クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

ベル・カント とらわれのアリア 関連記事

  • (左から)『ベル・カント とらわれのアリア』舞台挨拶付きジャパンプレミアに登場した渡辺謙、加瀬亮

    渡辺謙、加瀬亮の鬼気迫る語学勉強に感心「後ずさりするぐらい」

    映画

     俳優の渡辺謙と加瀬亮が9日、都内で行われた映画『ベル・カント とらわれのアリア』舞台挨拶付きジャパンプレミアに出席。渡辺は、通訳を演じる加瀬が語学勉強に必死なあまり食事にも誘えないほどであったというエピソードを明かした。@@cutter 同作は、Amazonベスト・ブック・オブ・ザ・イヤーに輝くベストセラー小説の映画化作品。1996年にペルーで起きた日本大使公邸占拠事件から着想を得た原作者アン・パチェットが、テロリストと人質の予期せぬ交流を描いた。  以前、同作の出演オファーがあった際には出演を断っていたという渡辺。「最初にお話を頂いたのが9.11の後だったので、テロリストを題材にした映画はどうなんだろうってご遠慮させていただいていたんです」と明かした。  続けて渡辺は「このお話のベースになっているのがペルーの日本大使公邸占拠事件なんですが、その1週間前に僕は(ペルーの首都の)リマにいたんです。もしあと1週間いたらあの公邸事件に巻き込まれていた可能性があった。そんな中(監督の)ポール・ワイツがやりたいと。それで『運命なんだ。やらないと僕は先に進めないんだ』と思って、お受けしました」と、出演を決めるまでの過程を打ち明けた。  英語を話せる渡辺だが、今回は英語が分からない役柄。渡辺は「脚本読んでるので分かるんですけど、英語的にリアクションしちゃいそうになるんです。それを『何言ってるの?』って(通訳を演じる)加瀬に振らなきゃいけないので。『ラストサムライ』(2003)の頃、分からないけど挑んでいた気分を思い出しながらやってました」と英語が理解できるにも関わらず、分からないフリをすることの難しさを振り返った。  一方、語学堪能な通訳を演じる加瀬は「最初無理かなと思ったんですが、一生懸命セリフ練習して挑んで使ってもらいました」と吐露。スペイン語、フランス語、ドイツ語、ロシア語などさまざまな言語を学んだそうで「演技よりも語学の勉強ばかりやってました」と苦労した様子だった。  そんな加瀬の様子を渡辺は「目、三角になってました」と話し、「『飯行くか』も言えないくらいの顔で、後ずさりするぐらいだったんですよ。たまに『よく頑張ったな』っておにぎり差し入れするくらいで」と回想。加瀬は「苦労話するの好きじゃないんですけど、大変でした。現場に謙さんが握ったおにぎりがあって、いつも励ましてくれました」と苦笑していた。  映画『ベル・カント とらわれのアリア』は11月15日より全国公開。

  • 映画『ベル・カント とらわれのアリア』メインカット

    ジュリアン・ムーア×渡辺謙×加瀬亮『ベル・カント とらわれのアリア』予告解禁

    映画

     女優のジュリアン・ムーア、俳優の渡辺謙、加瀬亮ら日米豪華キャストが共演する映画『ベル・カント とらわれのアリア』より、日本版予告映像が到着。美しいオペラの音色をバックに、緊迫のやり取りが映し出される。@@cutter 本作は、Amazon ベスト・ブック・オブ・ザ・イヤーに輝くアン・パチェットによるベストセラー小説の映画化。1996年のペルー日本大使公邸占拠事件にヒントを得て、テロリストと人質の予期せぬ交流を描く。ムーアは世界的なオペラ歌手ロクサーヌ・コス役を演じ、渡辺は彼女を守る実業家ホソカワ役を、加瀬はホソカワの通訳ゲン役をそれぞれ務める。  解禁となった予告編は、パーティーに招かれたロクサーヌとホソカワの出会いの場面から始まる。そして、集った者たちがみな彼女の女神のような歌声に魅了されていたその時、突然銃声が鳴り響き、テロリストたちにより公邸が占拠されてしまう様子が映し出される。そこから緊迫した空気に包まれ、政府、交渉人、テロリスト、人質と、さまざまな人間による思惑や情報が錯綜する中で、ロクサーヌの歌声をきっかけに何かが変わり始め、本来正反対の立場であるテロリストと人質が心を通わせていく様子が描かれる。  物語のカギともいえるロクサーヌの歌声を吹き替えたのは、当代随一と言われるオペラ歌手、ルネ・フレミング。映画『シェイプ・オブ・ウォーター』の挿入歌「ユール・ネヴァー・ノウ」でも知られる歌姫の崇高な歌声は予告編でも堪能することができる。さら本作のボーカルのレコーディングに立ち会い、ソプラノ歌手の歌い方、姿勢、身振りを学び取ったという、ジュリアンの完璧な役作りにも注目だ。  ポール・ワイツ監督は、「映画の最初の部分では、キャラクターたちは敵対している。でも、彼らの違いは、経験や恋愛、音楽や死すべき運命を共有し合うことで徐々になくなっていく。彼らは互いに絆を結んでいく。これこそが、まさにオペラ的なテーマだ」と語り、「最近の出来事を見ると、この物語は小説が初めて出版された頃より、ずっと現実的なものになっている」とも指摘している。  映画『ベル・カント とらわれのアリア』は11月15日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access