クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

フォードvsフェラーリ 関連記事

  • 『フォードvsフェラーリ』LAプレミアでのクリスチャン・ベイル

    クリスチャン・ベイル、役のための過激ダイエットを今度こそ封印?

    セレブ&ゴシップ

     役のためなら過激な減量や増量を厭わないカメレオン俳優のクリスチャン・ベイル。これまでなんども「もうしない」と言ってきたそうだが、今度こそ役作りのための過激なダイエットはやめるという。Us WeeklyやE!Onlineなどの海外メディアが報じた。@@cutter 日本では2020年1月10日公開予定の映画『フォードvsフェラーリ』に出演するクリスチャン。米CBS局の朝の情報番組『Sunday Morning(原題)』のインタビューで、演じる役に合わせて体重を大幅に上下させてきたことについて「もうやめるとずっと言っているが、本当にもうやらないよ!」と語ったという。  クリスチャンは『フォードvsフェラーリ』で細身のレーシングドライバー、ケン・マイルズを演じるために70ポンド(約32キロ)減量している。その前の作品『バイス』では、ディック・チェイニー米副大統領役で約40ポンド(18キロ)増量していた。  2013年作の『アメリカン・ハッスル』でも約40ポンド増量し、2004年作の『マシニスト』では約60ポンド(約27キロ)減量したクリスチャン。『フォードvsフェラーリ』のロサンゼルスプレミアでは、E!Newsとのインタビューでも「年を取ったおかげで、僕は前よりも少し退屈な人間になった。昔やっていたことを今もやり続けていたら死んでしまうと思ってね。できるなら死にたくない」と話しており、“命が惜しい”ため、役作りのための過激なダイエットを本気でやめるつもりらしい。

  • 映画『フォードvsフェラーリ』ポスタービジュアル

    M・デイモン&C・ベイルが伝説のレースに挑む『フォードvsフェラーリ』予告解禁

    映画

     『オーシャンズ』シリーズや『オデッセイ』のマット・デイモンと、『ダークナイト』シリーズや『アメリカン・ハッスル』のクリスチャン・ベイルのアカデミー俳優2人が初共演でダブル主演を務める映画『フォードvsフェラーリ』より、迫力満点のカーレースシーンを収めた予告編が解禁された。@@cutter 本作は、1966年のル・マン24時間耐久レースで絶対王者フェラーリに挑んだフォードの男たちの実話を描く。監督は『LOGAN/ローガン』のジェームズ・マンゴールド。  ル・マンでの勝利というフォード・モーター社の厳命を受けたカー・エンジニアのキャロル・シェルビー(デイモン)。常勝チームのフェラーリに勝つためには、フェラーリを超える新しい車の開発、優秀なドライバーが必要だった。彼は、破天荒なイギリス人レーサー、ケン・マイルズ(ベイル)に目をつける。限られた資金・時間の中、シェルビーとマイルズは、力を合わせて立ちはだかる数々の困難を乗り越え、いよいよ1966年のル・マン24時間耐久レースで、長年絶対王者として君臨しているエンツォ・フェラーリ率いるフェラーリ社に挑戦することになる。  予告編は、「お前をル・マンに出したいんだ。黙って信じてくれ」と語りかけるシェルビーに、マイルズがいきなりパンチを食らわせ、取っ組み合いのけんかになる場面から始まる。相性最悪に見えるこの変わり者コンビが、やがて周囲の反対を押し切り不可能を覆していく姿が描き出される。  エンツォ・フェラーリからの「フォードは車も工場も醜い。それに社長がデブだ」との伝言を聞いたフォードの社長が「フェラーリを叩きのめすぞ」と怒りをあらわにする場面など、企業同士の意地とプライドをかけた激しい“企業戦争”の様子も。映像後半のル・マン24時間耐久レースでの、ラフプレーを恐れない死と隣り合わせの迫力満点なカーレースシーンも見どころだ。  映画『フォードvsフェラーリ』は2020年1月10日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access