クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

風の電話 関連記事

  • 映画『風の電話』ティザービジュアル

    「もう一度、話したい。」モトーラ世理奈主演『風の電話』特報解禁

    映画

     モデルで女優のモトーラ世理奈が主演を務め、俳優の西島秀俊、三浦友和、西田敏行と共演する映画『風の電話』より、特報映像が解禁。モトーラ演じる震災ですべてを失った少女が、故郷の岩手の大槌町へ傷ついた心を抱えて旅に出る姿や、西島、三浦、西田が主人公を温かく包むような存在感をにじませる姿を収めている。@@cutter 2011年に岩手県大槌町在住のガーデンデザイナー・佐々木格氏が、死別した従兄弟ともう一度話したいという思いから自宅の庭に設置した「風の電話」。本作は、東日本大震災以降、「天国に繋がる電話」として、3万人を超える人々が訪れているこの「風の電話」をモチーフにした初の映像作品。一人の少女が広島から故郷の岩手に帰り、「風の電話」にたどり着くまでの道程を通し、傷ついた心の救済や、人々が忘れかけている大切なものをテーマに描く。  監督は、『2/デュオ』(1997)で長編監督デビュー以来、『M/OTHER』(1999)、『ライオンは今夜死ぬ』(2017)などを手掛け、欧州で圧倒的評価を受けている諏訪敦彦。広島から故郷の大槌町へと旅する主人公のハルをモトーラが演じ、西島、三浦、西田らベテラン俳優陣が脇を固める。  今回解禁された特報映像は、震災ですべてを失った主人公ハル(モトーラ)が、傷ついた心を抱えて、広島から故郷の大槌町へと旅する姿の一端を収めたもの。変わり果てた故郷を訪ねるハル。そんなハルに対し、ハルと行動を共にする森尾を演じる西島が「津波で亡くなったのか」と尋ねる姿、旅の途中でハルと出会い彼女に影響を与える人物に扮する三浦が「死ぬなよ」と優しく語りかける様子、福島の場面で登場する西田が「このへん、見た?」と話しかけるシーンが映し出される。「今どこにいるの?」とつぶやき、亡き人ともう一度話したいと願うハルの想いが痛切に伝わってくるような映像となっている。  映画『風の電話』は2020年1月24日より全国公開。

  • 映画『風の電話』ティザービジュアル

    モトーラ世理奈×西島秀俊×諏訪敦彦監督『風の電話』、夕日煌めくビジュアル解禁

    映画

     モデルで女優のモトーラ世理奈が主演を務め、俳優の西島秀俊と共演する映画『風の電話』の公開日が2020年1月24日に決定。併せてティザービジュアルが解禁された。@@cutter 2011年に岩手県大槌町在住のガーデンデザイナー・佐々木格氏が自宅の庭に設置した「風の電話」。死別した従兄弟ともう一度話したいという思いから誕生したその電話は、“天国に繋がる電話”として人々に広まり、東日本大震災以降、3万人を超える人々がこの場所を訪れている。  本作は、新聞やテレビをはじめ数多くの媒体で取り上げられてきたこの「風の電話」のエピソードをモチーフにした初めての映像作品。一人の少女が広島から故郷の岩手に帰り、「風の電話」にたどり着くまでの道程を通し、傷ついた心の救済や、人々が忘れかけている大切なものをテーマに描く。  監督は、独特の映画演出と完成度の高さでフランスをはじめ欧州で圧倒的評価を受けている諏訪。日本映画としては18年ぶりにメガホンを取る。主人公のハルをモトーラが演じ、ハルと行動を共にする森尾役には、諏訪監督のデビュー作『2/デュオ』(1997)以来タッグを組む西島が扮する。  ほかに、旅の途中でハルと出会い彼女に影響を与える重要な人物に『M/OTHER』(1999)以来の諏訪作品への参加となる三浦友和、そして、福島の場面では同県出身の西田敏行が熱演を披露する。  解禁となったティザービジュアルは、煌びやかな夕日に包まれた真っ白な電話ボックスに、モトーラ扮するハルがゆっくりと向かう姿を写し出したもの。「もう一度、話したい」というコピーが添えられ、この「風の電話」を訪れた人の気持ちを代弁しているかのように、優しく語りかけ、静かな感動を期待させるビジュアルとなった。  また、追加キャストとして、女優の渡辺と山本の出演も併せて発表された。  映画『風の電話』は2020年1月24日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access