱走できる可能性が見えたように思われたが、イェーガーは余裕の表情で部下のティーリケに「演習場の外に地雷を仕込め」と指示。その言葉にアーニャが顔を曇らせる。ソ連兵たちの華麗な操縦テクニックに目を奪われると同時に、これから始まる演習で脱走を試みても、死が待ち受けている彼らの過酷な運命を予感させる映像となっている。  映画『T‐34 レジェンド・オブ・ウォー』は10月25日より全国公開。

  • 映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』(左から)ポスタービジュアルと上坂すみれ

    『ガールズ&パンツァー』上坂すみれがロシア語披露 『T‐34』ナビゲート動画公開

    映画

     声優の上坂すみれが、ロシアの戦車アクション映画『T‐34 レジェンド・オブ・ウォー』の見どころを紹介する特別映像に登場。得意のロシア語を織り交ぜ、作品の魅力を徹底ナビゲートしている。@@cutter 本作は、たった4人のソ連兵捕虜がナチスの軍勢に立ち向かう戦車アクション・エンターテインメント。『バーフバリ 王の凱旋』のVFXを手がけたFilm Direction FXを筆頭に、ロシア最先端の映像技術を結集しアクションシーンを活写する。  今回特別映像のナレーションを務めるのは、戦車をテーマにした人気アニメ『ガールズ&パンツァー』に出演し、自他ともに認めるロシアと戦車オタクである上坂。本作の魅力を「素晴らしいポイント」として3つに分けて熱弁している。  映像冒頭では、“世界最強の戦車”T‐34の特徴「鉄壁の装甲」「群を抜く機動力」をシリアスなトーンで紹介。続けて「本物の戦車を使った戦車戦」「圧倒的迫力の超絶VFX」「ムネアツな人間ドラマ」という3つのポイントを熱く解説していく。「本物の戦車を役者自ら操縦している」ことや、「着弾する砲撃で乗員が気絶する様子を描いたのは革命的」といった情報も差し込まれ、本作が数ある戦車映画の中でも一線を画していることをプッシュ。  さらに上智大学外国語学部ロシア語学科に進学した上坂の、流暢なロシア語が随所に散りばめられ、最後は「映画館で観てね」とロシア語で締めくくられている。  本作を鑑賞した上坂は「戦車がとにかくカッコイイ! 21世紀にこんな戦車映画が観られるとは…エンターテインメントが詰まっていてめちゃくちゃ元気が出る映画でした!」と興奮を交え太鼓判を押している。  映画『T‐34 レジェンド・オブ・ウォー』は10月25日より全国公開。

  • 映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』場面写真

    そう来るか! 想像の斜め上をいく“跳弾”で敵戦車を撃破『 T‐34』本編解禁

    映画

     ロシアの戦車アクション映画『T‐34 レジェンド・オブ・ウォー』より、本編映像が解禁。ソ連軍の最強戦車T‐34が、地面を活用した“跳弾”で的を撃破するという驚異の戦術シーンを収めている。@@cutter 本作は、第67回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した『太陽に灼かれて』の監督ニキータ・ミハルコフが製作を務める、2019年のロシアNo.1ヒットのアクション ・エンターテインメント。戦車が繰り広げる片輪走行にドリフトなど、迫力の映像を実現するため、インド映画『バーフバリ 王の凱旋』のVFXを手がけたFilm Direction FXを筆頭に、ロシア最先端の映像技術が結集。登場するソ連軍の戦車“T‐34”はすべて実機を役者自らが操縦しており、本物の戦車内の様子を臨場感たっぷりに映し出す。  第2次大戦下、ナチス・ドイツ軍の捕虜となったソ連軍の新米士官イヴシュキンは、ナチスの戦車戦演習のため、ソ連の最強戦車T‐34の操縦を命令される。彼は捕虜の仲間3人と隊を組み、T‐34の整備と演習を準備するが、演習ではたった6発の砲弾しか持たず、ナチスの戦車軍からひたすら逃げ惑うことしかできない。しかし、イヴシュキンはあまりにも無謀な脱出計画を実行に移す。  本編映像は、何度もイヴシュキンの前に立ちはだかる非道なナチス軍大佐イェーガ―が、草で車体を隠し、イヴシュキンらの戦車に狙いを定めて待ち伏せしているシーンからスタート。不穏な空気にイヴシュキンも戦車から体を出し、まわりの様子を慎重に伺いながら前に進んでいくと、ドイツ軍を発見。すぐさま中のメンバーに知らせて方向転換し、イェーガーの砲弾はイヴシュキンらの戦車をかすめるだけにとどまる。  しかし、そこにまた別のドイツ軍の戦車が潜んでいるのを発見。ここからソ連兵たちはチームワーク抜群の戦いを展開する。車長イヴシュキンの指示のもと、砲手ヴォルチョクが、正面からは戦車の構造上固くて狙えないため地面を狙うと即座に判断。装填手イオノフも力いっぱい弾を込め、操縦手ステパンも慎重に進む。そして「撃て!」の声と共に主砲から砲弾を発射。敵戦車の底に地面から跳ね返った弾がめり込み、その後激しい炎に包まれる。  地面を活用した“跳弾”で的を撃破するソ連兵たちのアクロバティックな戦術に、度肝を抜かれるシーンとなっている。  映画『T‐34 レジェンド・オブ・ウォー』は10月25日より全国公開。

  • 映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』ポスタービジュアル

    戦車が激突&大爆発!『T‐34 レジェンド・オブ・ウォー』ダイナミックすぎる予告完成

    映画

     ロシアの戦車アクション映画『T‐34 レジェンド・オブ・ウォー』より、日本版予告が解禁された。砲弾が2両の戦車を射抜くシーンをはじめ、戦車が車をなぎ倒しドリフト旋回したり、車内で砲弾がさく裂したり、戦車が大爆発したりと、ダイナミックな映像の連続となっている。@@cutter 本作は、第67回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した『太陽に灼かれて』の監督ニキータ・ミハルコフが製作。迫力の映像を実現するため、インド映画『バーフバリ 王の凱旋』のVFXを手がけたFilm Direction FXを筆頭に、ロシア最先端の映像技術が結集。登場するソ連軍の戦車“T‐34”はすべて実機を役者自らが操縦しており、本物の戦車内の様子を臨場感たっぷりに映し出す。本国では史上最高のオープニング成績を記録。最終興行収入は40億円超え、800万人動員という数字を叩き出し、2019年のロシアNo.1となっている。  第2次大戦下、ナチス・ドイツ軍の捕虜となったソ連軍の新米士官イヴシュキンは、ナチスの戦車戦演習のため、ソ連の最強戦車T‐34の操縦を命令される。彼は捕虜の仲間3人と隊を組み、T‐34の整備と演習を準備するが、演習ではたった6発の砲弾しか持たず、ナチスの戦車軍からひたすら逃げ惑うことしかできない。しかし、イヴシュキンはあまりにも無謀な脱出計画を実行に移す。  予告編では冒頭から戦車同士の激烈な闘いが繰り広げられる。砲弾がぎりぎりの距離で交差する映像や重厚感のある戦車が急発進するところ、そして、砲弾が戦車を2両貫通させる神業と、大迫力の映像が続く。  その後、舞台は一転して第二次世界大戦下のナチス収容所に。そこでは主人公のソ連軍戦車士官イヴシュキンがとらわれの身となっている。ナチス戦車隊の鬼将校イェーガーは彼に告げる。「捕虜の中から戦車兵を組織しろ。T‐34に乗り我が軍と対決するのだ」。軍事演習の標的に命じられてしまったイヴシュキンは、命がけの大脱出を試みる。予告には「私を連れていって」と言うヒロインも登場し、ドラマチックな展開も予感させる作りになっている。  同時に解禁されたビジュアルは、ソ連軍最強戦車T‐34‐85とドイツ軍最強戦車パンターが爆炎に包まれるの中、2人のライバルが激突する構図となっている。  映画『T‐34 レジェンド・オブ・ウォー』は10月25日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access